名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「蛇抜け」南木曽町土石流災害
DSCN0070_convert_20140915170429.jpg
 7月9日午後5時40分頃、長野県南木曽町読書の梨子沢で猛烈な降雨による大規模な土石流が発生。南木曽町によると、今回の土石流は梨子沢を中心に縦約250メートル、横約150メートルの範囲を覆い、住宅5棟が全壊し、9棟が半壊や一部損壊。中学1年生の12歳の男の子が犠牲となりました。
 7月21日、現地の様子を見に行ってきました。読書は南木曽町の中心部。国道19号は既に土砂の撤去作業も終了していましたが、松本方面へ向かう際、現場のすぐ脇には…
DSCN0069_convert_20140915170534.jpg
 そこには目を覆いたくなるような光景が広がっていました。
DSCN0068_convert_20140915170519.jpg
 JR中央西線の鉄橋も流され、復旧作業に追われる作業員の方々。
DSCN0061_convert_20140915170410.jpg
 木曽川対岸より撮影。梨子沢の右岸が徹底的に破壊されているのが分かります。
DSCN0059_convert_20140915170349.jpg
 画像手前の土砂の塊に注目。これが梨子沢の土石流。これだけの土砂が一気に押し寄せたわけです。
DSCN0072_convert_20140811001629.jpg
 国道19号の歩道には、片付けられていない土砂や流木が残っていました。
DSCN0074_convert_20140811001648.jpg
 JR中央西線の復旧作業が進められていました。
DSCN0078_convert_20140811001706.jpg
 JR中央西線は旅客に限らず、石油輸送という重要な貨物列車輸送があるため、その復旧は閉塞状態となる長野県にとっては一刻も早く必要なものでした。
DSCN0100_convert_20140811001942.jpg
 流木は下流まで流されているようで、現場から下ると所々で見かけました。
DSCN0090_convert_20140915170549.jpg
 集落内の撮影は自粛しましたが、土ぼこりが舞うなかで片付けに追われる地元住民の方々の姿が見られました。
 南木曽町は面積の9割以上が森林で、過去もたびたび土石流に襲われてきました。地元では「蛇抜け」と呼ばれ、教訓を伝える石碑があります。6人が犠牲になった1969年の土石流の後、梨子沢には砂防ダムが三つ整備されたが、10日の国土交通省の調査ではうち二つは満杯になっていたという。これが無ければ、もっと被害が出ていたと思うとゾッとします。
 南木曽町は山の谷筋に位置し、土石流の起こりやすい場所。土砂災害の繰り返しでできた地形ですので、地元住民の防災意識が高かったというのも今回の災害における注目すべき点と言えます。気象台の発表とか、自治体の避難勧告発令の問題を指摘する声もありましたが、結論から言えば「自分の身は自分で守る」。これを徹底するほかに手段はありません。
スポンサーサイト

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

JR中央西線列車代行バス
DSCN0036_convert_20140811000917.jpg
 7月9日、長野県南木曽町の梨子沢で台風8号の影響で起きた土石流でJR中央西線の鉄橋が流出し、坂下(岐阜県中津川市)~野尻(長野県大桑村)間で不通となりました。JR東海は中津川~上松間で列車を4日間運休し、7月14日始発から坂下~野尻間で代行バスを14日から運行する一方、早い時点で「復旧まで約1ヶ月」と明言し復旧を急いだ結果、8月5日に工事を完了し、翌6日より約1ヶ月ぶりに通常ダイヤでの運行を再開しました。
 JR東海は運休期間中は約20万人の足に影響し、特急の運休で8億円の減収を見込んでいるそうです。また、中央西線は長野県方面への石油輸送も担っており、鉄橋流出により石油会社が関東からに切り替えるなど、対応に追われましたが、四日市からの輸送に全面依存していたコスモ石油だけは大変だったそうです。
DSCN0038_convert_20140811000941.jpg
 坂下駅前。代行バスは坂下~野尻全区間走行する場合は2両、それ以外(坂下~南木曽区間便)は1両で対応していたようです。なお、朝夕は積み残しが何度かあり、積み残しが発生するとすぐに続行便が救済する体制を取っていたそうです。担当したバス会社は東濃鉄道・花バス観光・アップルキャブなど。地元の北恵那交通やおんたけ交通が参加していないのは、車両と運転士の余裕がなかったのでしょう。
DSCN0051_convert_20140811001015.jpg
 田立駅。坂下駅を出たバスは最短距離で線路沿いの県道6号が大型バスが走れないため、一旦国道19号へ出てから大回りして南木曽町田立地区へ向かいます。そのため、15分程度かかります。
DSCN0042_convert_20140811000959.jpg
 JR田立駅。約1ヶ月運転の無い線路は既に錆びていました。
DSCN0054_convert_20140811001034.jpg
 代行バスの南木曽駅停留所は駅から離れており、更に歩く必要がありました。
DSCN0091_convert_20140811001853.jpg
 電車が来ない南木曽駅。駅前で待つタクシー運転士さんや駅前の土産物屋さんの心中やいかに。
DSCN0094_convert_20140811001908.jpg
 駅に電車は来ないものの、営業時間には駅員さんがいたようです。ただ、改札口は固く閉ざされている点が、通常の運行状況でないことを示しています。
DSCN0084_convert_20140811001738.jpg
 野尻駅の代行バス乗り場は大型バスが乗り入れできないため、野尻駅から10分以上歩いた国道19号沿いのデイリーヤマザキの駐車場にありました。
DSCN0081_convert_20140811001723.jpg
 ここから野尻駅までのシャトルバスがありました。JR東海の案内には一切載っていませんでしたので驚きでした。担当していたのは南木曽観光タクシー。バス乗り場を提供したデイリーヤマザキはきっと特需だったに違いありません。
DSCN0085_convert_20140811001757.jpg
 野尻駅までマイクロバスに乗って、ようやく松本行の電車に乗り換え、という中央西線代行バスのレポートでした。

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。