名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう「ラーメン昭和」
SSCN7945_20110129013623.jpg
 「昭和が1月29日で閉店らしい」。地下鉄の車内でtwitterから閉店の情報を知ったのが1月27日夜のこと。

「昭和」がなくなる。

 私には衝撃的でした。天白区の飯田街道(国道153号)沿いにある「ラーメン昭和」。名古屋のラーメンを語る上で一時代を築いた名店です。そして、私のラーメン食べ歩き人生のなかで原点となった店でもあります。そんな店が閉店するというショック。今日は少し名古屋のラーメン昔話をさせてください。

 私が名古屋へ転居した10年前、ようやくラーメンブームが名古屋にも伝わり始めました。その頃、TV番組や雑誌のグルメ特集に良く取り上げられていたのが2軒のラーメン店でした。1軒は当時柳橋の小さな店からJRセントラルタワーズに移ったばかりの「江南」。そして、もう1軒が今回取り上げる「昭和」でした。
 当時、昭和は深夜でも行列のできる店として有名でした。豚骨醤油なので、遅い時間になるほどスープが煮詰まって旨くなるという噂もあって、週末の夜に何度も通ったものです。寒い冬場に並んで食べたラーメンの美味かったこと。この店で食べたラーメンがうまかったことをきっかけに、ラーメンの食べ歩きという趣味ジャンルを増やすことができ、数年間で100店以上のラーメン店を食べ歩きました。
 常滑にセントレア(中部国際空港)ができた頃、昭和がセントレアに店を出し話題になりました。江南の後追いがしたくなったのでしょうか。しかし、この頃から味が落ちたとの噂を人づてに聞くようになったのです。大将が天白の店を離れ、若手に交代して表面化したとか。昨年2月に常滑へ出かけたとき、セントレアを撤退して常滑市街に店を構えていました。
 同年春、職場が近くになったので、仕事を終えてから一度寄ってみました。確かに、当時の勢いも行列も無くなっていました。大将はいましたが、いつの間にスープの薄くなり以前のような力強さもありませんでした。そして、以前は夜の部だけの営業でしたが、いつの間にか昼の部をやるようになっていました。往年と店のシステムが変わってしまったのです。煮卵と蒲鉾をのせた「昭和ラーメン」は、以前はなかったメニューです。食べ歩きを進める上で私の嗜好が変わったのか、初めての時の感動はありませんでした。
20110129002706.jpg
 店頭の張り紙。目の前に名城大学、中京大学へも徒歩10分ほどのところで、この辺りは名古屋有数の学生街です。学生に、そしてドライバーに支持された店でした。

 しかし、今回の閉店でラーメンを食べ歩く上で二度と味わえなくなるかもしれない、自分のラーメンヒストリーの原点である味を確認したいと思い、1月28日の夜に食べ納めに駆けつけました。閉店を知ってか行列が復活していました。
 注文して数分。大将が鍋を叩きながらスープを器に注ぐと、まもなくラーメンがやって来ました。
20110129002701.jpg
 昭和ラーメン大盛り(900円)

 ラーメンに900円も投下するのは私は異例中の異例です。しかし、これはラーメンの扉を開けてくれた昭和に御礼を込めて、ご祝儀のつもりで注文しました。
 スープは半年前より濃くなっていました。麺は豚骨醤油で珍しいちぢれ麺。腰のやや弱い麺で呑んだ後に食べると最高に美味しいパターン。さすが、屋台ラーメンからスタートした店だけのことはあります。
 完成度の高い煮玉子、いい味している蒲鉾。箸で持ち上げるとちぎれてしまうチャーシュー。ネギを盛りながら少しずつ噛みしめて食べていきました。
20110129002643.jpg
 10分ほどかけて無事完食。食べ納めることができました。美味かった。
 私は名古屋のラーメンの一時代を築いた店でラーメンを食べられたことに感謝したい。私は昭和のラーメンの味を忘れない。そして、笑顔で別れたい。ありがとう、昭和。
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

栄・住吉の天下一品新店
 夜8時。仕事を終えて、無性にラーメンが食べたくなりまして。こんな時はいつも出かける伏見の「富良野ラーメン」へ。しかし、行くと「本日終了」の立て札が(涙)。
 あそこはこの前行ったし、この店はハズレだし…そう思いながら、夜の街を彷徨っていると、住吉に真新しい店を発見。
20101011010816.jpg
 しかも、「天一(天下一品)」じゃないですか。10月1日オープンの新店らしい。味は分かっているので、ハズレは無い。空腹で意識朦朧としていたので突撃。
20101011010821.jpg
 メニューを見て驚きました。

「こっさり」

 関西の天一では結構な確率で見かけるのですが、東海地方の天一では初めて見ました。ちなみに「こっさり」は「こってり」と「あっさり」の中間。ちなみに私、あっさりを食したことが無いので、どんな味か気になるが今回は見送り。いつも通り「こってり」の大を注文。
20101011010818.jpg
 この店、驚いたのはトッピングが盛り放題なんです。ネギ・にら・高菜・もやし…そして、なぜか大学いも。トッピングがスープを吸ってしまうことから、この店では「スープ大」というのがオプションであります(50円)。こっているスープを薄める店もある(どうもスープは本部からの買取らしく、それをケチるために薄める悪店もあるらしい)中で、ここはしっかりと濃いスープを提供してくれました。なかなかのハイレベル店舗でした。
 独特のこってりスープを飲み干して完食。気分良く帰宅したのでした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

富山ブラック
20061203.jpg

 2月に経験済みではあるが、気合い入れて食べる必要のある塩辛いラーメンが食べたくて神岡から富山まで足を伸ばした。西町の大和デパート横にある「大喜」本店が定休日のため、「新富町」電停前にある「大喜」駅前店へ。
 濃いスープ・塩辛いメンマ・粗く切ったネギに加え、とどめのブラックペッパー。2月の初体験では丼の下から次々と湧いてくるメンマとチャーシューに苦しめられながらの完食だったが、今回は2度目だったので楽に完食。本店より駅前店の方がやや薄味。なお、スープ薄味という裏メニューがあり、それは正統派のラーメンだとか。また、別売りの卵を入れるとマイルドな味になるらしい。これは徳島ラーメンに似ている。今回も小(並・600円)を注文したが、大・特大なんて注文するチャレンジャーはいるのだろうか。典型的な「ガテン系」ラーメン。富山へ出かけた際は、ぜひお試しを。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン福
20060430.jpg

 名古屋のラーメンチェーン店だが、月1程度で通う個人的にお気に入り。なぜか、守山区小幡の1店を除き、市南部ばかりに店がある。笠寺店がいいという意見が多いが、職場から近い内田橋店へ行くことが多い。もやしをガンガンのせる典型的なガテン系ラーメン(ちなみに「モヤシ大盛」という裏メニューもある)。京都の有名店「たかばし第一旭」や岐阜のチェーン店「天外」と味が似ている。サービス券を集めるとラーメンがタダで食べられるのがうれしい。
 ピーク時にはスープが薄くなり醤油の濃い辛いラーメンになることがあるので、ピーク時は避けた方が吉。値段・味ともチェーン店としては高得点をあげられると思う。

【評価】★★★☆☆

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

大学@桑名ラーメン街道
20060429.jpg

 徳島ラーメンの店。すき焼きみたいなラーメンとして1年以上前から狙っていたので楽しみにしていたが、大きく期待はずれ。スープもイマイチなうえにぬるい。肉は切り落としというより細切れの方が適切なほどの小さな粒ばかりで、しかも脂身が多くスープに流れて脂コテコテ。替え玉もできるが胃の丈夫な人向け。卵はセルフサービスでテーブルに用意されており何個でも自由に入れることができる。ややマイルドになるので食べやすくなるが、卵の鮮度が悪く白身がダラダラ流れてしまい減点。今ならまだしも、夏場はどうしのぐつもりだろうか。800円出して食べるものかは疑問。
 徳島の本店を訪ねていないので安易な判定はできないが、本来は絶対こんな味じゃないと思う。安易な出店が、本来の味・イメージを壊してしまう、ラーメンミュージアムの典型的な例の1つ。

【評価】★☆☆☆☆

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。