FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

ナゴヤドーム「秋8チケット」
20111005233404.jpg
 10月5日、ナゴヤドームへドラゴンズの試合を見に行ってきました。実は中日球団が指定した試合について、20:00(午後8時)以降に1,000円で入場できる「秋8チケット」なるものを発売するという情報をTwitterで知り、駆けつけてみることにしたのです。
 18:00、職場を飛び出して、自宅へ寄り道。メガホンと落合監督のレプリカユニフォームを持ってナゴヤドームへ急行。てっきり行列ができているかと思いきや、チケット販売開始20分前の19:40時点でチケットを求める人の姿はゼロ。いくら平日で雨が降っているとはいえ、あまりにも悲惨な状況でした。そのため、堂々と一番乗り達成。
 今回販売するチケットは「内野B」という正規料金は1枚3,800円の座席。75%OFFの1,000円という衝撃の安さなのに。球団の周知能力の低さ、観客動員策の無策ぶりを証明していました。一刻も早く入場したいお客さんが正規料金でチケットを購入するなか、窓口氏が「8時からなら安く入場できますよ」なんて声かけをする体たらく。本当に情けない光景でした。ホント、中日球団とナゴヤドームの営業担当者こそ、落合監督より先に新しい風を入れた方がいいんじゃないの?
 19:50に行列は30名。50名ほどの行列になった段階で20:00になり、無事にチケットを購入。球場ゲートに急ぎます。しかし、この日は試合展開が早く、20:00時点で既に7回表終了。耳では東海ラジオガッツナイターで戦況を確認していましたので、私はある程度の覚悟をしていました。ただ、試合が1-1の同点だったので購入を選んだわけです。0-5とか、敗色濃厚ならその場で引き返していたことでしょう。
20111005233418.jpg
 チケット握りしめて入場ゲートへ向かうも、ゲートの位置はナゴヤドームの正面チケット売り場から、ぐるりと外周を1/3ぐらい回った2ゲートまで移動させられ、実際に座席にたどり着いた時には7回裏1死まで試合は進んでいました。
 私、ナゴヤドームへ野球観戦する際は、セリーグは広島、パリーグは楽天の試合を贔屓にしており、私の観戦歴もこの2チームの試合で8割方を占めています。特に広島戦を贔屓にするのは、
・チケットが手に入りやすい。
・カープの選手には渋い選手が多い。
(天才・前田や栗原・東出・廣瀬など)
・ドラゴンズの勝率が高い。
などの理由です。筋金入りのドラゴンズファンですが、個人的に1980年代のカープは好きでした。山本浩二・衣笠・高橋慶彦・北別府・大野・津田…。スタメンも控えも渋い選手ばかり。しかも、助っ人無しで優勝した年もありました。暗黒時代に入って久しいカープですが、その原因は練習のし過ぎだと思っています。
 今回の「内野B」という席を分かりやすく言うと、レフトポール脇の座席。いつも、ガラガラで流しそうめんができそうなエリアです。内野という割にはどう考えたって外野です。
20111005233429.jpg
 今回の席は3塁側。しかも、ホーム・ビジターの別はありませんから、ドラゴンズファンとカープファンが同席。お隣の座席はカープファンの方。でも、結構和気あいあいでしたよ。
20111005233421.jpg
 相変わらず、スタンドはガラガラ。ドアラのバク天も失敗。試合は投手戦なのですが、湿っぽい打線に気が重たくなりそうでした。ドアラ、お前まだ来季の残留確定していないよな。来シーズンは成功させても「普通です」と言われるだけだぞ。ちゃんと仕事しないと来シーズンは危ういぞ!!
 こりゃ、延長戦かなと思いきや、8回にブランコの見事な勝ち越しソロホームランで逆転成功。最後は浅尾がビシッと締めて、2-1でドラゴンズ勝利。ヤクルトも読売も敗北し、ゲーム差なし・勝率僅か3厘差の2位で、ヤクルトを射程圏内に捕えました!!
 実は試合終了したのが20:25過ぎ。今回の秋8チケットで観戦できたのは正味25分間でした。あっという間の野球観戦終了でした。
20111005233425.jpg
 好投した川井、先制ホームランを打った大島、勝ち越しホームランを打ったブランコの3人によるヒーローインタビュー。本当に良く頑張った!!

【今回の「秋8チケット」の感想】
 今回のように試合展開の早いケースだと、観戦できる時間が数十分というケースもあるでしょう。今回の試合、ドラゴンズは7・8回のみ、カープの攻撃は8・9回のみで、カープファンはラッキー7を見ることができませんでした。午後8時で区切ることを「ギャンブル性」であおるのも一考ですが、それではテレビ・ラジオ・ネット等で事前情報を収集されてしまい、観戦できる機会の不平等感から観客動員の上乗せも伸び悩むことでしょう。「試合を見せたるわ」って感じの球団の上から目線を感じるシステムでもあります。安かろう悪かろうの思想では、もう通用しません。もし行うなら午後8時ではなく、6回裏の攻撃開始から入場できるようにする「ラッキー7チケット」なんて企画の方がよいかもしれません。当日券販売が5回裏で原則終了するので、チケット販売の重複はありません。そうすれば、ドラゴンズ・ビジターチームファン双方がラッキー7から試合の佳境を楽しむことができるため、現行の「秋8チケット」より観客動員を増やしやすいかと思います。
 中日球団・ナゴヤドームにしては2004年のドラゴンズ優勝時の「パノラマ席500円均一」以来のサービスでしたが、もっともっと工夫しないと低迷する観客動員は回復しないと思います。また、これは監督を変えるだけでは解決しない、これだけは断言します。 
スポンサーサイト



テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ