名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年8月を送る
 いつも弊ブログをご覧いただきありがとうございます。

 この夏、何度目かの転職をしました。7月からの研修も終わり、9月から久しぶりに営業の最前線に立ちます。その都合で6月半ばから更新頻度が下がり、休眠状態になってしまいました。弊ブログをご覧の皆さんには大変ご迷惑をおかけしております。

 恒例の都道府県別アクセスランキング。今月は47都道府県すべてからアクセスをいただきました。
 1位は愛知県でシェア45.3%、続いて東京都、三重県(ここまでシェア10%以上)、岐阜県、大阪府(ここまでシェア5%以上)、神奈川県、長野県(ここまでアクセス数100件以上)、静岡県、京都府、千葉県。ここまでがベスト10。更に埼玉県・福岡県(ここまでシェア1%以上)と続きます。

 書きたいことが山のようにあるのに書けないもどかしさ。痛感しております。近々、更新を再開する予定でおります。今後ともご贔屓に。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:今日のブログ - ジャンル:ブログ

InterFM、名古屋で免許申請
 昨年秋に飛び込んできた名古屋の新FMラジオ局構想。その内容について、弊ブログでも以前に取り上げました。
【参考】弊ブログ
名古屋に新FMラジオ局誕生か?(2012/11/05)

 その後の動きについての情報が全くなかったのですが、総務省HPによると、今年の平成25年5月1日から平成25年7月31日までの間、電波法の規定に基づく再免許申請及び新たな免許申請を受け付けたところ、
>名古屋地区を中心とする外国語放送を行う超短波放送の新たな免許申請を除き、全て再免許申請でした。
という文言があり、東京のInter FM(エフエムインターウェーブ)が名古屋でのFM放送局開局に向けて、免許申請していたことが明らかになりました。
【参考】
総務省ホームページより
総務省|地上基幹放送局の免許の有効期間満了に伴う再免許申請及び新たな免許申請の受付結果より。

 昨年秋の報道通り、今年春の免許申請は予定通り行われていたようです。とりあえず、2014年春の開局に向けて動きがあることは確定しました。既に局の位置や送信所の位置などの検討も水面下で進められているかと思います。名古屋のメディアが一切取り上げなかったのは非常に気になりますが、これはInter FMの公式発表待ちなのかもしれません。
 メディアの選択肢を失うという、稀有な経験をした東海地方の特にラジオリスナーに、このニュースはどう響いているのでしょうか?私は昨年秋の記事で「本当に免許申請したら騒いでやろう」なんて書きましたが、既にあのメディア・RADIO-i(愛知国際放送)を失って約3年。その間にもラジオの世界は激変続き。果たして新局を待望するラジオリスナーがどれだけいるのか、そんな不安すら感じています。
 名古屋人は「堅実」なんてイメージが強いようですが、一方で熱しやすくて冷めやすい一面があって、一度失敗した物事についての風当たりは非常に厳しいところがあります。名古屋人的経営論では、最近はやりの「リベンジ」なんて並大抵の気持ちじゃできません。「それ見たことか」なんて言わせないためにも、今回の再上陸は絶対に失敗が許されない、不退転の覚悟で挑んでほしいと思います。
 騒ぐのは、もう少し先にしたいと思います。

テーマ:FMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。