FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

2010年3月を送る
 いつもご覧いただきありがとうございます。

 3月は矢野きよ実さんのネタで弊ブログのアクセス数が急増しました。アクセス解析によると東海3県以外からのアクセスが多かったです。そりゃ、東海3県以外では矢野きよ実って誰よ?って思う人、多かったかと思います。ちなみに、矢野さんはメ~テレの「どですか!」を現在出演見合わせ(局が判断したらしい)、FM愛知の番組も一旦終了(4月に別番組として復活予定があるらしい)。内縁の夫がどうなるかによって、復帰の道が大きく左右されるようです。

 まだ試行錯誤状態ながら、twitter(ツイッター)の魅力にハマりつつあります。弊ブログにもtwitter(広隆堂twitter支店)を開設し、ブログの構成を一部変更しました。ブログの情報・記録の公開が大体1ヶ月遅れですが、twitterなら常に最新情報をお届けできるかと思います。twitterへのフォロー(@kouryudo)お待ちしています!!

 弊ブログ、今後の公開予定ですが、
・1月の北陸雪中行軍レポート
・2~3月の東海地方酒蔵レポート
・3月のJR大糸線・糸魚川レポート
・鉄道の今後、DMVと明知鉄道の特集
・私のしごと館特集

あたりを時事ネタなどを織り交ぜながら徐々に公開していきます。既に一部を速報で取り上げておりますが、弊ブログらしく長文びっしりに全面改定の上で差し替えますのでお楽しみに! 
 今後もどうぞ、御贔屓に。よろしくお願いします。
スポンサーサイト



テーマ:今日のブログ - ジャンル:ブログ

日本大正村
 明知鉄道レポート第6弾は明智町の日本大正村です。
 明智駅からまっすぐ歩いて10分ほど。大正村エリアに到着です。
DSCN4734_convert_20100620074246.jpg
 大正村役場。昭和32年までは明智町役場だったそうです。
 山を切り開いて作る「博物館明治村」や「日本昭和村」と性格を異にする、既存の街全体をテーマパークとする壮大な企画です。最近でこそ、昭和30年代の街並みをテーマにした大分県豊後高田市がブレイクしていますが、明智町はその四半世紀も前に街全体のテーマパーク化を実践していたのです。大正から昭和戦前にかけて養蚕で隆盛を迎えた明智は、その頃の古い街並みしかないありのままの姿を逆手に取った街おこしを「日本大正村」として実践しました。当時は大正末期に生まれた人が、定年を迎えて最も地域で発言権を持っていた時期でもあり、街全体でも勢いがあったのです。1983年 に沢田正春(文芸写真家)と観光協会により構想が盛り上がり、翌1984年に日本大正村は立村式を迎えました。
DSCN4735_convert_20100620074337.jpg
 大正ロマン館
 ちなみに、今年は大正99年です。来年あたり、明智では大々的なイベントを企画しているとか。
DSCN4733_convert_20100620074116.jpg
 大正路地。趣のある渋い景観です。
DSCN4737_convert_20100620074609.jpg
 うかれ横丁。大正村を代表する景観でもあります。
DSCN4736_convert_20100620074446.jpg
 商店街にも大正ではないものの、渋い建物が多くあります。
 明智の街は駅から15分ほどの範囲で渋い街並みが続きます。1時間ほどで町並みを舐めるように歩くことができますが、この街はぜひゆっくりと歩いてほしいものです。
 岩村のレポートでも書きましたが、日本大正村も駅から少し離れています。しかし、街歩きとはあちこち寄り道しながら1時間ほど歩くのは当然で、これは都会の商店街巡りでも同様なのです。これが苦痛などと言うようでは観光する資格はありません。家で引きこもって旅行番組でも見ていなさい。ドラえもんの「どこでもドア」でもあるまいに「ドアtoドア」なんて不可能なんです。それも嫌がってしまうようでは、もはや人間ではなく犬や猫にも劣るということなんです。
 ただ、お気づきでしょうか? 人がぜんぜんいないんです。祝日の午後3時半過ぎだというのに、どういうことなんでしょう。明智は観光地としての輝きを失っていました。やはり、あれから四半世紀。当時の住民も少しずつ鬼籍に入り、街の住民にも世代交代の波が押し寄せました。明知鉄道が観光振興を続ける一方で、こちらは開村当時の。「大正ロマンの観光立町」意識が希薄になっています。建物の老朽化及び耐震性の問題が急浮上し、建物の維持が困難になってきており、大正村とはいえ実際は昭和戦前の建物ですら貴重な存在になりつつあります。全部、大正「風」でいいから街並み条例でも制定して住宅を建て替えるする手もありますが、負担が大きすぎるので住民の承諾を得られる可能性は低いことでしょう。ピーク時には年間50万人訪れた街も、最近は年間20万人を切るようになっています。観光で生き残るには限界があることを明智の街は物語っています。

 そして、今回のDMV実験ではこの街を通過しただけで終わってしまいました。そもそも、日本大正村のコアエリアは道幅の狭い所にあって歩いて行くエリアです。つまり、DMVは大正村をかすっただけなのです。大正村は沿線の2大観光地です。これでは観光の「か」の字もありません。この軽視振りを明智町民はどう思ったのでしょうか。これを「レトロと最先端の融合」なんて誤魔化してはいけません。ただ通過するだけで1円も明智町にお金を落とさないなんて許していいのですか? 特にDMVを観光振興に奨めている人は、何を思って今回の明智町に対する冷遇ぶりを実施したのか。単に体験乗車の効率だけで動かしたのでしょうね。今回の体験乗車では大正村へは行ったうちに入りませんし、観光としても最悪の展開で、DMVによる観光振興がいかに難しいかを思い知らされました。
 さて、ここからは明知鉄道とDMVの今後を少し語ってみたいと思います(続く)。

【参考文献】『観光地の賞味期限』古池嘉和 春風社 2007年
名古屋学院大学の先生。東海地方を中心とした観光地の現状と課題について細かい考察があります。

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行