名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必ずおるで、こんなバス運転士


 中日新聞10月27日夕刊より。

 名古屋では伝統的に街のタバコ屋やコンビニなどに、市バス・地下鉄のプリペイドカード(「ユリカ」)などの販売を委託しています。これを悪用し、委託業者から3.5%安く仕入れて定価販売し運転士がいたそうです。また、同様に金券ショップから仕入れた「ユリカ」カードを定価販売していたバス運転士がいたことも発覚しました。
 公共交通の運賃を支払うことは、利便への対価と同時に交通事業者への応援でもあります。名古屋市交通局は多額の累積赤字を抱えており、ここ数年は収支が好転しているというのに、しかし、僅かな額であってもバス運転士の懐に消えていたかと思うと悲しいですね。
 委託業者に入るマージンが3.5%というのは初めて知りましたが、正直なところ今まで発覚しなかったこと自体が奇跡といえば奇跡。やろうと思えば、何とでもなる商売だったかと思います。これは氷山の一角じゃないかなぁ。ただ、儲からんかったでしょうね。この商売。

 わかりやすい、後者(金券ショップから仕入れる)のパターンで検証してみましょうか。

 名古屋市内の金券ショップで「ユリカ」の販売相場は、
・5,600円券(定価5,000円):4,900~4,950円
・3,300円券(定価3,000円):2,940~2,970円
・2,200円券(定価2,000円):1,960~1,980円
・ドニチエコきっぷ(定価:600円):590円

です。この金額で仕入れて正規ルートに見せかけて転売するのですが、仮に5,600円券を1枚売ったとしても手元に残るのは50円程度。タバコはおろか、ジュースすら買えない始末です。週末のドニチエコきっぷの売れ行きは好調ですが、仮にバス車内での購入が集中しても、金券ショップまで仕入れに行くコストを考慮すると黒字転換は相当厳しかったかと思います。
 前者(委託業者から仕入れる)のパターンでは後者より若干利ザヤは大きいでしょうが、委託業者を口封じ(又は通謀)せねばならず、利ザヤを折半するようなことになると、儲けは後者同様ほとんど出ないと思います。
 今回は閉店したはずの委託業者から、売上計上が続いているという点からアシがついたとのことで、あまりにもお粗末でかつセコい運転士のニュースでした。ホントは便利で助かるんだけど、これから運転士から買うのはやめよう。できる限り金券ショップで買うわ。1%でも安く買えるし。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

お寒い日本シリーズ放送事情
20101029012421.jpg

 ドラゴンズ悲願の完全日本一に向けて、今年最後の茶の間観戦と行きたいところですが、日本シリーズのテレビ中継が悲惨な状態だそうです。
 第1戦:テレビ愛知・ローカル
 第2戦:東海テレビ・ローカル
 第3戦:テレビ朝日・全国ネット
 第4戦:テレビ東京・全国ネット
 第5戦:チバテレビ・千葉県のみ
 第6戦:東海テレビ・全国ネット
 第7戦:東海テレビ・全国ネット

 特にTBSがバレーボール中継の為、日本シリーズを中継することができないようで、CBCも同様に蚊帳の外です。ドラフト会議を中継する暇があったら、1試合ぐらい何とかならなかったのでしょうか。CBCだけでも造反するぐらいの勢い…あるはずないか、ヘタレな放送局だもんな。
 もう、最近のCBCは呪われている感すらありますね。テレビ愛知が滑り込んだのも、CBCの受けた穴埋めの感がありますが、岐阜や三重のドラゴンズファンを切り捨てているところがあるので、手放しに喜ぶことができません。テレビ愛知が見られない地域の多い岐阜県のファンに対して配慮が欲しいものです。
 放映権の調整がつかなかったという裏事情もあるようですが、本当に悲しいですね。ドラゴンズの優勝が野球界にとって厄介扱いされているマスコミの報道なんかも見ていて不快です。野球人気が失速したのも、すべては巨人が原因であることを伝えない在京メディアの姿勢にも怒りを感じます。ドラゴンズもマリーンズも、れっきとした勝者です。その勝者を讃える世論誘導すらできないようでは、本当に情けない。これでは、野球の衰退は更に進むことでしょう。

 ところで、日本シリーズ期間中も名古屋・栄の中日ビルは、正面玄関をドラゴンズファンに開放しテレビ観戦しながら応援が行われるそうです。お勤め帰りに一緒に応援しませんか? 落合監督のレプリカユニフォームを着ていた人がいたら、私かもしれませんよ。

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

ドラゴンズ、讀賣撃破!CS制覇!
 10月23日、ドラゴンズのクライマックスシリーズ突破に大手がかかった夜、ナゴヤドームのチケットが無いので仕事を片付けて中日ビルへ応援に出かけました。
SSCN7218.jpg
 ドームへ応援団本体は行っているので、夜7時過ぎにはやや寂しい状態でしたが、
SSCN7219.jpg
 中にはやっぱりいました!熱狂的ドラゴンズファンが!
 試合はODA(小田)の2点タイムリーで大きく流れを呼ぶものの、讀賣の反撃も激しく、5回途中で先発の山本昌から河原にスイッチ(ここが勝因だったかと思う。個人の勝ち星云々に拘っていたら負けていたはず)、河原が連日の見事な投球でピンチをしのぎました。讀賣の投手陣の崩れから一旦は再度逆転するも、9回表に同点に追いつかれます。浅尾は岩瀬に依存する投球リズムでイニング跨ぎをするからダメなのであって、意識改革を首脳陣が促さないと岩瀬が抑えを外れた先には不安を感じます(彼は根本的に頭が悪い)。
 ところが、9回裏にCSで不調だったの和田さんがやってくれました!!
SSCN7220.jpg
 中日ビル、ドラゴンズサヨナラ勝ちの瞬間!!
 私も見知らぬファン同士で抱き合い、ハイタッチを繰り返しました。
中日ビルのドラゴンズファンは、そのまま久屋大通公園の噴水前に移動です。ドラファンの大行進は圧巻でした。
SSCN7221.jpg
 10月の下旬だというのに、次々と飛び込みが始まりました。いつも通り警官も噴水を取り囲みますが、飛び込んだファンに警告を発するも止む気配が無いので、3人目辺りから「風邪引きますよ」だけにとどめるヘタレぶりでした。
SSCN7222.jpg
 今回はスーツ姿のサラリーマンや団塊世代のおっちゃん、更には女性も飛び込みました。

 ファンの歓喜はとどまることも知らず、傍で取材を続けてた東海テレビ取材クルーが取り囲まれると、「アナウンサー!、アナウンサー!」のコールが始まり、
SSCN7223.jpg
 スーツ姿の東海テレビ取材クルー(記者?)も噴水に沈みました。

 まだ、日本シリーズがあります。日本一達成の暁には、もっと過激な宴が繰り広げられることでしょう。
 前日の敗北には大きく落胆しました。しかし、今思うと全国放送のあったこの日にCS制覇することを狙っていたのなら、落合監督も岩瀬も恐ろしく緻密な計算によるものだったのだと勝手に決め打ち。

 プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージは23日、ナゴヤドームで第4戦があり、リーグ優勝の中日とレギュラーシーズン3位の巨人が対戦。中日が4-3でサヨナラ勝ちし、対戦成績を4勝1敗(中日のアドバンテージ1勝を含む)として、日本一になった07年以来3年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。就任7年目の落合博満監督(56)は4回目の日本シリーズで、パ・リーグCSを制したロッテと激突。悲願の「リーグ優勝から日本一」をかけた挑戦となる。日本シリーズは30日に開幕し、第1、2、6、7戦はナゴヤドームで、第3~5戦は千葉マリンスタジアムで、いずれもナイターで行われる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101023-00000018-maiall-base

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

嫌な予感的中
 弊ブログでも何度か取り上げた、名古屋市議会のリコール問題ですが、予想外の展開を迎えてしまいました。集まった約46万5千人のうち、25%にあたる約11万4千人の署名に不備が発見されたようです。不備の内容は署名集めを担った「受任者」が空欄になっている署名簿が多数あるとのこと。名古屋市選管が「収集方法に疑問がある」として、該当する署名簿に記された約11万4000人に書面を郵送するなどし本人確認する方針を固めたそうです。
 過日の記事でも書きましたが、私はリコール署名の収集方法や運動員たちの行動に不安を感じていたのです。まさかの事態にガッカリしています。このまま、不備を指摘された11万人余りの署名が無効と判定されると、他の署名がすべて有効でも35万人どまりで、リコールが成立する36万人目前(惜敗率96.1%)で不成立という、最悪の結果が見え始めています。せっかくの「庶民革命」も単なる市民のバカ騒ぎで終わってしまい、市政への不信が拡大しながらも、市民不在の市議会と職員の結託による議員・公務員天国を温存させてしまう危険性が高まっています。
 最大の問題点は、署名の受任者達の意識が低く「署名」のルール徹底がなされなかったこと。そして、リコール署名の胴元「ネットワーク河村市長」の教育・指導があまりにいい加減だったこと、これに尽きます。
 「署名用紙に受任者の署名捺印が無いと、その署名全体が無効になる」という、署名制度の基礎の基礎すら受任者達の多くは把握していなかったのです。そして、署名を回収の際、「ネットワーク河村市長」は受任者の誰が行った署名用紙なのかすら管理していなかったのです。これが把握できていれば、受任者に送り返して署名させることもできたでしょう。選管が署名の判定について、市議会の横槍で当初の方針から大きく舵を切った事実はありましたが、署名用紙の不備については容易に回避できるレベルであって、明らかにリコール運動側の問題です。
 集まった署名のうち、10~15%は無効になるとみていましたが、25%も無効となると「一体何をやってたんだ(怒)」と文句の一つも言いたくなります。

 今回、11万人余りの疑問署名について、郵送の上で本人確認するという方針が出ました。郵送料だけでもとんでもない費用がかかります。そして、無駄な時間がかかります。更に返送しない人も出てくるはずです。始めが肝心な「庶民革命」は、全く平坦な道でつまづいてしまいました。再び立ち上がることできるのでしょうか。

「夢、負けるものか」

ちなみに、このニュース、新聞によって明暗を分けました。
SSCN7178.jpg
 朝日新聞も
SSCN7179.jpg
 毎日新聞も
SSCN7177.jpg
 そして讀賣新聞も1面で取り上げたというのに、
SSCN7180.jpg
 なんと、中日新聞は一切取り上げませんでした。これには驚きです(新聞業界で言われる「特オチ」?)。中日は社会面に名古屋市会議員の議員バッチの制作単価を落としてコスト削減という、しょーも無い記事を載せるのみでした。中日新聞って、意外にも市議会の肩を持っているのでしょうか。

 名古屋市の河村たかし市長が主導する市議会の解散請求(リコール)運動で、署名の審査を行っている市選挙管理委員会は19日、臨時会を開き、署名集めを担った「受任者」が空欄になっている署名簿が多数あり、「収集方法に疑問がある」として、該当する署名簿に記された約11万4000人に書面を郵送するなどし、本人確認する方針を固めた。
 市選管は一両日中に再度、会議を開き、最終決定する。確認には1か月程度が必要で、24日予定の審査結果の発表は、11月下旬にずれ込む可能性が出てきた。
 河村市長の支援団体「ネットワーク河村市長」は今月4日、解散の是非を問う住民投票の手続きに必要な法定数(36万5795人)を大幅に上回る約46万5000人分を、市内の全16区選管に提出。選管が20日以内に有効かどうかを審査し、発表する予定だった。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101020-00000005-yom-pol

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

栄・住吉の天下一品新店
 夜8時。仕事を終えて、無性にラーメンが食べたくなりまして。こんな時はいつも出かける伏見の「富良野ラーメン」へ。しかし、行くと「本日終了」の立て札が(涙)。
 あそこはこの前行ったし、この店はハズレだし…そう思いながら、夜の街を彷徨っていると、住吉に真新しい店を発見。
20101011010816.jpg
 しかも、「天一(天下一品)」じゃないですか。10月1日オープンの新店らしい。味は分かっているので、ハズレは無い。空腹で意識朦朧としていたので突撃。
20101011010821.jpg
 メニューを見て驚きました。

「こっさり」

 関西の天一では結構な確率で見かけるのですが、東海地方の天一では初めて見ました。ちなみに「こっさり」は「こってり」と「あっさり」の中間。ちなみに私、あっさりを食したことが無いので、どんな味か気になるが今回は見送り。いつも通り「こってり」の大を注文。
20101011010818.jpg
 この店、驚いたのはトッピングが盛り放題なんです。ネギ・にら・高菜・もやし…そして、なぜか大学いも。トッピングがスープを吸ってしまうことから、この店では「スープ大」というのがオプションであります(50円)。こっているスープを薄める店もある(どうもスープは本部からの買取らしく、それをケチるために薄める悪店もあるらしい)中で、ここはしっかりと濃いスープを提供してくれました。なかなかのハイレベル店舗でした。
 独特のこってりスープを飲み干して完食。気分良く帰宅したのでした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

「はやぶさ帰還カプセル」in名古屋
 今年、日本を感動の渦に巻き込んだ小惑星探査機「はやぶさ」。その帰還カプセルが名古屋で展示公開されるということで、10月14日に名古屋市科学館へ急行しました。
SSCN7165.jpg
 観覧には入場整理券が必要ということで、なんとか午前中の券を手に入れようと気合入れて行きましたが、名古屋市科学館へ向かう市バス車内で東海ラジオ「源石和輝モルゲン!!」を聴いていると、中継に出かけた福本アナが「8時過ぎで行列は50名」と報告。予想以上の少なさに拍子抜けする。名古屋人はイベントの出足が極端に悪いのはお家芸。土日は激混み必至と思い、敢えて初日を選んで正解でした。
SSCN7152.jpg
 8:20、現地到着。行列の人数を数えながら最後尾に急ぎます。
SSCN7153.jpg
 私も136番目に並びます。午前中の入場整理券を間違いなく手に入る位置につき、ほっと一息。
RSCN7154_convert_20101016025451.jpg
 行列の先頭には東海ラジオの福本アナ(マイク持った白シャツの人)が取材中。ちなみに、今回の取材は東海ラジオが一番乗り。続いてメ~テレ・テレビ愛知と続きました。
RSCN7157_convert_20101016025612.jpg
 現着が遅れたCBCは9時近くになって、慌てて収録を始めました。あっ、中西さんだ。こういう収録って、1発勝負かと思いきや、リハーサルがあるようで、リハーサル→本番という感じでCBCはサッサと済ませていました。
SSCN7155.jpg
 9時になって、入場整理券の配布が始まりました。整理券は金庫に入っていました。結構厳重ですね。
SSCN7156.jpg
 無事に開館直後の9:30分からの入場整理券をゲット!!
SSCN7158.jpg
 定刻の9:30に科学館が開館。少しずつ館内に入場します。しかし、1回の入場数が多いため、しばしば入場規制がかかり、「はやぶさ帰還カプセル」との御対面には10分ほどかかりました。
 カプセルの予想以上の小ささに驚き。大気圏突入時の猛烈な抵抗を受けながらカプセルの外観は焼けただれることも無く、磨かれたのかと思うほどきれいだったのは驚きでした。7年間60億kmもの壮大な旅から戻って来た最高技術の結晶と帰還までの感動のドラマ、そして、未知なる新物質の発見(?)が詰まっているかと思うと感慨無量でした。
 カプセルを見た後に地下2階で「はやぶさ」の記録VTRの放映を見ました。「はやぶさ」からカプセルが切り離され、大気圏突入で光となって消えていく「はやぶさ」本体を尻目に地球へ戻っていくカプセル。「はやぶさ!おかえり!ヒューヒュー!!」と叫ぶJAXA職員の言葉に感動しました。
SSCN7159.jpg
 「はやぶさ」記念グッズも大量にあり、こちらも盛況でした。しかし驚いたのは、館外に出てみると行列が無い。どうして?平日とはいえ、この盛り上がりの無さは正直ショックでした。きっと、土日はこの反動ですごいことになると思います。
 「はやぶさ帰還カプセル」を見て歴史の証人になりませんか?

テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報

アンケートから見えるもう1つのアンケート
 いつも見ているメ~テレの「どですか!」で面白い試みが始まりました。
SSCN7087.jpg
 デジタル放送のデータ通信や携帯での即席アンケートです。これって、大阪のABC「おはよう朝日です」が現在の天気を教えてくださいという感じで、少し前から始めたのものを拝借したようです。こちらはもっぱらアンケートに利用しているようですが。
SSCN7088.jpg
 結果を見ていると、視聴者の分布が人口分布とほぼ同じであることが分かります。
 ただ、三重県の中部や伊賀でのサンプル数が少ないのは、関西の放送を視聴している世帯が多いことを示しているようで、現に「おはよう朝日」では三重県からの参加者も多いとのこと。
 一方、浜松や長野県の木曽・下伊那、滋賀県の湖北(長浜近辺)からの参加もあり、これは同時に名古屋の放送の区域外送信や電波事情を垣間見ることもできます。浜松でのサンプル数の少なさは、やはり在名局への期待がテレビ愛知に集中している事情があるようです。また、滋賀県の高島市あたりでも名古屋の放送がデジタルで見られる地域があるとか(逆に彦根・米原は山があるのでダメらしい)。
RSCN7089_convert_20101011014038.jpg
 しかし、驚くのは京阪神からの参加者。どうやって、「どですか!」を見ているのでしょうか?

テーマ:テレビなんでも - ジャンル:テレビ・ラジオ

RADIO-iが消えてから
 RADIO-i(愛知国際放送)が放送を終了しら翌朝(10月1日)、各紙の朝刊に目を通しました。
SSCN7106.jpg
 朝日新聞朝刊より。
 朝刊で放送終了を伝えたのは、中日・朝日・読売の3紙。朝日・読売が小さいながらも目立つ見出しを出した半面、中日新聞の記事は淡々と伝えるに留めていました。

 気になったのはラジオ欄です。少し見にくいかもしれませんが、愛知県版の改訂具合を。
SSCN7102.jpg
 日経新聞9月30日朝刊より。在名局(ZIP・FMA)に対して、RADIO-iは三重・岐阜を挟んだ右端に追いやられているのが特徴。いかに営業上不利な立場だったかをここからでも垣間見られます。
SSCN7103.jpg
 同10月1日朝刊より。RADIO-iが無くなるとFM各局は1列右に移り、SBS(静岡放送)ラジオが加わりました。
SSCN7105.jpg
 同日の読売新聞より。RADIO-iの抜けた穴には、静岡県のFM局・K-MIXが入りました。

 やはり気になるのは、東海地方在住者の75%が読んでいるといわれる中日新聞の動向です。実はRADIO-i開局前は、K-MIXを掲載していました。K-MIXは中日新聞系列ということもあって掲載されていたのでしょうが、豊橋でもまともに受信できない放送局なので、愛知県民にとって需要の無い放送局です。空きスペースを埋める程度の役割が無いならあの放送局を拡大させてほしいと願っていたのですが…。
SSCN7109.jpg
 9月30日中日新聞朝刊ラジオ欄。
SSCN7108.jpg
 10月1日中日新聞朝刊ラジオ欄より。
 空いた2列をぎふチャンとラジオNIKKEIで分け与えたのです。正直驚きでした。まさか、ぎふチャンに1列を提供するとは。犬猿の仲とも言われた新聞社同士の対立から行われていた紙面上での次元の低い戦いに、中日新聞は終止符を打ったのです。

 RADIO-i放送終了をしっかりと伝えたメディアも、また少数派でした。

 テレビ愛知「3時のつボッ」と中京テレビ「NEWS every」より。報道が弱いとバカにされていた中京テレビがここまで力を入れていたとは。一方、これについてのつボイ氏や内田氏のコメントは薄っぺらいのでスルーして下さい。

 放送終了の瞬間。いま改めて聴いても悲しくなります。

 そして、この春に東海ラジオを去った「あの」2人がRADIO-iのお話をしていますよ。
 実はこの2人、RADIO-iの放送終了直後にも2回に渡ってRADIO-iやラジオについて熱く語っています。このシリーズの第11回・第12回あたりをご覧下さい。でも、東海ラジオリスナーも結構薄情なようで、Youtubeもぜんぜん再生回数が伸びないんです。幸福さん、ラジオもオファーが来ないと諦めて、来年の元旦は小笠原海上クルーズの船の上で迎える(古池鱗林さんと営業らしい)そうです。

 RADIO-iが無くなって、ラジオ難民が相当数出ているようで、私も日曜日の夕方以降はラジオ難民になりました。でも、FMAもZIPもその受け入れ先にはならないとの声が多いようで、結局はラジオ離れを進めることでしょう。マスコミは「若者のラジオ離れ」と決めつけにかかっていますが、今回の件では30~40代のリスナーが難民化しているのであって、デタラメなことを言うなと声を大にして言いたいです。
 ラジオ・テレビが低迷してきた原因は、若者に無理に媚を売って低俗かつレベルの低い番組一色にしたことにあり、お笑いや一部アイドル事務所との癒着と利権に放送マンとしての魂を売った、制作者達の問題なのです。

テーマ:ラジオ全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。