FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

市バス地域懇談会2010天白区
 8月20日、天白区役所講堂において、地下鉄桜通線野並~徳重開業に伴い市バス再編成についての地域懇談会の第2階が行われました。来場者は100名ほど。地元の年配者が中心で、同業者の姿はまばらでした。交通局のメンバーも変化なし。以前の地域懇談会では職員達にA班・B班という具合に2グループあって、意見を聞く姿勢を感じなかったのですが、今回は3回しかないということもあって、同一メンバーで行くつもりなのでしょうか。
SSCN6602.jpg
 後半しか聞けませんでしたが、質疑応答の内容は以下の通り。

市民:意見を吸いあげろ。実態の追跡調査を行え。懇談会は次回いつ行うのか。
交通局:その後も調査は行う。(時期は示さず)

市民:平成17年に各区で地域懇談会を行った。部分的な改善はしたが、根本的に何も変わってはいない。バスより地下鉄に力を入れている。いっそのこと、宣言したら?もっと、耳を傾けろ。

市民:瑞穂区弥富通~山下通(地下鉄瑞穂運動場東)間は巡回のみ、しかも1日4本しかない。出入庫系統「野・瑞」を弥富通経由にしてほしい。新瑞橋行き運転本数が削減されるが、瑞穂区で地域懇談会が無いため、瑞穂区民にはこの情報が届いていない。

→結構鋭い意見。名古屋市の交通網の弱点として、ターミナルへの一極集中が強く、その逆へ向かう場合は大きう制約を受ける。市街地・商業施設の郊外化に対して、バス路線の設定は旧来のまま。これでは、名古屋中心部でも不便になるはず。これは、根本的に名古屋市の都市計画の発想が時代遅れなんだよ。中根など瑞穂区側の住民は本数削減を聞いて驚くと思う。

市民:市バス地下鉄は全車全駅禁煙なのに、市バス停留所に灰皿があるのはなぜ?停留所で煙幕が出ており不快。
交通局:平成15年に厚生労働省より指導を受けて、1,018ヶ所あった灰皿の撤去を始め、80数ヶ所までに減っている。
市民:なぜ、すべて撤去しないのですか?
交通局:停留所でのポイ捨てがあるため。また、喫煙者の了解を得る必要がある。
市民:なぜ、喫煙者の了解が必要なんですか?禁煙者の了解は得ないのですか?納得できません!
→最後の最後で2分間の延長戦に持ち込んだオバチャン、よく頑張りました。交通局職員の回答のデタラメぶりに失笑しました。喫煙者の了解って、誰に許可を得ているのでしょうか?逆に喫煙者からカネでも貰っているんですか?

SSCN6603.jpg
 質疑で最も熱くなったのは、天白区内の野並住宅バス停の扱いについて。1時間に7本あったバスが地下鉄延伸後は1本に激減するということで、極端すぎるという意見が続出したそうです。
SSCN6604.jpg
(野並住宅転回場)
 そもそも、地下鉄野並駅は将来の徳重延長を前提としていたのでバスターミナル等は設置されず、野並駅付近に転回場が無いことから、転回場を確保できた野並住宅までのは回送を営業路線化していただけという事情があります。交通局は地下鉄桜通線開業時の段階で、これについての説明が無かったのだと思われます。
 交通局は野並住宅発着便を全廃する考えである以上、転回場も廃止・売却(又は返還)するつもりなんでしょう。したがって、残存する新瑞15系統に新瑞橋~地下鉄鳴子北の区間便を設けるか、名港16の桜本町~野並間を鶴里経由から野並住宅経由に変更することで運転本数を確保するしかないと思われます。そもそも、名港16は地下鉄桜通線・桜本町~鳴子北間の3区間で地下鉄と重複します。市バス・地下鉄が重複する区間では原則として市バスの運行は行わないという、名古屋市交通局の方針が例外的に踏襲されていません。まぁ、根本的に市バスが地下鉄の利用者を奪うなんて考え方自体が極めてナンセンスなんです。どんな需要予測してんのだか。現に地下鉄沿線でも駅と駅の中間地域では、この方針のせいで地域交通が劣悪になり、商店街の衰退や地域の空洞化が進行しているのです。住民の高齢化からバスの拡充を求める声が止まないのですが、名古屋市当局はスルーを決め込んでいます。
 しかし、住民と交通局との間でこれだけの乖離が発生したのは、いかに話し合いが無かったことを証明しています。1時間に7本なら気軽にバスに乗れますが、1時間1本となるとバスの時刻を軸に生活せねばならず、制約が大きくなります。せめて、1時間3本は確保しないと。あとは、沿線住民の利用実績で存在意義を示すしかありません。

 最終回は8月25日、緑区徳重の緑文化小劇場です。舞台の上でまな板の上の鯉となる交通局職員に住民がどれだけ斬り込むか、その包丁さばきが非常に楽しみなのですが当方は仕事で参加できません。大荒れが必至との噂もありますので、ぜひお時間のある方は参加してください。また、報告を楽しみにしています。
スポンサーサイト



テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース