名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

2009年5月を振り返る
 5月は名古屋市長選挙4人目の候補、黒田克明氏の追跡記事から始まりました。
 初めはこの人だれ?とか、同世代の立候補ということで興味しんしんだったのですが、ガラガラの立会演説会や競馬のVTR鑑賞会だったりして、大方の予想通りの電波候補だったというオチでした。本人のブログでは、相変わらずの電波ぶりと批判・苦情コメントの嵐ですが、こちとら河村たかし市長を熱烈支持しているので、こちらの改革路線を応援してきたいと思います。
 その後は、時事ネタ中心でしたが、更新が途切れることもあって、アクセス数が1日平均100件を下回るようになってしまいました。来訪者の60%強が愛知県の方という、名古屋ローカル度の高い内容になっているようです。
 今後ともネタの充実と更新を怠らないようにしていきたいと思っています。どうぞ、御贔屓に。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

インパクトのある行政の生活支援策
 こういう市民目線の生活応援政策は評価しておきたい。水道料金が安いからこそできるのだが、将来にツケがくる定額給付金や高速1000円均一に比べたら、ほぼ公平に恩恵を受けられると思う。
 一つ気になるのが賃貸住宅の場合だ。賃貸住宅では水道料金が月額定額制になっており、毎月家賃と一緒に納付するケースがある。この場合、貸主と守山市は無関係なので、契約上水道料金分をカットして納付することは市営住宅以外では不可能ではなかろうか。私の自宅もこの契約なので、名古屋市でこんなことを始められるとちょっと不安だ。みんなに公平な配分って本当に難しい。

 滋賀県守山市は28日、市内の全世帯・事業所の上水道の基本料金を、10月1日から1年間限定で免除する条例改正案を6月議会に提出すると発表した。経済状況の悪化に対応したもので、山田亘宏市長は「生活支援策として市民に広く伝わるものを考えた」としている。(産経新聞)

引用元:http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/local_economy/?1243511554

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

謎のトイレ立てこもり犯
 名古屋市役所のトイレに立てこもった上に割腹自殺未遂って、このおっさん、何がしたかったのだろう。新手の陳情なんだろうか。
 陳情といえば、朝日新聞によると、河村名古屋市長が毎日市バスで通勤することを知った市民が、朝の古出来町バス停で市長が現れるや否や、一緒にバスに乗り込んでバス車内で陳情する事態が頻発しているらしい。ただ、河村市長がすごいのは、随行している秘書に連絡させて市役所バス停到着時には、名古屋市職員がバス停まで資料ファイルを持って市長と陳情団をお出迎えに上がるのだとか。恐ろしい実行力。応援してますよ!!河村市長。ちなみに、古出来町から市役所まで市バスで15分ほど。市職員も朝から御苦労さま。

 28日午前11時20分ごろ、名古屋市中区三の丸の市役所で「男がトイレで腹を刺した」と119番があった。救急隊が駆けつけたところ、男は本庁舎3階男子トイレの個室に立てこもった。愛知県警捜査員が説得し、同日午後1時15分ごろ、個室にいた男の身柄を確保し、救急車で病院に搬送した。県警と名古屋市消防局によると、男は腹を負傷しているが意識があるという。
 県警と市消防局によると、男は60~70代くらい。市によると、男性職員がトイレで用を足していたところ、個室から「市長を呼べ」と声がしたため、振り返ると、上半身裸の男が果物ナイフのようなもので脇腹を刺し、血を流していたという。
 現場のトイレは、普段は河村たかし市長も使っている。この日は午前11時半ごろから、トイレから約20メートル離れた会見用スペースで記者団が河村市長を囲み、就任1カ月の心境などを聞いていた。河村市長は会見終了後、市長室に入ったが、報道陣が騒ぎに気づいたのはその直後。市役所の警備員数人がトイレ周辺でロープを張って警戒、県警捜査員と救急隊員が説得を続けた。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090528-00000045-mai-soci

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

重い腰を上げた名古屋高速
 過日に河村名古屋市長が挨拶に行った際には「絶対無理」と拒否していたくせに、国と県・名古屋市から損失補填されたら値下げって、名古屋高速道路公社の体質を厳しく批判すべきでしょう。これではただの利権野郎だ。公社も天下り体質なんだから無駄も多い、徹底的に追求して膿を出してほしい。

 愛知県は、土、日曜日と祝日の名古屋高速道路の通行料を7月から約3割引き下げる方針を固めた。自動料金収受システム(ETC)を搭載した普通車が対象。現行の750円が530円になる。期間は10年度までで、国の交付金の活用が前提。
 県道路建設課によると、名古屋高速の値下げに必要な財源は年34億円で、名古屋高速道路公社に出資する県と名古屋市が折半する。このうち、国土交通省の「地域活力基盤創造交付金」が活用できれば55%を国、45%を地元が負担することになるため、県の負担は4~7月分までの期間を除くと約5億円程度になる見込み。
 また、県は県道路公社が管轄する他の有料道路6路線についても3割の値下げを検討している。6路線は▽知多半島道路▽南知多道路▽知多横断道路▽中部国際空港連絡道路▽名古屋瀬戸道路▽猿投グリーンロード。県は他の道路でも値下げが可能か検討している。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090528-00000005-mai-soci

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

つボイノリオ氏倒れる。金太!!負けるな!!
20090528191437

 平日の毎朝9時にラジオから「みなさ~~~ん!!」の声が無いと1日頑張れない人、東海地方にはたくさんいるはず。しかし、その声が2日連続で聞こえてこなかった。そのパーソナリティが突然欠席した理由は心筋梗塞だった。
 名古屋が誇る名ラジオパーソナリティのつボイノリオさんがCBCラジオの「聞けば聞くほど」を1ヶ月間休養するらしい。高校3年から現在に至るまで、ほぼ毎日聞いているので、衝撃が走った。「午前はつボイ(CBC)、午後は宮地(東海ラジオ)」というぐらいの人気パーソナリティ。聴取率もダントツ№1を独走している。中日新聞夕刊にも記事がありました。「サイキック青年団」に続いて「聞けば聞くほど」まで…。と思ったが、幸いにも復帰できるとのことで安心しました。せっかくの機会なので、しっかりと休養して、またいつものつボイ節を聞かせてくださいね。
20090529001024.jpg
 そもそも、つボイ先生は仕事し過ぎなんですよ。4月26日の毎日新聞朝刊に特集記事がありましたが、毎日夕方までfax・Eメールの処理に追われているらしい。氏も還暦を迎え、いつまでこの激務を続けるのか気がかりではあった。「タイムマシンでブルンブルン」とか、「テレフォンウォッチャーが行く」などの名コーナーが消えていき、つボイ氏による博物館や美術展のレポートもなくなってしまった。ここ数年の番組の縮小に対する批判も多い。
 これもすべてはCBCにつボイ氏一人で処理しきれないほどのFAX・メールが押し寄せるからだ。性質の悪いリスナーも多く、「私のFAXが読まれていません」と毎日FAXを送りつけているバカリスナーとか、自分の名前だけを読んでもらいたいだけ(天下のCBCを地元のミニFMと勘違いしている)のバカリスナーが多すぎたのも、氏の健康を蝕んでしまう原因だったに違いない。今年の4月からメッセージの電話受け付けが無くなったのは、CBCの経費削減だけでなく、バカリスナー対策だったと思う。しかし、つボイ氏はこのFAX・メールの山を大切に保存しているという。そして、エゴ丸出しのバカリスナーでも絶対に批判しない。マイクの前でFAX・メールの山に囲まれて命を削ってまで続けてきたパーソナリティ魂。ラジオ界の至宝ですよ。

 ところで、来月には「聞けば」の6月9日やレーティング(聴取率調査)があるらしい。つボイ氏無くしてCBCは大丈夫なのだろうか? まぁ、大丈夫なんだろうね。裏の東海ラジオはダメダメだから。でも、代打の塩見アナは小高アナと内輪受け話が中心になるので、東海ラジオお試し月間になったりして。そういえば、ZIP-FMであのお騒がせナビゲーターが近々復帰するらしい。CBCも結構危ないかも。

テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

バスはよみがえるか?とよたおいでんバスで考える
 久しぶりに豊田へ出かけた。まず、駅前で驚いたのは次々とやって来るオレンジのバスたち。豊田市中心部と旧郡部の周辺地域を結ぶ「とよたおいでんバス」という地域間を結ぶ基幹バスだ。名鉄電車や愛知環状鉄道との接続も考慮されており、豊田市内での総合的な交通ネットワークが形成されている。豊田市駅夕方のターミナルで観察してみた。
20090528001525

 「おいでんバス」は「豊田市公共交通基本計画」に基づき、2007年11月1日から既存の名鉄バスを引き継いで運行を始めたのだという。「おいでんバス」は地域間を結ぶ「基幹バス」と旧郡部の各地域内を走る「地域バス」の2段構成になっている。ちなみに「おいでん」とは、三河弁で「いらっしゃい」という意味で、東三河(豊橋方面)地方の「のんほい」に対する西三河(豊田・岡崎方面)を代表する方言だ。
 驚くのは、明確な運賃システムとバス運転本数の多さだ。下の公式サイトを参照されたい。
豊田市HP「みちナビとよた」:http://michinavitoyota.jp/main/c_train-bus/bus.html
 名鉄バスの頃は終バスが18時ごろだったのが、21時台まで繰り下がっているのは特出すべき点だと思う。
20090528001533

 旧小原村の上仁木まで行くバスは、名鉄バスの頃は1日5本程度だったはず。おいでんバスになってから本数が倍増している。途中の木瀬(旧藤岡町)までは1時間1本運行されている。
20090528001538

 次にやってきたのは、愛知県有数の公共交通劣悪地域だった「秘境」旧旭町の小渡行き。これも名鉄バス時代は1日3本程度しか運転されない乗車難易度の高いバスだった。午後までは2時間おき、夕方からは1時間おきの運行がなされている。
20090528001542

 こちらは、旧下山村の大沼行き。豊田市に合併したが、岡崎へのバスがあっても豊田市中心部へのバス路線が無い(昭和40年代まではあったが廃止されたそうだ)というすごいエリアで、数年前まで豊田へ通う高校生は途中まで毎日親がクルマで送迎していたらしい。地域からの要望で試験運行を行った上で正式路線に昇格した経緯を持つ。
20090528001545

 一方、一部路線では名鉄バスも並行して運行している。運賃は同じ。おいでんバスも名鉄バスが運行を受託しているので、「競合」というよりは「住み分け」のような関係ができている。豊田市駅から電車を利用する場合は「トランパス」対応カードが使える名鉄バス(おいでんバスは使えない)で乗り継ぎ割引の恩恵を受け、豊田市内だけの利用なら逆においでんバスを利用するといった使い分けもできるはずだ。バス停では「次のおいでんは何時かな」なんてやり取りもあって、地域に定着しつつあるようだ。
 昨年1年で21%も利用者が増加したのは非常にいい結果だとみられる。豊田市の利用予測は少し目標が高すぎはしないかという思う部分もあるが、おいでんバスの運営問題もあるとみられる。行政は少しでも早く目標を達成できるように利用者需要の掘り起こしを行い、地域住民はバスを積極的に利用する習慣を根付かせてほしい。
 これまで地域交通は交通事業者に任せっぱなしだったのが、公共交通衰退の一要因である。各地でコミュニティバスが走るようになり、公共交通も水道や学校と同様、インフラの一環として地域が運営していく時代になっているのだ。

 豊田市は、08年度の市バス利用状況をまとめた。旧町村などを結ぶ基幹バス(おいでんバス)の利用者は120万2347人で07年度比21%増、地域バス(コミュニティーバス)は23万1人で同3・6%増。市は10年度までに他の事業者のバスを含むバス利用者を1・5倍(07年度比)に増やす計画だが、08年10月時点で1・13倍にとどまっており、目標達成が厳しい状況となっている。
 基幹バスは、08年4月に名鉄バスから引き継いだ小原藤岡方面3路線が61・8%、下山・豊田線が40・8%、保見・豊田線が25・5%、それぞれ増加した。一方、中心市街地玄関口バスは33・1%の減となった。
 市交通政策課は、名鉄運行時に比べ、運賃を下げたり運行本数を増やしたため通勤・通学客が増える一方、中心市街地玄関口バスは豊田厚生病院(旧加茂病院)が移転したため利用客が減少したと分析している。
(中略)市のバス路線充実は、渋滞緩和や温暖化対策を目的に計画し、路線の新設や増便などを行っている。今年度はバス運行費負担金として計約8億円の予算を充てている。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090526-00000081-mailo-l23

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

プリウス大人気で大増産、でも…。
 景気が回復するという歓迎すべきニュースなのだが、気になる点もある。残業再開が当たり前という考え方は、雇用の観点から考えていかがなものだろうか。確かに工員さんの賃金体系は残業がモノをいうような体形になっており、残業や深夜手当などのウェイトの高さで基本給の安さを補うのだとか。
 ただ、いくら納車5カ月待ちとはいえ、いつまでも増産体制を維持できるはずもないのだから、常時品薄状態を維持した方が賢いのではなかろうかと思う。やるなら、残業より他工場でもプリウスの生産を拡大した方がいい気もする。会社全体で盛り上げられるのだから。

 トヨタ自動車は27日、ハイブリッド車「プリウス」を生産する堤工場(愛知県豊田市)など2工場で6月から残業を本格再開する方針を明らかにした。
 新型プリウスの受注が11万台を突破し、納車まで5か月待ちの状況となっているためで、増産態勢を強化する。
 トヨタは6月以降、プリウスの生産台数を当初計画より2割多い月5万台にする予定だ。堤工場は4月から一部で残業をし、他工場から1000人規模の応援要員を受け入れているが、今後、残業が本格化する。子会社のトヨタ車体の富士松工場(同県刈谷市)でも約半年ぶりに残業を再開する。
 トヨタは生産台数が落ち込んだ昨年末以降、コスト削減策の一環として残業を原則的に取りやめてきた。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090527-00000838-yom-bus_all

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

新型インフルエンザパニック
20090520222801.jpg
 マスクが無い。どこへ行っても品切れだ。
20090520222752.jpg
 仮に入荷しても開店数分で売り切れるのだという。
20090520222805.jpg
 インターネットオークションでは、通常の数倍の値段で取引が行われている状況だ。
 ひょっとして、「街の薬局が横流ししているのではないか」と勘繰りたくなるほどだ。結構、薬局って悪どいから。ただ、商品を近畿へ振り替えているだけで一時的な品薄状態にあるらしい。

 阪神間で発生していた感染者が京都を飛び越えて滋賀県大津まで広がった。京阪神との往来が激しい地域なので予想されていた事態である。このまま、関ヶ原や青山高原を越えたら、名古屋まで来るのは時間の問題だろう。昨日はついに関東でも発症者が出た。全国へ拡大するかもしれない。
 ところで、昨日の岐阜放送「月金ラジオ」で「名古屋市のインフルエンザ発熱外来相談窓口の電話がつながらないのは、電話対応が1人しかいないため」と本地アナが暴露。名古屋市役所よ、こんなことで大丈夫なのか?

 マスクについては、本来患者が周囲に感染させないためのはずだが、いつの間に逆に感染を防ぐための防衛として使う人が一斉に手を出したのでこのようなことになっているのだ。ただ、「他人にうつして治す」とか、非科学的かつ理解の無い患者又は患者予備軍がいるかもしれない。なんせ、人が信用できない時代だから。食うか喰われるか、自分の身は自分で守るしかないと言われたら、返す言葉がなくなってしまうのだ。

 そういえば、記者会見に出ていた川崎の洗足学園校長は、なぜ顔を非公開だったのだろう。あんたがインフルエンザ被害者じゃないだろう? 公人として堂々とすればいいと思うが。逆に今回の件を上手に対処すれば、学校ブランドの向上にも貢献できるぞ。

 新型インフルエンザの感染が20日、東京都と川崎市でも確認された。近畿圏以外での国内感染の確認は初めて。滋賀県でも感染が確認されており、国内広域に感染が広がっていることになる。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090520-00000657-san-soci

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース