名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CBCラジオ14年ぶりの夜ワイド復活に思う
 毎年、4月と10月の年2回、テレビとラジオは番組編成を大きく入れ替えます。その内容の結果に視聴者の一人として一喜一憂するのですが、ここまでハッキリと意見している番組への意見を久し振りに見ました。

KIMG0267_convert_20140614232304.jpg
 4月半ばの中日新聞朝刊より。
 
 今年の4月改編で、CBCラジオは14年ぶりに平日夜に自社制作による夜の若者向けワイド番組を復活させました。昨年11月に「伝説の深夜ラジオ復活祭」という企画を行い、20年前を彷彿させる深夜ワイドへの哀愁と復活の気配を感じてはいましたが、いざ復活させるとしても14年も続けた情報路線からの転換は、CBCについてきたリスナーへの動揺を与えるものであり、またリスナー不在の論理でリスナーを切り捨てるのかのかという残念な思いを感じずにはいられませんでした。

 それまで続いていた夜ワイドを打ち切り「大人のラジオ」を標榜した14年前、私はCBCラジオへの大きな失望を覚えたリスナーの一人でした。ただ、CBCが幸運だったのは代わりにネットを開始したTBSの番組が情報系番組であったことです。黒船として名古屋のラジオに乗り込んできた番組で十代リスナーの大半は失いましたが、逆に中高年層のリスナーをつなぎとめることはできたわけです。当時は自主路線への批判が多く、東京の番組をネットするのが喜ばれた時代で、東海ラジオもターゲットは若者のままで追随しましたが、キー局であったニッポン放送の凋落によって深夜帯がボロボロになってしまい、現在はニッポン放送と文化放送の番組を垂れ流す状態です。

 夜の若者向けワイド番組は、若手局アナにとっては持って来いのスキル・キャリアの叩き上げの場で、CBCもそれまでは伝統的に若手アナが担当し、ノウハウが継承されていました。しかし、その断絶から14年。果たして夜ワイドは復興できるのでしょうか?既にCBC常連リスナーの投稿は読まないなどの線引きは行っているそうですが、十代の若者にとってラジオが非常用品の一つでしか位置づけられていない状況で、新たに夜ワイドのラジオを定着させるのは並大抵のことではないと思います。

 私も「荻上チキsesson22」は良く聴いていましたのでネット打ち切りは非常に残念ですが、幸いに「radikoプレミアム」を利用し、東京TBSを聴けば問題は解消できるようになり、仮に聞き逃してもポッドキャストで楽しむこともできるので、14年前のようなことにはなりませんが、今回も局の方針転換でラジオ難民を発生させたCBCへの怒りの声はくすぶっていることを、冒頭に出しました画像の投稿は示しています。
 ペンネーム「さよならCBC」。これにCBCは何を考え行動するのか、14年ぶりの夜ワイドで局の真価が問われます。
スポンサーサイト

テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。