FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

「セントレア~松阪」高速船撤退へ
 三重県南部からのセントレア(中部国際空港)海上アクセスは松阪線の廃止により全滅し、三重県からの海上アクセスは津からの1路線になる(現在、四日市からの路線を再開する動きがある)。
 伊勢新聞によると、運営会社の松阪高速船は昨年七月の決算では累積1億5,000万円の赤字。
燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)の全額公費支援など支援を受けたが、景気後退や高速道路の通行料金引き下げ、新型インフルエンザの発生などのあおりで、今年5月の総乗船客数は昨年同月より約30%減の8,028人、6月は同約25%減の8,500人とのこと。この数字を1日当たりに換算すると、5月は258.9人、6月は283.3人。更に1日8往復しているので、1便当たりに換算すると、5月が16.2人、6月が17.7人。バスでもギリギリ採算が合うレベルだ。5月の結果に象徴されるが、かなり悲惨な状況だったようだ。やはり、津と松阪が至近距離で競合していては、こうなる結果は初めから明らかだったかと思う。
 三重県側からのセントレア海上アクセスについては、四日市・津・松阪・伊勢・鳥羽の5都市からのアクセスが計画されたが、ふたを開けてみると、スピードで劣り三重県への釣り客しか利用していなかった鳥羽の伊勢湾フェリーが早々と消え、四日市は運営会社の経営不振(のち倒産)で撤退、伊勢は港を整備し試行運行から本運行に移る直前で計画が頓挫した。そして、今回の松阪の廃止とセントレア海上アクセスはご難続きだ。
 ただ、観光で強みを持つ三重県南部への海上アクセスは必要に感じる。各都市の港へのアクセスなどを勘案すると、近鉄との連絡が容易な鳥羽からの高速船があると便利かと思う。伊勢・志摩半島への観光の導線もしっかりしており、フェリー以上の効果はあると思うのだが。

中日新聞:http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20090707/CK2009070702000018.html
伊勢新聞:http://www.isenp.co.jp/news/20090706/news01.htm

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

CMだけでは分からない、「生産技術」倒産
 「生産技術」という社名はインパクトがあった。平日の毎朝、中京テレビのローカル番組でCMが流れるようになったのは10年ほど前からだっただろうか。地元の企業でなく、富山の企業だったので覚えていたのだ。富山では市場が限られているから、需要の高い名古屋へ出てきたのだろうと当時は思っていた。その企業が「ワイドスクランブル」(テレビ朝日)や「ウェークアップ」(よみうりテレビ)など、全国ネット番組でもCMを見かけるようになったのはここ数年の話。てっきり、企業が成長したと思っていたのに…。

>工場の建設資金やレンタル機器の導入資金を借り入れに依存し、
>(中略)顧客の資金調達ずれ込みなどで資金繰りが厳しくなっていた。

 つまり、社名に反して経営は火の車で、典型的な自転車操業で「経営技術」は無かったようだ。
 レンタル機器事業そのものは需要が高いと思うけど、顧客の資金ショートで泥をかぶるなど、リスクマネージメントができていなかったのが致命傷だったみたいだ。それにしても、融資していた金融機関は何をしていたのか、こちらも指摘しておくべきだろう。TVCMでの広告宣伝費も相当なものだったはずである。

 CMを流せるほど景気が良いとは限らないようだ。CMだけでは分からない企業の裏側を垣間見た。

 帝国データバンクの発表によると、産業用ロボットレンタルの生産技術(富山県富山市)が7月9日、富山地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は約146億円。
 1973年に創業。機械設計や修理、溶接機レンタルを行っていたが、92年にロボットレンタルに参入。ロボットオペレーター研修まで一環して手掛け、中小企業からの引き合いが増えた。事業は全国に展開し、産業用ロボットが登場するテレビCMも積極的に展開。2008年5月期の売上高は112億5600万円だった。
 だが工場の建設資金やレンタル機器の導入資金を借り入れに依存し、08年11月時点での金融機関からの借り入れ総額は約100億円、社債残高は約23億5000万円に上っていた。不況下でコスト削減を望む企業からレンタル機器導入の引き合いは増えていたが、顧客の資金調達ずれ込みなどで資金繰りが厳しくなっていた。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090710-00000068-zdn_n-sci

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース