名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京五輪ウォッチング2星野野球の終焉
オリンピックでの野球には失望した。まぁ、あの仲良しトリオでやるという段階でこうなるのは分かっていたが。野球、そして五輪をバカにしてきたツケだ。特に日本プロ野球機構と星野監督に。熱狂的ドラゴンズファンだからこそ、敢えて物申す。
人生を賭けて挑む韓国やキューバに比べ、お祭りに参加する程度の意識で参加している星野ジャパンにメダルが取れるはずがない。
しかも、直前に編成するアストロ球団状態でチームワークなどうまくいくはずがない。オールスターゲームと勘違いしていたのだ。
そして、星野采配も10年前とまるで変わらない身びいきとワンパターンぶりにガッカリした。さらに岩瀬・GG佐藤などの被害者達。与田・今中など、短命選手を出しては潰し続けた過去の星野野球が見事に踏襲している。相手から見たら、こんな攻略しやすいチームもなかったはずだ。
野球の手法が古すぎる。指導陣の若返りが必要だ。WBCでのリベンジは必要無し。もう、星野仙一の時代は完全に終わったと確信を持った今回のオリンピックだった。
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

北京五輪ウォッチング1
北京五輪が始まった。
私がオリンピックで毎回楽しみにしているシーンは、入場行進である。相変わらず今回もダラダラ感が強く、会場の華を添える中国人女性スタッフがだんだん疲労でダレダレになり、ヤッツケ仕事状態になっていたのに笑わせてもらった。本心から楽しんでいないのがミエミエだった。
そんな彼女らの出迎えを受けて入場する選手達は見ていて清々しい。ただ、300人以上参加する日本や1000人以上参加するアメリカなど、大国にはまるで興味がない。逆に見たこともない国旗や聞いたことの無い国名や地域に萌えるのだ。いったい、どんなところなんだろうかって感じで。
例えば、大西洋に浮かぶ人口7万人の国。私の実家がある岐阜の田舎が人口65000人なんだけど、財政難や人口減少など衰退モード爆走中だというのに既得権ベッタリのダメダメ自治で、かたや国家として堂々と体をなす自治意識、そして愛国心。立派だと思う。選手が旗手と後ろに2人しかいなくても関係ない。経済力や競技レベルが低くメダルが取れなくても関係ない。彼らはオリンピックの基本理念である「参加することに意義がある」に従い、堂々と胸を張って行進しているのだ。
彼らが与える影響は知れている。でも母国の期待を背負っており、小さくとも光る存在であるのは間違いない。そして、多数派の影に隠れたり、バックボーンに頼りっきりの寄生虫よりも、彼らの方が数段かっこいいことも間違いない。
たとえ、世間の波に埋没されようとも、影響力が無くともとも、私は小さくとも光を発し続けたい。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。