FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

愛知国際放送(RADIO-i)放送終了へ2
 RADIO-i終了・廃局の知らせは、東海地方に衝撃と悲しみをもたらし、ラジオ界でも激震が走っているようです。

 弊ブログでも16日にこの話題をお届けしましたが、
http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-703.html
 翌日になって、ようやくYahoo!でもニュースが流れるようになりました。

 愛知国際放送(名古屋市東区東桜1)は6月15日、外国語FMラジオ放送「RADIO-i(レディオ・アイ)」の放送を今年9月30日で終了すると発表した。コミュニティーFM 以外でのラジオ局の閉局は全国で初めて。
(中略)開局当初から広告収入が振るわず、今年3月に開局10周年を迎えるにあたり、1月には番組内容を大幅に見直し大規模な番組改編を行ったが、2010年3月期には累積赤字が28億8,000万円に達するまでに。「経営好転につながる可能性は乏しい」と判断し、閉局を決断した。
 同社は医薬品製造などを手掛ける興和(中区)の100%子会社であるため、興和からの出向社員などで運営を行うなど、経費を削減し損失を抑えた運営も展開してきたが、続く営業赤字からの脱却には至らなかった。
 (中略)放送停止は30日24時を予定。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100616-00000047-minkei-l23

しかし、大手メディアが手を出さなかったのは、なぜだろう。親会社の株価対策?

 また、局側が「iJ」(≒DJ)に対して、今回の件について番組内では発言しないよう緘口令が敷かれたという情報も出ています。どういうことなんでしょう。突然、発表されたわけですよ。iJですら事情を把握できていない状況下で、なぜ発言に制限をかける必要があるのか。おかしな話ですよ。iJの皆さんがブログやTwitterでリスナーとコミュニケーションを図っているのが、せめてものの救いです。ここまで来て、局も変なことしちゃいけませんよ。
 今回の件で私が疑問視しているのは、2008年の子会社化の件。経営効率化というのは建前で、本当はその背景に何かがあったんじゃないか、それまでの出資者と筆頭株主の興和との間に何があったのかという点です。興和が暴走したのか、それとも出資者にさじを投げられたのか。中日新聞や中部電力・トヨタ自動車、愛知県・名古屋市といった、地元でおなじみの出資者が降りるというのは、あまりに異例な出来事です。そこが気になるんです。いずれ明らかになるでしょう。

 今回の件を機に「譲渡しないで停波しても良い」という雰囲気が経営の苦しい放送局に蔓延するのが最も心配です。
スポンサーサイト



テーマ:FMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ