名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公共職業訓練6
5月30日の続きである。
 ついに企業実習が始まった。今日から1ヶ月間、私がお世話になる会社は名古屋でも有数規模のマンション管理会社。ただ、何も知らない、どこの馬の骨とも知れない者をよく引き受けたものだと思う。1ヶ月の研修が終わると、雇用・能力開発機構は雇用保険を財源に1人当り2万数千円の謝礼金を会社に渡すらしいが、私が社長なら絶対に断っていると思う。下手に仕事をやらせて損害でも出ようものなら洒落にならない。不動産業界は特に1つの契約で交わされる金額が違う。戦力にならない者は、危険なので絶対に使えないのだ。
 専門学校からは会社概要と書かれた紙切れ1枚と「雑用と掃除をやらされる」とだけ聞かされている。これ以外の情報は一切無い。企業実習では何をやらされるのかわからない。そもそも1ヶ月程度で何ができるのか。半ば程度問題だと思う。引き受けた会社も迷惑ではないのだろうか。
 私は専門学校で一緒に学んだ52歳のおっさん・Kさんと共に実習を行う。Kさんは桑名の人でマンション管理士志望だと言うので自ら希望を出したのでやる気満々のようだが、私は実習先選定の際に業種(不動産屋・不動産管理会社)の絞込みはせず「実習に持ち込めるならどこでも良い」とだけ専門学校に回答し、学校から紹介された数社の中から通勤しやすいここを選択しただけ。そもそも、不動産管理業界はオーナーとユーザー(住民など)の間に入って、建物の維持管理・修繕や住民トラブルの対応などを行うのが業務の中心であり、折衝が中心の神経を使う仕事が多いので積極的に希望してはいなかった。ところが、学科の職業訓練を行った専門学校がヘタレで不動産会社の実習先をまともに確保しなかったために、強制退校によるカネ(失業給付)のことを視野に入れ「1ヶ月だけだから」という理由で選択したという経緯がある。志はまったく正反対なのだ。
 8:45、朝礼で50人ほどの社員を前に先方の責任者となる部長さんからKさんと共に紹介していただき、軽く挨拶をしたが恐ろしいほど反応が無いので驚く。「何しに来たんだ、コイツら」って感じの冷やかな視線を浴びながらのスタートだ。部長に連れられ喫茶店で「企業実習及び不動産管理業界ガイダンス」という名目の雑談。ただ、引き受けた会社の方も公共職業訓練の企業実習については扱いに困っているようで、その裏事情を聞かせてくれた。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:公共職業訓練 - ジャンル:就職・お仕事

公共職業訓練5
5月7日の続きである。
 公共職業訓練は、今日で3ヶ月に渡る専門学校での学科訓練を終えた。長いようで短い3ヶ月だった。我が不動産ビジネス科は、20人のうち脱落者を1人にとどめた。この3ヶ月で良かった点は、独学より遥かに効率的に学習を進めることができた点と、同年代が何を考え・何を思うのかを知ることができたことだ。前の職場は平均年齢52歳だった私にとって、特に後者は大変貴重なものだった。逆にダメだったのは、おごりに満ちた専門学校の不誠実な対応。既に述べたので、ここでは触れないことにする。
 明日からはバラバラになって、1ヶ月間の企業実習に突入する。専門学校のデタラメな対応のおかげで、一時はどうなるかと大変不安にさせられたが、何とか企業実習は不動産管理会社へお世話になることが決まって一安心している。ただ、企業実習に突入せず、今日限りで退校する人も3名いることが判明した。1人は家族介護のため、もう1人は失業給付受給資格が無い(つまり、今まで1円も貰わずに受講していた)人で企業実習は時間の無駄という理由。そして、もう1人は企業実習の実習先が最後まで決定しなかったため時間切れで退校となった。建前上は「就職活動専念のため」ということだが、専門学校のデタラメな対応によって犠牲になったというのが真実である。
 教室ではクラス写真の撮影が始まった。まだ、修了式は1ヶ月先なのだが、まるで卒業式が終わったかのように勘違いした人がいた。6月29日の終了式の再会を誓い教室を後にした。1ヶ月後の修了式で何人と再会できるだろうか。そして、私も脱落しないように。(続く)

テーマ:公共職業訓練 - ジャンル:就職・お仕事

JR参宮線廃止要望?
 朝日新聞の報道によると、2013年の伊勢神宮(三重県伊勢市)式年遷宮を前に交通渋滞対策として「JR参宮線(多気―鳥羽、約29km)を廃止して1000台規模の駐車場を整備」という仰天案が地元で浮上しているという。これは伊勢商工会議所会頭である有名和菓子会社「赤福」の会長が述べたもので、今年2月頃から伊勢市長や地元国会議員、そして商工会議所内での懇談会の文書で提案がなされたという。伊勢市議がJR東海社長に存続要望を訴えたことで発覚したらしい。内容は伊勢市駅に隣接する車庫(伊勢運輸区)に1000台分の駐車場を整備するというもの。その背景にはJRは名古屋直通列車が1日10本程度で、鉄道利用は圧倒的に近鉄の方が多いという事情があるとか。赤福会長は「どんな提案にも異論はつきもの。選挙での集票に関係ない私だからこそ思い切ったことが言える」とのこと。
http://www.asahi.com/life/update/0526/NGY200705250010.html

 伊勢市駅の車庫は三重県内JR線の中核(ちなみに亀山駅に隣接するのはJR西日本の所有)だから「廃止」はできないので「移設」させるしかない。多気駅付近に移設すれば効率が良さそうだが、これは廃止要請している伊勢の商工業者が移設費用を負担すればの話である。また、JR参宮線がが唯一の交通機関という地域もあるので、今回の提案は実現しないと思う。ただ、今回の一件は赤福会長の個人的な妄想ではなく、そういう意見が伊勢市内商工業者の一部にあるということが最大の要点なのだ。
 確かに行楽シーズンの伊勢市内は交通渋滞が深刻になっている。名古屋から伊勢へ向かうと伊勢神宮どころか伊勢市内に入るまでが大変な状況だ。すでにジャスコや陸上競技場を観光客に開放しても焼け石に水。数年前から国土交通省が直々に交通施策に介入している。今回の提案で仮に伊勢市駅前に駐車場を確保しても「たどり着くまでが一苦労」という事情を改善するには至らない。また、市街地では生活道路までクルマが流入し機能不全に陥っているというのに、伊勢市駅前までクルマを流入させるようでは改善どころか逆に悪化する危険性がある。環境の観点からしても時代に逆行している。
 例えば伊勢自動車道を伊勢の手前・玉城I.Cでクルマを下ろし、近くのJR田丸駅から鉄道を利用させるという手もあるが、増発などによるJRへの費用や駐車場に転用する駅周辺地主への補償を考えると実現は難しいと思う。
 そもそも、全国各地でローカル鉄道線が廃止に危機に瀕しているというのに、一時的な観光客輸送のために廃止を要望するというのは感覚的にずれている。過去に名鉄岐阜市内線が同様の理由で徹明町~長良北町を廃止し、これが岐阜の路面電車全廃の引き金になった悪しき例を踏襲しかねない。そもそも、今回の提案は「選挙での集票に関係ない」からと発言すべき内容だったのだろうか。企業トップ・商工会議所会頭という社会的立場からしても、今回の提案は大いに問題ありだと思う。

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

交流戦初勝利
 昨日の悪夢を振り払うような、終盤でワンチャンスから試合をひっくり返すドラゴンズらしい勝利だった。鬼門だった千葉マリンでの連敗も6で終結。井上一樹と英智の1軍復帰も嬉しいが、先発の小笠原が本当に良く踏ん張ってくれたのは、もっと嬉しい。「投壊」が顕著な投手陣で安定感がある貴重なピッチャーだ。
 今日は終盤で結果を出し「結果オーライ」たが、下位打線の不振が絶望的なレベルになっている。上位打線で出塁しても、5番の森野が凡退(又は歩かされる)と下位打線でランナーを生還させられず残塁と併殺打が増える一方だ。DH制となる交流戦のビジターでは、下位打線の不振が得点力に影響するだけに心配だ。最低でも勝率5割で交流戦を終えるためにも下位打線の奮起を願わずにいられない。中村紀や谷繁もそうだが、とりわけ事態の深刻な「あの」選手について。
http://www.chosunonline.com/article/20070523000058
韓国・朝鮮日報HPより
 ついに本国・韓国の有力新聞『朝鮮日報』までもが李炳圭(イ・ビョンギュ)の絶不調とファンの批判を取り上げるようになった。「2ちゃんねる」を取材ソースとするのは新聞社の取材としていかがなものかと思うが、確かに「打てない」「走れない」「守れない」「バントできない」「肩弱い」「緩慢守備」などの感情的な批判が止まないのは事実であり、「井上又は英智に代えろ」などの意見も根強い。「慣れていない」という野球解説者の説明も、開幕後3ヶ月目では説得力が無くなっている。
 李炳圭について私は当面静観の構えである。あの非力で弱々しい「まぐれ」のようなヒットは、ドラゴンズの選手では珍しいタイプであるのも事実だ。都合の良いように考えておきたい。進塁や得点につながれば問題ない。願わくは交流戦で復調して欲しいことだ。

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

みんな悪い
 モラルの低下に歯止めがかからなくなっている。
 5月9日午前7時40分頃、北海道空知管内秩父別(ちっぷべつ)町のJR留萌線秩父別駅で、増毛発深川行き普通列車(一両編成、定員64人)に乗ろうとした乗客約55人のうち26人が列車に乗り込めず置き去りにされる事態が発生した。列車はワンマン運転のため運転士が車内の客へ奥へ詰めるように促したが、30名ほど乗り込んだ段階で車内の高校生が動かなくなり、運転士は発車時刻になると26人を置き去りにして定時発車してしまったという。運転士は直ちに連絡を取り、JR北海道旭川支社はタクシー7台を使って深川駅まで約10kmを代行輸送し、運賃約2万円もJR側が負担したのだという。同支社の説明によると、車内に余裕はあったが乗降口デッキ付近に大勢の高校生らがおり、乗車を妨げたのが原因としている。
毎日新聞HPより
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/hokkaido/news/20070511ddlk01040099000c.html

 面白いのは、JRと高校で責任を擦り付けている点。「高校生のモラルの無さ」「通学者が増えているのに列車を増発・増結しないJR」。どちらが原因なのか。ところが、TVのワイドショーを見ていると高校生を一方的に徹底批判し、突如「ゆとり教育」批判につなげる、いつもの責任転嫁パターンになったのを見て疑問に思った。
 翌日、JR社員と教師が列車に乗り込んで指導するシーンがTVで放映された。気づいたのは車内でかなり余裕があること(ただ、当日の車両と異なる、やや大きめの車両で運行していたらしいが)。ただ、都市と地方では感覚のズレがある。一概に東京のラッシュと比較するのは無理がある。満員列車の乗車マナーや乗車テクニックを学べといっても、その機会を得るどころか知る必要も無いのが地方なのである。
 私も高校時代を岐阜の山奥で過ごしたが、高校へ入学して初めて一人で電車・バスに乗ったという人は予想以上に多かった。基本的に公共交通機関の利用方法は知らず、身をもって体で覚えるのが当然のことと事態を放置したことも乗車マナー低下を加速させていたのは事実だ。悲しいことだが、電車・バスの乗り方は入学前に各自で調べるなり予行演習するなりしたほうがいい。
 また、これを学校が指導できるかは大いに疑問だ。高校の教頭が生徒を擁護していたが、学校側は事態を把握していたとは思えない。正直なところ、生徒と共に電車通勤する教師は地方では皆無に等しい。私の経験でも、このようなケースで教師は「1本前を使え」と言うだけだ。今回の留萌線の例でもそうだが、列車が1時間1本の地域で1本前の列車となれば午前6時台の列車を指す。たかが10分ほどの乗車なのに、8時半の始業に間に合わすためにそんな列車に乗れなんて指導こそどうかしている。また、そんな教師に限ってクルマで通勤時間15分なんてふざけた奴が多い。私も高校3年の頃、担任に「1本前に乗れ」言われたことがあって、頭にきて「事情も知らないクルマで通勤時間5分の人が偉そうなこと言うな!!」と言ったことあります。教師って基本的に自分さえ良ければよい、要領だけで考える無責任者ですから。ちなみに、これ以降担任はその指導を止めました。
 最後にJRについて。今回、JRがタクシーを用意することで最悪の事態を回避したことだけは評価したい。しかし、乗務員がもう少し毅然とした態度を示すべきで、今回の列車が車掌のいないワンマン列車でも運転士は運転席を降りて指導するぐらいしてもよかったはずだ。事態を伝えれば、某会社みたいに数分遅れて日勤教育なんてことも無かろうに。
 ウダウダいってきたけど、

結論「誰も擁護できない。みんな悪い。」

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

人質保護したラジオの力
 あの長久手町立てこもり事件の犯人はZIP-FMのリスナーだったとは。私もFMではZIP派だから衝撃が走った。犯人は立てこもり中にもZIPに何度も電話をかけていたらしい。「ラジオ局に電話」という速報は立てこもり中(17日夜)にも流れていた。NHKかCBCか東海ラジオかと思いきや、続報で「FMラジオ局」ときたので間違いなくZIP-FMだと思ったよ。FM愛知のデータイムは柄の悪いガキが相手だし、RADIO-はねぇ・・・。しかし、50歳にしてはすごいセレクトだ。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2007051901000045.html
 直接話をさせろと電話をかけた相手、ジェイムス・ヘイブンス氏はZIP-FM開局時からナビゲーター(=DJ)として活躍する人気者で、開局時から活躍する唯一のナビゲーター。ZIPの生き字引、ZIPの顔、そしてZIP-FMの生命線でもある(←ちょっと誇張しているけど、実質的にはそういう存在)。私も高校3年の頃、開局時の『ZIP MORNING BUZZ』は毎日通学時に聴いていたし、帯から週1に枠が変わって5年ほど経ったが、今も金曜朝の『J-FRIDAY』も聴いている。
http://www.jameshavens.com/
 いくら、無茶苦茶なジェイムスの番組でも生放送では会話の内容は放送できないよな。犯人はどんな気持ちで番組を聴いていたのだろう。人質が自力で脱出した瞬間をTV(ワンセグ)で見ていたが、犯人がジェイムスと話をしている隙だったとは。
 いつも、朝っぱらから大ボケ連発で笑いを提供するジェイムス。古きよきZIPの語り部として今後もラジオを続けて欲しい。さて、彼は来週の放送で何を語るのだろうか。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

長久手町立てこもり事件
 29時間に及ぶ立てこもり事件は犯人の投降によって終結しましたが、前途有望な警官1名が犠牲になるなど被害も大きく、改めて銃犯罪に対する怒りが増幅するものでした。
20070517a.jpg

 不謹慎だと思いながらも、夕方に長久手へ駆けつけてみました。現場にはマスコミと野次馬が集まっていました。
20070517b.jpg

20070517d.jpg

 現場付近は交通封鎖されており、周辺道路は大渋滞でした。
20070517c.jpg

 愛知学院大学正門前。大学は午前10時に17日の全授業を休講にしたそうです。また、長久手町の小中学校も休校。
20070517e.jpg

 現場近くのコンビニは警察の前線基地となり開店休業状態。
20070517f.jpg

 路線バスも運休で現場付近は完全に陸の孤島状態だったようです。
20070517g.jpg

 号外を配布しているかと思いきや、中日新聞の夕刊でした。半径300m以内では規制が敷かれ、区域内への出入りができず、目の前の自宅へ帰れずに体育館や公民館で一夜を過ごした人もいたとか。
 犯人は元暴力団員でヤクザを破門になった奴だって。相当な奴だっただろうね。犯人は周辺地域に甚大な迷惑をかけたことを反省せよ。
20070517h.jpg

 現場を見ようとして渋滞の列で接触事故を起こした間抜けな人もいた。大変なときに警官の仕事を増やすなって。
20070517i.jpg

 夕方になって規制区域内に住む人も、ようやく自宅へ戻ることができたようだ。

 18日午後、人質だった元妻が脱出した段階で突入や手榴弾・蜂の巣攻撃もありかと思ったが、家から出てきた犯人に警察が投げた言葉は 「今からこの車であなたを助けに行くから」 だったそうで。警察もこの男を「人間」として扱わねばならない難しさには少々考えさせられるものがあった。 愛知県警に特殊部隊のSATがあったのには驚き。ただ、もう少し早く犯人を確保できなかったのかな。
 また、マスコミの対応についても一言。報道規制がかかったとはいえ、狙撃手やヘリコプターで屋根に張り付く警官を撮影する不謹慎ぶり。犯人もテレビで絶対に見てるって。火に油を注いでいるようで気になった。

 多くの犯罪の中でも、人質・立てこもりほど騒ぐだけで兵糧攻めだけで終わる無意味な犯罪はないと思うのだが、なぜ自滅への道を進んでしまうのか。一度、落ち着いて考えてから行動しろよ。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

KIOSKでEdy・QUICPay導入
 JR東海の関連会社「東海キヨスク」が5月16日15時より名古屋駅広小路口にある同社のコンビニエンスストア「ベルマート」で電子マネーの「Edy」と「QUICPay」による決済を開始したそうだ。

東海キヨスク公式サイト
http://www.kiosk.co.jp/oshirase/0705/index.html

 同社では「ベルマート」や「キヨスク」全店舗への順次拡大と、利用可能な電子マネーの種類の拡大を検討しているとか。ポイント生活者としては嬉しいニュースなのだが、気になる点もある。
 JR東海グループなのに、親会社のICカード「TOICA」を採用しなかったのはなぜだろうか。JR東日本の「Suica」はKIOSKやNEWDAYSなどの売店や駅ナカの飲食店などでも利用でき、JR西日本の「ICOCA」もHeart inなどの売店や一部の駅ナカ店舗で利用できる。キヨスクの導入は親会社のICカードと「TOICA」の利用拡大のチャンスなのだが、JR東海がTOICAの使用を鉄道利用に制限する姿勢を固持しているのなら、それは残念なことだ。
 ただ、ハッキリ言ってTOICAは改札をスムーズに通過できる以外のメリットが今のところないのは事実だ。ネットワークの面でも「Edy」「QUICPay」の足元にも及ばない。消費者(特にポイント生活者)には、この方がメリットがあるだろう。ただ、開始1年にも満たないTOICAに対して、早くも身内から後ろ向きな動きに入ってしまったのは残念だ。

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。