名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

ユニーグループ「Edy」導入
 アピタ、ユニー、ラ・フーズコア、ユーホームおよびユーストアの各店舗へ今年秋以降順次導入予定することが決まったとか。総合スーパーでは初の導入。グループ会社のサークルKサンクスでも導入していたので、自然な流れだったのだと思う。
 東海地方はユニーグループの本拠地であり、ユニーは生活に密着した存在。今回のニュースは本当に嬉しい話だ。これでますます充実したポイント生活が楽しめそう。そして、名古屋はANA陸マイラーにとって最高の街になりそう。
 ぜひ、アピタ千代田橋店・ユニー今池店・新瑞店・サンテラス多治見店・恵那店での早期導入を!(←自分のエゴ丸出し)
スポンサーサイト

テーマ:陸マイラー - ジャンル:旅行

浅間温泉「枇杷の湯」
20070224a.jpg

 松本へ出かけました。国道19号をひたすら北上。
20070224b.jpg

 途中、塩尻市郊外の本山地区で蕎麦を食す。水切りがイマイチの「みずみずしい」蕎麦だが美味。このあたりの蕎麦はレベルが高い。
20070224c.jpg

20070224d.jpg

 今回の目的は松本市郊外の浅間温泉にある「枇杷の湯」。浅間温泉に数箇所ある外湯でも、日帰り温泉施設と呼ぶにはあまりにも古風な外湯として知られる。枇杷の湯は初代松本城主石川数正が浅間に湯御殿を設け、数正の三男康次の子・石川昌光(小口楽斎)が湯守に就任したという由緒あるお湯。代々小口家が湯守となり、城主専用としての湯御殿として管理されたという。その後、老舗旅館を経て平成9年より日帰り温泉施設となった。館内にはご主人の先祖代々の文化遺産を広く公開しようとの思いにより、湯守の歴史や家宝などの展示スペースが設けられている。
 浴室は内湯と露天風呂だけというシンプルな造り。泉質的には特徴も無く、ごくごく普通。湯は循環だがオーバーフローするようになっているので、細かい点を気にしなければ気分良く湯につかることができる。何といっても、雰囲気が抜群に良い。別棟の「野天風呂」もよさそう。800円の入場料が少し気になるが、お湯だけでなく建物やきれいな庭・鎧や殿様が乗った籠など、小口家のお宝展示なども見られるので許容範囲内かと思う。
20070224e.jpg

20070224f.jpg

 松本市街へ戻り、中心部にある「デリー」という店で食事。蔵を改装した黒壁の建物で、カレーの店として松本では有名な店らしい。インドチキンカレー(画像上)を注文。スパイスの効いた粉っぽい、S&Bのようなカレーを期待したのだが、これでもかってぐらいのシンプルなカレーが出てきた。ポークカレー(画像下)もシンプルで、いずれもマイルドなカレーでした。

テーマ:温泉旅行 - ジャンル:旅行

名古屋市レジ袋有料化へ
 既に東京と京都の一部店舗で実施しているが、2010年までに名古屋市全域でも実施するらしい。遅かれ早かれ、こうなると思っていた。個人的には賛成。ただ、全面的な賛成ではない。なぜなら、このシステムは「省資源」「環境保護」を標榜しながら実質的には「経済効率」が最優先されており、有料化で利益を上げる者がいるなど極めて不公平である問題が置き去りにされているからだ。
 例えば、レジ袋有料化によって配布枚数を削減するとスーパーなど小売店はその経費が浮く。特に大手チェーンでは年間数百~一千万円単位の削減効果があるそうだが、この浮いた分が消費者に還元される確証は無い。同様に小売店がレジ袋を1枚5円で有料化したとしても、その5円の行方は不透明で、小売業者の利益など本来の目的と異なる結果を招きかねない。これでは「環境対策」より「小売業保護」の色合いの方が濃くなってしまう。行政がレジ袋料金を「環境税」化し、管轄区域内で指定されたレジ袋以外の使用を禁ずるといった徹底的な策を講ずればいいが小売業者の反発もあるのか、そこまで突っ込んでないから全面的賛成に至らないのだ。
 名古屋では、レジ袋の代わりにレジ袋サイズの名古屋市指定ゴミ袋を自腹で購入し、「レジ袋」として配布しているスーパー・小売店が多数ある。これは単にゴミ袋有料化による市民へのダメージ緩和と小売業者のイメージアップという、2つの目的を融合した「損して得取れ」の思想かもしれない。ただ、レジ袋問題について小売業者も一部負担することで消費者と共に協力する姿勢を示すべきではなかろうか。
 名古屋市はレジ袋有料化の前に、いまだに店独自のレジ袋を配布する小売業者(特に配布枚数の多い大手小売店)に、この手の環境施策を指導すべきだと思う。名古屋市はレジ袋拒否でポイントが貯まる「エコクーぴょん」制度を導入。これは愛知万博の置き土産「エコマネー」制度と互換性もあり、ポイントを貯めて景品交換もできる。しかし、「辞退者の割合は1~2割で改善が進まない」と、レジ袋ゴミの原因は市民にあると一方的に決め付ける見解はおかしい。いまだに店独自のレジ袋を配布する小売業者にも、その一端があることを忘れてはならない。
 レジ袋有料化問題で1つ気になるのは、小売店がレジ袋有料化で配布枚数を減らしても、消費者が使用済レジ袋で賄っていたゴミ袋を新たに購入するようになっては意味がないということ。「ゴミを減らす」「資源節約」という目標はあれど、この程度では根本的な解決にはならないと思う。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

松坂屋・大丸と経営統合へ
 またしても再編への動き。東海銀行・エディオンに続き、またしても名古屋資本流出の危機。今度のターゲットは、名古屋では説明不要の絶対的存在・松坂屋だ。相手は関西地盤の百貨店・大丸。売上高で百貨店業界首位になるとか。全国ニュースでも大々的に流れていたが、関東では松坂屋も大丸もどちらかといえばマイナーな部類かな。この両社、不思議なことに商圏が被っていないのも統合の要因だろうか。大丸は関東では東京駅のデパートぐらいのイメージしか無さそうだが、関西では強力なブランドの1つで心斎橋店と神戸店が有名。最近は札幌進出が大成功だった。
 名古屋で知らない人のいない百貨店・松坂屋。そのブランド力と信頼は絶対的なもので、包装紙や紙袋はしわを伸ばして保存し、必要な時には他店の包装紙を剥がしてまで使うオバチャンが昔の名古屋には多かった。まだ、いるのだろうか。私も子どもの頃、ここへ行く時は「よそ行きの格好」をさせられた記憶がある。名古屋じゃ無敵の松坂屋だが、東京・上野の松坂屋がまるで名古屋の名鉄・丸栄のようなオバチャン指数の高さだったことに仰天した記憶がある。
 四日市店の大失敗にはじまる店舗の閉鎖に加え、最近は村上ファンドに乗っ取られそうにもなった松坂屋。確か黒字店舗が本店(名古屋店)と静岡店だけで、高槻店がギリギリ。残りは赤字だと聞いている。最近はJR高島屋と三越に大分苦しめられているし。村上ファンドの時に相当苦しんだようで、買収されたくないという心理が働いたのだろうか。
 松坂屋も大丸も地元では絶大な基盤があるから西武&そごうのミレニアムリティリング同様、屋号はそのままで営業を続けるだろうね。ただ、関連会社の松坂屋ストアは大丸ピーコックに吸収された方がいいかも。松坂屋ストアは電子マネー「Edy」が使えるが、値段だけ一流で品揃えは3流。精米して1ヶ月以上たった米を平気で並べるダメさ加減ぶり。スーパーとしてダメダメなんだよ。大丸ピーコックの方が洗練されているし「Edy」も使える。こちらの統合はぜひやって欲しい。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

近鉄養老線から「養老鉄道」へ
 近鉄伊賀線と並んで近鉄からの分離が決定し存廃が注目されていた近鉄養老線(桑名~大垣~揖斐・57.5km)が近鉄の全額出資による子会社「養老鉄道株式会社」として存続することが決定し、早ければ今年中にも経営移管がなされるらしい。なお、養老線の施設は移管後も従前通り近鉄が所有・管理し、「養老鉄道株式会社」は養老線の営業・運行のみを行なう広義の意味での上下分離方式で運営されるそうだ。 経営を分割すると経営の効率化が図れることと、自由に運賃の設定ができるのが魅力とか。名古屋でいえば、JR東海と城北線のような関係かな。沿線自治体の支援については、2007年度が固定資産額のみの援助。その後、2008~2010年度分の沿線市町の支援額と負担割合が決められただけで、2011年度以降については2010年度にあらためて協議するとのこと。

近鉄ホームページ
「養老線の事業形態の変更に伴う第一種鉄道事業の廃止届出および新会社の設立について」
http://www.kintetsu.jp/news/files/yourou20070214.pdf

 三岐鉄道に移管された旧近鉄北勢線のような劣悪かつ老朽化の激しい状況ではないものの、大手私鉄とは思えない設備でローカル線並みの養老線。桑名~大垣間を何度か通しで利用したことがあるが、養老山地の麓に沿って忠実に走る路線で、43kmを70~75分かけてのんびり走る。ただ、並行する国道258号線は大垣市街地を除き信号機も少ない高規格道路で、クルマはガンガン飛ばして追い越してゆく。何とかしてこの区間を1時間以内で走破できるようにスピードアップが求められる。ただ、設備は近鉄に所有権があるということで養老鉄道単独で改良するにも限りがあり、これが会社の運命を左右しないか心配である。また、養老線は平成16年度・17年度とも約14億円の赤字を計上している。経費節減で仮に半分に圧縮したとしても7億円の赤字。更に沿線自治体からの支援の上限は3億円ということで経営は相当苦しそうだね。
 近鉄は合理化の一環で養老線を含む一部区間で車掌を乗せない「ワンマン運転」を行っているが、近鉄のシステムはかなりいい加減で「後乗り前降り方式」や「運転士による乗車券の回収」といったや基本的な業務すらおろそかになっており、ワンマン運転区間で相当額の運賃取りこぼしがあると思われる。これは旧北勢線で見かけたのだが、ワンマン運転で無人駅に停車するのにすべての扉を開けるので、乗客が勝手に近くの扉から下車していまい、運転士が乗車券の回収や定期券の確認ができず不正乗車を横行させる土壌になっていた。また、無人駅から無人駅へ利用する場合、きっぷが無い場合は下車駅に設置された回収箱に運賃を入れるように書いているが、運転士が目視確認できないことからほとんど機能しておらず衝撃を受けたことを覚えている。これには近鉄も黙ってはおらず、養老線でもワンマン運転区間の途中駅から機動改札の如く車掌が区間限定で乗り込んで検札しているが、運賃の取りこぼしは他の鉄道会社を遥かに上回るものだろう。別会社となることで、運賃は別立てになり近鉄名古屋線からの通し運賃ではなくなる公算が高い。実質的な運賃値上げになりそうだが、運賃取りこぼしなんて初歩的ミスを無くし安易な値上げに頼らない収益力を上げる必要がある。
 鉄道のネットワークについて欲をいえば、大垣駅で接続するJR東海道線との直通運転も考えてみてはどうか。幸いにもレール幅・電化方式が同じで保安装置などを共通化すればできる。愛知環状鉄道でも直通運行を始めており、公共交通を利用する上の障害となる「乗換」を無くす効果はあると思うのだが。ちょっと無理かな。

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

ワンセグ最高!!
20070210a.jpg

 携帯電話を新機種に変えて一週間が経った。最大のお気に入り機能は「ワンセグ」である。どこでも(デジタル放送受信可能エリア内に限る)気軽にテレビが見られ、最新の情報が手に入る。歩いているときはもちろん、移動中の電車・バス車内でも画像が乱れない。本当に重宝している。
20070210b.jpg

 ただ、噂通りテレビ愛知は電波が弱いようで、画像が乱れやすい。アナログと違って、デジタル放送は電波が弱くなると画像が固まってしまい音が途切れてしまう。
土岐の実家へ出かける際に受信実験をしてみた。JR中央線で名古屋から高蔵寺まではまったく問題なし。ところが高蔵寺駅発車後、愛知環状鉄道の高架をくぐるあたりで画像が乱れる。ここを過ぎると受信状況は回復するのだが、テレビ愛知だけは回復状態が芳しくないまま愛知・岐阜県境のトンネルに突入した。
 県境(僅かに100mほど岐阜県側)に位置する古虎渓駅では、すでにテレビ愛知が受信できなかった。岐阜県(特に東濃方面)に電波が届かないように送信方向を絞っているという話を聞いていたが、ここまで正確とはね。次の多治見駅ホームでは受信できず。まだ、東濃では中津川地区以外はデジタル放送が受信できないと聞いていたので諦めモードだったのだが、
20070210c.jpg

 降り立った土岐市駅のホームでダメ元での受信実験。すると、瀬戸からのデジタル放送電波を簡単に受信できました。やはり、テレビ愛知はダメでしたが、NHK(名古屋総合・名古屋教育)と名古屋広域民放4局、そして岐阜放送の計6局が受信でき感動。ただ、電波が弱いせいか少しでも感度が落ちると画像が止まってしまうので、電波状況は画像が映るギリギリのレベルなのでしょう。
 実家で両親に見せると、小さな画像に食い入るように見ておりました。携帯電話も持ったことが無いアナログな人ってこんなものなのでしょうか。好きなようにいじってくれていいのだが、有料で通信が必要なデータ放送をダラダラ見られたときは止めに入った。何も知らない人は本当に恐い。
 実家には電器屋に「じきに始まる」とだまされて買った地上デジタル対応テレビが鎮座していますが、土岐では来月からようやくデジタル放送が開始するそうで、このテレビも本領を発揮できるようです。

テーマ:ワンセグ - ジャンル:携帯電話・PHS

家電量販店再編とエイデン
 いつも通り、テレ東(当地ではテレビ愛知)のWBS(ワールドビジネスサテライト)を見ながら書き込みしていたら、いきなり大ネタが。
 家電量販店2位でエイデン・デオデオなど家電量販店グループのエディオンと同5位のビックカメラが資本業務提携するらしい。しかも、事業統合をする方針で、統合が実現すれば売上高で最大手のヤマダ電機を上回り国内首位に浮上するとか。

株式会社エディオンと株式会社ビックカメラの資本業務提携に関するお知らせ
http://www.edion.co.jp/index01.html
http://www.biccamera.com/bicbic/jsp/w/ir/news/pdf2007/20070208news.pdf

 最近の家電量販店業界は大規模再編が進んでおり、その流れで首位になるのは「あっぱれ」かもしれないけど、名古屋では消費者への影響がありそうでちょっと心配。なんせ、エディオングループには名古屋を本拠地とするエイデンがあるから。こことビックカメラが統合なんて、まるで水と油のような関係だ。東海地区ではビックカメラ進出の頃から店舗体系こそ違えど対立構造だった間柄だ。名古屋駅の東にはエイデンとコンプマート、西にビックカメラとソフマップがあり、同一グループで独占状態となる。
 統合されたらどうなるのだろう。価格の面でちょっと心配だな。エイデンは何かと割高だから。私も最近は「ビックカメラ」「ケーズ」「コジマ」で比較して買うケースが多い。エイデンはいずれの場合も驚異的な確率で最も高く、最近流行のポイント還元も一切無いので比較対象に入れていない。高辻や大曽根、そして名駅の本店でも、日曜午後でも客が少なく「大丈夫か?」と思うことが何度もある。
 せっかくだから、名古屋の家電チェーン「エイデン」について、消費者の視点でいろいろ書いてみますか。

 エイデンがまだ「栄電社」と呼ばれていた頃(1985年頃)、名古屋(特に北東部)はこことマツヤデンキ(このチェーンも再編に巻き込まれましたね)ぐらいしか家電チェーンが存在しない無風区だった。だから、栄電社のやることは何でも名古屋では先駆けで、その知名度は絶大だった。店舗にも必ず「できる店員」がいて、価格の相談やアフターサービスはしっかりしてくれた。元社員の人から聞いた話によると、このチェーンは競争が無いので価格は少し割高でも売れる。そして、名古屋人は現金払いが圧倒的なので利益率が高い、など相当いい条件で業績を上げてきたのだという。うちの家電も昔はエイデン購入比率が高かった。そして、10万以上でも平気で現金で払ってたからね。親が1万円札を何枚も平気で財布から出すところ見て驚いた記憶がある。
 無風区だった東海地方にも上新・コジマ・ヤマダ…と他地域の家電チェーンが進出しても、朝青龍ばりの横綱相撲で振り払っていたエイデンだが、この頃からこのチェーンの迷走が始まった。
[READ MORE...]

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

春の「青春18きっぷ」はすごい
 JRグループの恒例・春の「青春18きっぷ」ですが、今年はJR発足20周年ということで、通常価格5枚(5回分)11,500円のところ、今回(春)に限り特別価格8,000円で発売するそうです。(JR東海公式サイトによる↓)
http://jr-central.co.jp/co.nsf/news/nws200728-144841

内容は以下の通り。
・発売期間は2月20日から3月31日まで、設定(利用可能)期間は3月1日から4月10日までと例年通り。
・JR全線の普通列車の普通車自由席および宮島航路が乗り降り自由。
・1枚のきっぷで5回または5人まで、利用可能。
・年令制限なし。どなたでも利用できます。
・JRホテルグループ加盟各ホテルにおいて宿泊料金の割引などの特典が受けられます。
・平成19年度夏季と冬季には、これまでと同様に「青春18きっぷ」を発売します。
 
 JRグループも嬉しいことをしてくれるじゃないの。ただでさえ散々乗り倒すというのに、更に3割引とは「青春18きっぷ命」の私には大変ありがたい。また、毎回噂になる18きっぷ廃止も来年の冬までは存続確定でホッとしている。
 乗り物好きとしては3月末で廃止となる、くりこま田園鉄道・鹿島鉄道・西鉄宮地岳線(一部区間)や春から工事に入る山陰線餘部鉄橋の見納め、このうち1つは行きたいなぁ。

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース