FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

私のしごと館4
 更新遅れましてすみません!3月末に行きました私のしごと館レポート第4弾。今回で最終回です。前回(http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-757.html)の続きです。私のしごと館の究極エリアを歩きます。
 この先はずっと人形ばかりです。
DSCN4857_convert_20100825040118.jpg
 この人はどんな職業をモデルにした石膏人形なのでしょうか?
 正解は「営業職」です。
 「こいつら、市場価格なんてわからんだろうから、このぐらいボッタくっても打ち出の小づちの様な予算から出してくれるからいいお客さんや。」と食いものにしたかもしれません。
DSCN4861_convert_20100825040345.jpg
 「私のしごと館、もうとっくに手遅れだというのに…。」
 看護師さんも嘆いていたに違いありません。

 右奥にいた先生は、
「私のしごと館は年間億単位の赤字を垂れ流しながら、労働者の貴重な雇用保険を財源に充て、国民の血と汗と涙を無駄遣いしてきたのです」
 と講義されていました。 
(ここまでの「」内はフィクションです。)
DSCN4862_convert_20100825040520.jpg
さて、ここで問題です。
右側の人はどんな職業をモデルにした石膏人形なのでしょうか?
足元に説明プレートがありました。正解は・・・。
DSCN4867_convert_20100825051442.jpg

「畑作労働者」です。

ちょっと待て!!どんな農家や!汗かくことも知らない農家に農業ができるはず無いやろ!計算どおり農業ができれば農家が困るわけないやろ。農業舐めとんのか!農業バカにしすぎ。

DSCN4869_convert_20100825051559.jpg
 ひどい説明ばかりの人形達に思いっきり突っ込んで、次のフロアに行きますと、また人形です。
DSCN4874_convert_20100825051849.jpg
 この中で、自分のなりたい職業が見つかるのでしょうか。アホらしくて力も入りませんでした。
DSCN4877_convert_20100825052053.jpg
 館内で過ごしたのは1時間でしたが、濃いような、そして虚脱感を感じる展示でした。2度目の見学は無い展示です。正直、潰して正解です。
 この施設、余りにデカすぎるため、次のテナントが見つからないとか。なんせ、学術研究都市の用途指定のせいで、商業施設を誘致することができないようです。ホント、どこまでもマヌケな施設です。国立国会図書館関西館の第2書庫に向いているようにも思えますが、お上の建物ですから重厚軽薄で本の保管に向かないかもしれませんね。
DSCN4879_convert_20100825052238.jpg
 このバス停名も近々変わるかと思います。
DSCN4885_convert_20100825052338.jpg
 新祝園駅行きの奈良交通バスに乗り、最初で最後の私のしごと館に別れを告げました。
二度と造るんじゃねぇぞ!こんな無駄施設!(完)
スポンサーサイト



テーマ:京都 - ジャンル:旅行