名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津波警報による近鉄とJRの対応格差
 遥か遠いチリの地震に端を発する津波の影響が東海地方にも直撃しました。愛知県や三重県でも津波警報が発令され、津波の到達時刻に合わせてJRや近鉄が運転を見合わせているということで、名古屋駅へ行ってみました。
SSCN4310.jpg
 JR名古屋駅の関西線ホームにある電光表示には「調整中」の文字。伊勢湾に近い永和~富田間が運転見合わせ区間ということで、名古屋~永和間と富田~亀山間で折り返し運転にしていたそうです。
SSCN4311.jpg
 だから、この列車の方向幕は「桑名」行きと書かれていますが、実際は永和駅までしか行かないのです。駅では繰り返しアナウンスを行っていましたが、どう考えてもこの案内は利用者に誤解を与えかねない不親切な案内です。桑名行きと表示しながら永和駅までしか行かないようでは看板に偽りありであり、事情を知らずに電車に飛び乗った利用者がこの事情を知った場合にJRはどう対処するのでしょう。「永和」行きの方向幕が無いのなら、空欄にした方がまだ親切です。そこまでして「ワンマン」列車であることを示す方が重要なのでしょうか?
 今回、JR東海は運行を確保している近鉄への振り替え輸送を行いませんでした。これはどうしてなのか?不思議でした。為す術の無いJRの駅員は運転見合わせである旨を知らすと乗客との応対をしていましたが、傍で聴いていると、
「再開の目処は立っていない」
「弥富へ行きたければ永和駅からタクシーに乗れば良い」
「近鉄の事情は近鉄の駅で確認してほしい」

など、とても合格ラインに程遠い不合格返答を繰り返すと、応対のトラブルを恐れたのか?ホームから退散していました。
SSCN4306.jpg
 何とも情けないJR東海の対応を見た後で、近鉄名古屋駅へ乗り込みました。
SSCN4307.jpg
 近鉄は五十鈴川駅から先(鳥羽・賢島方面)のみ運転見合わせということで、鳥羽方面へ行く直通列車を五十鈴川駅止まりにした以外は平常運行でした。名古屋~桑名間ではJRより海沿いを走っている区間もあるというのに、近鉄は勇敢に利用者の安全輸送に挑んでいました。
 案内表示には「急行」の表記だけ。五十鈴川行急行も存在するのでパタパタにも入っているのですが、なぜか表示されていませんでした。
SSCN4308.jpg
 昼間には珍しい五十鈴川行急行。
SSCN4309.jpg
今回、トラブルでも「打たれ強い近鉄、ヘタレなJR東海」という両極端な対応が見られました。競合関係にある両社ですが、運賃で不利になっている近鉄が三重県民に根強い信頼を勝ち取っている理由も何となくわかる気がしました。

 テレビのニュース速報によれば、午後9時過ぎにJRが運行を再開し、午後10時過ぎには近鉄も全線で運転を再開したようです。太平洋に面する沿岸地域では避難勧告・避難指示も出た地域がありましたが、東海地方では大きな被害が無かったようで、まずは一安心ですね。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

澤田酒造酒蔵開き2
 愛知県常滑市にある澤田酒造さんの蔵開きの模様の続きである。
これまでのあらすじはこちら↓
http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-673.html
 感動的な展示を見た後で、蔵の奥へ進む。
DSCN4185_convert_20100517235231.jpg
 整然としたタンク群。
DSCN4187_convert_20100518000243.jpg
 そのうちの1つが中を覗けるようになっており、
DSCN4186_convert_20100518000128.jpg
 お米のつぶやきが「プツプツ」と聞こえてきました。
 澤田酒造さんは日本酒製造石数700石、兵庫県の山田錦、広島県の八反錦と千本錦、富山県と福井県の五百万石、そして自社所有の田んぼで育てた常滑産の若水、愛知日本晴等、合わせて十種類の酒米を使用し醸造している。特に若水は、知多の農家とも契約して特別栽培米(減農薬)として育成、純米酒に使用しているとのこと。
DSCN4188_convert_20100518010558.jpg
 隣の蔵に入ると、ようやく試飲です。「たれくち」をいただきます。美味しい。調子乗って3杯飲んでしまいました。蔵を出て中庭に入ると…
DSCN4189_convert_20100518003330.jpg
 そこでは宴が催されていました。さぁ、これからが本番です。奥に行くと試飲と即売会場があります。
DSCN4190_convert_20100518003457.jpg
 試飲会場のこの熱狂ぶり。それもそのはず、10数種類のお酒が楽しめるのです。大吟醸から純米酒、そして地元の定番・上撰や金印、甘酒までズラリと並んでいるのです。

さぁ、飲むぞ飲むぞ飲むぞ!!

 6杯目までは記憶があるのですが、それ以降の記憶がありません。ここの来場者がすごいのはおつまみ持参組の多いこと。お客さんは常連ばかりなのです。それだけ愛され、毎回蔵開きを楽しみにしているのです。不覚にも持ってこなかった私。脇で常滑市大野町の煎餅屋さんが来ていたので、美味しいえびせんべいを早速購入。酒のつまみにしました。
DSCN4195_convert_20100518003806.jpg
 時折、水を飲んで酔いを覚まします。酒造りに用いる水は、蔵の東方2kmの高台から木管を通して伏流水を引いているらしい。海の近くなのに、くせのない、まろやかな軟水で美味しい。だから、試飲が更に進む進む。
DSCN4197_convert_20100518010100.jpg
 ここの梅酒は美味しかった。「白老梅」という純米吟醸古酒を使用した高品位の梅酒だそうです。私からもおススメします。ほろ酔いで気分が良くなったところで、常滑駅行きのバス最終便の時間が近づいたので、蔵元を後にしました。
DSCN5535_convert_20100518012122.jpg
 出口でお土産の配布がありました。開けてみるとぐい飲みが。常滑の陶芸家による手作りだそうです。だから、500円なんだ。有料の理由がわかりました。他にない、世界で1つだけの器。素敵です。これだけ楽しいイベントなら、500円で充分元が取れました。この器が楽しみで毎年やってくる常連さんもいるそうです。とにかく、ファンが多く愛されている澤田酒造さんでした。

澤田酒造株式会社http://www.hakurou.com/index.html

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

澤田酒造蔵元開き1
 2月27日、愛知県常滑市にある「白老」のブランドで知られる澤田酒造さんの酒蔵開きに行ってきました。
DSCN4162_convert_20100513141046.jpg
 名古屋から名鉄電車で知多半島を南下、名鉄常滑駅で蔵元が準備した無料シャトルバスに乗り換えます。バス停には行列ができていました。蔵の注目度が高いことを窺わせます。待つこと約10分、バスがやってきました。
DSCN4164_convert_20100513141312.jpg
 白老酒造「解放」? お祭りですから、バス会社も開放的になっています。
DSCN4165_convert_20100514014945.jpg
 バスに揺られること10分ほど。常滑の街を抜けて海岸線に近い集落に澤田酒造さんはありました。
DSCN4167_convert_20100513141627.jpg
 今回の蔵元開放、他の蔵と少し異なる点があります。有料なんです。500円払って、蔵に突入です。
DSCN4170_convert_20100513141738.jpg
 500円払って貰ったチケット。「たれくち試飲券」と「おみやげ引換券」。気になるのは後者です。どんなお土産が貰えるのか楽しみです。
DSCN4174_convert_20100513142112.jpg
 蔵に入って、まず出迎えてくれたのが巨大な釜場。ここでお米を蒸し上げるのです。
DSCN4176_convert_20100513142221.jpg
 2階に上がる階段から撮影。釜場の大きさが良く分かるかと思います。蒸しあがったお米を運び出す作業では、熱気でさぞ大変なことでしょう。
DSCN4182_convert_20100514015300.jpg
 2階に上がると、酒造りに関する資料展示が行われていました。
DSCN4183_convert_20100514015747.jpg
 特に印象的だった展示は、こちらの樽職人のおじさん・石川さんの話。16歳で樽職人だった父に師事し樽職人の道を突き進み、数年前に100歳で亡くなるまで親子2代で白老の酒造りを支えた、文字通り「縁の下の力持ち」だったのです。
 素材だけでは美味しい酒はできません。その酒を造り、守る役割を果たす道具が必要なのです。設備が壊れていては美味しいお酒ができなくなります。美味しい酒を造るには杜氏さんだけでなく、道具を造り・補修できる職人さんの力も必要なのです。ここでは、縁の下の力持ちにスポットライトを当てた展示が印象に残りました。

 長くなりそうなので、一旦ここで切ります(続く)。

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

ドラゴンズ選手・実弾所持で逮捕
 詰めが甘い。これに尽きる。仕事用とプライベート用でバックを分けていないあたりでプロとしての意識が問われる。期待していたというのに…。こんなことでしか、話題にならないチームって…。開幕前から持ち駒の計算ができないなんて情けない。これでは先が思いやられる。
 ところで、なぜネルソンは入国時に逮捕されなかったのだろう。成田・セントレア・那覇の各空港の手荷物検査は何をしていたのか。空港の荷物検査がザルであることを証明してしまった事件である。

 那覇空港で実弾1発を所持していたとして、沖縄県警豊見城署は26日、プロ野球中日ドラゴンズ投手、マキシモ・ネルソン容疑者(27)=ドミニカ共和国=を銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は26日午前10時40分ごろ、那覇空港国内線ターミナルで、バッグの中に実弾1発(口径9ミリ、全長3センチ)を所持したとしている。ネルソン投手は名古屋行き航空機に乗るため搭乗カウンターでバッグを預け、機内に運び込む前のエックス線検査で職員が見つけた。ネルソン投手は「帰国した時、護身用に拳銃と弾を持ち歩いていた。日本に戻る前に取り出したはずが1発残ったのではないか」と話しているという。
 ネルソン容疑者の逮捕を受け、中日の西脇紀人球団代表は「責任の重さを痛感しています」とコメント。解雇も含めた重い処分を検討する考えを示した。
 ネルソン容疑者は08年に中日に入団。2シーズンで通算1勝3敗1セーブ。


引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100226-00000121-mai-soci

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

感動の五輪・女子フィギュア
 オリンピックの最注目競技だった女子フィギュアが終わった。久しぶりにLIVEでテレビ観戦しました。

 浅田真央の銀メダルが濃厚になった瞬間、注目は鈴木明子の8位入賞だけになっていました。まずは無事に日本代表3名が入賞できた、これに感動しています。本当によく頑張った。
 浅田真央がどうこう言うより、キム・ヨナがあまりにも完璧だったということ。今回は恐ろしくハイレベルだったのだ。いくら天才肌とはいえ、そう簡単に金メダルは取れないということ。また、4年後にリベンジすればよい。本当の勝負はそこではなかろうか。
 個人的に嬉しいのは鈴木明子の8位入賞。彼女のような苦労人がちゃんと結果を残すことができたというのが嬉しい。近年、天才肌の人が結果を残すケースが目立つが、苦労した人間もちゃんと結果を残すことができるという事実を身を持って伝えた感動は大きかった。

テーマ:オリンピック総合 - ジャンル:ニュース

看護師国家試験
 2月21日、日進市の愛知学院大学へ看護師国家試験に行ってきました。今回も受験ではなく、副業の試験監督です。
20100223121835

 会場の愛知学院大学まであと2㎞ほどのところから大渋滞。観光バスが異常に多いのが特徴です。受験者の多くは学校単位で観光バスに乗って乗り込むのです。私は地下鉄藤が丘駅からバスで乗り込む予定でしたが、愛車の原付に切り替えて大正解でした。路線バスは20~30分遅れで運行されており、バスに乗ったら集合時間に間に合わず赤っ恥をかくところでした。
20100223121830
20100223121825

 ズラリと並んだ観光バス。観光地じゃないんだから。

 私が担当したのは200人の大教室。7割は静岡県の某大学看護学科の学生。残りの3割は岐阜県の某専門学校の学生。前者は全員20歳台で95%女性、そして全員3月に卒業見込み。一方、後者は40歳代以上の方ばかりで2割ほど男性がいる。半数は既卒者で残りは3月卒業見込みという構成。フェロモンと加齢臭が交錯した教室でした。ちなみに後者は通信制の学校。通信教育でも看護師の受験資格が取れるとは知りませんでした。また、髪の毛をピンクに染めた腐女子のような受験者も。合格したら黒髪に戻すんだよね? 前者の学生は、これに合格しないと就職内定取り消しになる危険性もあるはずで真剣に取り組む姿が見られ、後者は老眼鏡をかけて挑む姿が目立ちました。必死さ加減が伝わる試験でした。

 午前と午後の2つの試験を受けます。各120問、2時間半をかけて解いていきます。大半の受験者が時間内に回答を終えるのですが、途中退出すると問題が持ち帰れないことから、誰も席を立つことも無く試験時間終了まで緊張感のある試験が続きました。
 一方の試験官は受験者200名に対して主任監督1人。監督補助7人という、どう見ても余剰感のある構成で、安易にグルグル教室を歩き回ることもできず(苦情の原因になりますので)、長時間立っているのが苦痛になるぐらいの試験でした。
20100223121814

 試験が終わると一斉に帰路につきました。周辺は大渋滞。出るわ出るわバスの山。行楽からの帰宅客・買い物客も合わさって、周辺道路は大渋滞。東名・名古屋インターから大学まで延々4km近い大渋滞でした。
SSCN4312.jpg
 どこまで行っても観光バス。観光バスマニアにはたまらない光景でした。
SSCN4313.jpg
 路線バスに乗る人の行列も100m以上並びましたが、こちらは名鉄バスが手際良く臨時バスを出しまくったので、あっという間に行列は縮小し解消へ向かっていました。

 受験者の皆さん、お疲れ様でした。

テーマ:資格試験 - ジャンル:就職・お仕事

若葉酒蔵開き
SSCN4252.jpg
 2月20日、「若葉」ブランドで知られる岐阜県瑞浪市の若葉株式会社さんの酒蔵開きに行ってきました。瑞浪というと、「小左衛門」の中島醸造さんが知られますが、この「若葉」さんも名古屋の松坂屋で試飲会を開くなど、積極的な蔵です。地元で親しまれているようで、地元の人で賑わっていました(東濃弁がそれを教えてくれました)。
SSCN4253.jpg
 蔵の中へ入ると行列が。何の行列かと思いきや、
SSCN4254.jpg
 蔵で作ったできたてのお餅の振る舞いでした。美味しかったです。
SSCN4255.jpg
 左手に即売会、右手には試飲会がありますが、誘惑を抜けて蔵内部へ潜入です。
SSCN4256.jpg
 蔵の前、エライ荘厳な雰囲気です。気になったのは「酔いどれコンサート」の字。この蔵で行われる名物企画で、毎年小室等さんがこの蔵へやってきてコンサートを開くのだそうです。
SSCN4259.jpg
 中の様子。この蔵は水源は地下水を使っています。きっと、近隣の山や土岐川の伏流水でしょう。下流になると庄内川と名前を変えるこの川ですから、名古屋の人なら驚くでしょう。以前、名古屋の某酒蔵が名古屋の某Tデパートで、「うちは木曽川の伏流水です。決して庄内川ではありません。」と試飲会の席で述べており、その上流部に実家がある者として極めて不愉快な思いをしたことがあります。土岐川も瑞浪あたりになるとアユも生息するぐらい水質は良好で、酒造りに適応するほど地下水もきれいなのです。
SSCN4260.jpg
 若葉オールスターキャスト。いろんなお酒を試飲させていただきました。純米大吟醸が美味しいのは当然ですが、スタンダードの純米酒がおいしい。これって、結構ポイント高いと思うんですよね。純米酒でも手を抜かないというのは、良い蔵の証拠です。
DSCN4156_convert_20100510002322.jpg
 お土産に純米酒と甘酒を買って帰りました。ぐい飲みは来場記念に無料でいただきました。甘酒は賞味期限が製造日の3日後ということで急いで飲みましたが、お酒を飲まない知人から大好評でした。純米を選んだのは予算の関係もありますが、瑞浪のお米で造ったというのが決め手になりました。

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

甘強酒造酒蔵開き
 2月14日、いつもの近鉄「酒蔵見てある記」・愛知県蟹江町の甘強酒造さんの蔵開きの模様をお届けします。特に東海ラジオリスナーなら、お酒より「甘強みりん」の方が有名かもしれません。私もみりんの会社だと思っていましたから。
20100214091041

 近鉄蟹江駅から徒歩10分ほどのところにあります。一部蔵みたいな外観になっていますが、近代的な設備の整った蔵でした。
20100214091053

 いきなり試飲大会です。酒・梅酒・焼酎まで、幅広い品種の試飲が楽しめました。意外とおいしかったのは本醸造の「名古屋正宗」。本醸造への偏見を払拭できる味でした。
20100214091059

 奥の蔵では、しぼりたての原酒を試飲させていただきました。
20100214091105

 
20100214091116

 このイベントでは、地元出身の落語家さんの公演もありました。


 甘強酒造さんの建物が文化財に指定されているというので、少し歩いて蟹江川のほとりへやってきました。
20100214165307

 甘強酒造の旧蔵
20100214165256

 旧本社。なかなか渋い建物でした。

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。