FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

地下鉄桜通線の延伸区間新駅名
 沿線住民から様々な要望が出ていたようですが、結局は原案通りになりました。臨時委員として緑区長と天白区長が参加したということですが、名古屋市の場合区長は任命制(行政のポストの1つでしかない)ですから行政に対してイエスマンなのであって、とても住民代表といえない遠い関係にあります。
 名古屋市営地下鉄では、名城線の駅名で「瑞穂運動場東」「総合リハビリセンター」の両駅名について、前者は「山下通」、後者は「清水ヶ岡」にしないのはなぜかと疑問の声が上がっていましたが、結局当初の原案で押し切られる形となっており、駅名決定について前例が踏襲されたかたちになりました。前回ほどの荒れようではないようですが。
 個人的には、なぜ鳴子「北」なのか疑問を感じます。既に鳴子駅や南鳴子駅とかあれば仕方ないですが、なぜ唯一の駅に敢えて「北」をつける必要があるのか不思議でなりません。名古屋市や愛知県に共通する独特な考え方なのですが、位置表示をする際になぜ東西南北をつけてまで位置を厳格化する傾向が非常に強くあります。交差点名では「○○小学校南西」なんて恐ろしく厳格な名称まであります。一般市民からのツッコミを余りに恐れているのか、命名に際して余りに過剰な思考が働いているような気がします。これって、利用者からすれば逆に不便なのですが、行政と市民との意識的な乖離の激しさをここでも感じます。

来年3月の開業に向けて建設が進む名古屋市営地下鉄桜通線の延伸区間にできる新4駅の名称が17日、鳴子北(天白区相川1)▽相生山(緑区相川3)▽神沢(同区神沢1)▽徳重(同区乗鞍2)--に決まった。
 沿線の緑区長と天白区長が臨時委員として参加して同日開催された駅名称等検討委員会で、地域を表す通称として広く親しまれていることなどを理由に選ばれた。
 「鳴子北」に対しては、天白区から桜の名所として有名な「相生山緑地」を推す声が上がり、「相生山」に対しては緑区から「戸笠公園」との要望もあった。だが、それぞれ駅利用者にとって案内効果が高いことなどを理由に選定された。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100518-00000018-mailo-l23
スポンサーサイト



テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

名古屋市徳重図書館
SSCN5529_20100517234735.jpg
 名古屋市23番目の図書館として5月に開館した、緑区の名古屋市徳重図書館に行ってきました。「ユメリア徳重」という図書館や区役所支所・保健所、そして商店や金融機関などが集まった複合施設の3階にあります。
SSCN5530.jpg
 図書館の入口。3階にあります。お隣が保健所。入口前はじゅうたん敷きになっていて、本来なら幼児の遊び場のはずですが、週末は自習したい中高生に占拠され賑やかになっていました。さっそく、中へ入ってみましょう。
SSCN5531.jpg
 中は典型的なワンフロア型図書館で手前が児童書フロア、奥が一般書フロアという構成です。蔵書はまだ少なく、書棚がスカスカです。支所管内の図書館としてオープンした志段味・山田の両図書館よりもオープン時の蔵書は少ないように思います。1万冊程度でしょうか。今後拡充していくことでしょう。
SSCN5532.jpg
 ここの名物は屋上庭園です。屋上庭園は西図書館にもありますが、ここは本格的です。本を読んだり、昼寝することも出来ます。図書館から直接行くことはできませんが、気持のよい時間を過ごすことができることでしょう。
 まだ、地下鉄の駅やバスターミナルの工事が続いていますが、地下鉄が開通すると駅にピアゴができるそうなので、1日滞在型図書館になります。キャパは小さな図書館ですが、新しい街とともに図書館が成長していくことを願います。

SSCN5533.jpg
 これまで、緑区には緑図書館1館しかなく、この図書館が場所が悪いことや蔵書が少ないこと、そして週末は大変混雑するなど区民のニーズを吸い上げているとは到底思えないものでした。ただでさえ図書館のサービスレベルが低い名古屋市、緑区は名東区と並んで事情の悪い地域で人口増加に図書館の整備が追いつかなかったため、名古屋市の図書館を諦め周辺自治体の図書館を利用する人もいるほどでした。
SSCN5534.jpg
 徳重図書館の開館で緑図書館は若干の混雑緩和が見込まれます。

徳重図書館・名古屋市図書館公式サイトhttp://www.library.city.nagoya.jp/guide/m_tokushige.html

テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報