名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイドウェイバス減便
 名古屋ガイドウェイバス(ゆとりーとライン)が9月9日にダイヤ改正を行い、志段味支所前以北の区間について大減便することが明らかになった。バスを共同運行している3社(名古屋市交通局・名鉄バス・JR東海バス)のうち、JR東海バスが大曽根~瀬戸みずの坂系統以外から撤退するためだという。大曽根~上島間は平日昼間でも1時間7本運行で「やや過剰運行ではないか」という声もあり運行本数の適正化を図った点は評価できるが、その他では改悪点が目立つ。
 特に大曽根~高蔵寺系統は1時間3本運行から半分以下の1時間1本運行に、大曽根~瀬戸みずの坂系統は1時間1本運行から2時間隔運行と運行本数は半減し「乗れるものなら乗ってみろ」状態となる。今回の減便で、志段味支所前以北の区間ではガイドウェイバス開業前に運行されていた一般路線バスの運転本数にも満たない状況となる。2001年3月、廃止もささやかれた場末の路線バスを見事に復活させたガイドウェイバスは、開業6年目で大きな転機を迎えようとしている。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル:地域情報

隙間で残った空港バス
 またしても、平和。やってくれましたね。
 9月末で廃止が確定している名古屋駅とセントレア(中部国際空港)を結ぶバスの後継として、10月から岐阜県瑞浪市の平和コーポレーション(以後「平和」と略します)が現在運行している中津川インター~県営名古屋空港~セントレア間のバスを名古屋駅に寄り道するかたちで実現するという。この会社、元々はタクシー会社だが、バスの規制緩和によって路線バス業界に参入し、愛知県小牧市のあおい交通と並んで東海地方で頑張る小規模バス会社として知られ、昨年も直通路線の無かった県営名古屋空港とセントレアを結ぶバス路線を開設して注目された。
 今回の名駅乗り入れでは、停留所を名古屋バスターミナル2Fグリーンホーム1番乗り場に設置。一番奥の乗り場で少し歩く必要はあるが、市バス専用のターミナルに民間会社初参入(名古屋遊覧バスというのがあったが、あれは純粋な民間会社じゃなかったので)という快挙を達成するのだ。
[READ MORE...]

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル:地域情報

「ホームライナー」で帰る
 お盆に顔を出せなかったので、久々に実家へ出かけた。夜遅くまで残業が長引いたので、電車に乗ったのは夜11時過ぎ。速く、そしてイスに座って行きたいので、きっぷに加え310円の乗車整理券を購入してJR中央線・瑞浪行きの「ホームライナー瑞浪3号」に乗車する。列車は特急「しなの」の車両なので、イスはリクライニング機能もあって快適。銭取られるライナーと悪名高き「セントラルライナー」に比べ段違いの充実振りだ。ただ、乗車時間はたった30分弱。寝込むと終点まで運ばれる(下車駅は終点1つ手前の土岐市駅)ので、おちおち寝られないから困りものだ。車内を観察して時間を潰すことにする。
 座席はほぼ満席。大曽根駅を出ると車内改札が始まる。改札といっても乗車整理券を持っているかどうかを目視チェックするだけのシンプルなものである。早く家に帰りたいのか、乗車整理券を買わずに飛び乗る人が多く、車掌は車内を忙しく回る。デッキには座れない人が何人も立っている。
 名古屋からたった20分の高蔵寺駅で下車する人が数十人いたのは驚き。もともと、「ホームライナー」は帰宅の足をカバーすると共に、特急列車を名古屋駅から車庫のある神領駅に回送するための「車両の間合い運用」を目的にしており、短距離でも割増料金を払ってくれる客は上客であって運営的にもおいしい話である。
[READ MORE...]

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル:地域情報

熊野花火大会輸送
20060825a.jpg

 毎年19万人ほどが訪れる熊野大花火大会。鉄道の対応を追った。まず、熊野駅前にはロープが張られ、帰りは新宮方面・名古屋方面特急・尾鷲方面普通列車に振り分けられる。
20060825b.jpg

 通常、毎日1000人ほどの乗降しかない熊野市駅に何万人の客が押し寄せるのだから尋常ではない。ホームに臨時出口を設置し乗客の誘導が始まる。また、新宮~尾鷲の各無人駅にも臨時に駅員が配置され、車補券による乗車券販売が行なわれた。
[READ MORE...]

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

熊野大花火大会3
20060824a.jpg

8月23日分の続きである。
 約2時間にわたる夕立、いや集中豪雨も19:00ごろに収束し、雨合羽を着てレジャーシートをかぶってもパンツ以外はずぶ濡れの最悪の状況で19:30ごろに花火は開始された。あの集中豪雨が嘘のような、きれいな星空が見えてきた。
始めは「追善供養」の花火。しかし、この規模が半端じゃない。1000~2000発規模の花火大会で行われる、最後のスターマインと同じぐらいの打ち上げっぷりだ。とにかく、テンションが半端じゃない。いきなりこのハイペースなのだから最後はどうなってしまうのか。見物している方まで興奮してくる。デジカメは故障しているが、何とか作動するので必死に撮影を続ける。
20060824b.jpg

20060824c.jpg

[READ MORE...]

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

熊野大花火大会2
20060823a.jpg

8月22日分の続きである。
 駅前で名物の「さんま寿司」「めはり寿司」とはじめて見る「アジの姿寿司」を買い、会場の浜辺へ向かう。良席である鬼ヶ城近くは早々と見物客で一杯だが、少し離れると閑散としていたので陣取る。今回は熊野初体験なので概要さえ分かればいいと思っており、そこまで入れ込む気は無かった。獅子岩をバックに撮影するといいのだが、それでは鬼ヶ城の花火が半分以上見られないというのも考慮した。「午前中に現地入りしないと、まともな位置は確保できない」という情報がまるで嘘のよう。近くの人に聞くと、今年の来場者は延期したこともあって例年の半分ほどらしい。
20060823b.jpg

 ところで、七里御浜の海岸は砂じゃなくて、すべて石である。したがって、砂浜じゃなくて石浜である。歩くたびに足が沈み込んで非常に歩きにくい。いい運動になった。17:00、駅前で買い込んだ寿司を食べていると空が急激に暗くなってきた。これは一雨降るな。そう思った頃に、雨は一気に降り出した。
20060823c.jpg

[READ MORE...]

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

熊野大花火大会
 雑誌の花火特集を見て「絶対に見に行きたい」と思い、3年ほど前から狙っていた。今回、予定日の17日に有給休暇を獲得をしたので楽しみにしていた。ところが、台風接近による高波で延期。一時は絶望したが、ダメ元で申請した休暇申請が奇跡的に通ったので熊野花火見物に出かけることにした。もちろん、手には「青春18きっぷ」。尾鷲・熊野方面は昨年6月にレンタカーで出かけて以来、2度目の訪問だ。でっかい花火を見に行くぞ。
[READ MORE...]

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

サイキックミーティング2006
20060813.jpg

 8月13日分の続きである。
 ラジオの深夜放送が廃れて久しいが、いまだに10年以上聴き続けている番組がある。日曜深夜に放送している大阪・ABCラジオ(1008kHz)の『誠のサイキック青年団』である。番組の恒例イベント「サイキックミーティング」を観に大阪まで出かけた。サイキッカー(リスナー)歴14年だが、恥ずかしながら初参加である。会場の大阪厚生年金会館前には怪しい集団がたむろしている。どうも、昼の部と掛け持ちのファンが集まっているらしい。私は時間の都合で夜の部だけの参加である。それにしても、まぁ客の年齢層の高いこと。10代がほとんどいない。やはり、「オールナイトニッポン」の衰退と「アクセス」の全国ネット化による地方局のラジオ製作縮小の影響は甚大なのだ。
 タレントの北野誠さん、「アニキ」と呼ばれる作家の竹内義和さん、番組の元ディレクターの板井昭浩さんの3人が来場者からのアンケートを元にウダウダトークする番組に最も近い内容。ただ、トークの内容は社会・芸能に土足で乗り込む濃いネタばかりで、
*極楽とんぼ山本を解雇した吉本興業の事情
*ワキガの某女性ニュースキャスターの話
*カネが絡んだロックグループの解散騒動
*ミス・インターナショナルの秘密

など、とても放送では使えないものばかり。2時間半ほどのイベントは大変面白く、途中何度も大笑いさせてもらい、いい暑気払いとなった。
 イベントは20:20過ぎに終了、帰宅を急ぐ。大阪駅21:00発の新快速に乗らないとその日のうちに名古屋まで帰れない。新幹線利用など毛頭ない。青春18きっぷユーザーの悲しい定めなのだ。課題だった梅田までのアクセスも日曜日でも5~6分おきの運行をする地下鉄に助けられる。どこぞの地下鉄のように、10分も待たされることはないのでありがたい。新快速も運良く座席も確保し、ラジオでドラゴンズ優勢を確認すると近江八幡付近まで爆睡。その後、米原と大垣で電車を乗り換え23:45名古屋到着。0:15に自宅到着。シャワーを浴びて、1:00から「サイキック」を聴き就寝。

テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。