FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

ついに「東美濃ナンバー」推進派の本音が出た!
higasimino20180426.jpg
 既に全国に恥をさらしている、岐阜県東濃地方の「東美濃ナンバー」問題(画像は2018年4月26非中日新聞朝刊「東濃」より)。
 岐阜県知事から「住民の合意形成を急ぎすぎている」とご当地ナンバー導入自体の懸念も跳ね返して、むりやり国土交通省にゴリ押しした「東美濃ナンバー」。9月28日までの半年にも及ぶ延長戦が始まりました。全国のご当地ナンバーでここだけの大恥で、国土交通省の業務にも支障をきたしている税金の無駄遣い行為です。
 多治見市で4月25日の東美濃ナンバー実現協議会で住民意向再調査の予算が計上されていないことから、瑞浪市の水野市長が「賛成意見が50%を超えたという確証を持って申請するものでなければならない。周知の機運も高まらない」、多治見市の古川市長も「住民の意向調査をすべて避けるのは困難」と述べたところ、協議会の会長でバロー会長の田代正美氏から耳を疑うような発言があったようです。それがこの発言。

「(自治体は)市民の反応を気にしすぎている」

 ついに出ました。これが東美濃ナンバー推進派の本音です。東濃・可児40万人から噴出している反対意見はどうでも良い。「観光振興」という建前上、自分たちの商売にとって利益になればそれで良い。東美濃ナンバーが嫌なら東濃・可児から出て行けば良い。そういうことなのでしょう。会長の田代氏は神奈川県の出身だそうで。だから、別に東濃や可児がどうなろうと関係無いんでしょうね。地域愛がまったく無いから、自分の都合の良いようにやっているわけで。強行・強制することでしか権威を誇示できないわけですね。器が小さいわ。


 ところで、この推進派ジジィたちの言う「観光振興」とは一体何なんでしょうか? 今回の協議会での声明文が手に入りました。
01EPSON384_convert_20180624020007.jpg
02EPSON385_convert_20180624020025.jpg
03EPSON386_convert_20180624020102.jpg
 突っ込みどころ満載で、呆れてモノが言えません。東美濃ナンバー実現協議会のジジィたちの発想がいかにお花畑で、商売の感覚が1980年代で思考停止しているのがハッキリと示しています。記載内容に突っ込んでみます。

『日帰りより一泊、一泊より二泊』
→日帰り観光すらまともに成立していないのに、東濃・可児で二泊も足止めさせるのは、監禁でもしないと成立しないぞ。

『この地に訪れる観光客の皆様に一円でも多くのお金を使って頂く』
→観光バス1台分の客が街を散策しても、多くの商店主が個人経営で日銭商売。バローとピアゴしかない地域でいったいどの程度の臨時収入になるのやら。その程度の収入もあてにしないと成立しない商売というのは、客を待つ以前に経営が破綻してないか?

 東美濃ナンバー実現協議会のジジィたちは、本当に経営者なんでしょうか? ド素人が見ても明らかに商売勘の無い発想です。彼らの言う「観光振興」とは、どの程度の規模で考えているのでしょうか? 東京ディズニーリゾートやUSJ、ハウステンボスでも誘致するつもりなんでしょうか? 岩手県の三陸沿岸や静岡県浜松市は、NHKの朝ドラや大河ドラマの舞台でご当地ナンバーなんて使わなくても、これ以上の経済効果が出ていますよ。

『美濃の名称は「古事記」や「源平合戦」にも登場する。』
→美濃は登場するけど、「東美濃」は出ていませんが? 東美濃は見つからなかったのか? そもそも、「~であったとみられる」と書かれるような存在自体がわからない古代の文書や、お侍さんの時代の文書があれば正しいということ自体がおかしい。著者は地元の人間ではないのだから、美濃の地理に詳しいとは限らない。

 こじつけがひど過ぎて、読んでいるのもアホらしくなります。こんな文章で「東美濃ナンバー」に賛同してもらえると思っているのでしょうか?ますます、東美濃ナンバーに対して反対の意志を強くするだけです。
スポンサーサイト

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル:地域情報

「東美濃ナンバー」問題、全国へ2
yjimage_20180529010131962.jpg
 「岐阜県の恥」から「日本の恥」に成長しつつある、岐阜県東濃地方の「東美濃ナンバー」問題。
 これまで、中日新聞や岐阜新聞など地元の新聞にはたびたび取り上げられながらも、岐阜県東濃・可児の40万人が燃え上がらせている怒りの炎は岐阜県からなかなか外へ出なかったのですが、CBCテレビ「イッポウ」での報道により、ようやく東海3県に問題の真相内容が広がりつつあるのですが、この動きを全国紙である朝日新聞が社会面で取り上げてくれました!

 いよいよ東美濃ナンバー問題の恥ずかしい内情や時代錯誤も甚だしい推進派の愚かさが、笑われる対象として全国に広がろうとしています。

DSC_2128_convert_20180527175025.jpg
 4月26日朝日新聞朝刊の記事。これは名古屋本社版。「踏めないアクセル」なる中途半端なサブタイトルで東美濃ナンバー問題を叩き斬ってきます。しかし、このタイトルには疑問を感じます。アクセルを踏むのは一体誰なんでしょうか?住民?行政?それとも東美濃ナンバー推進派?この場合、アクセルを踏むべきなのは愛車にナンバーを付けて走る地元住民ですよね。このタイトルには地元住民への悪意すら感じます。
 朝日新聞名古屋本社は推進派に対して「忖度」していたのでしょうか?
 これをTwitterで紹介したところ、関東地方在住の方から情報をいただきました。「こちらではもっと激しいタイトルで記事が書かれていますよ」って。
higasimino20180426_convert_20180529010231.jpg
 同じ日の朝日新聞東京本社版。

「東美濃」ナンバー「半数、反対。」

 見事なセンスです。爆笑させていただきました。このタイトルの方が断然読者に伝わります。地元で実際は6割反対とも8割反対とも言われています。この記事で朝日新聞は関東・甲信越・東北に配信されたそうで、岐阜の山奥でいかにレベルの低い問題で地元住民が困っているかを、東日本の方に理解していただきたいです。
 東美濃ナンバー反対運動に皆さんのお力を貸してください。
 守ろう!東濃の誇りを!
残そう!次の世代に東濃の美しさを!
地域愛の無い奴らの横暴・反民主主義行為を許すな!

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

残念「太田和彦のふらり旅いい酒いい肴」終了。
sakabahourouki1.jpg

 歳のせいでしょうか。最近、旅行番組や居酒屋番組を見ることが増えました。特に面白いのは居酒屋番組。少し前まではTVで酔っぱらうのはタブーみたいな風潮が残っていて、年末年始の生放送特番で泥酔する芸能人に苦情が殺到していましたが、居酒屋で楽しく飲んでいる姿が視聴者に酒呑みの愉しさを伝えられるようになったことで、このジャンルも市民権を得つつあります。
 私も岐阜の山奥へ引っ込んでしまって数年。名古屋の居酒屋を回っていた頃が懐かしく、見入ってしまいます。
sakabahourouki2.jpg
 居酒屋番組を代表する番組と言えば、何といってもBS-TBS「吉田類の酒場放浪記」です。「月9」といえば、少し前まではフジテレビのドラマでしたが、今は「俺たちの月9」として君臨しています。この番組から派生したのは「おんな酒場放浪記」や「夕焼け酒場」(いずれもBS-TBS)。更には「美しき酒呑みたち」(BSフジ)に「離島酒場」(トゥエルビ)。
 居酒屋番組はBSから地上波にも派生しており、「博多華丸のもらい酒みなと旅」(テレビ東京)、最近では「ダウンタウンなう」(フジテレビ)でも飲み歩き企画が流れています。
furaritabi1_convert_20180607005458.jpg

 しかし、残念なお知らせ。「吉田類の酒場放浪記」と双璧を成す居酒屋番組だった、BS11「太田和彦のふらり旅いい酒いい肴」が3月末の放送で突然放送終了していたことを知りました。
 確かに、居酒屋番組というジャンルを確立したのは「吉田類の酒場放浪記」ですが、太田さんは1990年代から居酒屋に関する著書を発表するなど、この世界の土台を作ったと言っても過言ではない方です。CSの「旅チャンネル」で「太田和彦の日本百名居酒屋」や「太田和彦のバーのある街へ」などの番組も面白かったですよ。CSなのでマイナーだったのですが、こちらも居酒屋番組では老舗です。
 「酒場放浪記」が15分で居酒屋1軒でテンポよくまとめる反面、「ぶらり旅」は1時間枠で地域の街並みを歩きながら2~3軒居酒屋巡りするパターンで、じっくりと落ち着いて見る番組でした。一人で居酒屋に行くときはこういう感じだよなって思わせる番組でした。「酒場放浪記」のように常連さんに乾杯して店内を回るようなこと、居酒屋ではしませんからね。吉田類さんは最近ベロベロに酔っぱらってしまうエンディングが増えていますが、太田さんはほろ酔い止まり。客に絡むことも少なく、「おひとり様」のカウンター呑みってこんな感じかなって、良い勉強になりました。最近は新作が出ず再放送ばかりだったのですが、ちゃんとスポンサーもついていたのに残念です。
 居酒屋番組の両巨頭である太田さんと吉田さんのコラボ企画、見てみたいですね。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

東濃鉄道、土岐市鶴里町・曽木町から撤退
soginakagiri1.jpg
 岐阜県多治見市のJR多治見駅と土岐市の曽木中切を結ぶ東濃鉄道バスの笠原線。東濃鉄道でも有数の長距離バス路線でしたが、3月30日の運行を最後に多治見市笠原町の羽根から土岐市曽木町の曽木中切間が廃止となり、土岐市でも最南部の鶴里町と曽木町から東濃鉄道の路線バスが撤退しました。昭和2年に笠原から柿野(土岐市鶴里町)までバスが走り出してから90年。多治見方面からのバスが無くなってしまいました。
 土岐市の鶴里町と曽木町。土岐市の最南部にあり、愛知と岐阜の県境に位置するエリアですが、道路が四通八達に伸びていたことから、各地とバスでつながっていた歴史があります。昭和2年から笠原との間にバスが走り出し、続いて駄知(土岐市)からもバス路線が伸びます。戦後になると国鉄バスが進出し、瀬戸から鶴里・曽木を通って明智までの長距離路線国鉄バス中馬線が開通します。鶴里・曽木から瀬戸(名鉄瀬戸線乗り換え)経由で名古屋へ1時間ほどで行けるようになります。昭和30年代に入ると豊田から柿野まで国鉄バス路線が進出、更に東濃鉄道が土岐津駅(現在のJR土岐市駅)から鶴里経由の三箇下(愛知県旧藤岡町)や上仁木(愛知県旧小原村)行きと、瑞浪駅から曽木経由の小原行きを開業し、バス路線の全盛期となります。
 しかし、バスの全盛期は短く、国鉄バスの豊田からの路線が数年で廃止。土岐から小原村までのバス路線は三河山間部に暮らす人が冬場の出稼ぎに土岐市下石・妻木の陶磁器工場へ通うために開設していたそうですが、産業構造の変化により豊田方面に通勤先を変え、県境を越える人がいなくなり廃止。そして、昭和62年に国鉄バス中馬線が廃止。東濃鉄道のバス路線のみになります。
 昭和から平成に変わる頃、土岐市駅から妻木経由で柿野までのバスが1日1往復、土岐市駅から肥田・東駄知経由の曽木中切行きが1日3往復、多治見駅から笠原柿野経由の曽木中切行きが1日5~6往復ありました。平成3年頃、土岐市駅からのバスが土岐市駅から妻木・柿野・曽木経由の駄知行きという、1路線に統合されますが1日1往復では誰も利用せず、3年持たずに廃止。多治見からのバス路線のみとなり、同じ土岐市内でも公共交通で往来できない状況が10年ほど続きます。
 その後、土岐市がコミュニティバス「市民バス」の運行を開始し、市内での往来手段が復活。平成28年10月から、東濃鉄道が利用者減少と回送運用コストを理由に曽木中切発の朝の便と多治見発の夜の便が廃止され、土岐市の市民バスにその役を渡して通勤通学者の輸送を放棄。この時点でバス路線としての安楽死がスタート。ついに複数自治体を跨ぐバス路線に対する補助金の受給レベル(1便当たりの利用者数が5名)に到達できなくなったことから今回の廃止となったようです。
DSC_1453_convert_20180527175148.jpg
曽木中切バス停(土岐市曽木町)
 曽木からは小学校に続き、バス路線も無くなってしまいました。同じ土岐市なのに、こんな地域もあります。
DSC_1440_convert_20180527175205.jpg
柿野温泉前(土岐市鶴里町)
 右の車庫は国鉄バス時代のモノらしい。現在は柿野温泉の旅館が使用しています。
DSC_0104_convert_20180526161756.jpg
DSC_0094_convert_20180526161730.jpg
 曽木町には逆さもみじで有名になった曽木公園や日帰り温泉のバーデンパークSOGI もあり、週末は近隣の観光客でにぎわうのですが、曽木中切バス停から日帰り温泉のバーデンパークSOGIまでは約2㎞離れており、バスでのアプローチが事実上不可能になっています。東濃鉄道のバス路線を伸ばせば、もう少し利用者が増えたはずですが、そこは国や県から補助金を受けているバス路線の性。路線延長となると赤字増額により補助額が増えてしまいますから、国や県が補助金増額に首を振ってくれるわけもなく、結局はバス路線も温泉もジリ貧になっていくわけです。
 東濃鉄道が撤退したのですから、土岐市の市民バスも鶴里・曽木のバス路線はバーデンパークを拠点に路線網とダイヤグラムを再編成すれば、少しはバスの利便性が上がるかと思います。土岐市の高齢者がディサービスの代わりに午前中は総合病院や土岐口の医者へ通い、午後からはバーデンパークへ通って温泉でくつろいで、夕方のバスで帰宅する。介護保険の世話になるより、楽しいライフスタイルが確立できる気がしますけど、土岐市民の皆さん、いかがでしょうか?
DSC_1574_convert_20180526170530.jpg
 今回のバス廃止により、復活した「羽根行き」。しかし、東濃鉄道でも基幹路線だった笠原線も運転本数が減ってしまいました。かつては多治見駅から10分おきにバスが出ていましたが、いまや1時間に2本が精々。バス利用者が激減している現実が垣間見えます。なぜ、バス利用者が減っているのか。実はバス会社側に原因があるということ、そろそろ気づかないとダメだよね。

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル:地域情報