FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

東美濃ナンバー実現協議会解散
IMG_f4n594_convert_20190217234902.jpg

祝!東美濃ナンバー実現協議会解散!

 1月30日に多治見市で行われた東美濃ナンバー実現協議会でご当地ナンバー「東美濃ナンバー」の実現が不可能になったことで協議会を1月31日付けで解散することが正式に決定しました。これにより、昨年9月より続いた東美濃ナンバー問題は一区切りついたことになります(画像は2019年1月30日中日新聞朝刊より)。
DSC_0304_convert_20190217234201.jpg
 この記事は中日・岐阜の地元紙に限らず、朝日・毎日・讀賣の各紙でも取り上げられています。

 今回、東濃・可児40万人の市民が地域の未来を案じて「東美濃」にNoを突きつけました。しかし、行政や商工会議所のアホどもはまだ「東美濃」に執着しているようです。岐阜新聞の報道によると、東美濃ナンバー実現協議会会長のバロー田代氏は、

『ナンバープレートは実現できなかったが「東美濃」は否定されていない』

と暴言を吐いたようです。「東美濃」の火はまだ燻っています。この種火を行政と商工会議所は中津川市にできる2027年開業予定のリニア中央新幹線新駅名で再び「東美濃」でリベンジすることでしょう。次の世代に東濃・可児地域の良さを伝えていくためにも、愚かな発想である「東美濃」思想の根絶させねばなりませんが、これにはもう少し時間がかかるものと思われます。
スポンサーサイト



テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

これからの篤志家とは?
 ZOZOTOWNの前澤社長がTwitterを通じてお年玉として、フォロワー100人に100万円をプレゼントするという企画が話題になりました。応募は前澤氏のTwitterのフォロワーになり、記事をリツイートするだけ。結果的に500万件以上のリツイートが集まりました。どうも、前澤社長自ら選考を行い、100人を決めたそうです。Twitter見ていると、本当に100万円振り込まれていたとの投稿も見られます。実は私も応募しましたが、ハズレでした。どうも、本名で登録、「〇〇したい!」などの夢をプロフィールや最新投稿で書いていた人に共通しているとのこと。そう言えばオレ、夢の話は投稿してなかったな。田舎で起業の話や作家デビューの話でもしといたらよかったかな?残念。


 しかし、困っている人や災害で苦労されている地域は日本国内にもありますし、ユニセフや日本赤十字社、赤い羽根募金とか社会福祉協議会など知名度も貢献度の高い窓口もあるというのに、なぜ前澤社長は今回「個人への贈与」を選択したんでしょう。

 根本的に寄付についての「不信感」というのがあり、寄付したお金の行方が不透明であるという問題があります。前述の名だたる窓口においても寄付したうちの何割かが事務経費など目的に反するところで充てられ、実際に現地で物資になって届くのは残りの…という事例は良くある話です。近年、日本でも自然災害が発生していますが被災地への物資の供給がうまくいかず、行政が公平性を盾に供給を統制するために被災者の手に届かないまま闇で廃棄されているケースもあるとのこと。


 おカネなり物資なり、本当に使って欲しい人に届けるためには滞留しる恐れがある中間窓口をすっ飛ばして直接渡した方が効果があるという考えはある程度理解できます。この手のニュースでは先駆者である高須クリニックの高須克弥先生もその考え方として知られます。お金というのは社会を動かすガソリンのようなもので、それが地域の中で「薄く平たく」循環することで経済が動き、幸福をもたらしていく。今回の100万円も各地で循環すると良いですね。
 

 少し前までの経営者は企業の上げた利益をまず社員に還元するという考え方が主流でした。東証1部上場企業など一部の勝ち組と言われる企業の社員がそれを謳歌した時代もありましたが、その多くは貯蓄に回り、社会に貢献したり経済効果を生むということは極めて限定的なものでした。社会への還元を考えるなら、不特定多数に撒いてしまった方が効果があるわけです。お金をためていても使わないと腐ってしまうわけです。100万円貯金したって、利息はいくらですか?普通預金じゃ年間で数十円ですよ。今回の100人がどんな使い方をするか気になるところですが、追跡するかは知りませんが。

 篤志家(トクシカ)という言葉があります。行政でも尻込みする社会奉仕・慈善事業などを民間サイドから熱心に実行・支援する人を指します。氏名の公表を控える人も多いのが特徴で、篤志家の皆さんの活動には頭が下がるばかりです。今回の前澤社長を篤志家に含めるかどうかというところは議論がありそうですが、高須克弥先生の前例もありますので、これからは前澤社長のような贈与を公言するタイプの篤志家が確立していくのでしょう。篤志家のパフォーマンスで終わらせない世論の盛り上がりも必要かと思います。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

インフルエンザ罹患、セカンドオピニオンの重要性
 皆さん、かかりつけ医はいますか?
 私は内科が地元・土岐市に1軒、耳鼻咽喉科は土岐市と名古屋に各1軒います。耳鼻咽喉科は通院頻度が多いのですが、平日は地元の医院へ診療時間内に行けないので、仕事に支障が無いように職場の近くで1軒開拓しました。

 新年早々、体調が悪かったので、1月5日に地元・土岐市の耳鼻咽喉科を受診すると喉が赤いですねと言いつつ、「風邪」で薬を出してもらったのですが、土日休み挟んでも症状が変わらないどころか筋肉痛で体中痛いは熱は上がるはで改善の予兆なし。週明けの1月7日、午後から声が出なくなり、夜に名古屋の職場近くにある耳鼻咽喉科を訪ねると体温38.0度。検査の結果「インフルエンザA型」に罹患していることがわかりました。医師に「これで仕事していたんですか?」って呆れられるほど。そりゃ、しんどいはずですわ。
 翌日、会社へインフルエンザ罹患を申告。職場でインフルエンザが蔓延しないように有給休暇を投入して、本日より事実上の出勤禁止期間に突入しております。

 今回、感じたのはセカンドオピニオンの必要性。医師の見立てがあてにならないこと。医師の診断を患者も多角的に見る必要があるということです。一応、患者からも必要な情報はできる限り伝えます。しかし、地元の耳鼻咽喉科は問診票の記載内容以外に深入りは一切なく、風邪か?と見ながら体温測定していないと申告しても体温すら測りませんでしたからね。子供騙しのような診療レベルの某中学校前の耳鼻咽喉科、大丈夫か?
 どうも、土岐市の開業医は見立てが悪い医者が多い印象が拭えません(ちなみに、私が通っている内科の某かかりつけ医は例外的に良質な医師だと思うが)。昨年も土岐口の某皮膚科で医師の見立て違いから皮膚炎の塗り薬で改善どころか逆に悪化するトラブルがありました。「この方法じゃダメでしたか。では、次の方法を」。本来なら、見立て違いなら謝罪の一言も必要じゃないでしょうか。仮にも初診代金を徴収しているのだから。医療だって、立派なサービス業。「生業」ですよ。土岐市じゃ来院する人数が少ないから、患者を2回来させて診療代金・健康保険をむしり取るのが、この片田舎の医療機関受診では医師側主導で商慣習化していないか、疑わしくなることが多々あります。
 近年、新しい街にまずできるのは開業医。住宅よりも早く増えるのが開業医です。土岐市は統廃合が噂される土岐市立総合病院からの医師の離脱が多く、片田舎なのに億単位の投資をして開業するケースが増えています。岐阜県東濃地方は人口に対する医師の数が非常に少ないのだそうで、身近なところに開業医が増えるのは住民にとっても良い傾向です。その債務のために大変なのはわかりますが、患者目線で物事を見られない殿様商売の医師が多いのが大変気になります。

 話を戻します。
 結局、土岐市でもらった薬は投薬中止、名古屋でもらった薬に投薬を切り替え、快方に向かいつつあります。インフルエンザの薬といえば「タミフル」。連続投薬による副作用でトラブルも多く、一時は問題となりましたが、最近は「イナビル」という吸入薬があるそうで一度吸入すれば症状が改善するのだとか。少し粉っぽいのですが、吸入して楽になりました。セカンドオピニオンを使わなかったら、インフルエンザの症状悪化で処置も数日遅れていたことでしょう。
 結論。医者は対面でのフィーリングも重要なんでしょうが、やはりセカンドオピニオンを持った方が良いですね。医療サービスは患者が選ぶもの。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

謹賀新年
DSC_1460_convert_20190106223740.jpg
 新年あけましておめでとうございます。
 旧年中は大変お世話になりました。本年も皆様にとって良い一年でありますように。
 本年もよろしくお願いします。

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ