FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

ラジオ局破たんの時代
 かねてから経営不安が伝えられていた神戸のラジオ局Kiss-FM KOBEが民事再生法の手続きを行い、経営破たんしました。これは、KBS京都(当時の近畿放送)、エフエム九州に続く3局目の放送局経営破たんです。
 金融機関と同じ「護送船団方式」と言われる日本の放送局。しかし、実態は経営難に苦しむ放送局も少なくありません。特にテレビとの兼営ができないFM局を中心に、ラジオ単営の放送局は苦境に立たされているようです。
 Kissは、系列にとらわれない独立局として開局。10年ほど順調に成長したが阪神大震災及び関西経済の不振で経営が悪化、JFNに加入して経営の安定化路線に移ったのですが、ここで問題発生。隣接するFM大阪とエリアが重複するため、営業上不利な立場に。六甲山の北側・姫路方面・日本海側など、FM大阪が受信できない地域ではJFNの番組の恩恵を受けられるようになったわけですが、やはり、営業の主体は阪神地域及び大阪だったわけですね。リスナー及びスポンサー離れをもたらしてしまいます。
 独立局で開局したFM大分以来、2局目にとん挫したKissはJFN加盟によって、エリア内情報格差是正とかつての独立局路線の狭間で苦悩することになります。小刻みな大幅改編をするたびにリスナー・スポンサーが去っていく悪循環に陥ります。しかし、個人的にはKissのJFN加盟は支持します。なぜなら、民間企業ですからラジオに対する情熱や愛情だけで経営できないので、経営策の1つとして選択したのだと思います。お隣のFM大阪やFM三重の様にある程度の自主路線を維持すれば、縮小してもKissのDNAは維持できたはずで、ここまでのことにはならなかったかと思います。
 経営破たんの引き金になったのは、粉飾決算や社内のゴタゴタとJFN除名決定で番組配信停止に伴うものですが、何とかならんかったのでしょうかね。新経営陣に東京FMの人がいるそうで、沈静化したら再加盟の道も出てくるでしょう。問題は置き去りにされる兵庫県民です。5月末でJFNの番組が供給されなくなり、6月からは大半の番組が聴けなくなってしまいます。府県境が情報格差の境目であってはならない。「ラジコ」の登場で幾分カバーできるでしょうが、PCに対応できていないリスナーまで救済しないと真の救済とはいえません。

 これを踏まえて東海地方に視点を変えると、こちらではRadio-iと岐阜FMの経営状況が芳しくありません。今回のケースでは岐阜FMと事情が酷似しています。こちらも美濃地方の大部分でFM愛知やFM三重が受信可能です。一方、Kissが大阪府全域をカバーする半面、岐阜FMが名古屋までまともに電波が届かないという差はありますが。ただ、JFNの同一番組が愛知・三重・岐阜の3局で同時刻に放送するのは正直電波の無駄に思える部分もあります。しかし、郡上・飛騨・恵那・中津川など岐阜FMしか受信できない地域も実際に存在し、これらの地域では岐阜FMは「神」なのです。岐阜FMは創立当初、独立局を目指すなんて暴論をぶち上げましたが、おとなしくJFN加盟したのは正解だったわけです。しかし、営業上最も重要な岐阜市や大垣市方面でスポンサーが確保できないことや、名古屋まで電波が届かないのが致命的なのです。
 ちなみに、Radio-iは親会社である名古屋の某製薬会社が夏は「ウナ○ーワ」、冬は「バ○テリン」塗って損失を穴埋めしているそうです(ウソ)。

 また関西では、この春に大阪のFM COCOLOが大半の番組を打ち切りとし、同じ大阪のFM802の関連会社に番組制作を委託するという事態も発生しました。COCOLOのDNAを否定するような行為で、実質的に放送局身売り状態です。名古屋でもRadio-iがZIP-FMの第2チャンネルになりつつありますが。ラジオへの愛情が制作の現場から失われつつあります。
20100429023620.jpg
FM COCOLOのラジオ欄(左)3月28日京都新聞、(右)4月4日神戸新聞より。

 この春登場した「radiko(ラジコ)」の登場で、ラジオがお上公認の既得権益(県域エリア)で守られる時代が終わろうとしています。新時代に突入した矢先に起こったラジオ局の破たん。今後もラジオに激震が起きそうな気がします。

 粉飾決算疑惑などが浮上していた神戸市のFMラジオ局「Kiss-FM KOBE」(キッス社)は28日、神戸地裁に民事再生法の適用を申請、受理されたと発表した。
(中略)
 また全国のFM38局が加盟する「全国FM放送協議会」は同日、キッス社を30日付で除名処分にすると発表した。キッス社は全時間帯の6~8割を同協議会からの番組配信に依存している状態だが、同協議会は「経営環境を改善しない限り番組の配信を5月末で打ち切る」と表明。横山社長は、打ち切りの延長を申し入れるという。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100428-00000631-san-soci
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース