名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年12月を送る
 いつも弊ブログをご覧いただきありがとうございます。
 あっという間に2013年も過去のモノになろうとしています。

 とりあえず、生きてます。

 ブログが開店休業状態ですが、書きたいことは山の様にあります。時間の使い方が下手なため、打ち込む余裕の無い情けない状況で本当にごめんなさい。12月は下旬に体調不良で救急外来へ飛び込むアクシデントもありましたが、何とか乗り越えました。
 そして、恒例の都道府県別アクセスランキング。今月は37都道府県からアクセスを頂きました。
 1位は愛知県でシェア51.9%。続いて東京都・岐阜県・三重県・大阪府・福井県・神奈川県・静岡県・長野県・広島県の順でした。福井県は12月31日に集中アクセスがあってのジャンプアップ。そういえば、夏の福井遠征のレポートまだ上げてませんでした。気が向いたら、公開しますね。

 ついでに2013年も振り返りますか。何と言っても、何度目かの転職を達成したことが今年最大のニュースです。ただ、転居を伴うもので17年ぶりに名古屋から岐阜の山奥にある実家へ戻ることとなり、得るモノがある反面、失ったモノもまた多い1年になりました。仕事も落ち着いてきましたので、そろそろ、ブログ更新にも時間を割いていこうと思います。

 今年一年、本当にお世話になりました。来年も弊ブログをどうぞ御贔屓に。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:今日のブログ - ジャンル:ブログ

岐阜新聞社のお家騒動
KIMG9720_convert_20131230212406.jpg
 メディアには、ある程度の公平性が求められます。しかし、メディアも企業ですから、社内での政治力や権力闘争は当然の様に存在し、その勝者によるメディアへの権力集中が報道にも色濃く反映されることもあります。
 特に新聞と放送局には顕著に現れるようです。有名どころでは産経新聞と鹿内一族の話や、ラジオ日本と遠山景久氏、山形新聞・山形放送と服部敬雄氏の話が知られますが、いずれも昔の話です。でも、地方では現在もメディアへの権力集中が顕著なところもあるようです。
 岐阜新聞と岐阜放送もそんなメディアの一つです。中日新聞による圧倒的なメディア戦略の下で一線を画する東海地方で貴重な非中日新聞系メディアですが、その内情は知れば知るほど、面白いメディア企業です。最大の特徴は1971年から40年以上、同じ経営者が君臨し、現在も折りを見て新聞紙面に動向が伝えられ、テレビやラジオの番組では「元新聞記者のスーさん」として登場することで存在感を示すオーナー企業であることです。今回、その企業内で発生したゴタゴタ事件を取り上げます。
KIMG9717_convert_20131230212302.jpg
 その情報は、突然発表されました(画像は2013年12月10日岐阜新聞朝刊より)。新社長に岐阜県最大の金融機関・十六銀行の前頭取を招聘するというもの。第一報を受けた感想は「それでも岐阜新聞・岐阜放送は変わらないだろうな」という程度のモノでした。なんせ、オーナーは新聞と放送局を掌握し、娘は新聞社の社主。メディアと言うと格好がよいのですが、このメディアグループは事実上の個人商店ですからね。
 銀行からの人材招聘。既に岐阜新聞には十六銀行からの役員が在籍しています(2013年12月10日中日新聞朝刊報道による)。今回は社長招聘。それは一般的に経営立て直しが目的では?と勘繰りたくなります。
KIMG9767_convert_20131231205007.jpg
 岐阜新聞は2012年9月期決算で売上高が62億9500万円、純利益が1億816万円(2013年12月10日中日新聞岐阜県版より)。岐阜放送は年間売上が25億円程度で、奈良テレビと並んで全国最小規模。しかも、岐阜放送はラ・テ兼営局であることを考慮すると厳しい数字です。ここ数年は毎年1~3億円程度の赤字なのだそうです。
 この一方に驚いたのが、岐阜の財界及び岐阜新聞以外のメディア各社。新聞社のトップに金融機関出身者が就くのは極めて異例のケースで、1994年8月に茨城新聞社に地元金融機関・常陽銀行の常務が登用されたケースがある程度だそうです。その背景には茨城新聞社の赤字による経営改善という目的があったと言われています(画像は2013年12月10日中日新聞朝刊岐阜県版)。岐阜新聞はどうだったのでしょうね。岐阜新聞は朝日新聞社から社長を招聘した時期もありましたが。
 茨城新聞社と岐阜新聞社。企業としての性格が良く似ているメディアとして出てきます。社説の文章がいつも非常に良く似ていることで、メディアに詳しい人の間では有名(笑)な新聞社コンビですが、まさか社長人事まで似てしまうとは。
KIMG9777_convert_20131231205214.jpg
 ところが、その新社長が在任4日で辞任する事態を迎えました。メディアでなくとも企業として、これは極めて異例の非常事態と言えます。背景には新社長招聘について財界や読者が懸念を示したと言われています。その問題とは一体何なのでしょうか?
 岐阜新聞以外のメディアがこぞって指摘したのは、「十六銀行顧問」「岐阜商工会議所会頭」に加え「岐阜新聞・岐阜放送社長」という要職に就くことで、岐阜県内において一人への権力の集中するのではないかという点や、記者の自由な取材活動や記事が書けなくなる恐れがあるという点です。
 しかし、そんなこと、この時代にありえるのでしょうか。甚だ疑問です。権力が集中するなら、その権力者による暴走は政界・財界・民間が阻止するのが現代の民主主義です。ましてや、岐阜新聞の県内購読シェアは2割です。確かにしがらみがあって書きたいニュースも書けないことはあるでしょう。岐阜新聞なら岐阜市内で行われる中日新聞花火大会を黙殺するように。だからといって、「うちの新聞購読しないと仕事できなくなる」なんて時代錯誤も甚だしい事態になるなんて、考えるレベルにも至りません。
KIMG9706_convert_20131230212049.jpg
 この件、岐阜新聞も消しゴムで隠せそうなぐらいの小さな小さなスペースで一応取り上げました(2013年12月13日朝刊より)。さすがにスルーするわけにゃ、いきませんわな。ただ、岐阜新聞は岐阜商工会議所会頭辞任について、この記事の10倍近いのスペースを割いて取り上げておりました。
KIMG9665_convert_20131230211828.jpg
 そして、翌日には早々と前社長の復帰を報じる岐阜新聞の節操の無さ(2013年12月14日岐阜新聞朝刊より)。これで分かりました。今回の社長人事は「親杉山派」と「反杉山派」によるお家騒動だったのだということ。その収拾の為に新社長と共にオーナーである杉山会長も岐阜新聞を退任しているわけですが、岐阜放送の会長は継続。したがって、「元新聞記者のスーさん」はいつも通りにテレビ・ラジオに出てくるわけです。また、建築士の娘が社主であることから、岐阜新聞への杉山氏の影響力も残ったままです。
KIMG9658_convert_20131230211652.jpg
 岐阜新聞と友好関係にあると言われる朝日新聞も、今回ばかりは守り切れずに取り上げています。
 こういう記事を読む度に思うのは「経営者の引き際がいかに大切か」ということ。守りたいのは「企業」なのか、それとも「富と権力」なのか。本音は後者でも、経営者なら社員の幸福を最優先せずに暖簾を守ることはできないのです。経営を担って40年以上も経つと、その意識が希薄になってしまうのだというのを今回のケースでも感じます。
KIMG9761_convert_20131230212750.jpg
 帰ってきた元社長によるお詫び記事。これまた異例です(2013年12月15日岐阜新聞朝刊より)。今回の件について、WEB上でもブログ等で取り上げる動きがありましたが、岐阜の企業における単なるお家騒動なのに、銀行がどうとか名古屋資本がどうとか的外れな指摘が目立つので、読んでいて少し驚きました。
 岐阜新聞・岐阜放送を考える上で、杉山氏の視点で岐阜新聞・岐阜放送の歩みをまとめた「ふるさと岐阜に育てられ」という本を読むと、岐阜新聞・岐阜放送を支えた原動力が何だったかを知ることができます。ただ、昔気質な岐阜の経営者。「オレが、オレが」と行っちゃうんですよね。それが個人商店のままで企業を大きくしてしまい、86歳まで先頭を走り続けてしまったのではないかと思います。助言してくれる人も誰もいない、典型的なワンマン状態だったわけですね。そういえば、スーさん。娘婿なんですね。今回の報道で初めて知りました。
 碓井社長は、この記事で「岐阜新聞を再生させたい」と述べています。メディアという公器として、個人商店からどの程度岐阜新聞を再生し進化させられるか、近い将来その成果が問われることでしょう。
KIMG9765_convert_20131230212900.jpg
 「何という国だろう」という冒頭文で12月15日の岐阜新聞朝刊1面コラムには北朝鮮を批判する文章がありますが、北朝鮮を叩く以前に「岐阜新聞社は何という企業なんだろう」と思った読者や岐阜県民がいたかと思います。岐阜新聞社が企業としてどこまで再生できるか。その行方をこれからも見つめていきたいと思います。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

ユニーグループの電子マネー「ユニコ」研究
uniko.png
 11月21日よりユニーグループが自社グループ内の電子マネー「uniko(ユニコ)カード」を発行し、アピタ・ピアゴ・ユーホームの直営売場での利用が始まりました。アピタ・ピアゴ・ユーホームの228店舗で利用可能らしいです。
 既にWEB上など各所で話題になっているのは、「電子マネー」と謳いながらセブンアンドアイホールディングスの「nanaco」やイオングループの「waon」のような非接触型ではなく、1世代前のプリペイド型磁気型電子マネーを導入したということです。流通では西友で導入実績がありますが、ほとんど話題にもなりませんでした。デビットカードもこの類型ですが、いまや話題にもなりませんね。
 これを「今更、磁気型で電子マネーと名乗るとは」「田舎企業のユニーらしさ」「他チェーン追随目的だけの行為」「unikoからiを取れば、unkoカード」などと揶揄する論調も一部で見られます。
 しかし、ユニーグループは非接触型電子マネー導入については、コンビニ業界では異例の速さでサークルKサンクスで「Edy」を導入し、その後アピタ・ピアゴ等でも導入した実績があり、Edyを搭載した「カルワザクラブ」という独自のカードを発行しています。電子マネーについてのユニーグループの取り組みは、流通業界では先駆者ともいえます。
 そのユニーグループが電子マネーuniko(以後、ユニコと略します)を、なぜ1世代前の磁気型にしたのかは大きな疑問ですが、中日新聞報道によれば導入に100億円もの予算をかけているそうで、そこにユニーグループの良く言えば「したたかさ」、悪く言えば「思想の貧しさ」がハッキリと見えてきます。そこを読んでいけば、ユニーの考え方が見えてきそうです。

 それでは、ユニコの概要に迫ります。
・事前に現金をチャージ(限度額50,000円)して利用する。
・カードでのチャージはUCSカードを含め、一切不可。
・店内でのチャージ機以外でチャージは不可。レジでも非対応。
・200円(税込)の買い物ごとに「ユニコポイント」が1ポイント貯まる。
・500ポイント貯まると、自動的に500円分の電子マネーが還元される。
・ボーナスポイント商品や毎月第2日曜日2倍ポイントデーの設定あり。
・5%オフ感謝デーや特別感謝デーでユニコ支払いで割引が受けられる。
・ユニーグループ以外での互換性一切なし。
・来年秋にサークルKサンクスでも導入予定。

 面白いのは、ユニコ決済をする場合は、一度店員に「ユニコ」を渡す必要があること。デビットカードと同じシステムです。もし、レジ店員のミスでカード残金全額など過剰にお金を引いてしまった場合はどうするのでしょうね。
 また、電子マネーを使うに当たって重要なチャージ機が1台しかない店舗が多く、ユニーグループが本気でこの事業に取り組んでいるのか疑わしい一面もあります。
 気になるのは、ユニーグループのハウスカード「UCSカード」客にもユニコ移行を促している点。これまで、カード会員にはカードを提示しクレジット決済でなく現金決済も可能にし、更に5%オフなど割引も適用する懐の強さを持っていました。これには東海地方独特の現金主義者の多さから、クレジット決済が伸びないと予想した当時の予測が影響しています。
 今回、ユニーグループは上得意客のカード会員に対し、現金支払いによる割引制度を廃止し、ユニコの利用で5%オフを保証することで無理矢理ユニコを持たせようとするところに、一部の既存会員から困惑の声が出ているようです。

 ユニーグループはこういうことを平然とする傾向がある企業体で、かつても東海地方で十分に浸透していた「ユニー」と「ユーストア」を無理矢理合併させて「ピアゴ」に名称変更して消費者を混乱に陥らせた事を思い出します。

【参考】弊ブログ「昔の名前で出ていますピアゴ改名初日」(2009.02.21)
http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-315.html

 結局、「ピアゴ」という名称がなかなか普及せず、近年開店・改築した店舗では「UNY」と目立つところにロゴを啓示せねばならないほどの体たらくぶり。

 「垢抜けない」こんなところに、名古屋の企業らしさを感じずにいられません。ただ、この「ユニコ」にはユニーらしいしたたかさを感じる部分があります。
 その最たるものはユニーが「ユニコ」を壮大な集金システムにしていることです。電子マネーはデポジット料金(=預り金)を運用する話は有名ですね。しかし、その相互利用化の進行は導入企業間での金銭のやり取りをより煩雑にしつつあります。一方、「ユニコ」には互換性がないため、集まったデポジット料金(100円)に限らず、チャージされたお金も基本的に自社グループ企業に集まる、極めて合理的なシステムになっています。その方針は普通の囲い込みのレベルではないのです。
 2014年秋には全国のサークルK・サンクスでも利用できるようになり、ユニーでは2013年2月度末までに会員数90万人、5年後の2018年には会員数430万人、カード利用率55%を目指すそうです。しかし、イオングループのwaonに比べポイントとしても魅力が薄いので、もう少し手を加えてもらわないと「使えないカード」になるかもしれません。

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

過矯正
 私、視力0.1未満の近眼でメガネ歴約20年になります。先日、酔った弾みで転んだようで、レンズに傷が入ってしまいました。外回りをする身として、傷がハッキリ見えるメガネで仕事ができません。今のフレーム「999.9(フォーナインズ)」は気に入っているので、「フレームはそのままでレンズだけ交換希望」という条件でメガネ店を訪ねることにしました。
 ところが、レンズ交換だけとなると売上に直結しないのか、チェーン系を中心に嫌がる店舗が多いのに驚き。また、引き受けたとしてもレンズ2枚で5,000~18,000円と店舗により料金格差があることが判明しました。メガネって、使う者にとっては生活必需品なんですよ。その修理でここまで差が出るのはどうかしてます。
 メガネ業界も自転車業界と同じで、競争激化の末に粗製乱造・売りっ放しでアフターケアの弱い店が多い構図は同じで、修理などアフターサービスで稼ぐ視点が欠落している業界ですね。
 そこで、お店の場所やレンズの取り寄せで納品まで時間のかかる・かからないなど諸条件を考慮し、レンズ2枚7,500円の店で決定。
yjimage2.jpg
 では、視力検査に挑みます。メガネを使わない方向けに、画像を用いて説明しましょう。まず、最も良い視力を出すにはどの程度の度数が必要か、屈折度数の計測します。数値に若干の誤差が出るので、通常2~3回繰り返して計測します。
yjimage.jpg
 はじめは絵がボケて見えているのですが、徐々にクッキリ見えてきます。その時の度数が適正な数値なのですが、やや強めに出ることが多いようです。結果はレシートのような紙に印字されて出てきます。
 ここで店員さんの表情が曇りました。その時は理由はよく分かりませんでしたが、後に理由が判明します。
yjimageCAHBBYT0.jpg
 次に、この機械で細かい部分まで計測を行います。
132_02.gif
 左の画像はレンズをあてがい、赤が明るく見えると近視、緑が明るく見えると遠視気味となります。そして、右手の放物線がどれも同じように見えるかの確認。私はいつもこれが苦手です。

 店員さんがポツリと一言。

「過矯正です。」

 店員さんはあらかじめ私のメガネのレンズを見て度数を調べており、その数値との誤差の大きさで判断したそうです。つまり、これまでのレンズは度数が強すぎたとうこと。最近、スマホをいじる際に目が疲れることが多く、裸眼で触っていると「もう老眼ですか?」などと周囲から言われることもあり、最近少し困っていたのですが謎が解けました。
 レンズの度数は強くすればよく見えるかといえば決してそうではありません。度数が弱いとよく見えませんが、逆に強すぎてもよく見えないのです。他人のメガネを借りても、よく見えないのはそのためです。その塩梅を調べて自分の状態に最も適した度数を設定せねばなりません。
 店員さんのアドバイスで、これまでの近視の度数-4.75Dから2段階下の-4.25Dのレンズに変更。レンズの度数を下げたのに矯正視力は逆に上がり、2m用の視力検査で0.8はおろか1.2までしっかり見えたのは、ちょっとした感動モノでした。これまで、1.0が見えるのがやっとでしたから。ただ、矯正視力1.2ではパソコンなどのデスクワークで目が疲れるので、近視はもう1段階弱い-4.00D、乱視の方も1段階弱い-0.25Dでレンズを決定しました。 その後の経過は良好。悩んでいた頭痛の発生頻度も少し減るなど、副産物も出ています。

 視力測定はたまにはすべきなのでしょう。しかし、メガネ店の店員はベッタリ接客する人が多く売り込もうとする気配がミエミエで非常に苦手なので行きたくないと思っていました。ただ、今回のように相談の出来る店員に出会えることができれば、そのイメージを変えることができるのかもしれません。メガネ店へのイメージを改める良い機会となりました。

テーマ:メガネ・サングラス - ジャンル:ファッション・ブランド



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。