FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

私のしごと館2
3月28日に行きました「私のしごと館」特集第2弾。先回(http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-734.html)の続きです。

DSCN4808_convert_20100729132625.jpg
 では、私のしごと館に突撃です。
DSCN4811_convert_20100729133246.jpg
 まずは入場券を買います。入場料は700円。
DSCN4813_convert_20100729132745.jpg
 入場券はテレフォンカードサイズの磁気券です。入口は自動改札でもあるかと思いきや、係員に見せるだけで通過。どうして、こんなに高コスト?その理由は後に分かります。
DSCN4820_convert_20100729133546.jpg
 まず、仕事についての展示。製造業を例に「会社組織とは」「チームワークとは」など、各セクションごとの作業分担についての展示。はっきり言って、教科書通りの内容で面白くありません。
DSCN4826_convert_20100729134023.jpg
 やっぱり、一番人気は職場体験。これをメインに小中学生の社会見学を行うケースが多かったそうです。だから、一般市民には目線が向いておらず、その類の施設では極めて珍しい「日曜休館」を貫いていたのです。だから、一般市民からの目にとまりにくい存在だったのであり、「スーパーモーニング」暴かれるまでは国民の雇用保険料を平然とドブに捨てるような蛮行も明らかにならなかったのです。
 こちらは、美容師のブース。マネキンを置いて実際にカットしていました。
DSCN4836_convert_20100729134418.jpg
 こちらはテレビ局。今、人気のニュースキャスターって誰なんでしょう?私が子どもの頃は逸見政孝さんでしたけどね(歳がバレますね)。
DSCN4838_convert_20100729134557.jpg
 カメラマンやディレクターは私のしごと館スタッフが担当。はしゃぐ子供に反して、恐ろしく冷静だった私のしごと館スタッフが見事なコントラスト。
DSCN4839_convert_20100729134823.jpg
 そして、消防士の体験コーナー。テレビ朝日の「スーパーモーニング」で玉川徹氏が消防士の格好をして「何が面白いのか」と伝説のコメントをした場所でもあります。さっそく突入と思いきや、閉館1時間前でスタッフは撤収していました。確か、燃え盛る火事現場を写したスクリーン目がけて放水すると鎮火して行くという、リアリティの全くないアトラクションだったはずです。

 各ブースでは来場者数調査が行われているようで、「正」の字を書いてカウントしていました。来場者の少ないブースでは呼び込みまでしていましたが、子ども相手に呼び込みをせねばならないなんて、ノルマでもあったのでしょうか?ちなみに、私のしごと館では業務委託が行われており、施設内で来場者の案内などのスタッフは人材派遣などの人が中心だったそうです。つまり、私のしごと館閉館に伴い仕事を失う非正規雇用な人達が「仕事とは何か」を紹介する施設の最前線に立たされていたのです。すごく複雑なものを感じました。
 展示がやたら多いので、急いで次のブースへ向かいます。(続く)
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:旅行