FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

朝まで生テレビ「若者不幸論」
 久しぶりに「朝まで生テレビ」にハマった。なので、久々の視聴レポートです。

 「不幸な若者をどうすればよいのか」がテーマ。序盤は各論客がプレゼンを行う。今回の論客で興味を持ったパネラーは東浩紀。一部の筋では有名な人らしい。東は田原の隣で序盤は半ば呆れ顔で完全に傍観者状態。プレゼンや議論進行についてツッコミを入れる東。
 あまりに論客間で見解の乖離が激しいので、田原総一朗が若手論客陣の解説をしながら進行するという異例の展開。田原も「サンデープロジェクト」が終了してから急に丸くなった印象がある。

 そこにカチンときたのが堀紘一。3時半過ぎの東とのバトルが最高だった。再三煽りたてた挙句、堀に「帰れ!」って言われた東が半泣き状態でキレて退場。頭でっかちでワガママなんだよな。最近の若い論客連中は。しかし、5分ほどして突然の復帰w。すると、マシンガンの如く持論を展開し私を大いに唸らせてくれた。「そもそも、この議論が日本の閉塞感や不幸を生み出す象徴」とぶった斬りした上で、「諸外国は日本と比べたらGDPも低いし賃金も高くないけれども文化があるから幸せと思える脳がある。だから日本も文化を大切にすべき」と語る。確か、アジアの内陸国・ブータンだっけ「国民総生産 (Gross National Product, GNP) で示されるような、金銭的・物質的豊かさを目指すのではなく精神的な豊かさ。つまり国民総幸福量(Gross National Happiness, GNH)の増大による幸福を目指すべきだ」という考え方の王様がいるんだよね。東が言いたいのはこのようなことなのだと思う。「貧困でも幸せであるのが、文化なのだ」。
 東も堀も言いたいことは分かる。ただ、これは完全に世代間対決になっているので、意見の合致を見ることは無いないだろう。ただ、双方ともエリート。本当の底辺を理解できているかは大いに疑問だ。
 団塊以上の世代が良いトコ取りをして、若者が泥をかぶるのが最近の社会である。ホリエモンだって、村上ファンドだって、結局は爺どもに潰されたのだ(一部で犯罪行為があったのは事実だが)。これだけは間違いない。いかに団塊世代を追しのけるか、舞台から引きづり下すかが問われているのだ。

 トークもそうだが、私を釘付けにしたのは堀紘一。俺は成功者なんだと言わんばかりの態度。プライドが許せないのだろうが、その自信満ち溢れた表情の反面、薄っぺらい「帽子」がなんとも言えなかった。その程度の薄っぺらいプライドは脱げないのですか?
 残りのパネラーでは「嫌韓流」漫画家の山野車輪が結構頑張っていた。以前、「たかじんのそこまで言って委員会」では、ド素人状態でボロボロだったが、論客としての素質が芽生えつつある。視点が貧乏漫画家や同人誌あたりのインディーズ視点なのでややチープな印象は拭えなかったが、時には正論もブチ噛ましていたのは好感触だった。今後に期待。
スポンサーサイト



テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ