名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

不祥事連発・名古屋の市バス
 名古屋の市バスが不祥事連発。最近、弛んでませんか?全国ニュースでも取り上げられていました。サイドブレーキの引き忘れなんて、プロドライバーとしてはあり得ない初歩的なミス。事故のあった千種駅は自宅から近いので現場を見てきました。
20090729192620.jpg
 千種駅前の現場です。少し緩やかな下り坂になっているのがお分かり頂けるでしょうか。
20090729160813

 ここにバスを停めて運転士はトイレへ向かったようです。すると、サイドブレーキを引かなかったバスがスルスルと坂を下り始めて、信号待ちで前方に停車していたタクシーに接触し、Tの字交差点(画像前方)の突き当たりへ激突。
20090729160817

 バスが突っ込んだところ。激突の跡が残っていました。ちなみに、この突き当たりの通りは名古屋を東西に貫く幹線道路・広小路通りです。幸運にも広小路通りの信号が赤だったので往来車両に衝突しなかったようで、これは奇跡といっても過言じゃないです。また、事故を起こしたバスは新車だったそうです。運転士のせいで市バスの赤字が拡大ですわ。
20090729160821

 一応、千種駅前には市バスのターミナルがあって、バスを駐車することができるようになっています。ここを発着するバスの運転本数は少なく、1時間当たり5~6本です。トイレ休憩は人間の生理現象であり仕方ないのですが、運転本数も少ないのでバスターミナルへ一時駐車できるぐらいの余裕はなかったのでしょうか。
20090729160824

 もう少し言えば、バスにはこのような事故を防ぐために車止めが常備されています。バスの場合、駐車時のサイドブレーキと車止めの併用はある意味常識です。運転士はこの程度の知識も欠落していたのでしょうか?
 両替金泥棒に、今回の事故…。悪いことは連続し重なります。また、何かやらかしはしませんよね?

 26日午後7時35分ごろ、名古屋市千種区内山町の「千種駅前」降車専用停留所で、市バスが無人のまま走り出し、前方に停車していたタクシーに衝突するなど約70メートル進んで、丁字路交差点のガードレールに激突して止まった。タクシーの男性運転手(59)が左腕に軽傷を負った模様。
 名古屋市交通局や愛知県警千種署によると、市バスは砂田橋発千種駅前行き。男性運転士(41)が終点で乗客を降ろした後、トイレに行くためバスを離れた際、サイドブレーキを引き忘れたため、バスが動き出したらしい。男性運転士は「サイドブレーキを引いたつもりだった」と話しているという。同署はタクシー運転手に打撲などの診断が出れば、自動車運転過失致傷容疑で捜査する方針。
 長谷川康夫名古屋市交通局長は「あってはならない事故で、誠に申し訳なく思っている。なぜ事故が起こったのか検証し、再発防止に努めたい」と話している。


引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090727-00000002-mai-soci
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

JR東海のグダグダ情報伝達2
7月26日分の続きです。
 名古屋駅から地下鉄を乗り継ぎ、大曽根駅までやってきました。
 最大の目的は、中央線ストップのとき、高蔵寺へ向かう中央線ユーザーがガイドウェイバス(ゆとりーとライン)に乗り換えるための大行列を撮影するためでしたが、私が大曽根へ向かう途中に中央線の運行が再開し、すし詰め状態の高蔵寺行ガイドウェイバス拝むことはできませんでした。
20090727001044

 大曽根駅の案内を見ると、どうも16時台から遅れが発生していたようです。
20090727001040

 大曽根駅の案内。「集中大雨」って、すごい日本語だ。
20090727001037

 ホームに上がると、名古屋行きホームに特急が臨時停車。ただし、この駅は停車駅ではないのでドアの開かない運転停車である。車内はガラガラ、一体、何時間遅れているのだろうか。3時間ほど止まったので、長野から6時間以上かけてやって来た列車とみられる。
 すると、反対側ホームには中津川行き電車が到着するという。利用者が一斉に乗車の準備に入った。ところが、電車はホームを勢いよく進んでいく。
20090727001611.jpg
 実は、ホームの電光表示では8両編成だというのに、
20090727001614.jpg
 あろうことか、電車は3両編成だったのである。3時間以上止まっているのだから、一刻も早く帰宅の途に就きたいというのに、JR東海は中央線ユーザーに凄い仕打ちなのである。
 驚くのは乗客だけではない。実はこの時、大曽根駅ホームには駅員が車いすの乗客を8両編成電車最後部の停車位置まで案内し、乗車サポートの準備をしていた。そんな状況でこれだ。遥か向こうに止まる3両編成の電車に向かって、駅員のつぶやきがハッキリ聞こえた。「そりゃ、ひどいわ。」
 JR東海では改札口にモニターがあって、電車の進行状況をリアルタイムに把握できるようになっており、駅員はこれを見て現在電車がどこを走っておりあと何分で当駅到着するのか把握できるのだが、列車の車両編成は把握できないようだ。ホント、マヌケだ。
20090727001028

 当然、車内はすし詰め。乗車するのも一苦労。
20090727001623.jpg
 結局、大曽根駅では乗車を諦める乗車が発生。積み残しを出して大曽根を発車した。
名古屋行きの電車に乗って、千種駅へ向かう。
20090727001630.jpg
 ここの駅員の案内がまたひどい。
「次の下り電車は、現在名古屋駅に停車したままで、いつ発車するかわかりません。」
 利用者の不安を煽りまくるのである。すごいSな駅員なのだ。

【結論】
JR東海の列車トラブルにおける対応及び案内は最低レベル。

 しかし、中央線はよく止まる。しかも、1ヶ所が止まると、名古屋~中津川間79.9kmがすべて止まる。中央で管制をとることは確かの合理的なのだが、たとえば、今回のように春日井市内でストップした場合、無傷な名古屋市内や岐阜県東濃地方だけでも、通常の半分程度の本数減力運転でいいので、エリア別で普通電車を走らせることができるように運行システムを改善できないものだろうか。
 全線で一旦運行をストップし、新たなダイヤグラムを設定して走らせるより、早く運転再開ができるようになる。また、運転本数が少なくとも輸送は継続できるので、影響を抑えられるのだ。終夜運行するわけでもないから、ダイヤの回復を目指す必要もなく、通常運転は翌日からでもよいのだ。
 千種駅で乗客が電車を待つ間、下りの旅客電車が「回送」として通過した。車庫のある神領駅へ向かうはずだが、それなら1つ前の春日井駅まで旅客列車として運行し、ホームに滞留している乗客の移動を確保するぐらいしてもいいはずだ。なんか、JRは自分の主張を利用者に押し付けているような感じだ。新幹線ではこんな仕打ちにすることはないというのに…。ホント、何とかならんのだろうか。

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

JR東海のグダグダな情報伝達1
「春日井市付近で集中豪雨があったそうで、中央線の電車が止まっているらしいよ。」
 日曜出勤もようやく終了するころ、職場に情報が届いた。夜8時半、仕事が終わって名古屋駅へ向かうと、
20090726210254

 確かに中央線だけが遅れているようだ。中央線は毎年梅雨入りから8月終わりまでの間、春日井市内や岐阜県東濃地方の夕立ち・落雷に起因する電車の遅れや運転見合わせが常態化している。東海道線や関西線と異なり並行する私鉄がない中央線。代行バスを走らせるようなこともなく、開通するまで何時間でも平気で利用者をホームに待たせる。中央線ユーザーからすれば「いつもの出来事」なのである。
20090726210302

 JR東海は列車トラブルに対する利用者への情報伝達や対応が極めて悪い。その反省なのか、最近はこんな案内表示が主要駅を中心に設置されてきている。
20090726210258

 エライ長いこと、運転見合わせになっているようだ。
20090726210244

 ホームに向かうと、列車案内は3時間前の電車を表示している。駅改札の案内では18時過ぎから運転見合わせとあったが、実際は17時過ぎから遅延しているようだ。
20090726210250

 3時間以上たっても動くことの無い電車。ホームで座り込む人が目立った。
他の駅はどんな感じなのか、見に行ってみた。(続く)

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

名古屋市営地下鉄17年ぶり黒字へ
 名古屋の地下鉄が27年ぶりに単年度黒字に転じる見込みらしい。いやぁ、喜ばしい。現場の努力もさることながら、東山線主要駅以外では蒸し風呂のようなホーム(ホーム冷房何とかならんのか?)で電車を待ち、鶴舞線・桜通線の10分間隔運行に代表されるサービスレベルの低下に対する、利用者の忍耐の結晶だ。
 ただ、市バスの相乗り効果ってどれほどなのだろう。夜10時を過ぎると早々に運行終了するような不便さでは地下鉄沿線以外では不便で仕方ない。何とかならんのだろうか。
 10月に出る「交通局ニュース」の決算特集が楽しみだ。

 名古屋市営地下鉄の経常収支が1981年度以来、27年ぶりに黒字に転じたことが、同市交通局の2008年度決算見込みで分かった。給与カットなど経費削減と乗車人員の伸びが経営改善を実現した。地下鉄を持つ9都市中、07年度決算で黒字は東京、札幌、大阪の3都市のみ。
 決算見込みによると、収入は前年度比0・8%増の833億円、支出は同3・3%減の815億円で、18億円の黒字。06年度から始めた抜本的な経営改革の目標を2年前倒しで達成したことになる。
 名城線の環状化に加え、全線乗れる定期券の発売で大幅に乗客を増やした市バスとの相乗効果もあり、乗車人員は過去最高を更新する1日117万人を記録。一方で、局長以下の給与5~13%カットにより9億円、国の特例で認められた借金の借り換えで支払利息を前年度比25億円減らした。
 過去、開業年度と、初乗り運賃を100円から120円に大幅値上げした81年度に黒字を記録したが、以後は94年度に445億円の赤字となるなど、構造的な赤字体質に陥っていた。市交通局は今回「実質的には、開業以来、初の黒字」と位置付けている。
 ただ、累積赤字は3186億円と依然として巨額。このため、本年度中には経営健全化計画を策定する。 08年度の決算見通しでは、市バスも乗車人員の伸びが業績を押し上げ、収入が3%増の243億円、支出が3・1%増の234億円で、3年連続の黒字(9億円)を達成した。

引用元:http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2009072202000288.html?ref=rank

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

電子マネー「WAON」の賢い利用法1
 イオンの電子マネー「WAON」は、200円=1P付与で100ポイントから100P単位で「1P=1円」還元されるもの。還元レートの低さが災いして今まで利用を控えてきたのだが、この春から「WAONボーナスポイント」という企画が始まったことでポイント集めが飛躍的に改善され、ポイント生活者の食指も動き始めた。今回はWAONの魅力を取り上げたい。

 まず、電子マネーWAONを手に入れるところから始めねばならない。さっそく、イオンへ向かう。
20090815000405.jpg

えっ?WAONって

300円出して買うんですか?


 300ポイント獲得しないと元が取れないって痛手なんですよ。セブンイレブンの「nanaco」だって、300ポイント付くから実質0円といういうことで買ったというのに。イオンにはギブ&テイクの関係って無いんですか? ポイント生活者としては、何としてもタダで手に入れたいもの。
 実は、ここでWAONがタダで手に入る方法があるんです。それは、

イオン銀行に口座を作ること。

 イオン銀行が発行するキャッシュカード「イオンバンクカード」にはWAONが搭載されているのです。しかも、イオン銀行で口座を作る時、なんと0円で口座が作れます。だから、ただで手に入るのです。ただし、申込時から自宅に届くまで2週間ほどかかります。私もイオンナゴヤドーム前にあるイオン銀行で申し込みました。
 では、さっそく買い物です。しかし、200円=1ポイントでは2万円買わないとポイント還元にたどりつかない。「ちりも積もれば…」もいいですが、これでは還元までの道のりが長すぎます。そこで着目するのが、前述の「WAONボーナスポイント」なんです。
20090815000414.jpg
 「WAONボーナスポイント」は、毎月21日から翌月20日までイオンが商品限定(内容は各店舗で異なるので注意)で付与するポイントで、200円=1ポイントに加え特別にボーナスポイントが付きます。
20090815221042

 ボーナスポイントは売価の10%が多いのですが、なかには
20090815221039

 売価が低いにもかかわらず、ボーナスポイントの付与が多い商品も隠れています。
20090815221035

88円で20ポイント還元って、

結構、結構でしょ?


 さっそく、これを3本買って行きましょう。もちろん、会計はセルフレジです。なぜなら、セルフレジで会計を済ませると常時ポイント2倍だからです。そして、なぜ3本かというと、200円以上買わないとWAONの通常ポイントがもらえないのです。別に3本買わなくても22.7%のポイント還元は確定していますが、せっかくなので最大限の還元まで行ってみましょう。

今回の買い物での獲得ポイントは以下の通り。
・通常ポイント:1P
・セルフレジボーナスポイント:1P
・WAONボーナスポイント:20×3=60P
獲得ポイント数が合計62ポイント。支払金額は264円ですから、

ポイント還元率23.4%!!

 すごいでしょ?WAONだって結構ポイントが稼げるんです。
200円=1ポイント0.5%還元なんて、真面目に集めていると損しますよ。
 ただ、自宅には大量の缶コーヒーが眠っています。飲んでも飲んでも増えていく一方です(笑)。

【WAONの鉄則】

WAONは少額決済にこだわり、

ボーナスポイントを集めろ! 
(続く)

テーマ:便利・お得な情報 - ジャンル:ライフ

10円玉狙う、姑息な名古屋の市バス運転士。
 公金着服は許されない犯罪。しかし、10円玉ばかりってみみっちい犯罪だこと。名古屋の市バスは日常的に利用しており、小銭入れの整理をかねて1円・5円・10円を混ぜてよく支払っているのだが、オイラが払ったバス運賃が市バスの両替金になって、それが運転士の懐に消えているか思うと怒りを覚える。ネコババしたアホ運転士が在籍していたのは、中川・猪高・緑・野並の4営業所。おい、いつも使っている路線は猪高営業所管轄じゃないか。大丈夫か? バス運賃は利便性の対価であり、公共交通に対する応援の意思でもある。運転士の生活費じゃないんだぞ!!モラル低すぎ。
 私も名鉄バスで経験があるのだが、運賃の入れ過ぎなどの理由で料金箱から両替用の硬貨を出してもらうことが稀にある。その際は運転士が運賃箱のボタンを押して操作をする必要があり、10円玉1つ取り出すのに5秒ほどかかる。1日に1050回も操作していたアホ運転士は、勤務時間のうち休憩時間に限らずターミナルなどで発車待ちのトイレ休憩の時間も使って5250秒≒87.5分も勤しんでいたわけで呆れてモノが言えない。1台のバスで10円玉が1万円分もないはずだから、複数のバスを乗り換えていたはず。10円玉欲しさに必死のあまり、肝心な安全運転が疎かになるかと思うとゾッとする。
 中日新聞(http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2009071802000156.html)によると、

(不正行為を行っていたのは)運輸主事(41)、同(58)、再雇用職員(60)、同(62)、嘱託員(67)。6月初旬に嘱託員が出庫前に料金箱を不正に操作するのを同僚が発見、1446人の全運転手の操作記録から4人が浮上した。
 5人は、返金用の10円硬貨払い戻し機能を使って10円硬貨を10枚出しては現金投入口に投入。そこで返却ボタンを押すと、100円硬貨に両替される仕組みを利用して100円玉を集めた。さらに同様にして100円硬貨5枚を500円硬貨に替えていた。
 10円硬貨の払い出しは通常は1カ月に一度程度だが、5人は乗務日に、ほぼ毎日していた。1日に1050枚払い出し1万500円を持ち帰ったケースも。犯行を認めた2人は「経験として知った」などと話している。


 10円玉ばかりじゃ重いからって、逆両替で盗みまくるとは巧妙だわ。また、ベテラン運転士ばかりというのも気がかり。根っからの計画犯じゃないか。運賃箱にこんな機能を付けるのは、バス運転士の間で運賃の不正流用が慢性的に行われていたことを証明するようなものだ。これを事業者は知っていたはずである。これが氷山の一角だったりして。きちんと調べたら、赤字の1%でも補填できたりして。
 先日は大阪でバス営業所員が勝手にバス営業所内で自動販売機を設置して手数料収入を得る例や、バス営業所敷地内を無断で開墾し野菜栽培に精を出していたことが発覚するなど、バス運転士の不祥事が目立つ。また、運転士が販売用に常備している回数券・バスカードに加え、金券ショップで購入した券を正規ルートに混ぜて販売し差益を…なんて噂も聞いたことがある。氷山の一角なのだろうが、どうかこれらの犯罪行為はネタや妄想の範囲内でとどめ、実行しないように願うばかりだ。

 名古屋市は17日、市バスの男性運転手5人が客に過払い金を返却するため、運転手用に設置されている10円玉払い戻しボタンを連打するなどの手口で、両替金計約87万円を着服していたと発表した。うち1人の着服額は約37万円にも上り、1日に1050回もボタンを押したことがあったという。
 同市によると、5人は41~67歳(嘱託職員含む)で、うち2人は「昼食代に使った」などと話しているが、1050回連打した運転手を含む3人は関与を否定しているという。市は近く愛知県警に被害届を出す方針。 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090718-00000003-jij-soci

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

噂のロッテリア「絶妙ハンバーガー」
20090717212426

「万が一、おいしくなかったら、その場で返金します。」
20090717212422

 ファーストフード業界で近年劣勢に甘んじるロッテリアからの挑戦状だ。マズかったら本当に金返してもらうからな。ということで、久しぶりにロッテリアへ出かけた。名古屋の金山駅にある店は、夜9時を過ぎているというのに来客が途絶えない盛況ぶりだ。さっそく、絶妙ハンバーガーセット(¥660)を注文。ほどなく絶妙ハンバーガーがやってきた。
20090717212418

マクドナルドに比べ、ロッテリアは従来よりボリューム感に乏しいと常に思う。昨年登場した「絶品チーズバーガー」も、あまりの小ささにガッカリしたのだが、今回も予想通りの小ぶりなハンバーガーだ。ハンバーガーの袋が油で滲んでいるところが気になったが、早速食すことにする。
20090717212415

 いい言い方をすると「上品」。西洋からしとソースの味はしっかりしている。ただ、全般的にインパクトに乏しい。特に肉のジューシー感がまったく無い。野菜もモスバーガーに比べるとチープだ。ロッテリアはポテトの完成度が高いだけに惜しまれる。

ロッテリア公式サイト
http://www.lotteria.jp/topics/2009/topics07151239.html
によると、今回のキャンペーンで返金する場合は以下の条件を満たす必要がある。
※半分以上お召し上がりになられた場合は返金できません。
※レシートと現物をご持参の上、購入店舗まで当日中にお申し付けください。
※今後の商品開発の参考にさせていただきますので、アンケートのご協力をお願いいたします。
※セットでご注文いただいても単品価格分の返金とさせていただきます。
※クーポン利用でご購入の場合は単品価格分をお返しします。
※インビテーションカードをご利用された場合は返金できません。
※お1人様1回のみとさせていただきます。
※個数限定のため、販売およびキャンペーンが終了する場合もございます。


 つまり、返金を受ける場合は食べかけのハンバーガーを持って来いということ。店員も半分あるかどうか計測するのだろうか。目視確認程度なら肉だけは半分以上食べてもなんとか隠せたりして。「返金は1日1回」としても、店舗をハシゴすればカウントできない。名古屋では地下鉄名城線沿いに店舗が点在しているので、「大曽根→久屋大通→金山」って具合にロッテリアのハシゴで小腹を満たすこともできる。
 でも、日本の食習慣として食べかけのものを他人に見せるという行為は品の良いものではない。返金なんて行動に起こせるのだろうか。そんなことを思ううちに半分以上食べてしまい、私は返金のチャンスを失った。
20090717212410

 クーポンをもらった。機会があったら利用したいと思う。

 今回の情報は数日前に見たニュース番組で知った。かつて、「2ちゃんねる」で「吉野家同時多発オーダー」というオフ会があったのだが、ロッテリアでも「同時多発返金騒動」なんて起きたらどうするのか、非常に気になったので1時間ほどカウンターを観察していたが、食べかけのハンバーガーを持って返金を申し出る人は見なかった。前日の番組でロッテリア社員が「クレームを出す人は5%程度」と分析しているコメントをしていた。
 結局、ロッテリアの戦略にまんまとハマったのか、そんな気がした。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

気温差40℃。言葉・宗教・生活習慣より大きな壁
 人材不足により、昨年から始まったインドネシア人の看護師候補者。当初は人材不足の救世主としてニュースでも大々的に取り上げられたが、既に脱落者が出ていたことが判明した。当初懸念された言語・宗教よりも、実は冬の気候が最大の課題だったという。
 脱落した看護師候補は5月に帰国したということだから冬は何とか越したようだが、冬の気温差が約40℃。毎年のこととはいえ、私もここ数日の猛暑で夏バテ気味だが、それでも気温差は10℃ほどであるから、これまで赤道直下の常夏気候で暮らし雪もろくに見たことのない人が、いきなり日本人でも尻込みする東北の気候に対応することが素人目に見ても困難であり、体調を崩すのは想定の範囲内ではなかろうか。4月になれば、もう少し待てば暖かくなると現場のメンバーが励ますこともできたはずだが、候補者本人が相当謙虚だったのだと思う。
 まず、候補者を八戸に配置したコーディネーターの無能ぶりを批判すべきだろう。1年中温暖な沖縄とか、冬でも気候が比較的穏やかな瀬戸内海沿いの地方や大阪・和歌山・静岡・千葉など、エリア限定で配置するなどの工夫も必要だったと思う。
 ただ、今回の件で指摘すべき点は、そんな配置云々の話ではない。外国との経済協定とはいえ、政府が本当に候補者を看護師として育成する意思があったのかということだ。言語も文化も異なる日本で看護医療を学ぼうと思うぐらいだから、本国で教養や専門知識を蓄え、相当な意欲があったはずである。だが、政府は本人の意思を無視し、現場への単なる不足人員補充程度でしか考えていなかったのではないか。まるで、ヒトをモノのように扱っている行為だ。
 また、相変わらず就労環境が劣悪な看護師や介護士の待遇改善を棚上げしている政府の対応の悪さも指摘すべきだ。なぜ、こんなことになったのかを考えることから始めないと何も進まない。海外からの人材に頼ることで人材不足解消なんて絶対に不可能だし、仮にうまくいっても一時しのぎであって、根本的な問題は何も変わらないのである。
 今回帰国したインドネシア人は、逆に被害者ではないかと思う。さぞ、寒かったことだろう。ホントお気の毒だ。ただ、帰国して看護学校の講師として前向きに次のステップに進んでいるのが幸いだ。

 2国間の経済連携協定(EPA)に基づき、昨年初めて日本に派遣されたインドネシア人看護師候補者から、初の脱落者が出ていたことが分かった。青森県八戸市の病院で働いていたヌルル・フダさん(26)は、現地の気候が体に合わず9カ月で帰国を余儀なくされた
(中略)インドネシアの中でも高温多湿なスマトラ島中部出身のヌルルさんにとって、冬の八戸は「想像をはるかに超えた寒さ」で、徒歩5分の通勤さえ「寒くて気を失いそうになった」。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090716-00000047-mai-int

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース