名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

08 | 2013/10 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「インターエフエムなごや」始動
 弊ブログでもこれまで何度も取り上げてきました、名古屋の新外国FM放送局の話題。総務省が10月25日に11月1日付で予備免許を交付することが明らかとなり、新FMラジオ局の概要が明らかになりました。

 愛称は「エフエムインターウエーブなごや」。周波数はRADIO-iと同じ79.5MHz、出力5kw。試験放送は来年2月頃より、本放送は4月からの予定とのことです。スタジオなどを置く「演奏所」は名古屋市瑞穂区北原町。瑞穂区役所から西へ5分ほど歩いたところ。下町の空気が強い、庶民的な住宅街に設置されるようです。
 送信所は名古屋市昭和区の中京テレビ脇にある「東山タワー」。受信可能範囲は「名古屋市および瀬戸市、豊田市、岡崎市、常滑市、豊橋市を含む中京圏地域」とのことですが、出力10KWのZIP-FMやFM AICHIに比べ、受信可能エリアは狭くなるとみられます。「radiko」に参加すればエリアの問題は解消できますが、東海3県にradikoを展開するためには月額40万円の費用がかかるそうで(以前、ZIP-FM関係者の話として、中日新聞が報じました)、超省コスト放送局になると思しき新局が負担に耐えられるのかという疑問も残ります。開局当初はRADIO-iの様に豊橋・浜松に中継局を設けない模様です。
interfmnagoya_convert_20131109222933.gif
(画像は総務省ホームページより抜粋)

 あとは番組編成に注目が行きます。超省コスト局として展開するはずですので、自社制作よりは東京の番組を垂れ流す公算が高いと思われますが、3年半前にラジオの選択肢を失った屈辱からラジオ難民を救済してくれる放送局として、半年後に再び名古屋で歩んでくれる新局。これまで冷ややかでしたが、そろそろ期待をし始めようかと思います。

【参考】
総務省・名古屋地区における外国語超短波放送局の予備免許
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/25/1025-2.html
木下グループ・名古屋地区における外国語超短波放送の予備免許取得に関するお知らせ
http://www.kinoshita-group.co.jp/news_all/2013/10/25_093928.html
スポンサーサイト

テーマ:FMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

東海ラジオ2013年10月改編
 普段から番組編成を大きくいじらない東海ラジオが、この10月改編で大きくいじってきました。

 これだけ大きく動くのは、当時昼のワイド番組だった「かにタク言ったもん勝ち」と同じく夕方のワイド番組だった「宮地佑紀生の聞いてみや〜ち」を、それぞれ午前ワイドと昼ワイドにところてんの如くスライドさせた1998年8月改編以来かと思います。

 まず、WEB上での評価も良いのは、土曜日午前の「天野良春リアル」「小島一宏1週間のごぶサタデー」の時間拡大。パーソナリティの個性が活きてきたのが好評価の要因と思われます。特に小島さんの番組は枠拡大要望が多かったとも聞きます。

 一方で賛否両論なのが『矢野きよ実・山浦ひさし 太陽とバナナ』

 これまでの「源石和輝 モルゲン!!」と「かにタク言ったもん勝ち」のそれぞれ8時台・9時台の枠を割譲し、割り込むようにして新しいワイド番組枠としてスタート。既存リスナーの間からは大ブーイングの嵐の様です。私も2週間ほど聞いていましたが、離脱しました。やはり朝8時台には、ほんわかトークより情報が欲しいです。しかも、枠2時間なのに箱番組が随所にあって、話す時間は正味1時間15分。フリートーク可能な時間は、ほんの僅か。
 特にガッカリしたのは、「話して欲しいテーマを募集します!」などとラジオパーソナリティが平然と語る軟弱ぶり。話してリスナーを唸らせるのが話し手。それをこなして、初めてプロのパーソナリティじゃないのか。それを棚に上げてこのグダグダぶり。平日朝8時の東海地方で、またしてもラジオ難民発生です。

 どうして、東海ラジオはリスナーの聴取習慣をぶった切るような改編をしてしまったのでしょうか。しかし、その背景には東海ラジオの思惑が読み取れる部分があります。
 矢野きよ実さんのブログによると、番組の企画自体は数ヶ月前から進んでいたとのこと。つまり、東海ラジオは今年の早い時点で「モルゲン!!」「かにタク」の既存2番組について、何らかの決断をしていたということが分かります。
 「かにタク」の蟹江さんの体力問題は以前から気にしていました。ベテランとはいえ、平日帯を4時間もこなすのは相当な体力が必要です。ラジオ界全体を支配するパーソナリティの世代交代という課題に挑んだとすれば、これについては東海ラジオ編成部の「英断」じゃないのかと思える部分があるのは事実です。
 一方、問題なのは「モルゲン!!」。弊ブログでは「モルゲン!!」を毎日聴いていることから、陰ながら応援してきました。しかし、この番組に決定的にダメな要素が2つあり、改善の気配がありません。まず、スポンサーがつかない点。朝7時からAC3連発とか、どう見ても異常なスポンサー事情を垣間見ることが続いています。コーナーを細切れにしているのは番組にテンポを付けるのと同時に、スポンサーを入れやすい環境を整備する目的もあるかと思われます。しかし、その枠はガラガラ。たまに入ってもすぐに離脱する状況です。
 次に何が問題なのかは分かっているはずなのに、敢えて改善を加えず継続する企画力のダメさ加減とぬるま湯体質、産経新聞大好きな源石アナの右寄り思考の押し付けと、番組企画の見切りが悪い点。話し手が話すことを渋って曲をかけて時間潰しをするラジオとしての矛盾や、リスナーとの生電話で主導権を取られるのを恐れ、敢えてリスナーに話させない悪意のある構成、そして毎日決まって9人前後で引き揚げる街頭アンケートのやっつけ仕事ぶり。これでは製作サイドは楽しくても内輪受けで終わる、伝わらない自己満足な放送で終わってしまっている。それが最近のモルゲン!!の様な気がします。
 つまり、今回の改編での番組放送時間短縮は、実質的には打ち切り状態。でも、朝に担当する人がいないので、とりあえず継続だったのではないかと勘繰りたくなるほどです。週末の「ツイートバトル」で、東海ラジオ編成への当てつけと思しき「モルゲン!!時間短縮」テーマで意見募集する源石アナの情けなさには残念な思いがしました。同情票集める暇あったら、なぜ食らいつかなかったのか。プロセス関係無し。結果がすべて。それが競争社会の現実なのです。それに敗れたから、時間短縮なのです。
 10月からは、7時台が番組編成上隙間が無いため、6時台に時間を割いて投稿を読み上げたりニュースに噛みつくなど、エネルギーを注入する様になりましたが、名古屋は関東や関西と違い、リスナーも朝の始動が遅いので6時台にラジオにかじりつく人が一体どれだけいるか、半ば程度問題になりつつあります。この番組、Twitterを連動させているのは特徴なのですが、Twitter投稿を見ていても10月以降は投稿数が激減した気がします。読まれないから投稿しないという安直なリスナーもいるでしょうが、それ以前にリスナーの集まり具合そのものが悪くなった印象を持ちます。
 「ラジオきいてみた」という、名古屋のラジオ局による合同イベントを行っていますが、一般大衆にラジオをPRする暇があったら、まず足元を見てからにしろと言いたいです。「だから、モルゲン!!はダメなんだ!やれ!」

 随分脱線しました。とにかく大博打と思える今回の東海ラジオ改編。ラジオの行方を占う意味で重要な転換点になるかと思います。

テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。