名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

もっと、話し合おう。
 生徒が意図的に妊娠中の先生を「流産させる」という発想の恐ろしさ。世も末だね。
 このクラスでは、先生と生徒の間に慢性的なコミュニケーション不全が発生していたようだ。生徒を弁護する必要はなく、徹底的に責めるのは当然だ。だが、担任教諭もこの軋轢を認識していたのか、又はどう対処していたのかを検証する必要がある。生徒も先生も学校には不満事がつきものだが、11人もの生徒が結託して生徒がまったく罪のない胎児をあやめようと動き出すぐらいだから、従来からこのクラスでは何らかの問題がありながら、先生は紋切り型の対応で生徒に理解を得る学級経営ができておらず、産休を前に自己中心的な「年度末逃げ切り」を意識してなかったのか。いじめで議論となる「被害者にも問題がある」理論を用いると先生も資質能力にこんな疑問が浮上してくる。
 先生は4月から産休に入るらしい。教壇復帰する際には、もっと真摯に対応できるように産休期間に赤ちゃんから学んでほしい。今のままでは復帰しても再度繰り返しかねない。でも、今回の件でもう復帰しないかも。人間不信になるよな。

 学校も親を呼び出して注意だけという処分も情けない。何やってるんだ、校長は。児童相談所通報ぐらいが適当と思う。胎児が健康に産まれるかの確証が得られないのだから。先生が提訴しないのは学校からの圧力なのか、もう係り合いたくないという人間不信なのか。

 双方がもう少し歩み寄って話し合いができていれば、生徒が間接的な殺人行為に手を出すことは無かったと思う。コミュニケーション不足、これが原因であろう。こんな生徒がいる一方、内部告発した勇気ある生徒の存在は唯一の幸いだ。ただ、一番かわいそうなのは、11人以外のクラス生徒。もう、このクラスの思い出は黒歴史になってしまうだろう。

 不満の種は尽きない。ただ、話し合うことで道が開けることはいくらでもある。まずはお互い話し合おう。納得いくまで何度でも話し合おう。

 愛知県半田市の市立中学校で、1年生の男子生徒11人が、担任で妊娠中の女性教諭を「流産させる会」をつくり、この女性教諭の給食に異物を混ぜるなど悪質な嫌がらせを繰り返していたことが28日、わかった。
 同市教育委員会によると、嫌がらせを受けたのは30歳代の女性教諭で、当時は妊娠5か月~6か月。11人の生徒は席替えに対する不満や、部活動で注意されたことの腹いせに、1月末頃から、チョークの粉などを女性教諭の車に付けたり、いすの背もたれのネジを緩めて転倒させようとしたりするなどしていた。
 2月4日には、殺菌や食品添加物などに使われるミョウバンを、理科の実験の際に持ち帰り、教諭の給食のミートソースに混入。女性教諭は気付かずに食べたが異常はなかった。嫌がらせを見かねた生徒たちが、別の教諭に知らせて発覚。同校は同月下旬、関与した生徒と保護者を呼んで注意した。生徒は反省の態度を示しているという。女性教諭は4月から産休に入る予定。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090328-00000563-yom-soci
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

WBC連覇・歓喜の裏で・・・。
 藤川本人も投げたくて仕方なかったと思う。ただ、WBCが通常のペナントレースではなく、「勝利、そして連覇」にこだわる総力戦であるということを認識して欲しかった。だったら、ずっとベンチを暖め続けていたソフトバンクの川崎は何なんだと言いたい。彼は代走・代打中心で、決勝を前に「日本のためにビシッとやります」というコメントしか目立たなかったぞ(ただ、あの発言は大いに勇気付けられた名言だ)。代表として選ばれたことそのものを名誉に思わないと。出たくても出られなかった選手も多かったことを藤川には思い出して欲しい。

 藤川が代表引退を示唆した。準決勝、決勝とダルビッシュが守護神に指名されたことで、出番のなかった藤川は「納得はしていない。でも起用法はベンチが決めることだし、決して誰かを憎んではいない。“クソッ”と思う気持ちは胸にしまっておきます」と悔しさを押し殺した。その上で4年後のWBCに向けては「ダルビッシュや新しい世代が出てきた。だから僕の出る幕はもうないでしょう。もし仮に選ばれたとしても、“イエス”とは言えないかもしれない」と話した。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090325-00000010-spn-spo

テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

TOICAの反撃
 「改札が早く通過できる」以外のメリットの無い、ICカードの負け組・JR東海の「TOICA」が反撃に出てくる。
JR東海の公式HPより引用しながら簡単にコメントしてみたい。

1.TOICAの利用エリアを拡大します
御殿場線(沼津・御殿場間)、身延線(富士・西富士宮間)、飯田線(豊橋・豊川間)、高山本線(岐阜・美濃太田間)、太多線(多治見・美濃太田間)の33駅に、TOICAの利用エリアを拡大。


 TOICA利用可能エリアはただ東西に長いだけで、三島・沼津、静岡、豊橋、岐阜の各交通圏を包括する役割をまったく果たせていなかった。無人駅の多い高山線や飯田線の列車終着駅である岐阜駅や豊橋駅では、乗車券を持たない利用者が駅の有人改札に殺到するのが常態化し、改札口の混雑に拍車をかけていた。本来、ICカードは無人駅利用者の利便性向上や運賃の適正収受などメリットが多いのにJR東海はこれを放置していた。飯田線については、豊橋への利用が多い新城まで伸ばしてもよかったと思うが、無人駅の整備に予算が回らなかった(というか回さなかった)のだろうか。

2.TOICA定期券による新幹線乗車サービスを開始します
・TOICA定期券を新幹線自動改札機にタッチしていただくだけで、定期券区間内の東海道新幹線の普通車自由席にご乗車いただけるようになります


 これもすぐやれそうだったのに、長いこと時間がかかりましたね。

3.TOICA電子マネーサービスを開始します
・東海道新幹線ののぞみ停車駅、静岡駅、浜松駅を中心とした駅構内の売店等でのお買い物に便利なように、TOICAに電子マネー機能を追加します。
・また、平成22年春以降、東海圏を中心とした駅構内、駅ビル、市中において、電子マネーの利用可能店舗の拡大を順次進めます。


 2009年2月13日の中日新聞紙面において、JR東海はTOICAでの電子マネーについて、『現在勉強中』であるとの報道がなされたが、結構早く終わったようですね。ところで、名古屋駅のキオスクで「EDY」を導入した際に、なぜ検討しなかったのでしょうかね? 
 

4.サービスの開始
平成22年春目途


 1年先ですか・・・。

 これまでの後向き姿勢を改めたJR東海。電子マネー事業の今後に注目です。

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

なぜ、彼は走ったか。
 本人が昨年リタイアしたことによるリベンジに乗っかった番組の企画だというが危なすぎる。皆の前だったから迅速な処置を受けられたが、公園で一人で走っていたら救助が遅れて・・・なんてことも十分に考えられる。デブの運動は危険が伴う。本人も相当気にしていたのだろうが、外野が適当に「運動しろ」ってけしかけるのも問題だ。本人もある程度の覚悟はあったはずだ。ただ、誰かセーブする人はいなかったのだろうか。今回、リタイアした曙にはその人がいたというのに。なぜ、彼は走ったのか。
 恥ずかしながら私もメタボ体型なので他人事じゃない。日常生活ですら心臓に負担がかかるので医者から過度なジョギングを禁止されている。仮に痩せても心臓への負担はそう簡単に軽減されないという。エコー検査を受けた際に医者に聞いたのだが、メタボな人は心臓が瓢箪みたいな形状に変形してしまっているので心臓への負担が大きく、運動してもすぐにバテるのもそのためらしい。松ちゃんは少し前に減量したが、リバウンドがあった模様。最低半年は体重を維持しないとリバウンドするそうで、その間は水を飲んだだけでもリバウンドするという。
 デブにマラソンは危険行為。短距離のジョギングですら危ないんだから。気をつけてね。

 警視庁によると、22日の東京マラソンに参加していたタレントの松村邦洋さん(41)が意識を失い、病院に搬送された。現在は意識が回復し、命に別条はないという。
 同庁によると、松村さんはスタート地点から14・7キロの港区高輪2丁目付近で、突然倒れたという。
 所属事務所のホームページによると、松村さんは身長164センチで体重は128キロ。昨年2月の東京マラソンでは、35キロ地点で制限時間の5時間半を超え失格となったが、昨年7月にオーストラリアで行われた「ゴールド・コーストマラソン2008」では、制限時間内の6時間51分40秒で完走し、初めて公式記録に名前を刻んでいた。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090322-00000545-san-soci

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

サイキック青年団の無い夜
 ついつい習慣で深夜1時に1008KHZ(ABCラジオ)にダイヤルを合わせてしまった。午前1時からはアナウンサーがサイキック青年団の打ち切りを告げるアナウンスが流れた。内容は先週同じ。続いて放送終了のアナウンス。物悲しいオルゴールが鳴り止んだのが午前1時2分。17年続けた習慣を改めるのは大変なのだが、もう「サイキック青年団」はABCラジオからは流れないのだ。

 3連休の間に、中止になった大阪のイベントチケットの払い戻しをした。チケットぴあ窓口へ行くといとも簡単に手続きは終了し4,000円が戻ってきた。クレジットカード購入なのに現金で帰ってきたのは意外だったが。

 昨日、「たかじんのそこまで言って委員会」(よみうりテレビ)にて、「復活して欲しいこと」というテーマに対して、パネラーの勝谷誠彦氏が「諸君!」「ムーブ」「ストリーム」に続けて「サイキック」を挙げていた。 「サイキック青年団」の突然の放送打ち切りから、沈黙に包まれた話を初めて聞けるかと大いに注目した。
 勝谷氏はレギュラーで出ていた同じ朝日放送の「ムーブ」が打ち切りになった事もあり、サイキック青年団の件に便乗し改めて朝日放送批判をするのかと思いきや、サイキックの話が番組で2分ほど流れた。途中で三宅久之氏が牽制したところを見ると、かなり長時間話されたが牽制を入れる前の内容については編集上カットしたみたいだ。また、やしきたかじん氏も「(誠さん)本人も知らなかった」という発言も飛び出した。
 勝谷氏の発言は正論だ。まず、大阪・朝日放送(ABC)は自社製作番組なのに番組及び出演者を守ることなく圧力に屈した。自社製作比率が全国有数の放送局なのに、その自社製作番組に責任を持てないなんて何と無責任な放送局なのか。そして、視聴者もさることながらスポンサーさえ見放してしまった(ムーブもサイキックも提供スポンサーがいた)ことは、別にスポンサーがいなくてもよいという解釈も可能である。これはスポンサーあっての民間放送局として致命的な問題である。視聴者からもスポンサーからも見放されてしまうことだろう。

テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

奇祭・田縣神社豊年祭1
SSCN1448.jpg
「天下の奇祭」として海外からも観客が訪れる愛知県小牧市にある田縣神社の「豊年祭」。3月15日に行われた模様を数回に分けて報告する。
SSCN1449.jpg
 名鉄田県神社前駅に降りると、目の前の露店に群がる人。何を売っているのかと思い、のぞいてみると…。
SSCN1450.jpg
 こんなものを売っていました。ちなみに飴です。
SSCN1451.jpg
外国人が喜んで次々と購入していました。
SSCN1452.jpg
 神社へ向かう道路沿いでは、こんな露店も発見。無邪気な子供ですね(笑)。
SSCN1453.jpg
 神社の前には観客が集まり、御神体の行列を待っていました。
SSCN1454.jpg
 このお祭りの目玉、御神体の行列がやってきました。(続く)

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

新駅・南大高駅散策3
 南大高駅の散策もこれで最後です。
最後はメインとなる西口です。
SSCN1492.jpg
 この駅の最大の目玉は目の前がイオンということ。この突き当りの左手に駅からイオンへ向かう専用通路もあり、この通路はイオングループが管理をしています。右手にはマンション、さらにその右手に総合病院も建設中。着実に駅前開発が進んでいます。
SSCN1493.jpg
 駅前広場の入口。
SSCN1494.jpg
 駅前広場はかなり広めに取ってあります。タクシーブースもありますが、ここで待つよりイオンで客待ちした方がお客さんが乗りそうな気がするのは私だけでしょうか?
SSCN1495.jpg
 市バスはたった1路線ですが、野並へ行く路線が駅前へ乗り入れています。運行本数が1時間1本と寂しいですが、緑区の鳴海(特に名鉄線より北)方面へのアクセスが悪いので利用者は意外と多い模様です。
SSCN1496.jpg
 無料で利用できるイオン大高からのシャトルバスは大高駅からの便が無くなり、鳴海駅への路線だけになりました。1時間2本運行。土日は渋滞に巻き込まれ、相当時分(20~30分程度)かかるようです。イスに座れないと結構きついです。
 
 何も無いところにできた新駅。ここから街が発展していくことを願います。

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

無念・「誠のサイキック青年団」打ち切り
 「新聞のラジオ欄からサイキックの文字が消えた!」。関西在住のサイキッカー(リスナー)から情報を知ったのは昨日の夕方だった。名古屋ではわずかに読売新聞でのみ確認できるのだが、大阪・朝日放送(ABC)のラジオ欄を確認するのは至難の業。サイキック青年団のファンサイトを見ながらリスナーが混乱に陥っていることを知る。先週の放送ではいつも通り終了していた。最悪の結果を心配しながら、勝手に「今週は休み」と思い、とりあえず、午前1時を待とうと気を落ち着かせた。

 午前1時。ABC独特の低い時報が鳴り、緊張の一瞬を迎えた。いつも通り始まることを願いつつ・・・。時報から2秒ほど沈黙の後、アナウンサーが何かコメントを読んでいる。ノイズが多く聴き取れない。ただ、いつもと違うことは間違いない。コメントを読み終えると音楽が流れ始めた。明らかにおかしい。ラジオを持って近くの公園まで走る。1:10頃、再度アナウンサーからのコメントが始まった。

長年にわたりご愛聴いただきました「誠のサイキック青年団」は、
今月29日をもって終了するとお伝えしていましたが、
諸般の事情により、先週(3月8日)の放送を最終回とさせていただきます。

番組を楽しみにされていた皆さん、ほんとうに申し訳ありません。

なお、ラジオをお聞きの方から様々なご意見を頂戴しましたことにも、
お礼を申し上げます。
中には、放送内容についてのご指摘もありました。
お調べしたところ、一部に、リスナーの方々に大きな誤解を与えるような表現があり、
この点について、話題で取り上げた関係者の皆さまに、
ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

改めて、長年のご愛聴に感謝申し上げます。ありがとうございました。


 「・・・。」
 誰もいない真っ暗な深夜の公園でうなだれた。 「番組打ち切り」の瞬間だった。

 「諸般の事情」って何なんだ!!ABCもちゃんと説明しろ!って言っても期待薄だが。ただ、各方面から情報が集まってきたので事情がわかりつつある。まさか、本丸に潰されるとはね。

 何の挨拶もなし。ひどすぎる。番組は21年、私も17年聴き続けてきて、この終わり方は無いだろう。残り3回で17年聴き続けてきたラジオ番組の大団円、そしてラジオリスナーとしての青春時代の終焉をいかにして迎えるか、番組もリスナーとしても大切な場面をこんな後味の悪い打ち切りで潰されるとは本当に無念でなりません。
 誠さんは今日の午後、名古屋・CBCラジオでレギュラー番組があるので発言が大いに注目されましたが、ナイトスクープの話ばかりで核心には触れませんでした。誠さんしかり竹内さんしかり、当分言えない内容なんだろうね。

 ラジオの伝説になってしまった 「誠のサイキック青年団」。この番組から教えられたことも数多くある。「○○がヅラ」「△△はホモ」という情報ではなく、身の回りに氾濫する情報をいかに吟味して処理するかということ。「情報を鵜呑みにするな」「物事を正面からでなく、下・横・斜めなど違うところから新しい発見をせよ」「情報や事件・事故に隠れるカラクリをみつけろ」…。ノイズだらけの中をかいくぐり、岐阜の山奥で聴いていた14歳の中学生は32歳のオッサンになった。その間に、「情報収集に長けている」「物知り」「雑学王」などと言われるようになった。別に努力したというわけではない。これは「深夜の情報判断番組」であったサイキックが「情報の見方」を教えてくれたからだ。

 サイキック青年団で培った精神は、今後もサイキッカーが継承していきます。私も生涯これを生かし精進していきます。
 誠さん竹内さん、本当にお疲れ様でした。ありがとう「サイキック青年団」。
また、いつか復活できるその日まで・・・。

テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ