FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

初めから5%にしとけよ
20111218130803.jpg
 前進する気配の無かった名古屋市の市民税減税議論ですが、名古屋の殿様の何度目かの方針転換により、とりあえず5%減税で市議会に再々提案し、可決の上で来年度に実施される方向になったそうです。殿様に仏様が降臨して「5%にせよ」とお告げが有ったそうです(2011年12月12日読売新聞より)。まぁ、手っ取り早く言えば、5%減税なら財源不足も回避できるため議会も通過しやすいというだけのこと。どうして今まで気づかなかったのでしょうか。これまでの名古屋市議会は対立を繰り返すだけ。時間の無駄以外の何物でもありませんでした。いきなり10%で行くから財源問題が浮上するのであって、行財政改革を進めて財源を確保し、段階的に減税を進めて数年かけてトータルで10%減税達成にすればいいだけ。もっと、早く気づけよ!!バカモン(怒)!!
20111218130806.jpg
 市民税5%減税がどの程度のモノか。正直なところ目に見えるほどの減税ではありません。ただ、市民への課税を極力減らして効率的な行政サービスを展開するのが本来の行政のあるべき姿であり、行政の無駄を棚に置いて財源だけ確保するのを財政危機と騒ぎ続ける減税反対派市議は本当に市民の代表と言えるのでしょうか。
20111218130808.jpg
 名古屋の殿様曰く「市民税の5%減税をもって、一応公約達成」なのだそうです。確かに市民税減税は不十分ながらも、市会議員報酬800万円に続く「3大公約」の2つを達成したことになります。これに驕らず、一段と踏み込んだ名古屋市役所の行財政改革を実施し更に2%・3%と進め、いつか当初からの市民税10%減税を達成してほしいものです。
20111218130810.jpg
 残りは「地域委員会」だけになりました。ただ、この事業については過去にモデル地域ですら失敗したことや、名古屋市内でも地域コミュニティの構築に地域格差が大きく、名古屋の地域性から古参住民にやりたい放題されるだけという指摘もあります。どちらかというと郡部の自治体に向いている政策かと思います。議論が足らな過ぎるので、時間をかけて議論して欲しい内容です。
 まずは緊急性の高い、待機児童の問題や福祉の問題、公共交通の問題など、山積している問題から取り組んでほしいものです。

 この紙面、興味深い構成ですね。これまでの混乱で河村市長だけでなく、市議会への不信も募っています。これで議論のヤマを越えましたから、そろそろ名古屋市民への「絆」を再び強固にするために身を粉にして頂きたいものです(2枚目以降の画像は2011年12月13日中日新聞朝刊より)。
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース