名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

鹿島鉄道最後の日
kashima1.jpg

 毎年、3月31日と9月30日は乗り物好きにとってじっとしていられない日だ。前夜にビョーキが疼き、「ムーンライトながら」に飛び乗って茨城県まで出かけた。予約も無しに乗り込みデッキで座るのは数年ぶりのことだ。東京・築地市場で朝飯を食べ、つくばエクスプレスで北上。土浦までバスに乗り、鹿島鉄道の起点石岡駅には午前11時に到着。
kashima2.jpg

 昼過ぎだというのに、2両編成の列車に収まる程度の乗客でまったりとしている。岐阜の路面電車のときのような危険な状況はない。
kashima3.jpg

 ただ、本数の少ない常陸小川~鉾田間は、最終日らしいフィーバー振りだった。おそらく社員にとって、最初で最後の経験だろう。
kashima4.jpg

 警備員も記念撮影に参加。まったりしている。
kashima5.jpg

 途中の石岡~常陸小川だけでも存続させると良いという意見も聞いたが、国道が並行しておりバスの定時運転に問題があっても、結局は競争に勝てないと思う。区間短縮での延命がいかに難しいかは、廃止された名鉄揖斐線や美濃町線が見事に証明している。仮に定時運行が重視されても時速40km程度でトロトロ走るだけなら定時運行のメリットも半減だ。末期の輸送密度(1kmあたりの輸送人員)は3桁だったそうだ。これはバス輸送のレベルだ。起点の石岡は駅前コンビニすらない集客能力のない街。乗換だけの街だったみたい。また、玉造や鉾田の人の流れは石岡ではなく水戸へも向いていること、そしてクルマの存在もあって鹿島鉄道は完全に四面楚歌だったようだ。沿線にあった航空自衛隊基地への燃料輸送が無くなった段階で生命線が絶たれた様なもので、ここまで延命できただけでも大したものだと思う。乗客減少もあるが、最大の要因は親会社の関東鉄道もつくばエクスプレス開業で乗客が激減し、内部補填が困難になったことのようだ。老朽化も激しく、満身創痍での廃止である。
 玉造町駅近くの図書館で地元の新聞を読み漁ると、こちらも廃止が噂されていた茨城交通が当面廃止申請をしないと宣言する記事を発見しホッと胸をなでおろす。
kashima6.jpg

 日も暮れると石岡駅は最終列車の発車時間に向けて、最後の盛り上がりを見せてきた。
kashima7.jpg

 21:00頃の石岡駅。
kashima8.jpg

 22:15頃に発車する鉾田行き最終列車発車前の花束贈呈。満員の乗客を乗せて列車は発車した。
 東京・上野まで戻り、汚い場末のカプセルホテルで就寝。イメージキャラが林家ペーという段階で選択を考えるべきだったのだが…。 
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

日本一へ最高のスタート!!
 いきなり開幕試合からこんな試合見せられては、胴上げの日まで体が持つだろうか(笑)
 8回表、疲れの見えた川上がリグスに逆転ホームランを打たれ、8回ウラ無死一塁からのウッズの併殺打に倒れた時、もうだめかと思った。今年もヤクルトは苦しめられそうだ。
 しかし、まぁそれからの長いこと長いこと。ホント、神がかり的な力だった。オープン戦で絶不調だった李や、まだ本調子じゃない中村ノリがしっかりと仕事をこなし、代打・立浪がたった一振りで決めた逆転劇。澤井・井端のダメ押し打でトドメ。
 まだ開幕したばかりだというのに、「いける」。直感的にそう思った。ドラゴンズ連覇、そして日本一へのVロードは最高の形でスタートした。

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

JR野田新町駅開業
20070319a.jpg

 昨日、地下鉄日進工場見学のついでに出かけた。東海道線の刈谷~東刈谷間に設置された新駅。
20070319b.jpg

 開業日だというのに日も暮れると人影もない。開業記念きっぷや記念オレンジカードなど、記念商品は一切無い寂しさ。
20070319c.jpg

この駅は刈谷市がJRに駅設置を請願し、建設費用28億円は刈谷市がすべて負担したそうだ。
20070319d.jpg

20070319f.jpg

 改札を出て北口へ。マンションが一棟建設中だったが、それ以外は普通の住宅街である。
20070319h.jpg

 反対の南口へ回る。こちらがメインだと思われるが、駅周辺は企業の駐車場ばかりで何も無い。将来は駅前マンションにでもなって、発展してくれることを願う。
名古屋近郊の東海道線における駅の配置は汽車時代のままであり、もっと新駅を増設し新規需要を開拓する余地があると思う。特に名古屋~岐阜間の駅の少なさは異常である。JR東海は設備投資を極端に嫌う会社であり「新駅の設置費用はすべて地元全額負担」を貫いている。これが駅設置を困難にする要因であり、同時に沿線地域の発展を阻害する要因でもある。もう少し、積極的に新駅設置を考えてもいいと思う。
20070319i.jpg

 野田新町駅南口にて。

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

地下鉄日進工場見学
20070318a.jpg

 地下鉄鶴舞線開業30周年記念企画らしい。地下鉄の工場が見学できるのは珍しいので見に行った。
20070318b.jpg

 この工場では鶴舞線と桜通線の電車が集まる。なぜ、線路が違う桜通線車両がやって来れるのかというと、丸の内駅に桜通線からの連絡線があって、レールがつながっているためである。
20070318c.jpg

この種のイベントの定番は廃用部品の即売。同業者の購買意欲は高く、次々と売れていく。私も忘れ物の傘を3本購入。
20070318d.jpg

その釘、何に使うの?
20070318e.jpg

分電盤のカバー。部屋に飾っておくつもりなのだろうか。
20070318f.jpg

今回の目玉・地下鉄の信号機。ポール・土台付きで何と¥5,000。高さ約2.5m。どうやって運ぶつもりなのか?
20070318g.jpg

子ども向けのゲームコーナーもあった。この種のイベントではここが一番賑わっていたりする。こちらは定番の射撃ゲーム。よく見ると、
20070318h.jpg

標的の絵柄が何かに良く似てません?
20070318i.jpg

工場内では蜂の巣にされているのも知らないで、子どもとの記念撮影に応じる「ハッチー」でした。

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

さよなら113形電車
20070317a.jpg

20070317b.jpg

 国鉄時代からの古めかしさがあれど好きな電車だった。進行方向に座れる安堵感が魅力で、高校生の頃は岐阜の山奥から名古屋へ遊びに行く時に圧倒的多数の211系電車を敢えて避け、この電車を選んだものだ。
 名古屋地区から静岡地区へ活躍の場を換えたこの電車だが、今日の運転を最後にJR東海管内ではすべて引退すると聞き、居ても立っても入られず浜松へ乗り込んだ。浜松は6年振りの訪問である。
SSCN4054.jpg

 浜松駅ホームで何本かやり過ごす。その間に噂の新型電車にご対面。
SSCN4055.jpg

本当にロングシートだよ。静岡の人にとってはショックだっただろうね。
20070317c.jpg

 同業者の話では、浜松での最終列車は19:55発の静岡行きだという。3時間ほど時間があるので、浜松市内と浜松駅バスターミナルを散策。私の大好きな交通事業者・遠州鉄道は6年間で更に進化していた。
20070317e.jpg

方向幕1つ取っても、遠鉄のレベルは群を抜いている。一昔前の幕でも洗練されたデザインだ。
20070317f.jpg

 19:30ごろ駅に戻るとホームにはカメラを持った同業者が集まり、列車の到着を待っていた。そして静岡方面から列車が到着すると、撮影大会スタート。おわかれセレモニーも、ヘッドマークや記念乗車券発売も一切ない。30年以上頑張った電車のお別れだというのに寂しすぎる。静岡新聞など地元メディアが報道して来たという人もいるようだが人数は少ない。
20070317g.jpg

19:55、113形電車は浜松から静岡へ向けて最後のお勤めに出かけた。

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

「ほのぼの君」終了
 名古屋人で知らない人はいない、中日新聞朝刊で連載されていたマンガ「ほのぼの君」が3月8日掲載分をもって終了した。いつからやっているのか、いつまで続くのかなどと思っていた「ほのぼの君」。なんと、連載開始が1956年で途中中断も挟みながら通算連載年数44年間・総連載回数15451回という偉大なマンガだったとは知らなかった。また、中日新聞の他にも東京新聞・北海道新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井・徳島新聞・中国新聞・西日本新聞に掲載されていたのも知らなかった。
 このマンガの魅力は、時事ねたを織り交ぜながらも毒舌にならず上手に柔らかく話をまとめ、マンガを読んだ後には心を温かくするメッセージの強さである。そして、このマンガで最大の特徴は3コマであること。4コママンガの正攻法・起承転結をあえて崩し、(起・承)(転)(結)または(起)(承・転)(結)といった独自のスタイルを確立させたことである。1980年代後半から3コマに定着したと記憶している。80年代までは4コマだった。作者の佃 公彦(つくだ きみひこ)氏が高齢であることは知っていた。ただ、最近は何度か休載になっても復活しただけに、また再開するものと思っていた。氏がパーキンソン病を発症、絵筆が持てなくなるなどから降板を決意したとか。本当にお疲れ様でした。

 ただ、問題は後任の選定。「ほのぼの君」の後というのはプレッシャーかかるだろうな。また、一般紙だから日経新聞みたいに無くすわけにもいかないだろうし。そういえば、中日新聞日曜日サンデー版の「元気くん」も20年を超えている。終戦直後の少年時代の話から、大人になった元気くんがタイムマシンで当時のことを振り返るパターンにリニューアルして久しい。こちらの動向も気になるところだ。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

公共職業訓練スタート
 名古屋市某所にある専門学校へ今日から5月末まで通います。30歳になって、朝9時から16時まで1日6時限の講義に耐えられるか大変不安だ。高校時代ですらイスにまっすぐ座っていた記憶が無い。座学が拷問にならないか、いろいろ考えて昨夜は眠れなかった。
 今回入学する学校、学費は教科書代12000円を除いてなんとタダ。みっちり勉強できるのも魅力だけど、どういうわけか1日出席すると数千円の日当と500円の手当、更に交通費も出る。更に休校日である土日・祝日も日当だけは出るオマケ付き。すごいでしょ?
 実はこれ、雇用・能力開発機構というお役所色の濃いところが行う「公共職業訓練」といわれるもので、原資はずっと天引きされていた雇用保険で行われている。ちなみに、この訓練には様々なコースがあって、なかには半年・1年・2年という長期に渡る訓練もあるとか。2年間通うとなると知識・技術の面もさることながら、支給される手当の総額もすごいことになる。
 今回、幸運にも(?)訓練生といて入学できたので、職業訓練の概要・実態、受講者の面々など、ディープな失業保険の世界をしばらくブログでご報告したいと思う。

 今回は、訓練を受けるまでの出来事を簡単にまとめてみることにする。
 受講しようと決めたのは理由があった。前の職場を1月末に退職。2月初めに失業保険の手続きをした。ところが、自己都合で退職した者は「3ヶ月の受給制限」というペナルティを受けないと失業保険が受けられないという。すぐに申請しても5月中旬まで受給制限期間であるため、初受給は6月15日以降で、しかもその月の配当は5月15日からの半月分(本格的な支給は7月から)ということが判明。1月末の段階で、6月まで無収入生活を続けるだけの蓄えは無い。30歳にもなって、親に泣きつくのも情けない。どうすればよいか悩んでいた時、栄のハローワークで公共職業訓練のチラシを手に入れた。1月30日午後3時のことだった。
[READ MORE...]

テーマ:転職活動 - ジャンル:就職・お仕事

オープン戦観戦
20070305a.jpg

 運良く今池の金券屋で入場券の投売りをしていたので300円で購入。明日から忙しくなるので暇つぶしにオレ竜ドラゴンズを観に行くことにした。
20070305b.jpg

 入場券といっても実際は招待券。中日新聞販売店あたりが配布したのだと思われる。ナゴヤドームの入口で正式な入場券と交換してもらい入場。一応、座席は指定されていたのだが、月曜日だけにスタンドがガラガラなので適当に見やすい位置で腰をおろして観戦。
20070305c.jpg

 ところが、スタメンは1軍半の選手主体とはいえ、9回1アウトまでノーヒットノーランに抑えられる醜態。いくらオープン戦とはいえ、別に順位に関係ないから全敗してもいいとは思えど、内容がひどすぎる。
20070305e.jpg

 その試合に喝を入れたのは、レフトへ見事なヒットを打った立浪和義でした。この日一番盛り上がった瞬間だった。レギュラーは難しいだろうが、今年も立浪和義は大事な時にしっかり仕事をやってくれそうな気がしてならない。まだ、立浪はやれると感じたのがこの試合での収穫だった。
 育成選手で中日に入団した中村ノリについては、別項でしっかり思いを書いてみたいと思う。

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ