FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

大糸線1
 JR大糸線日帰り強行軍レポート第3弾、遂に本編突入です。
 富山6:24発直江津行電車に乗って、7:44糸魚川に到着。引退間際のキハ52系列車と文化財級の価値のあるレンガの車庫を見ることができました。
DSCN4359_convert_20100530122525_20100601141040.jpg
 糸魚川駅には、まだ朝8時だというのにカメラを持った鉄道ファンが多数集まっていました。富山駅で撮影した急行「能登」の乗客がやけに少ないのが気になっていましたが、同業者の方に話を聞くと、関東方面からやってきたファンが糸魚川駅で大量に下車していたとのことでした。
  これから、大糸線のハイライト・根知駅での列車交換を見に行きます。なんせ、明るいうちに撮影するにはここを8:15発の南小谷行に乗らないといけないからです。17時台の列車でも列車交換があるのですが、3月の気候では日没後になってしまうので撮影できないのです。
DSCN4377_convert_20100531132155.jpg
 糸魚川駅改札口。糸魚川はヒスイの街として知られます。街歩きもしたいところですが、今は大糸線のキハ52列車に集中します。
DSCN4378_convert_20100531131921.jpg
 2番ホームが一部欠けた4番ホームから大糸線は出発します。
DSCN4368_convert_20100531132349.jpg
 ついに御対面、キハ52列車です。
DSCN4369_convert_20100531132540.jpg
 旧国鉄時代の塗装に戻したとはいえ、側面にはひび割れがハッキリ見えるなど老朽化が目立っていました。
DSCN4381_convert_20100531132722.jpg
 キハ52系の運転席。
 8:15、立ち客が出るほど盛況の南小谷行列車は出発。2分もしない間にのどかな風景が広がります。糸魚川の街は海岸沿いに細長く展開する街のようです。糸魚川では小雨だったのですが、それがみぞれになり、糸魚川から10㎞山へ入っただけで辺りは雪景色に様変わりしました。
DSCN4396_convert_20100531132909.jpg
 8:29、根知駅到着。ついにキハ52系列車同士の交換が見られます。既に数十人の鉄道ファンが撮影体制に入っています。真正面から2両撮影するのもいいのですが、やはり「お腹」の絵が欲しかったので少し離れたところから撮ってみました。
DSCN4383_convert_20100531133112.jpg
 8:30、先方からやってきたのは2両編成。3両しかないキハ52系列車がフル稼働していたのです。貴重な写真を撮ることができました。
DSCN4392_convert_20100531140555.jpg
 キハ52系でも一番好きな塗装がこの車両。
 8:32、先に糸魚川行きが発車。そして、ここまで乗ってきた南小谷行きが続いて出発してきました。列車が去ると再び静寂な駅に戻ります。次の糸魚川行きは1時間半後、待たせておいたタクシーに乗り込む人、駅で時間をやり過ごす人…。私は無謀にも雪の中、街を歩きました。私が根知へやって来たのは、もう一つ理由がありまして…(続く)。

【補足】
3月7日公開の「糸魚川なう!」「大糸線なう!」を改題の上、再編集しております。
スポンサーサイト



テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

小谷村なう!
 大糸線で長野県へ突入しました。フォッサマグナの真上ということもあり、信越国境は非常に険しい地形でした。南小谷駅でキハ52系列車とお別れ。楽しい時間をありがとう。
 向かいのホームでは新宿行特急「スーパーあずさ」が待っていましたが、青春18きっぷでは乗車できないので回避。
20100307171542

 この小駅で時間の列車待ちを行いました。
20100307171535

 さすが、寒冷地。待合室にこたつがありました。ただ、ストーブがあっても、ちっとも温かくないのです。
20100307171527

 それもそのはず。午後2時過ぎだというのに天気は雪、気温1度という厳しい気象条件だったからです。あまりに退屈すぎるので、乗り換えの合間に酷寒の街歩きをしてきました。
 オフシーズンなので駅前の土産屋1件を除き、売店・食堂はシャッターが下りています。メインストリートである国道148号線を歩くこと約10分、小谷村の郷土資料館脇にある直売所が開いていたので突撃。しかし、真冬なので野菜は無く、棚はスカスカ。直売所と併設した食堂でかけそばをいただき、冷え切った体を温めました。よく考えたら、朝7時に富山駅で買った鱒ずしを電車の中で食べて以来だったので、本当においしかったです。
20100307171548

 1時間後にやってきた信濃大町行き電車に乗り込み、松本へ向かいます。ここからJR西日本エリアからJR東日本エリアに変わります。驚いたのは電車の新しさ。JR西日本の北陸線沿線は特急以外はロートル車両ばかりでしたので新鮮に感じました。そして、発車メロディがあったこと。長野県の北の外れでも東京の山手線のようにけたたましい発車メロディが鳴るのは驚きでした。やはり、東京の影響が強いのだと感じました。(続く)

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

大糸線なう!
 ついに大糸線に突撃です。糸魚川8:15発の南小谷行に乗り込みます。単行(1両)のため通勤ラッシュ並みの混雑です。老体のキハ52列車も久しぶりのお客来週にさぞ大変なことでしょう。
 8:29、3つ目の根知駅で下車。反対からやって来る糸魚川行き列車とのすれ違いを待ちます。8:31、遂にその瞬間はやってきました。
20100307131844

 キハ52系列車の行き違い、しかも対向列車は2両編成。つまりJR西日本糸魚川鉄道事業部所属のオールスターキャストが勢ぞろいなのです。しかし、その瞬間はわずか30秒ほど。8:32、糸魚川行列車が発車。1分遅れで南小谷行列車も発車し、あっという間のキハ52系列車のショーは終了しました。
 根知は名酒「根知男山」の蔵元・渡辺酒造店がある街。雪の降る中、駅から蔵元まで根知谷をしばし散歩。蔵が土日はお休みという情報はネットで知っていたので、蔵の斜め向かいにあるよろず屋さんで「根知男山」を購入。9:22発の糸魚川バスで糸魚川駅に戻り、ひと足早く戻った大糸線列車を再度撮影。
20100307131834

 列車を見送ると糸魚川市内を散策。この街、結構渋い街で町並みを眺めるだけでも面白い街でした。糸魚川の地酒を調達し、これから松本へ向かいます。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用