名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜矯正展2011
DSCN9874_convert_20120124094639.jpg
 普段見られない施設をめぐる2011年の社会見学シリーズ「刑務所」。これまで名古屋刑務所と笠松刑務所を見学しましたが、最終回として今回は10月29日に行われました岐阜刑務所の一般公開「岐阜矯正展」の模様をお届けします。
DSCN9868_convert_20120124094543.jpg
 岐阜市といっても限りなく本巣市に近いエリアにあり、交通の便は悪くJR岐阜駅前からバスに乗り40分近く揺られます。長良川を越え、どうしてこんな道を走るのかと思うような則武や黒野地区の細い道を抜けます。最寄りのバス停「網代診療所前」まで行くバスは1日3本(岐阜駅から直通便無し、1度乗り換えあり)、次に近いバス停「犬塚」までも1~2時間に1本。1時間に1~2本ある3番目に近いバス停「御望野」までのバスに乗り、終点から更に20分ほど歩いてたどり着きました。バス運賃が500円を越えたのも驚き。ホント遠かったです。
 岐阜刑務所はLB級という執行刑期8年以上の累犯者を軸に、短期収容の初犯者・再犯者・若年初犯者など幅広い分類の受刑者が約800名収容されている男子刑務所です。LB級が入所する全国5ヶ所の刑務所うちの1つで、全国で無期刑を受けた人の1割がいるとも言われています。
DSCN9876_convert_20120124095702.jpg
 刑務所矯正展見学も3度目となると慣れたものです。内部見学の時間までの間は即売会見学です。矯正展恒例の全国各地の刑務所で受刑者が製造した家具などの製品。そして、地元の農産物直売。この時期、岐阜の農産物といえば、やはり「富有柿」。3個100円だったので即買い。飲食系では笠松矯正展でも見かけた業者が多いなか、「中南米ソーセージ」という珍しい焼ソーセージの露店を発見。売上を中南米の産業振興に寄付するというので購入したら、何と生焼け。NPOか何だか知らないが、ウインナー一つ焼けないようでは話にならない。焼ソーセージ露店は名古屋刑務所のみよし矯正展でもあったが、あちらはコンロを使用していたのに、こちらはホットプレート。調理もろくに出来ないド素人商売。真面目なNPOの多いなか、偽善者臭い勘違いNPOも多いわけで、NPOに対する偏見を感じてしまいました。
DSCN9870_convert_20120124092627.jpg
 1時間ほど時間を潰すと、いよいよ内部見学の時間です。岐阜刑務所でもあらかじめ申し込み用紙に記入のうえ、荷物はロッカーに預けて塀の中に突入です。申し込んだ同じ時間帯の4~50名のグループでまとまっての見学。黄色の大きな扉が開くと俗世間としばしのお別れです。 
 毎度のことながら塀の中の撮影は禁止ですので、法務省矯正局公式サイトより、岐阜刑務所の画像をご紹介します。

刑務所作業製品ご案内(岐阜刑務所)
http://www.moj.go.jp/KYOUSEI/KEIMUSAGYO/sagyo/sisetu_image_gifu.html

 案内してくれた刑務官の説明にユーモアがあり、オバちゃん達の笑いが絶えない内部見学となりました。まずは印刷工場の見学。カレンダーなどの製造をしているとのこと。売上目標なども掲示しており民間企業っぽい一面も垣間見えますが、よく見ると実績が前年割れしており、ここにも不況の風は例外なく吹いていることを教えてくれました。刑務作業は1日8時間労働で週休2日制。食事は2日前からの分を展示。ご飯の量は別として、おかずは私の食事よりリッチな印象。飽きないようにメニューを細かく変える気配りもあるといいます。
 そして、刑務所内部見学の定番・お風呂です。風呂は夏は週3日、その他は週2日。回数を制限するのは「水道代やガス代も税金で賄われているため」とのこと。岐阜市の水道代は激安なのですが、これは全国共通ルールなんでしょう。特に夏は相当厳しいでしょうね。工場には冷房らしき設備も見られませんでした。居住部分も冷房は無さそう(遠目でしか見ていないがエアコンの室外機を見なかった)でしたので、そのせいでしょうか工場の窓からは「パボナ」や「虫コーナイズ」などの虫避け剤が鉄格子の窓からそこらじゅうにぶら下がっていました。辺りは田んぼですぐ脇には山ですから、涼を求めて窓を開けても侵入する虫の量が半端じゃないのでしょう。塀の中の環境はあまり良くないのだというのが分かりました。

「次回も見学者として来て下さい。決して受刑者として来ないでくださいね。」
と、まるで小学生相手の様な言葉で見学会は終了し、頑丈な黄色い「自由への扉」が開くと俗世間に戻ることができました。

 今回、3つの刑務所を見学しました。普段見ることのできない塀の中では、社会復帰の日を待つ受刑者と受刑者と向き合う刑務官の苦労が少しわかったような気がします。今回の見学会は毎週土曜日に行われていました。三重刑務所や豊橋拘置支所・岡崎医療刑務所の見学会もありましたが、スケジュールの都合で行けませんでした。機会を見ていきたいと思います。
 労務作業での賃金の少なさから出所後の生活再建ができずに再犯者として戻ってくる人の多さや、刑務所内での事件・事故の多さなど、新聞等で断片的に流れてくる一般公開では決して出てこない刑務所の現実も決して見逃すことはできません。また、犯罪者の収容に税金を投入する批判も根強くあり、刑務所や受刑者をめぐる問題は複雑で解決が難しいのが現実です。
 でも、私達に1つだけできること。それは犯罪者を作らない社会を創造すること。理想論っぽいのですが、ほんの少し皆で手を差し伸べるだけでも助けられることがあると思うのです。受刑者が犯罪に手を染めた原因も、些細なことから始まっている事が多いようです。これはちょっとお節介かもしれませんが、困ってそうな人を見つけたら、まず声をかけ耳を傾けること。些細なことでも社会も変わるかもしれませんよ。
スポンサーサイト

テーマ:岐阜県 - ジャンル:地域情報

笠松矯正展2011
DSCN9990_convert_20111225234515.jpg
 なかなか見られない施設の社会見学シリーズ。今年は刑務所の一般公開を特集してお届けしていますが、第2弾として今回は10月22日に行われました岐阜県笠松刑務所の模様をお届けします。
 笠松刑務所は全国に8ヶ所ある女性専用の刑務所の一つで、東日本の栃木刑務所と並んで最も有名な女子刑務所として知られます。その背景には女子刑務所を舞台とした2時間ドラマで舞台として設定されることが多いためです。私の印象では泉ピン子とか赤城春恵とかが出てくるドラマが思い浮かびます(例えが古いかな?)。
 名鉄笠松駅から10分ほど歩いたところにあります。今年は笠松刑務所は増築工事の真っ最中で一般公開の中止を検討したこともあったそうですが、笠松刑務所側の配慮により例年通りの矯正展が行われたそうです。 
DSCN9996_convert_20111225234731.jpg
 以前に訪問した名古屋刑務所に比べると笠松刑務所は小じんまりとしているのが特徴ですが、収容人数を超えるは650人ほどの受刑者がおり、施設を増築するということは同時に女性による犯罪の増加があるという証拠でもあります。体育館では矯正展おなじみの家具や刑務作業による製品の販売が行われていました。
 笠松刑務所の名物は七宝焼きだそうです。貴重な収入源とのことで、刑務官さんも七宝焼きの購入を盛んにアピールしていました。ただ、七宝焼きのニーズがどの程度あるかは疑問で、刑務作業の生産物を変えてもよさそうな気がしました。
 いつも思うのですが、中央の富山刑務所製造の神輿。買う人いるのでしょうか?
DSCN9993_convert_20111225234612.jpg
 さて、矯正展最大のお目当ては、やはり内部見学です。笠松刑務所では1回当たり40~50人ぐらいの先着順で6つほどのグループに分かれて公開を行っています。ここでは、こんな感じであらかじめ申し込み用紙に記入を行います。内部見学経験の有無という項目は興味深いです。やはり、社会見学マニアとかいるのでしょうね。
DSCN0013_convert_20111225235040.jpg
 私は14:40からの最終回のグループに入れてもらいました。最終回ということもあり50名ほどでの見学です。またしても画像正面の自由への扉からの潜入かと思いきや、画像左側にある美容院(笠松刑務所では受刑者による美容院を営んでおり、一般の方も利用可能です)からお邪魔して、その勝手口から刑務所内部に潜入します。
 勝手口を抜けるとやはり塀の中です。あの独特の無機質で冷たい所内を進みます。内部撮影はもちろん禁止ですが、法務省矯正局のサイトに一部公開されていましたので、ご紹介します。

刑務所作業製品のご案内(笠松刑務所)

 まずは、受刑者が食べている食事についての説明を受けます。ある建物の1階が厨房になっており、実際に受刑者が夕食を作っている模様も外から見ることができました。2階に上がると3日間の食事も展示されていました。正直なところ、学校の給食程度のレベルでそこそこ充実している印象を持ちました。メニューのマンネリ化対策として、地域色のある料理(例:沖縄料理)などもあるそうで、バリエーションが多いみたいでした。
 次に縫製工場へ。笠松刑務所には5つの工場があり、1工場は裁縫が主。2・4工場は電化製品の配線を扱ってます。3工場は紙袋と子守帯を、5工場は笠松刑務所が自慢している七宝焼を作ってるそうです。これらの刑務作業を通じて『美容師』『介護師二級』『危険物取扱責任者』『ハウスクリーニング』などの資格を所得する職業訓練も合わせて行われているとのこと。人生の再出発に必要とはいえ、いずれも公費で資格を取得させる点で複雑なものがあります。
 別の建物の体育館には、笠松刑務所内で受刑者が購入可能な食品や雑貨の展示がありました。コンビニレベルの買い物は間接的に出来るようです。また、ここでは受刑者の制服が少し明るい配色のモノになっており、他の刑務所との違いをアピールしていました。
 今回の一般見学では刑務所名物のお風呂見学は増築工事の為ありませんでした。機会があれば見に行きたいものです。
DSCN0005_convert_20111225234943.jpg
 構内では物販の他も、こんなゲストが来ていました。実はこの日、滋賀県彦根市でゆるキャラが100体以上集まるイベントが行われていたのですが、ここにいるということは彼らは予選落ちだったのでしょう。それとも、ミナモ(後)は岐阜国体用に他県の選手を集めまくった罪で収監されていたとか?

テーマ:岐阜県 - ジャンル:地域情報

みよし矯正展2011(下)
DSCN9932_convert_20111219022113.jpg
 10月に行きました名古屋刑務所のみよし矯正展の続きです。
 午後からはお待ちかね、名古屋刑務所の内部見学に参加しました。これ無くして矯正展へ行ったとは言えないぐらい、今回の最重要イベントです。名古屋刑務所では事前予約などは必要なく、見学時間帯ならいつでもどうぞという体制でした。30分前の時点から行列ができ始め、あっという間に百人以上の大行列となりました。
 事前に刑務官から「携帯電話のスイッチを消すこと」「荷物はカバン等にまとめること」と説明がありました。説明は2点だけで、あとはこれを見といてと注意事項のボードを示していました。結構アバウトです。ところが、一つ気になりました。内部撮影についての説明が無いのです。内部撮影が可能なら詳細までの詳しい記事が書けるので興味津々でした。しかし、これが後にちょっとしたトラブルとなります。
DSCN9933_convert_20111219021716.jpg
 午後1時、いよいよ名古屋刑務所の内部見学スタートです。俗世間と塀の中の境界にある扉が開く瞬間はちょっとした緊張感があります。こちらは見学ですからワクワク感がありますが、収監される人にとっては俗世間とのお別れの場所です。塀の中に入るということをどんな気持ちで迎えるのでしょうか。
 塀の中は整然とした工場群が並んでいました。無機質な建物が並ぶ塀の中。灰色の空間が広がっています。工場の向こうに受刑者の居住区域がありますが、そちらまでは行けません。刑務官の案内のもと、まず木工場に案内されました。工場内はヒノキの香りがする空間。家具や木工玩具を製造しているとのこと。ここが刑務所ということを除けば、普通の家具工場でした。
 ところが、ここでデジカメの撮影音が響くと刑務官の表情が一変。「あっ、ここは撮影禁止!!」。 すると、ある見学者が「事前説明では何も言ってなかったぞ!」の声。確かに撮影については一切説明はありませんでした。どうも刑務官のミスの様で内部撮影は禁止ということで確定。したがって、内部画像については撮影を自粛することにしました。なるべく、情景が浮かぶように詳細にご紹介します。

 矯正展では撮影禁止でしたが、法務省矯正局のサイトに一部公開されていましたのでご紹介します。
施設のご案内(名古屋刑務所)

 次に紹介されたのが機械工場。主に電子部品を製造しているとのこと。建物の中は中央に通路が有って両サイドの壁の向こうに工場が配置されており、食堂や更衣室もあって、朝の勤務開始から終業まで工場内で過ごすことになっているそうです。
 工場は印刷・縫製・金属加工など多種に渡っています。企業からの製造依頼もあるようで、名古屋刑務所で展示されていた例では、贈答用タオルの箱の成型が1個2円、その箱のタオルを詰める作業が1個6円、電子部品のバリ取りが1個2円という感じ。内職みたいですね。
 受刑者は1日8時間、週休2日制で作業をするのだとか。ここで気になるのは、受刑者の賃金はどの程度なのかということ。正式には「作業報奨金」といって、出所時に支払われ生活費等に充てるそうですが、職能レベルによって異なるものの、毎月の収入は数千円程度だとか。時給換算すると20~30円程度。でも、性質上仕方ないですよね。でも、これでは出所しても資金が枯渇するのは目に見えており、出所後の再犯率が高い理由の一因であるのも否めません。
 塀の中での貴重なイベントが慰問です。歌手等の著名人が訪問するそうで、杉良太郎さんや八代亜紀さんの慰問が特に有名ですね。名古屋刑務所内では、立派なひな壇付きのホールが有りました。最近改築したそうで1000人クラスの収容が可能。普段は体育館として使用するそうですが、そこらの市民会館と引けを取らないレベルでした。こちらでは慰問の時は受刑者を入れ替え制で公演を行うのだそうです。
 最後に刑務所と言えば、脱獄(謎)。しかし、詳しく書けませんがそれはできないようになっていました。皆さん、サッサと歩くのですが、初めての刑務所内部見学で興味津々の私、刑務官さんにもお話を伺いながら1時間以上かけて見学させて頂き、濃い見学となりました。自由への扉を通過して俗世間に戻ったとき、何か落ち着いたのは気のせいでしょうか。

テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報

みよし矯正展2011(上)
 この秋、久々に一昨年の自衛隊に続く「社会見学シリーズ」を敢行することにしました。今回選んだテーマは「刑務所」。普通に過ごしていたら、生涯お世話にならない(はず?)の刑務所。ドラマや映画、ドキュメンタリーでしか見たことの無い施設内部を実際に見学することができる貴重なチャンスが年1回の一般公開です。地域住民への理解と共存を目的としたイベントで、本来なら「イベント」「まつり」「一般公開」という表現を用いたいところですが施設の性格上、公には「矯正展」という名称を用いるあたり、さすが刑務所です。
 今回は10月15~16日に愛知県みよし市の名古屋刑務所で行われた「みよし矯正展」のうち、10月15日の模様を2回に分けてお届けします。
DSCN9915_convert_20111204015637.jpg
 名古屋から地下鉄鶴舞線の豊田市行き電車で30分ほど。名鉄三好ヶ丘駅から20分程度歩くか、この駅からみよし市のコミュニティバス「さんさんバス」に乗車、三好ヶ丘7丁目又は緑5丁目で下車し、5分ほど歩くと到着です。みよし市の北部にあり、新興住宅地に囲まれた丘の上にあります。名古屋刑務所と名乗ってはいますが、みよし市は名古屋でも尾張でもなく、三河に属している地域です。でも、強引に名古屋刑務所と名乗る理由は、この施設が名古屋から移転したためだそうです。この刑務所はもともと名古屋の現在は吹上ホールのある位置にあり、これが1965年(昭和40年)に現在地に移転したそうです。でも、少し違和感ありますね。
DSCN9914_convert_20111204015546.jpg
 名古屋刑務所に収容されている受刑者は約2,300名。主に累犯者と暴力団系犯罪で実刑を受けた人が多いとのこと。刑務所というと、塀で囲まれているイメージがありますが、名古屋刑務所は弊を外周に接するところに設けず、敷地外から見えないようになっており周辺への配慮を感じます。ただ、敷地内にはちゃんと塀はありまして、日常社会との隔絶を感じます。
DSCN9925_convert_20111204021709.jpg
 矯正展では全国の刑務所で受刑者が刑務作業で生産した製品の即売や地元の物産・農産物の販売や露店も並んでおり、意見するとお祭りのような賑わいです。
 まずは受刑者生産製品から。受刑者の製造品の中でまず思いつくのは家具です。恐ろしく丈夫で重いのが特徴ですが、常に厳しい検査を受けているので品質が良く、市販の家具に比べて割安であることから、根強い人気があります。
DSCN9922_convert_20111204020319.jpg
 最近では製品の多様化も進んでおり、さまざまな種類が刑務作業で製造されています。まずは神戸刑務所の靴。ケミカルシューズの生産といえば神戸。刑務作業には地域産業の特性も反映されているようです。こちらも丈夫との噂。私はすぐ踵が擦り減ってしまうので、良い靴が無いかと思いきや、全般的にデザインがオッサン向きだったので今回はパス。値段は5~6,000円台。
 次は福井刑務所のイチョウの木まな板。品質が良いとのことで好評の品ですが、値段が少し高め(2,800円から)でかつ、サイズが大きいのが難点。一人暮らし用のもう少し小さいサイズが欲しいです、福井刑務所担当者様。
DSCN9923_convert_20111204021457.jpg
 こちらは名古屋刑務所のバーベキューコンロ。アウトドア好きな人曰く、この値段なら絶対に「買い」のお値打ち商品だそうです。ちなみに、刑務作業商品で一番人気は千葉県市原刑務所製造の味噌としょう油。イベント開始時に、これを目当てに買い求める人が殺到し、毎回早々に売り切れてしまうほどだそうです。
DSCN9921_convert_20111204020109.jpg
 なかには、こんな自虐要素のある商品も。函館刑務所製造の前かけ。ここ数年、前かけが見直されているとはいえ、自虐要素のある前かけで商売繁盛となるかは疑問です。
DSCN9924_convert_20111204021547.jpg
 思いっきりツッコミを入れたくなるような商品もあります。こちらは福井刑務所製造のトートバック。一攫千金。ホント、反省しているのでしょうか。大丈夫かと不安になってしまいます。笑いと共に受刑者に誤解を与えかねない、この商品企画者を疑いたくなります。
DSCN9919_convert_20111204015915.jpg
 今回のイベントでは、受刑者の食事体験ができるコーナーもありました。刑務所の食事は「臭い飯」といわれますが、どんな味なのかチャレンジしてみることにしました。
DSCN9917_convert_20111204015802.jpg
 献立はカレー、ウインナーとピーマン・マッシュルームの炒めものと、福神漬け、デザートとして細かくカットされた黄桃、そして麦の比率がやや高い麦飯という構成。今回は業者が盛りつけの担当をしていますが、塀の中では食事の調理も受刑者が行い、盛りつけの量目に差が無いかを刑務官が厳重にチェックするんですよね。そして、刑務所長も食べているシーンはTVで見たことがあります。
 量はやや少なめで味も正直「食えるかな?」程度でしたが、塀の中では食べることぐらいしか楽しみも無いでしょうから、慣れてくるとパクパクいけるのかもしれません。今回の体験メニューは1食500円でしたが、実際は学校給食よりも安いと思われるので、1食200円前後じゃないでしょうか。
 
 さて、空腹を満たしたところで、矯正展の目玉・刑務所内部見学に向かいます(続く)。



テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。