FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

市バス、蟹江町へ臨時運行決定
KIMG0161_convert_20120715233720_20120715235012.jpg
 名古屋市に隣接する自治体が名古屋市に対して市バスの延長を要望する例が増えています。弊ブログでも北名古屋市と豊山町の事例をお伝えしました。これより前に名古屋市に市バス路線延長を要請していた蟹江町で臨時運行ながら市バスの運行が実現することが明らかになりました(画像は2012年7月12日読売新聞名古屋市内版より)。
 そもそも、蟹江町長が今年3月9日に名古屋市の河村たかし市長を訪ね、市バスの延伸と職員の交流を要望していたとのこと。そして、毎年夏に開かれる「須成祭(すなりまつり)」がこのほど国の重要無形民俗文化財に指定されたことから、観光客の増加や都市計画の策定などで名古屋市との連携を要望していたそうです。
DSCN0371_convert_20120719100203.jpg
 予定では8月第一土曜日に行われる須成祭宵祭で、JR八田駅付近から宵祭の会場付近まで臨時の市バスを2台を投入とのこと。ただ、これが貸切運用による無料送迎となるのか、運賃を徴収する路線バスとしての免許路線となるかは注目されていました。しかし、名古屋市交通局は市外にバス路線を新設する場合は市議会の承認が必要であるという内規があるため、その審議が行われたという情報は流れて来ない以上、免許路線では無さそうな気がしておりました。
 結局は地下鉄八田駅から須成祭会場まで、蟹江町観光協会による貸切運用のため無料運行で乗車整理券を獲得した先着100人が利用できるシステムに決まったそうです。乗車整理券は当日18:00より地下鉄八田駅改札付近で配布とのこと。更に運行ダイヤは地下鉄八田駅を18:20に出発、須成祭会場を21:30に出発するとのこと。2台同時発車の様です。読売新聞の報道より輸送人員が少ないですが、バス1台に75人というとすし詰め状態となりますので、現実的な乗車人員に修正したものと思われます(画像は2012年7月18日朝日新聞朝刊「名古屋」より)。
DSCN0355_convert_20120719100115.jpg
 名古屋市側の起点がJR八田駅というのが気になります。名古屋市交通局はバス路線の設定について地下鉄との結節を重視していますが、これまで八田駅は立派な駅前ロータリーがあるのに、ここを起点・終点とするバス路線は3路線しか無く、バスも1時間に4本程度しか来ない寂しいところです。前例やバス経路の優位性からに地下鉄高畑を起点にすると思っていましたので意外でした。八田駅に決めた利用はよく分かりませんが、これは交通局が異例の乗車整理券配布ということで一般客と臨時バス利用者を分離したとか、バスの担当を稲西車庫にあらかじめ決めており車庫への回送をスムーズに行うためなど、様々な要因が考えられます。
 なお、7月18日の中日新聞朝刊の報道では、今回の運行経費は蟹江町観光協会が約10万円を負担しているとか。バス2台で往復しても十数km、バス運転士の拘束時間も正味5~6時間だというのに、そんなにかかるものなのでしょうか?名古屋市交通局が貸切業務に積極的ではないとはいえ、高すぎる気がします。貸切運賃にも市内の人、市外の人で料金体系が違うのでしょうか?

 7月17日、テレビでお昼のローカルニュースを見ていたら、蟹江町長が「町制120年で初めて市バスがやってくる」と興奮気味にコメントしている映像が流れていました。確かに名古屋市への見返り要求など特殊条件も無く、外部から要請のみで市バスを呼ぶのは前例が無く、蟹江町が風穴を開けたのは事実です。しかし、ここまで来たなら蟹江町には更に前進してほしいです。
DSCN0321_convert_20120718114903.jpg
 蟹江町から隣接する名古屋市に入ってすぐのところに戸田荘・戸田(以上中川区)、河合小橋(港区)という、市バスの終着点があり、中心部へ1時間に2~3本のバスが運行されています。これら各路線の終点から近鉄蟹江駅前までは1~2㎞と近く、市内中心部まで20~30分延々と乗るよりも近鉄蟹江駅経由で都心を目指した方が便利になる場合もあり、蟹江町民に限らず名古屋市民の利便向上にもつながります(画像は2012年3月10日中日新聞朝刊市民版より)。

 蟹江町内には尾張温泉という集客能力の高い温泉街もあり、近鉄蟹江駅前にバスターミナルを設置する場所がないことから、尾張温泉を拠点に近鉄蟹江駅(又はJR蟹江駅)経由で名古屋市内を結ぶ路線を設定すれば蟹江町の大部分を市バスでカバーすることができます。すると、現在蟹江町が運賃無料で運行している蟹江町コミュニティバスは廃止することが可能で、出血が止まらないバス予算を浮かせることも可能になるはずです。3月の時点で蟹江町長は「負担金は出す」とコメントしており(上記中日新聞記事による)、浮いた分の一部を市バスの運行経費負担に回せば良いのです。

 終着点に近づくほど利用者が減るのが路線バスの宿命ですが、起点・終点をターミナルや集客能力のある施設に設定することで乗客が入れ替わり利用するためバス路線が活性化します。今回のケースもこのパターンに該当します。課題は境界近くまでやってくる市バス路線がいずれも金山や神宮東門などから来る長距離路線であり、200円均一運賃の市バスでは採算性に問題があるところです。ただ、これら路線は利用者の多い路線であり、蟹江町内へ延長することで更に利用者数が増える可能性はあります。蟹江町への市バス延長が正式に実現できるか、今度も注目していきたいと思います。

【追記】2012.07.19
 新規情報及び画像を追加し、文章を一部修正しました。 
スポンサーサイト



テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報