名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流石のゲントレア
 10月24日、久しぶりにラジオのイベントを見に常滑のセントレアまで出かけました。
 東海ラジオのマニアックな番組「流石の源石」(通称:さすげん)のイベントです。
番組の詳細は東海ラジオの流石の源石公式ブログをご覧ください。

 空港で鉄道にちなんだイベントいうのも、ある意味すごい。この前に「酒井弘明ミッドナイトフライト」(これまた、どえらいマニアックな番組)のイベントがあったが、こちらは飛行機好きには垂涎の濃い企画だったらしい(私は参加できなかった)。
sasugen01.jpg
 「さすげん」は中高生から20代の若いリスナーによる、投稿中心の深夜ラジオが絶滅寸前に瀕するなかで、名古屋のラジオでは最後の存在となる大変貴重な番組です。私が源石和輝アナを知ったのは、「DONTSUKI(ドンツキ)」という番組。 その後、「DONTSUKI ゴールド」という番組を担当。日曜深夜の番組で野球シーズンは時間が押しまくるため、大阪・朝日放送の「誠のサイキック青年団」終了後、深夜3時近くに聴いた思い出がある。当時から早口で投稿を読みまくる傾向が強かったが、当時重度のCBC依存症だった私に東海ラジオへの誘いをかけてくれた。
 生源石を見たのは、岐阜の路面電車廃止の時、関の新田駅(又は小屋名駅)でホームに降り立った源石アナ(取材かプライベートかは不明)をリスナーが取り囲んでいたのを見て以来だ。
sasugen02.jpg
 会場には100名ほどの観客が集まっていた。山口アナのグダグダな前説に源石アナからダメ出しの嵐。ラジオ局だから、面前に立つという行為に慣れないのだろうか。どうしてもCBCと比較してしまうのだが、東海ラジオの若手アナにその傾向が強い気がする。
sasugen03.jpg
 今回のゲストは鉄道に造詣の深い、杉ちゃん&鉄平。鉄道への熱いトークが繰り広げられ、杉ちゃん&鉄平と源石アナのコラボで生ライブが行われました。私、杉ちゃん&鉄平のCD「電クラ」を持っていますが、生で聴いて改めて本当にすばらしい演奏をするなと感じました。
 鉄道メロディクイズで正解した子供に「この番組のリスナーには道徳が無い」からと名鉄道徳駅のキーホルダーが贈呈したり、クイズに真剣に取り組むいい歳した「大きなお友達」の存在など、細かい笑いどころも満載でした。「僕はパノラマカー」の著者・古池直之さんの濃い名鉄パノラマカーの写真をバックにアンコール。本当に濃いイベントでした。
 危険なリスナーが騒ぐこともなく、濃いイベントは最後に決めゼリフ「寝ろ!!」を観客と共に叫んで、1時間ほどで終了しました。

 次回、11/14(土)の犬山・リトルワールド「カニタク言ったもん勝ち」イベントに参加します。

【追伸】
 この春より、15年聴き続けたCBC「聞けば聞くほど」を見限り、朝10時より東海ラジオ「カニタク」に乗り換えました。リスナーの名前を聴いていると、東海ラジオにCBCからの離脱者が多いことに驚いています。ラジオ界全体が危機的状況ですが、名古屋のラジオにも激震が走る日も近いような気がします。
スポンサーサイト

テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

幸楽苑ラーメン半額祭り
20091029233523.jpg
 偶然通りかかったら、「半額」の文字を発見。幸楽苑といえば、中華そば290円が売りのチェーンです。これは見逃せないと、早速突入。
20091029233514.jpg
 なんと、メニューのほとんどが半額。10/27~30の4日間、店舗限定企画だったようです。
20091029233505.jpg
 消費税込152円なんて、寿がきやはおろか、下手なインスタントラーメンより安い!!
20091029233454.jpg
 極旨醤油ラーメン(税込204円)を注文。コストパフォーマンス炸裂。こんな日だと客が殺到し、店のオペレーションがボロボロになりがちですが、私が行った瀬戸と春日井の店(2日連続で行きました)では、社員を中心にキビキビとした指示がなされており、社員・アルバイトが一丸となって今回の祭りを乗り切ろうとする姿勢が見られました。きっと、今日だけなら赤字でしょうが、動きの良さを見てちょっと感動しました。
 心にも体にも暖まる一杯でした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

JR名松線・家城~伊勢奥津間部分廃止か?
 JR東海が今月の台風18号の影響で不通になっていた名松線(三重県)のうち、末端区間の家城-伊勢奥津を廃止する意向を固めた模様。近年、台風や大雨による長期運休路線では越美北線・大糸線・三江線・姫新線などが挙げられます。そのうち、宮崎県の高千穂鉄道は再開を断念して廃止になりましたが残りは復旧させており、JR東海でも数年前の高山線・飛騨古川~猪谷での復旧工事は見事なものでした。
 JR東海の発表によると、運賃体系は維持するとのことで、かつての旧国鉄士幌線(北海道・廃線)末端区間みたいな扱いになるのでしょうか?

 名松線の今後の輸送計画について(JR東海公式サイトより)
http://jr-central.co.jp/news/release/nws000410.html
 かなり衝撃的な内容だ。確かに運転見合わせの多い路線だと以前から思っていたが、1時間たった2mmの雨で運転抑止していたとは思わなかった。にわか雨や通り雨でもアウトなのだ。どうも、沿線の山林荒廃が深刻なレベルで、線路を補強しても、山崩れなどで運休を強いられるため安全運行が困難になっているということらしい。
 分割民営化以降、22年で利用者数が60%減、さらに家城~伊勢奥津間に限れば80%減という惨状だ。しかも、1日90人しか利用していないとなると、億単位の投資をしても1日90人しか利用しない鉄道を維持すべきか問われるレベルだ。一昨年に沿線を歩いたが、並行する県道15号線の整備が完了しており、バスでも対応可能と思われる。
 通勤通学客の多くが、一志駅から近鉄川合高岡駅まで徒歩連絡して津方面へ通っている。松阪への流れは少なく、利用動向が鉄道のベクトルと異なっているのだ。久居~一志~美杉と松阪~一志の2路線でバスを走らせれば、JR名松線の代替することができるのだ。

 台風18号の影響で一部区間の不通が続いている三重県のJR名松線(松阪-伊勢奥津(おきつ)駅、43.5キロ)について、JR東海は29日、不通区間(家城(いえき)-伊勢奥津駅、17.7キロ)を廃止し、バス輸送への切り替えを決定、地元自治体と協議を始めたことを明らかにした。JR東海発足後、同社が鉄道路線を廃止するのは初めて。
 今月8日の台風では、同線の39カ所で線路上に土砂が流入したり、盛り土が流れ出すなどの被害が発生。同15日から松阪-家城間で鉄道運行を再開したが、家城-伊勢奥津間は代行バスを運行、被害調査を進めていた。
 記者会見で中村満・鉄道事業本部長は廃止を決めた理由について▽険しい地形のため速度制限や雨量規制が厳しいこと▽仮に復旧しても、台風18号以下の風水害で長期の運転規制が起きうること▽周辺道路が改良され、バスの方が安全で安定した輸送を行えること▽利用者の減少--などを挙げた。28日、三重県や津、松阪市に考え方を伝えたという。
 地元の同意が得られ次第、国土交通省に同区間の廃止届を提出する。代行バスは現在、三重交通が1日11本を運行しているが、廃止後も同社へ委託するとみられる。
 名松線は1935年に全線開通。87年度には1日当たりの利用者は1670人だったが、08年度は同700人に減少。特に家城-伊勢奥津間は、87年度の同430人から同90人にまで減った。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091029-00000058-mai-soci

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

一宮モーニング博覧会
 喫茶店のサービスといえばモーニング。モーニングといえば東海地方なのだが、その中でも名古屋市内より熱いのが西尾張地方から岐阜地方。特に一宮市はモーニングの超激戦地である。実は私、かつて一宮で営業をしていたこともあって、なじみのある街でもあります。職場の目の前で行われていたのに行けずに悔しい思いをして2年。3度目の正直で行ってきました。
 10月25日に一宮市の本町商店街で行われたイベント・第3回一宮モーニング博覧会の模様をお届けする。
20091025a.jpg
 一宮市内の14店舗がモーニングの腕を披露。到着が午後になってしまったので、既に売り切れの店舗も続出でした。それぞれのメニューが300~400円ほどで食べられることもあって、各200食が午後1時半過ぎにすべて完売。
20091025b.jpg
 一部の店舗のモーニング博覧会出品のモーニングはこんな感じ。
20091025c.jpg
 一宮市の喫茶店で展開されているモーニングをまとめた冊子も配布されていました。資料性が高く充実していました。過去に行ったことのある店舗もあり、懐かしい店もありました。よく仕事サボって、モーニングめぐりしてました。コーヒー・トースト・ゆで玉子に加え、茶碗蒸しやうどんなんかも出てくるんです。恐ろしくコストパフォーマンスが高いのが、この地域のモーニングの特徴です。
20091025d.jpg
 午後3時。モーニング博覧会出店店舗の頂点を決める「モー1グランプリ」の結果発表。しかし、何とマスコミの多いこと。NHKを含め、名古屋の全放送局が集結。新聞も集結していました。
20091025e.jpg
 いよいよ、結果発表です。14軒のマスターが集結。
20091025f.jpg
 事前にネットで募集した投票に加え、実際に食べた人が投票したスプーンの重さで決まる、いわゆる爆笑オンエアバトル(@NHK)方式。
20091025g.jpg
 投票結果はこんな感じ。
20091025h.jpg
 優勝したのは、木曽川町のお店。家族(?)が飛び出してきて泣く一幕も。

 単に競争するだけでなく、同一エリア内の店舗で同業者が集い共に共存共栄を図る意味でも、こういうイベントの存在は価値があると思う。また、観客もこのイベントから新たな発見が始まるし、地域再発見のきっかけになるだろう。この類のイベントは各地でもっと勃興してほしい。
 喫茶文化は東海地方の誇り。費用対効果で厳しいモーニングは、お店にとっても大変でしょうが、喫茶文化を維持するため、そして街の癒しの場として、今後も各店舗が切磋琢磨して頑張ってほしいと思います。

テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報

CSの戦犯は監督とコーチ
 完全に見くびられている。昨日に続いて最低な試合だった。巨人とのクライマックスシリーズ第2ステージ第3戦のことだ。
 8回裏、井端のエラーは許す。あんなスピンしたボールは名手でも容易に捕球できない。バテバテだった浅尾についても、本来ならボコボコに批判したいところだが、ここまでの経緯を踏まえてあえて許す。

 今回、最大の敗因は、落合監督・森コーチのツートップによる継投ミスである。形式的な試合展開に持ち込む、いつもの悪い病気が、ドラゴンズの勝ち試合をぶち壊しにした。短期決戦の意味を理解できていない。

 どうして、8回に浅尾だったのか。ここ数試合、バテバテでダメダメだったのに、目の前で見ていてわからなかったのだろうか。あそこで河原や小林じゃ、何がまずいのだろうか。別に高橋続投でよかったのだし、浅尾がラミレスを抑えた(あれも荒木のスーパーファインプレーあってこそなのだが)段階で小林又は岩瀬にスイッチが正解だったかと思う。落合・森は、浅尾を潰す気か?

 「巨人を追いかけるのはうちだけ」とコメントしていた落合監督。クライマックスシリーズで追いかけられたからと、もう自己満足に浸っているのだろうか。今日の負けは絶望的な敗北だ。逆王手をかけられ、どんな最後を見せるつもりなのか。

 クライマックス・セの第2ステージ第3戦が23日、東京ドームで行われ、リーグ優勝の巨人(1勝アドバンテージ)がレギュラーシーズン2位の中日を5-4で下し、対戦成績3勝1敗で日本シリーズ進出へ王手をかけた。
 一回、中日・森野の3戦連続の先制打となる2ランで始まったこの試合は中盤から終盤にかけて大熱戦となった。巨人は2点ビハインドの八回、坂本の四球と松本の右前打で好機を作った。2者凡退後、亀井の当たりを中日の名手井端がまさかのお手玉。タイムリーエラーとなり1点を返すと、代打脇谷が原監督の起用に応える2点二塁打を放ち、逆転に成功した。
 5回2失点だった先発の高橋尚から早目の継投、最後はクルーンが締めて逃げ切った。
 中日は同点の七回に巨人3番手の越智を攻めて2点を勝ち越したが、3番手の浅尾が誤算だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091023-00000535-sanspo-base

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

毎日が総力戦
 とりあえず、勝ちました。ドラゴンズがこんな総力戦で挑む試合は珍しい、ヤクルトとのクライマックスシリーズでした。戦力的にギリギリの状態なのは変わらないようです。打撃陣は和田・藤井以外の調子がイマイチだし、投手陣は浅尾・岩瀬がバテバテなので先発が崩れたら終わりという貧弱ぶり。立浪や井上に頼らないといけないようでは情けないです。
 同時にインフルエンザで主力がいないヤクルトナインの自己管理能力の無さ、プロ選手としての意識も情けないです。何か、おこぼれをもらったみたいで勝利を純粋に祝えませんでした。

 さあ、巨人戦です。久保と加治前が新型インフルエンザだそうですが、巨人の戦力には影響がありません。巨人が絶対的優位ですから、毎日が最終試合のつもりで、総力戦で挑みましょう。

 巨人は20日、久保裕也投手(29)と加治前竜一外野手(24)が新型インフルエンザに感染したと発表した。球団によると、2人とも19日に発熱、20日に病院でインフルエンザと診断された。久保は自宅、教育リーグに出場していた加治前は宮崎市内の宿舎で静養しているという。球団は引き続き、選手らに手洗いとうがいの励行を求め、東京ドームのロッカールームなどに加湿器を設置する。

 クライマックスシリーズでの登板が見込まれていた久保の離脱について、原監督は「残念だが仕方ない」と話した。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091020-00000091-mai-base

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

航空自衛隊岐阜基地一般公開
10月12日、岐阜県各務原市の航空自衛隊岐阜基地一般公開の模様をお届けする。
20091012a.jpg
 今回の注目は航空自衛隊の花形

フルーインパルスである。
 ブルーインパルス目当てに集まっている人の多いこと。3日間の自衛隊イベントの中でも断トツの来場者数だった。もちろん私の目的もコレ。
20091012b.jpg
午後1時、展示飛行開始。逆光がモロなんだけど、選抜部隊によるブルーインパルスの飛行に場内の視線が集中する。
20091012c.jpg
20091012d.jpg
20091012e.jpg
 一眼レフがこの日ほど欲しいと思ったことは無い。
20091012f.jpg
 5台の編成が散り散りになって描くのは・・・。
20091012g.jpg
20091012h.jpg
20091012i.jpg
 ただのパフォーマンスのように見えるが、パイロットに6Gもの重圧が襲い掛かりながらの連係プレーなのだ。少しのミスが取り返しのつかない大事故につながる。こんなことができるのも、日々激しい訓練を続けた成果なのだ。
20091012j.jpg
 30分ほどの展示飛行を終了して無事に戻って来たブルーインパルス。
20091012k.jpg
 その雄姿に大きな拍手と歓声が会場を包みました。手を振る観客の多さが、その感動の大きさを表しています。
20091012l.jpg
 自衛隊のゆるキャラ発見。子どもとの撮影に気軽に応じていました。また、今回の自衛隊イベントでは露天商がすごく親切で、終了時刻になると投げ売りを行い、たこ焼きとお好み焼き(各300円)をいずれも100円でゲットできるなど、サービスも満点で満足度の高いイベントでした。
20091012m.jpg
 一般公開終了直後の大行列。名鉄三柿野駅まで人・人・人…。各務原市内の国道21号線も大渋滞でした。
 今回、小牧・守山・各務原の自衛隊3会場をハシゴしてみて、これ結構ハマるかもという感触を得ました。新しい趣味の扉を開いたかも。自衛隊員のカッコ良さに男ながら惚れ惚れする場面があるのです。そして、意外なのは女性の多いこと。女性ファンが多いのです。そして、女性隊員の多さにも驚きました。違憲・合憲とか、細かいことは置いといて、一度自衛隊イベントは行ってみる価値があると思います。

テーマ:岐阜県 - ジャンル:地域情報

陸上自衛隊守山駐屯地一般公開3
 10月11日に守山区の陸上自衛隊第10師団守山駐屯地で行われた一般公開の続々編である。
今回は施設内の模様を画像満載でお届けする。
200910113a.jpg
 実演演習終了後、食堂にて昼食。2階に数軒の食堂が入っており、そのうちの1軒に入る。
200910113b.jpg
 これだけの量で380円。十分すぎるほどの内容に満足。
200910113c.jpg
 しかし、施設内を歩くと幹部と職員で入る食堂が異なるのだという。内容も異なるのだろうか。さすが規律の縦社会。自衛隊に「同じ釜の飯を食う」という考えは無いようだ。
200910113d.jpg
 ちなみに、浴室も幹部と隊員で異なる。
200910113e.jpg
 幹部浴室の扉が開いていたので中を撮影。普通の銭湯とさほど変わらない。
200910113f.jpg
 午後からは自衛隊車両の展示が行われた。一番人気はやはり戦車だ。
200910113g.jpg
 こちらは、災害の時に活躍するお風呂部隊。最近よく活躍する部隊です。足湯体験ができました。
そして、自衛隊車両への体験乗車もありました。(もうちょっと続けます。)
[READ MORE...]

テーマ:名古屋だがね - ジャンル:地域情報



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。