FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

さようなら地上波アナログ放送
 アナログ放送の停波する瞬間を確認するため、夜11時過ぎからNHK及び名古屋民放各局のアナログ放送をザッピングしていました。お昼から既にブルーバックの静止画像。味気無さすぎと思いきや、
SSCN9805.jpg
 既に放送終了しているのに、夜11時過ぎに発生した地震について速報を出していたNHK。ちなみに、メ~テレも速報を出していました。各局ともブルーバックの静止画像のままでしたが、23:56過ぎから各局がクロージング画像を流し始めました。
SSCN9806.jpg
 開局後、ずっと使い続けたテレビ愛知のクロージング。ある意味完成度の高い映像だったことの証です。
東海テレビとCBCはいつもと同じだったので省略。
SSCN9808.jpg
 メ~テレは
SSCN9809.jpg
 静止画像の2枚組み合わせでのシンプルなものでした。
SSCN9810.jpg
 唯一、特別バージョンだったのは中京テレビ。昔の画像をバックにクロージングです。
SSCN9811.jpg
 やはり、自社敷地内から電波を送信していた中京テレビ。アナログ放送終了によって東山タワーの主たる役割を終了するということは、中京テレビにとっても一大転機となることでしょう。

 正直なところ、全面移行は予定通り断行するとは思いませんでした。しかし、サイは投げられ、従わない国民は切り捨てられました。アナログ放送終了によって、すべての視聴者がデジタル放送に移行するとは思えません。少し前に地デジ普及率は9割という発表がありましたが、その統計は80歳以上の世帯を除く加工がなされた統計であったことが明らかになりました。地デジ難民が全国に相当数残っているという情報もありますし、「アナログマ」と共にテレビとの決別を図る人もいることでしょう。
 地上デジタル放送の魅力とは何か。きれいな画像・データ放送以外に何があるのでしょう。放送局は巨額の投資を強いられました。視聴者も地デジに対応するために現状維持でも構わない人まで負担を強いられました。私もテレビ(32型)を買い換えましたが、希望していた20型以下の小型は値崩れせず、逆に32型の方が安いという逆転現象が起こったのは、メーカーの予測に反して日本の住宅に大型テレビが必要無かったという証拠でもありました。まだ十分使用可能なテレビまで廃棄処分せねばならない、エコの発想と完全に逆行する地デジ移行。テレビメーカ及び量販店も、一時的な特需が過ぎればどうなるかは自明だったはず。一体、誰が得したのでしょうか。
 これでテレビが面白くなれば良いですが、ここ数年のテレビは猛烈な勢いで衰退しています。地デジのメリットである、サブチャンネルも運用している局はごく僅かです。これでテレビの衰退の歯止めがかかるとは思えません。地上デジタル完全移行はテレビ衰退の序章でに過ぎず、この先に更なる激震が起こるのではないかと思っています。
スポンサーサイト



テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース