名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

700万円全額自腹・運転士への道
 列車の運転士になるには、新卒で鉄道会社に入るしか道がなかったが、千葉県の鉄道会社が一般公募という道を切り開いた。
 ただ、ディーゼル列車の運転士になるには700万円もかかるとは驚き。でも、その700万を全額自腹でもなりたい熱心な人がいたとは。額が大きいからローンなんて組めないし、訓練期間中の生活費も確保せねばならない。相当な決意と貯えがなければ応募できなかったと思う。とにかく気合の入れ方が半端じゃないと思う。ぜひ、立派な運転士さんになってください。
 第3セクター鉄道を中心にディーゼル列車の運転士が不足しているとか。特に第3セクター鉄道は、今まで国鉄やJRのOB職員で凌いできたわけで、団塊世代の現役引退が本格化した昨今では人材確保に頭を抱えるのは当然の結果だと思う。特にローカル鉄道では人員育成する余裕すら無くなりつつある。
 でも、全額自腹だから免許を取得したら勤務条件や待遇の良い他社へ移籍なんてこともあるかもしれない。そうすると、今回採用を決めたいすみ鉄道の損失は大きいのだが、そこんトコはどうなっているのだろう。まぁ、1つぐらい公募で運転士の人材育成を行う鉄道会社があってもいいじゃないかと思う。

 第3セクター「いすみ鉄道」(本社・千葉県大多喜町)は28日、全国初の公募運転士4人の採用内定を発表した。
 同社が所有するディーゼル車運転の国家資格を取得するには、1年半から2年の訓練が必要だが、この間の費用700万円はすべて自己負担というのも異例。内定者は5月10日の正式採用後、同社の契約嘱託社員として訓練に入る。
 運転士を目指すのは、いずれも男性会社員で、千葉、東京、広島県の40歳代と埼玉県の50歳代。約1か月間の募集期間中、同社には全国各地から100件近い問い合わせがあったという。今月15日の期限までに6人が申し込み、18日の選考試験で、意欲や訓練が継続可能な経済状況にあるかなどを考慮し、4人が選ばれた。
 内定者からは「子供のころからあこがれていた運転士の座が目の前にある」「人生の後半を夢の実現に挑戦したい」「鉄道を通じて地域社会に貢献したい」など、従来は鉄道会社員しかなれない運転士への可能性が開けた喜びの声が上がったという。
 同社が運転士の自社養成に踏み切ったのは、所有する全6両がディーゼル車という事情がある。運転士11人のうち10人が40~60歳代で、いずれもJRのOBか派遣組。鉄道車両の大半が電車となった今、ディーゼル車運転の国家資格「動力車操縦資格(甲種内燃)」を持つ人は減り、外部からの補充は困難な状況という。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

ラジオ局破たんの時代
 かねてから経営不安が伝えられていた神戸のラジオ局Kiss-FM KOBEが民事再生法の手続きを行い、経営破たんしました。これは、KBS京都(当時の近畿放送)、エフエム九州に続く3局目の放送局経営破たんです。
 金融機関と同じ「護送船団方式」と言われる日本の放送局。しかし、実態は経営難に苦しむ放送局も少なくありません。特にテレビとの兼営ができないFM局を中心に、ラジオ単営の放送局は苦境に立たされているようです。
 Kissは、系列にとらわれない独立局として開局。10年ほど順調に成長したが阪神大震災及び関西経済の不振で経営が悪化、JFNに加入して経営の安定化路線に移ったのですが、ここで問題発生。隣接するFM大阪とエリアが重複するため、営業上不利な立場に。六甲山の北側・姫路方面・日本海側など、FM大阪が受信できない地域ではJFNの番組の恩恵を受けられるようになったわけですが、やはり、営業の主体は阪神地域及び大阪だったわけですね。リスナー及びスポンサー離れをもたらしてしまいます。
 独立局で開局したFM大分以来、2局目にとん挫したKissはJFN加盟によって、エリア内情報格差是正とかつての独立局路線の狭間で苦悩することになります。小刻みな大幅改編をするたびにリスナー・スポンサーが去っていく悪循環に陥ります。しかし、個人的にはKissのJFN加盟は支持します。なぜなら、民間企業ですからラジオに対する情熱や愛情だけで経営できないので、経営策の1つとして選択したのだと思います。お隣のFM大阪やFM三重の様にある程度の自主路線を維持すれば、縮小してもKissのDNAは維持できたはずで、ここまでのことにはならなかったかと思います。
 経営破たんの引き金になったのは、粉飾決算や社内のゴタゴタとJFN除名決定で番組配信停止に伴うものですが、何とかならんかったのでしょうかね。新経営陣に東京FMの人がいるそうで、沈静化したら再加盟の道も出てくるでしょう。問題は置き去りにされる兵庫県民です。5月末でJFNの番組が供給されなくなり、6月からは大半の番組が聴けなくなってしまいます。府県境が情報格差の境目であってはならない。「ラジコ」の登場で幾分カバーできるでしょうが、PCに対応できていないリスナーまで救済しないと真の救済とはいえません。

 これを踏まえて東海地方に視点を変えると、こちらではRadio-iと岐阜FMの経営状況が芳しくありません。今回のケースでは岐阜FMと事情が酷似しています。こちらも美濃地方の大部分でFM愛知やFM三重が受信可能です。一方、Kissが大阪府全域をカバーする半面、岐阜FMが名古屋までまともに電波が届かないという差はありますが。ただ、JFNの同一番組が愛知・三重・岐阜の3局で同時刻に放送するのは正直電波の無駄に思える部分もあります。しかし、郡上・飛騨・恵那・中津川など岐阜FMしか受信できない地域も実際に存在し、これらの地域では岐阜FMは「神」なのです。岐阜FMは創立当初、独立局を目指すなんて暴論をぶち上げましたが、おとなしくJFN加盟したのは正解だったわけです。しかし、営業上最も重要な岐阜市や大垣市方面でスポンサーが確保できないことや、名古屋まで電波が届かないのが致命的なのです。
 ちなみに、Radio-iは親会社である名古屋の某製薬会社が夏は「ウナ○ーワ」、冬は「バ○テリン」塗って損失を穴埋めしているそうです(ウソ)。

 また関西では、この春に大阪のFM COCOLOが大半の番組を打ち切りとし、同じ大阪のFM802の関連会社に番組制作を委託するという事態も発生しました。COCOLOのDNAを否定するような行為で、実質的に放送局身売り状態です。名古屋でもRadio-iがZIP-FMの第2チャンネルになりつつありますが。ラジオへの愛情が制作の現場から失われつつあります。
20100429023620.jpg
FM COCOLOのラジオ欄(左)3月28日京都新聞、(右)4月4日神戸新聞より。

 この春登場した「radiko(ラジコ)」の登場で、ラジオがお上公認の既得権益(県域エリア)で守られる時代が終わろうとしています。新時代に突入した矢先に起こったラジオ局の破たん。今後もラジオに激震が起きそうな気がします。

 粉飾決算疑惑などが浮上していた神戸市のFMラジオ局「Kiss-FM KOBE」(キッス社)は28日、神戸地裁に民事再生法の適用を申請、受理されたと発表した。
(中略)
 また全国のFM38局が加盟する「全国FM放送協議会」は同日、キッス社を30日付で除名処分にすると発表した。キッス社は全時間帯の6~8割を同協議会からの番組配信に依存している状態だが、同協議会は「経営環境を改善しない限り番組の配信を5月末で打ち切る」と表明。横山社長は、打ち切りの延長を申し入れるという。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100428-00000631-san-soci

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

飛騨地方へ行ってきました。
 久しぶりに飛騨高山に行ってきました。名古屋から列車を乗り継ぎ4時間。
SSCN5334.jpg
中橋にて。

今回の目的は飛騨地方の図書館見学と街歩き、酒・乗り物などいろいろ。
飛騨地方(特に高山市付近)では桜がこの時期に満開になります。
SSCN5335.jpg
飛騨で有名な桜の名所・臥龍桜
SSCN5336.jpg
夕方6時過ぎの上三之町。

また、小ネタを挟みつつ飛騨レポートを再編集のうえでお届けします。

テーマ:飛騨高山 - ジャンル:地域情報

岐阜市・連節バス導入へ
 少し前に岐阜市で連節バスを導入するという情報が新聞に掲載されました。
DSCN4206_convert_20100607133130.jpg
 2009年2月27日中日新聞朝刊より

 連節バスとは、手っ取り早く言えば2両編成のバス。千葉市の幕張や神奈川県厚木市で運行されており、私も数年前に幕張で乗車したことがあります。大量輸送ができるのがメリットですが、運賃収受に手間と時間がかかることや内輪差が大きいので相当な道幅の広い道路でないと走れないなどの欠点があります。
 今回、岐阜市ではJR岐阜駅前から岐阜大学病院までを結ぶ路線に連節バスを導入したい考えで、平成22年度予算にも2台を導入するために予算計上し、連接バスの導入が決定しました。
 岐阜駅から岐阜大学病院方面へバスに乗ると、かつて路面電車が走っていた忠節から先で道路拡張が行われています。実はこの事業は路面電車が存廃に揺れている頃から計画されていたものであり、当初は路面電車を岐阜大学まで延長させる布石かと密かに期待していたのですが、ご存じの通り岐阜市は路面電車を排除するという世界に恥たる蛮行を選択してしまったのです。
 ところが、路面電車が消えてからも計画は着々と進行し、路面電車全廃後に道路拡張事業は本格化しました。
SSCN4986.jpg
 岐阜市則武にて。セットバックは完了しており、完成すれば道路幅が倍増し道路渋滞の軽減が見込まれます。
SSCN4987.jpg
 すでに拡張後の新バス停が設置されていました。
SSCN4988.jpg
 新旧バス停。

 しかし、こんなことするなら、路面電車をなぜ残せなかったのか。改めて思うのです。岐阜の路面電車が廃れたのは、旧態依然な設備や道路交通での冷遇もありますが、高校・大学・病院といった公共交通のドル箱が無い上に、買い物・観光需要も無くなってしまったことに起因しています。ここなら岐阜市の大幹線路線であり、観光はありませんが、沿線に高校・大学と大学病院・大型SCがあるので輸送量も比較的良い水準をキープできたことでしょう。
 路面電車に始まり、産廃問題・市岐商問題など、岐阜市政はここ10年ほど混迷を極めており、ゴタゴタ続きの混乱ぶりには呆れるばかりです。これで岐阜市民の暴動が起きないのが不思議でなりません。不思議の街・岐阜市です。

 脇道に反れたので、話を戻します。ところで、岐阜市が同型車の新車を2両導入する件について、事前に道路管理者の県・警察との打ち合わせがなく、道路管理者の県の担当者が不快感を示すなどのトラブルも明らかになりました。いきなり予算化する岐阜市も突飛ではありますが、事前に関係部署に根回しをせねばならないというのは個人的にどうかと思います。その後、中部運輸局に申請書類を提出したという報道がありました。お役所も急な話に大変だったかと思いますが、意外と柔軟な対応をしたものだと私は思います。また、岐阜バスも運転士の人員不足を軽減できる策として、連接バスの導入に好意的なのだそうです。
 ただ、運行実験も行わずにぶっつけ本番で大丈夫なのでしょうか? 岐阜市街は幹線道路でも道幅が狭いので、幕張のようにスムーズな運行は難しいと思われます。路上駐車車両のためにバス停での客扱いで道路を塞いでしまう可能性も考えられます。そして、岐阜大学病院へ行く際は岐阜駅から長良橋通りや徹明町を避けて直接忠節橋通りを経由するなど、バス運行にも制約があるかと思われます。更にJR岐阜駅前バスターミナルへの進入も連接バスのために配慮が必要になるかもしれません。現行ルートでいうと、マーサ21あたりの道幅の狭さによるバス停車時の渋滞や、正木北バス停近くの正木北町南交差点での左折は少々難ありかと思われます。
SSCN5366.jpg
 JR岐阜駅前ターミナルへの進入。逆S字カーブをたどりますが、
SSCN5367.jpg
 こちらは何とか行けそうです。
SSCN5368.jpg
 岐阜大学病院行きバスが発着する3番乗り場。連節バスが停まるとなると、お隣の2番乗り場を侵食する可能性がありますが、幸運にも2番乗り場は降車専用。大幅な改造は必要なさそうです。
SSCN5369.jpg
 岐阜大学及び岐阜大学病院の構内にも連節バスは乗り入れることになります。岐阜大学の正面入口(岐阜駅前行き)の通過がやや狭いですが、構内道路なので何とでも改造できるかと思います。
 もし、走らせるなら現在も運行されている「快速バス」や「直行バス」専用として走らせるのが現実的かもしれません。

 名古屋市と異なり、岐阜市では連接バス運行に向けてのハードルは高いかと思います。岐阜市が名古屋市に先駆けて導入する背景には、沈滞感を打開したいという思いもあることでしょう。まずは、岐阜市の動向を見守りたいと思います。

【補足】2010.4.28及び2010.6.5 文章の一部を修正のうえ、画像を加え再編集しました。

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

末期的な消耗戦・牛丼業界
 もはや、消耗戦の様相を呈している牛丼業界。その弊害はどこかに流れ着くもの。店舗の裏側・アルバイトの現場は
悲惨な状態のようです。しかし、アルバイトがユニオンを結成し会社に要求を出すなんて時代も変わりましたね。

 私も若い頃、松屋でバイトをしたことがあります。松屋は吉野家・すき家と異なり、焼肉定食など鉄板での調理があるので、他チェーンに比べハードでした。「松屋で基本給が取れたら、吉野家では時給1200円獲れる」なんて先輩に聞かされたものです。当時の吉野家は牛丼と牛鮭定食しかなかったので、レジ扱いがあっても吉野家のバイトは松屋に比べたら数段楽だったのです。
 今も時々行きますが、松屋はオペーレーションの崩壊している店が多く、店員が下げ膳をして雑巾でテーブルを拭き、そのまま手を洗わずにコップ持ってオーダー聞きをしたり、椅子の下の清掃ができていないなどの不衛生ぶりが他チェーンに比べて目立ちます。これは、アルバイトの要領だけで解決できるレベルではなく、店のオペレーションが崩壊していることに起因するトラブルであって、これは十数年前とさほど変わっていません。
 唯一の楽しみである賄いも今は半額負担なんですね。私のいた頃は4時間以上働くと1食に限り無料でしたけどね。
アルバイトが集まらないのもよくわかる。だから、松屋の店員は外国人比率が高いのだ。あれだけキツいとよそへ逃げたくなるのがよくわかる。

 何かわかるんですよ。この業界ですき家が独走の様相を呈している背景が。吉野家が売上前年比20%減という絶望的な状態になっているのも。牛丼チェーンでバイトした経験がある人なら、わかると思いますよ。

 牛丼チェーンの「松屋フーズ」(本社・東京都武蔵野市)の埼玉県内の店舗で働くアルバイト従業員3人が19日、労働組合「全国一般埼京ユニオン松屋フーズ分会」の結成を同社に通告した。アルバイト時の食事「賄い代」の無料化などを求めている。同席した同ユニオンの嘉山将夫執行委員長は「安売り競争の激しい牛丼は低賃金に支えられており、改善を求めたい」と話した。

 松屋フーズ本社によると、勤務時の食事は商品の半額程度まで最大割り引く仕組みという。


引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100419-00000100-mai-soci

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

「小左衛門」中島醸造蔵元開き
DSCN5182_convert_20100918223727.jpg
 4月18日、「小左衛門」「始禄」のブランドで知られる岐阜県瑞浪市の中島醸造さんへ出かけました。今回はその模様をお届けします。「小左衛門」は既に地元に限らず、全国的にも知られるようになっていますので、楽しみにしていました。
DSCN5186_convert_20100918223855.jpg
 名古屋からJR中央線の電車に揺られて45分。瑞浪駅から徒歩10分ほどのところにあります。瑞浪駅を降り立った人が50名ぐらいの一個連隊として、中島醸造へ向かって行きました。受付もすごいことになっています。
DSCN5199_convert_20100918224057.jpg
 本当はこの先、製造の現場を見たかったのですが、今回のイベントでは非公開でした。
DSCN5188_convert_20100918224227.jpg
 受付を済ましコップを受け取って、蔵の建物へ邪魔します。すると…。
DSCN5187_convert_20100918224417.jpg
 中島酒造の大試飲大会が繰り広げられていました。ズラリと瓶が並び、お好きなようにと試飲はセルフサービスなんです。これには驚きでした。ここまで大盤振る舞いの蔵も珍しいです。
DSCN5197_convert_20100918224955.jpg
 「小左衛門」といえば、バリエーションの多さも魅力です。これだけじゃないですよ。
DSCN5198_convert_20100918225150.jpg
 まだまだあります。中島醸造オールスターズ。
 試飲できるお酒の種類も20種類以上。徹底的に呑み倒して、お酒の美味しさを舌に叩き込んでおきました。
DSCN5191_convert_20100918224652.jpg
 嬉しいのは熱燗でも試飲できたこと。燗にすることで味わいが広がるお酒もありますよね。
DSCN5192_convert_20100918224825.jpg
 昼間から日本酒を楽しむ、濃い日曜日でした。

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

名古屋の交通ICカード「manaca」に決定
 名古屋市交通局と名古屋鉄道などが参加するトランパス協議会で、今年度末に導入を予定しているICカード乗車券の名称を「manaca」とし、カード名称とカードデザインが発表されました。

【引用元】
名鉄
http://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2010/1200790_1138.html
名古屋市交通局
http://www.kotsu.city.nagoya.jp/info/2007/iccard.html 
 「まなか」と発音するらしい。ICカードのネーミングパターン(最後が「・・・ca」となる)を踏襲しています。

「日本の真ん中をつなぎ、くらしの真ん中をつなぐICカード」

という由来らしいです。「くらしの真ん中」というのは漠然としていますが、まぁ、いいでしょう。やっぱり、イメージキャラクターはマナカナですかね? ちょっとベタですし、佳奈さんにちょっと失礼かも。
 「manaca」を導入するのは、名古屋鉄道(名鉄)・名古屋市交通局(地下鉄・市バス)・名鉄バス・豊橋鉄道(路面電車・渥美線)、名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)、名古屋ガイドウェイバスの各社。名古屋ガイドウェイバスは磁気カードの「トランパス」では非加盟でしたが、今回ICカードには加盟するようです(ここはトランパスでのルールが複雑で不評でしたし)。
 一方、この地方ですでにICカード「ayuca(アユカ)」を導入している名鉄系の岐阜バスは加盟しない模様。ポイント還元で足並みが揃わなかったのでしょうか? また、名古屋近郊では愛知高速鉄道(リニモ)が非加盟。地下鉄東山線と「ニコイチ」なのに加盟を見送ったのは、導入費用が捻出できないのでしょうか? 「リニモカード」こそ、今すぐ廃止すべき。今回の件でさらなる孤立を生み出すかも。また、名鉄電車との連携が強い知多乗合や豊橋鉄道のバスも今回は非加盟のようです。知多乗合の消極性には首を傾げます。名鉄と一蓮托生じゃないんですか?

 manacaはマイレージ制度が最大のポイントになっています。そして、JR東海のTOICAなどのJR東日本のSuicaとの共通化も計画されているとか。スタートが楽しみになりました。

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

私のしごと館4
 更新遅れましてすみません!3月末に行きました私のしごと館レポート第4弾。今回で最終回です。前回(http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-757.html)の続きです。私のしごと館の究極エリアを歩きます。
 この先はずっと人形ばかりです。
DSCN4857_convert_20100825040118.jpg
 この人はどんな職業をモデルにした石膏人形なのでしょうか?
 正解は「営業職」です。
 「こいつら、市場価格なんてわからんだろうから、このぐらいボッタくっても打ち出の小づちの様な予算から出してくれるからいいお客さんや。」と食いものにしたかもしれません。
DSCN4861_convert_20100825040345.jpg
 「私のしごと館、もうとっくに手遅れだというのに…。」
 看護師さんも嘆いていたに違いありません。

 右奥にいた先生は、
「私のしごと館は年間億単位の赤字を垂れ流しながら、労働者の貴重な雇用保険を財源に充て、国民の血と汗と涙を無駄遣いしてきたのです」
 と講義されていました。 
(ここまでの「」内はフィクションです。)
DSCN4862_convert_20100825040520.jpg
さて、ここで問題です。
右側の人はどんな職業をモデルにした石膏人形なのでしょうか?
足元に説明プレートがありました。正解は・・・。
DSCN4867_convert_20100825051442.jpg

「畑作労働者」です。

ちょっと待て!!どんな農家や!汗かくことも知らない農家に農業ができるはず無いやろ!計算どおり農業ができれば農家が困るわけないやろ。農業舐めとんのか!農業バカにしすぎ。

DSCN4869_convert_20100825051559.jpg
 ひどい説明ばかりの人形達に思いっきり突っ込んで、次のフロアに行きますと、また人形です。
DSCN4874_convert_20100825051849.jpg
 この中で、自分のなりたい職業が見つかるのでしょうか。アホらしくて力も入りませんでした。
DSCN4877_convert_20100825052053.jpg
 館内で過ごしたのは1時間でしたが、濃いような、そして虚脱感を感じる展示でした。2度目の見学は無い展示です。正直、潰して正解です。
 この施設、余りにデカすぎるため、次のテナントが見つからないとか。なんせ、学術研究都市の用途指定のせいで、商業施設を誘致することができないようです。ホント、どこまでもマヌケな施設です。国立国会図書館関西館の第2書庫に向いているようにも思えますが、お上の建物ですから重厚軽薄で本の保管に向かないかもしれませんね。
DSCN4879_convert_20100825052238.jpg
 このバス停名も近々変わるかと思います。
DSCN4885_convert_20100825052338.jpg
 新祝園駅行きの奈良交通バスに乗り、最初で最後の私のしごと館に別れを告げました。
二度と造るんじゃねぇぞ!こんな無駄施設!(完)

テーマ:京都 - ジャンル:旅行