名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

ドラファンが讀賣を応援する不思議な夜
 本当に不思議な2日間だった。
 ドラゴンズが恐ろしく早い調子で試合消化を終えて、10月2日まで試合が無い。その間、ひたすら阪神と巨人の動向を気にする毎日が続く。そんななか、ついに阪神-巨人戦が行われた。今回困ったのは、唯一逆転優勝の芽が僅かながら見えている3位の阪神が負けてくれないといけない、つまり憎き讀賣を応援するという異常事態に陥ってしまったのである。
 これは本当に困った。「打倒!讀賣」がドラファン並びに他のセリーグチームすべての統一意志である。それが、ドラゴンズの優勝を一歩でも近づけるためには巨人の勝利が必要という、まるで罰ゲームにでも遭ったように巨人の肩を持たざるを得ない事態となったのだ。しかし、タオルは回さないし、「闘魂込めて」も歌わない。仮に勝ってもTwitterで「じゃいほー!」(正確には『ハイタッチ!』だっけ?)なんて絶対にやらない。あくまでドラゴンズの優勝に近付いたのだから「どらほー!」なのである(事情の分からない方、弊ブログ左手のTwitterから#dragonsを検索の上、ご参照ください)。
 讀賣2連勝でドラゴンズに優勝への「マジック1」点灯ということで俄然注目度が増した。しかし、讀賣は1戦目を勝ったものの、2戦目は能見の前に沈黙し敗北。夢は幻に消えた(もし、そうなったら甲子園は暴動だったろうけど)。同時に巨人の優勝(V4)の可能性が完全消滅!
 しかし、阪神は横浜と広島に対して3試合ずつ残しており、ボーナスステージの可能性が高い。3敗すれば無条件でドラゴンズ優勝だが、間違いなく5勝1敗か4勝2敗で仕上げてくるはず(特に横浜は主砲・ハーパーを早々と帰国させるのはどうかしている)。やはり、10月2日の苦手・ヤクルト戦は意地でも勝たねばならないようだ。
 棚ボタ日本一でなく、完全優勝日本一へ。その瞬間を待ち構えている。胴上げ祭りの準備始めています。
スポンサーサイト

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

名古屋市議会リコール署名3
 名古屋市議会リコール署名がラストスパートを始めています。最低ライン36万人のところ、30万人以上の署名を集めているとのこと。1週間ほど前の報道で15万人でしたから、回収が始まって署名数が大きく伸びてきました。


 中日新聞より。

 ところで、今回の署名活動で問題点もいくつか浮上しました。最大の問題は「署名」制度そのものの理解が薄いことです。栄で署名した際、横で署名していた爺さんは「ワシ、自宅近くでも署名したけど。」と署名後にポツリ。それって、重複署名だから無効になるはずです。おそらく、選管が発見して無効処理するはずです。
 今回の署名対象は名古屋市の有権者名簿に載っている人限定です。名古屋在住でも名古屋市に住民票を置いていない人は署名しても無効です。また、名古屋市民でも単身赴任等で遠隔地に暮らす人は署名自体が困難です。無効と判定される署名が意外と多い(1割じゃ済まないかも?)のではないかと心配しています。

 そして、署名を集める側の問題も浮上しています。組織の拡大によって統率がなっておらず、メンバー側の問題行動もあるようです。既に回覧板に入っていたなどの問題は報道されていますね。過日に署名した栄・バスターミナル前で応対してくれたおばちゃんも無愛想だったのが印象的でしたが。


 名古屋市某所のスーパーにて。
 店頭で署名集めをしていたところに苦情です。市議会支持派の妨害工作という説もありますけどね。


 名古屋市内某地下鉄駅にて。
 真新しいことから、明らかに署名メンバー対策であることが分かります。

 でも、何とかリコールを成立して欲しい。そう思います。主権在民。民主主義の根幹が名古屋で試されています。

 名古屋市の河村たかし市長を支援する市民団体「ネットワーク河村市長」は24日、市議会解散請求(リコール)のための署名が、先月27日から今月22日までの27日間で、計30万895人分に達したと発表した。同団体幹部によると、未回収の署名が多数あり、市議会解散の是非を問う住民投票に必要な有権者の約2割、約36万6000人分を上回る勢いだという。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100924-00000110-jij-soci

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

名古屋市議会リコール署名2
 名古屋市議会リコール署名がラストスパートを始めました。


 9月19日夕方、栄・三越前にて。飾り気一切なし。マイクが無ければ、典型的な名古屋のオッサンです。


 「金持ち優遇」と市議会は批判していますが、もともと累進課税だった税率(3~8%)を自民・公明の両党が一律6%(多くの庶民は倍増)にして国会を通してしまったことが根本的な原因であって、市民税減税の恩恵が高額所得者に集中する批判は国会の問題など、市議会の主張を次々と論破する河村市長。今日は金山で演説して、栄へにやって来たとか。


 バスターミナル前に舞台を移して、更に演説。減税されたら名古屋市民1人当たり年間1万円の減税だって。市長の年収800万、市議会議員の年収は1600万円。10%カットしてもまだ1600万ですよ。何を奢っているの市会議員は?


 今日も署名する人が続出でした。果たして36万人の署名が集まるのでしょうか?

名古屋市民の皆さん!署名しましょう!!
私も署名しました。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

名古屋市議会リコール署名
 36万人の署名が必要な名古屋市議会リコール署名運動。名古屋市内各地で活動が行われています。今回は1ヶ月しか無い期間内で規定数に達するかどうかが注目されています。


 9月16日の中日新聞朝刊によれば、18日間で15万人。残りの期間で20万人の署名集めが必要な情勢です。


 朝日新聞朝刊より。
 1週間で10万人も署名を稼いでいることを思えば、ラストスパートがありそうな気がします。


 9月5日、星ヶ丘三越前にて。

 街頭署名会場には署名をする人がひっきりなしに集まってはいますが、街頭会場が限られているため署名したくてもできない人も相当数いるような印象を持ちました。
 署名簿を持って街中を回っているメンバーもいるそうですが、残念ながら見かけたことはありません。


 9月15日中日新聞夕刊より。
 ところが、その署名でルール違反を指摘する声が上がり始めているようで、今後波乱の様相を呈しています。意地でも解散させたい市長支持派の暴走も見られるようですが、一方で苦情を出しているのは市議会支持派じゃないかと勘繰りもしたくなるところもあって、どっちもどっちのような気がします。

 ちゃんと集まるのだろうか。そして、合法的に市議会をリコールに追い込めるか注目です。
 えっ、私ですか? まだ、参加しようかどうかを考えているところです(←なんか突っ込まれそうですが)。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

RADIO-i、ネットラジオで生き残り
 9月末で、コミュニティFM以外では日本初の不名誉な閉局となる名古屋のFM局「RADIO-i(愛知国際放送)」。
20100907203840.jpg
 9月7日中日新聞夕刊より。
「RADIO iSCAPE(レディオ・アイ・スケープ)」というタイトルで、10月1日からネットラジオをスタートさせるとのことです。概要をまとめますと、

・RADIO-iの社員がコンピューターやマイクなどは、RADIO-iから譲り受ける予定
・RADIO-iのコンセプトは継承とのこと
・放送は月曜から金曜の午前10時から午後6時まで
・喋り手はおらず、ひたすら「自然音とイージーリスニング」癒しの音楽を流すそうです。

 ここまで読んだ段階で判るかと思いますが、「継承」は設備とかごく一部だけの話で、実質的には別の局なんです。
 まず、多言語情報を否定。次に洋楽を否定(洋楽を流さないのは、著作権料のからみだと思われます)。田舎の有線放送並みの放送時間。しゃべり手を否定。これでスポンサーが集まるかは大いに疑問です。

 新聞記事と同じ日に公開されたRADIO-i関係者の某ブログから引用します。
私の知っている別のところも、9月30日で閉店します。

そこは、
人気メニューだったものを隅に追いやって
コストの安い新しいメニューを前面に押し出した挙げ句、
やっぱり無理だと、投げ出したようです。

通ってくれるお客さんのために、同じ場所で営んでくれる人を
真剣に探しもせずに。

閉店を知らせる張り紙をぎりぎりまで出さず、
受け継ぎたいとせっかく手を挙げた人がいても、
「遅すぎましたねぇ。」で済ませようとしています。

 継承を名乗り出た話があったという噂は聞いていたのですが、破談になっていたそうです。自分達の失敗を棚に上げて継承を拒否し、身内の社員に設備を譲るって、モラルハザードも甚だしくはないですか?他社に渡ってV字回復するのがそんなに悔しいのですか? 放送局は許認可事業です。誰でもやれるわけじゃありません。だから、免許を受けて開局にこぎつけた会社は利権を持つことができるのです。一方、放送局は公共性の高さを要求されます。だから、一部の人間による放送局の閉局なんて許されないのであって、お上も返納に難色を示すのは当然なのです。せっかく、お上からいただいた免許をのし紙付けて返納することを恥ずかしく思わないのでしょうか。今回の閉局が、電波媒体としての復帰はおろか、東海管内でのコミュニティFM開局への動き(一宮など)にも影響を与えかねないと思います。

 どれだけエスケープが持つんでしょう。ラジオの「落人伝説」。

テーマ:ラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

無教養ゆえの危険な行動
 怖すぎます。何考えてんだか。1,500Vの高圧電線に素手で触ろうとした、あまりに無謀で無教養なJR東海の運転士さんと車掌さんがいたようです。


中日新聞9月7日朝刊より。

 冬場や台風の去った翌日あたりに、電車の架線にビニールや凧が引っかかって電車が運行見合わせなんてことがありますが、あの時だって保線員が現場へ急行して処理しているぐらいの知識が無かったのでしょうか。

 運転指令は、車掌に「写メールを撮って送ってくれますか」と無線で指示を出したが、車掌は「撮って」を「取って」と聞き違え、ビニール除去を指示されたと誤認するというミス。確かに「とって」では判別に苦しむかもしれない。そんな行き違いを回避するためのマニュアルぐらいあるものと思っていましたが、これでJR東海には無いことがハッキリしました。
 そもそも、1,500Vの高圧電線を直に触ったら生命の危機に瀕することぐらい、常識でわからなかったのですかね。しかし、現場の運転士や車掌は別の側面から考えていたかもしれません。ここで電車を長時間停車させれば東海道線全体への影響が発生する。その震源地になってしまったためのペナルティを恐れ、危険な行為に出てしまったかもしれません。上意下達が強すぎるJR東海の体質的な社風が危険な行動を誘発させてしまったかもしれません。

 愛知県安城市のJR東海道線で7月、20代の女性車掌が架線に引っかかったビニールを素手で除去していたことが分かった。架線には1500ボルトの電気が流れており、JR東海の社内規定では、架線の作業は絶縁用防具の着用を定め、通常は感電防止の措置をした専門の作業員が担当している。感電事故の危険があったとして、同社は再発防止を乗務員らに指導した。
 同社広報部によると、7月22日午後0時15分ごろ、東海道線上りの安城-西岡崎駅間で、岐阜発岡崎行き普通列車の運転士が、架線に長さ約5メートルの黒色ビニールが絡まっているのを見つけ、列車を止めた。
 連絡を受けた同社東海総合指令所は、車掌に「写メールを撮って送ってくれますか」と無線で指示。だが車掌は「撮って」を「取って」と聞き違え、ビニール除去を指示されたと誤認し、感電防止の措置をとらずに作業をした。列車は約17分後に運転を再開した。
 同社は指令所の指示は必ず復唱するよう乗務員を指導。指令所も「撮る」を「撮影する」と表現するよう改めた。同社管内では過去10年、作業中に9件の感電事故があり、2人が死亡している。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100907-00000058-mai-soci

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

2010年8月を送る
 いつもご覧いただき、ありがとうございます。
 お盆休みで蔵ざらえの予定が、お盆明けに体調不良となって遅れてしまいご迷惑をおかけしております。徐々に忘れた頃の話題を小出ししながら、時事ネタにも斬り込んでいきます。

 整合性に疑問のあるアクセス解析で調べてみると、都道府県別アクセスベスト10は以下の通り。

1位 愛知県 1,637 60.9%
2位 岐阜県 201 7.5%
3位 大阪府 125 4.7%
4位 三重県 116 4.3%
5位 東京都 93 3.5%
6位 滋賀県 74 2.8%
7位 埼玉県 54 2.0%
8位 静岡県 43 1.6%
9位 北海道 34 1.3%
10位 京都府 33 1.2%

 9月の注目は
・バスの日記念、各地で開かれる乗り物イベント
・RADIO-i廃局追跡レポート
など、季節の話題を入れながら更新していきます。

 Twitter絶好調です。フォロワーさん1,000人達成が目の前に近づいてきました。結構感情的などと言われながらも、重厚感のあるツイートやってます。こちらにも遊びに来てください。
 それでは、今後ともどうぞ御贔屓に。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

名古屋のマラソン大会統合へ
20100903233337.jpg
 9月1日の中日新聞朝刊より。右上のオッサンは本題と関係ありません。

 名古屋で行われているマラソンは2つ。1つは毎年秋に行われる「名古屋シティマラソン」。もう1つは、毎年冬に行われる「名古屋国際女子マラソン」です。前者は市民参加のハーフマラソン。後者は第一線のランナーが走るオリンピック代表選手選考大会です。これが、2012年度の大会より統合されることが明らかになりました。
 おそらく、名古屋市の環状線東半分の瑞穂区及び昭和区の住民は喜んでいるかと思います。というのも、毎年のこととはいえ、往復で同じコースとなるためレース開催時間帯は道路(環状線)が封鎖され、地域住民は地下鉄以外の地域脱出手段を失い、街中で陸の孤島状態になるんです。私もそのエリア住民ですので、マラソンの日はできる限り早朝に脱出を図っていました。
 また、名古屋国際女子マラソンでの沿道観客数の少なさ。あれも、他の名だたるマラソンと比べると余りに寂しいものです。どうせやるなら、もっと賑やかにできないものかと思っていました。
 しかし、東京マラソンの様にしたいと考える人達のもう一つの事情は「カネ」なのだと思います。2つのイベントを1度でまとめたら運営効率も良くなるし、賑わいは逆に倍増する。道路規制も1日限りになる。いいことづくめの様に感じます。
 ただ、問題点もあります。統合後の大会は女子マラソン大会のまま。つまり、男性ランナーは名古屋の街を走るイベントが消滅してしまうのです。別に一般ランナーに関しては性別の差をつける必要無いように思いますが、主催の中日新聞社あたりはどう思っているんでしょう?

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース