名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

投票権18歳引き下げ
 選挙権年齢を現行の「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法が成立しました。昭和20(1945)年以来70年ぶりのの参政権拡大です。来夏の参院選から適用される見通しで、18~19歳の約240万人が新たに有権者に加わることになります。
 ただ、18歳で政治に対する正しい認識や思想がきちんと形成されるのかは疑問です。20年前、通っていた予備校の大教室で国政選挙に合わせて模擬投票のような選挙ごっこをしたことがあるんです。すると、最も支持された政党は自民党でも社会党(当時)でもなく、「スポーツ平和党」でした。当時の若者に政治を真剣に考えることはできず、知名度のある人に流される結果に終わり、選挙権の18歳前倒しなんて、絶対にしたらアカンと嘆いたものですが、ある程度の情報を各個人で収集できるようになり、時代も変わったと言うべきなんでしょうね。
 ただ、親の言いなりで投票する相手を決めるなんてことにならないように、しっかりと見極めることのできるように若者にはしてもらいたいものです。地方選挙、特に市町村の議会議員選挙では、この人たちの動向によって左右されることもあるような気がします。
 関心が薄い政治への興味・関心を促し、低迷する投票率を伸ばす切り札になるのでしょうか?せっかく、与えられた選挙権。その権利をきちんと行使してほしいものです。
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

社内規則に見る企業体質
KIMG2276_convert_20150621225048.jpg
 JR東海という会社は本当におかしな企業だといつも思います。その企業体質を象徴するニュースがありました。
 今年5月末、愛知県幸田町のJR東海道線で、新快速列車の運転士が熱中症でダウンし電車の運行を中止し、救出に向かった車掌も熱中症で救急搬送されたという報道が紙面を賑わせました。そこで明らかになったのは、JR東海では、
電車の運転士や車掌は真夏の屋外作業でも上着・ネクタイ着用
乗務中の水分補給は指令所の許可が必要で、常務後に場所・理由・乗客の苦情の有無の報告が必要
という、クールビズの時代にまるで時代錯誤の社内規定が厳格運用されていたことでした。JR東海曰く、それが乗務マナーなんだそうです(笑)。
 ここまで記事になるなら、少しは変わるかと思いきや、6月11日の新聞報道によると、JR東海の社長は
運転士や車掌はあるべき服装や姿で運転しなければならない。遠い昔はパンを食べ、ジュースを飲みながら運転し、お客様にお叱りを受けた(中略)運転中の携帯電話がダメなのと同じ。安全に関わるので乗務に専念しなければならない
とまるで反省の姿勢が無いコメントしており、現場業務経験の少ないエリート社員らしい残念なコメントだと呆れておりました。遠い昔って、何十年前のことなんでしょうか?
 そんなJR東海が、「人身事故や車両故障での作業、その後の乗務、発車前の車外点検等に限り」という条件付きで上着を脱ぐことを認めたそうです(画像は2015年6月21日中日新聞朝刊より)。
KIMG2261_convert_20150621224951.jpg
 ここまで厳格に規定するということは、JR東海としては上着着用は貫きたい、気候変動に対して対応する現実的な姿勢に転ずる考えが無いのでしょう。近年は5月や10月でも暑い時がありますからね。まったく、現場意識が無い人が仕切るとこうなるという典型的な例ですね(画像は2015年6月11日朝日新聞朝刊名古屋本社版より)。
 勤務中の水分補給に慎重になるのは、国鉄時代に乗務中の飲酒に起因する重大事故があったそうです。しかし、そんな職員は氷山の一角であって、大半の職員は日々真面目に業務をこなしているのですから、もう少し社員を信用してあげればよいのにと思います。
 こういうJR東海の企業風土・体質が、利用者への細かいサービスや配慮に欠ける言動の一端となっているのだと思うと妙に納得がいくところがあります。そりゃ、熱中症スレスレの体力・精神状況で乗客対応をしたところで、余裕の無い状況で荒っぽくなるのは自明なわけで。そりゃ、JR職員の態度が冷酷かつ傲慢に見えるケース、良くありますからね。
im_main_convert_20150621233709.jpg
 そういえば、JR東海にはグループ企業にJR東海パッセンジャーズという企業があって、弁当に加え飲料の販売事業部門があるんですよ。どうして、自社製品を現物支給しないのでしょう?カネもかからないというのに。本当に硬直した組織だと思います。
 現場の職場環境の悪化が乗客の安全性に影響を及ぼす、事業の公共性をもっと自覚して欲しいと思います。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース