FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

地デジ全面移管から1年
 テレビの地上デジタル放送全面移管から1年が経過しました。「地デジ」なんて言葉自体も聞かなくなりましたね。初めの頃は「画像がきれい」とか感動もありましたが、それもあっという間に冷めると、いつも通りのテレビライフが続いています。自宅は地上波のみですから、クオリティの低下著しい番組の洪水にテレビ離れが進む一方です。先日もフジテレビの27時間テレビの面白さが、深夜帯以外ではまるでわかりませんでした。

 地デジ全面移行から1年。恥ずかしながら、いまだにTVのリモコンを持つと地デジでは使用しないアナログ時代の「9」(教育テレビ)や「11」(メ~テレ)を無意識に押してしまうクセが抜けません。なんせ、何十年も続けていた習慣ですから、なかなか抜けないのでしょう。
 アナログ時代と同じチャンネル番号の「1」(東海テレビ)「3」(NHK)「5」(CBC)は体が覚えているので自然に親しみ、「6」(メ~テレ)や離れ小島の「10」(テレビ愛知)も、テレ朝やテレ東の番組を良く見る傾向があるので、何とか呑みこめました。「2」(教育テレビ)はあまり見ないので、まぁ、いいか。
 ところが、1局だけ体が反応しない局がありまして。4chの中京テレビです。元々日テレの番組をあまり見ていない事情もあります。近年は野球中継も激減し、定期的に見るのは「たかじんのそこまで行って委員会」ぐらい。教育テレビと並んで、名古屋の民放で唯一東京のチャンネルと同じ局なのですが、反射的に4chを押せない状況が続いています。
 最大の要因は、それまでの習慣と大きく場所が変わってしまったことかと思います。ちなみにアナログ時代のUHF局は、TVのリモコンでは家々でボタンの位置が異なっており、自宅では中京テレビは「12」、テレビ愛知は「10」に設定していました。東海地方では中京テレビは「7」(開局当初に中京テレビが推奨していたらしい)、「10」(岐阜県に多い)、「4」(CATV導入世帯に多い)と、ボタンの位置が家々でバラバラだったわけです。
 これが県単位(東海3県)で統一されたことは情報共有として重要であり、地デジ効果の一つと言えますが、中京テレビもいまだに「中京テレビは4チャンネル」と事あるごとに告知しているところを見ると、周知徹底が図られておらず、私のように地デジ移行後に「4」が選ばれないことを中京テレビも懸念しているのだと思います。私も4チャンネルをそろそろ覚えて行こうと思います。

 BSでは放送局が激増して「選択肢が増えた」と喜ぶ声も聴きますが、それは同時に嗜好の多様化が進行していることを意味します。もう、視聴率の減少に歯止めがかからなくなっており、人々が一つのテレビ番組にくぎ付けになるようなことは少なくなることでしょう。今後は視聴率ではなく、番組の質や視聴者の質で放送局が選ばれる時代になると思います。
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース