FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

名古屋と「ぢ」の関係
KIMG1427_convert_20121016011839.jpg
 名古屋の街にふさわしき数字は「8」。じゃあ、名古屋にふさわしい平仮名は何ですか?こんな質問を出されたら、皆さん何と答えますか?私は迷わす答えます。名古屋にふさわしき平仮名は「ぢ」であることを。
 2012年9月30日、名古屋駅前にあるビル「大名古屋ビルヂング」が閉館しました。閉館する数日前から夜間に照明を用いて、名古屋の街に別れを告げておりました。
 大名古屋ビルヂング。名古屋駅前の象徴であり、ダサい名古屋の象徴する屈辱の象徴とも言われ、良くも悪くも名古屋を象徴するビルとして知られました。特に有名なのは、なぜビルディングではなく、ビルングだったのかという話。
 1950年代後半(昭和30年代前半)、当時東京駅周辺のビル管理を手がけていた三菱地所は、かねてから地方進出の機会を伺っていました。1959年(昭和34年)、伊勢湾台風で被災した名古屋を当時の三菱地所社長渡辺武次郎が被災直後に訪れた際、その被害の甚大さから地方進出第一号として名古屋駅前に大型ビルを建設することを決意しました。
 ビルの名称を「大名古屋ビルヂング」となった理由は、伊勢湾台風による被災などの経緯から、渡辺が「大名古屋圏の御用を務めてほしい」との願いを込めたものとされています。ちなみに、岐阜駅前にもかつて「大岐阜ビルヂング」が存在しており(現在は大岐阜ビル)、大名古屋ビルヂングを意識したという説があります。
 「ビルヂング」という表現は、「ディ」の音を「ヂ」と表現する慣習が戦前からあったことに由来します(例:ラジオ→ラヂオ)、特に戦前では普通の表現だったのです。当時の三菱地所も慣習として自社の所有する建物に全国で使っていた表記です。つまり、大名古屋ビルヂングのネーミングセンスは名古屋のセンスではなく、三菱地所側のセンスによるものだったのです。いつの間にか「ビルヂング」と言えば『大名古屋ビルヂング』を指すものと認識されるようになっていました。
 全体の完成は1965年となっていますが、実際は1962年にビルの正面中央部分、1963年にビルの左側部分、1965年にビルの右側部分と、三段階に分けて完成させ、1965年5月に完成記念式典を行っています。
 三菱地所の力の入れ具合を象徴するのが、1階に使われていた大理石の豪華さ。最近完成した超高層ビルでも、大名古屋ビルヂングほどの大理石を使いまくるビルは見かけません。あれを取り壊しの際に再利用できないものかと思います。
 跡地には地上34階、高さ180mの超高層ビルとなる予定で今年中に着工、2015年にオフィスビルに生まれ変わる予定です。

 名古屋は「ぢ」とのつながりの多い街です。子どものスポーツでも「ぢ」は活躍します。子どもの遊び・ゲームとして、現在も小学校を中心に行われる「ドッヂボール」です。「ドッジボールの誤りじゃないのか?」という声が聞こえてきそうですが、名古屋では伝統的に「ドッヂボール」で通じます。なんせ、学校が平気で文書で書いていたのですから。古い世代の方が更に通じます。

 そして、もう一つの「ぢ」はヒサヤ大黒堂の「ぢ」。今も時折新聞で広告を見かけます。かつては全国ネット番組で名古屋の風景を流す時にテレビ塔からの映像を流すのですが、最後の最後に画面の左手に「ぢ」が出てくるのが特徴で、「いかにも名古屋らしい」と感じる他の地域の人、結構多かったそうです。最近は近くに高層ビルが乱立してしまったことや、各テレビ局のお天気カメラの向きもヒサヤ大黒堂の見えるテレビ塔から真南から南西方角に撮影地点を変えた放送局(NHKや中京テレビ)もあり、以前ほど見る機会が無くなってしまいました。
 ヒサヤ大黒堂は今でこそ、大阪・北浜に本社を構える企業ですが、昭和初期までの本社は何と愛知県西尾市にあったそうです。創業は1611年(慶長16年)、三河国幡豆郡西尾(現・愛知県西尾市)に永田久右衛門が創業したとのこと。

 時代が変われど、名古屋と「ぢ」の関係。いかにも名古屋らしいセンスがありますが、これが名古屋らしさ。今後も強固であってほしいと願います。
スポンサーサイト



テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報