名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えっ?あれで本格実施?栄の歩行者天国
DSCN0076_convert_20111123090355.jpg
 名古屋では27年ぶりの復活企画として、名古屋・栄のど真ん中を縦断する大津通で9月18日より8回に渡って日曜日の日中に行われた歩行者天国が11月13日をもって終了しました。
 今回は、広小路通りと交差する栄の三越前から若宮大通と交差する矢場町交差点まで、名古屋のど真ん中を縦断する超幹線道路を700mに渡って封鎖する、近年に例の無い思い切ったイベントでした。
 蓋を開けてみると、このイベントについて「貴重な機会だ」「賑わった」と評価する人と、「周辺道路は大混雑」「客足が減った」などと不満をこぼす人と分かれているようです。そこで、今回はそのイベントの模様と歩行者天国の可能性について考えてみます。
DSCN9924_convert_20111123085518.jpg
 普段、交差点のこんなところに立っていたら、走行するクルマから猛烈なクラクションを思いっきり浴びせ倒されるか、とっくにあの世行きですが、こんなところで堂々と立っていても許されるのが、歩行者天国の魅力でもあります。
DSCN9925_convert_20111123085716.jpg
 しかし、他の歩行者天国と比べ、名古屋のそれは少しカラーを異にしています。それを象徴するのがこの画像。200万都市の歩行者天国にしては人通りが寂し過ぎます。まだ日中は暑い9月や10月上旬は歩行者が灼熱の路上を歩くのは得策ではなく、木陰のある歩道や涼しい地下街を歩いてしまう打算的な行動が如実に表れていました。
 したがって、この歩行者天国で路上が賑やかになるのは地下街の無い、ラシックから松坂屋・パルコにかけての500mほどに限られていました。
DSCN9920_convert_20111123084959.jpg
 歩行者天国では自転車の走行は禁止されていますので、自転車の人は降りて押して行くのがルールです。自転車に限らず、原付バイク(50cc)はエンジンを切って押して歩く場合は歩行者とみなされる。これは道路交通法でも認められています。中央分離帯には今回の主催者である南大津通商店街の係員が立ち、自転車に乗っている人に警告を発する場面を度々見かけました。係員だけでは対応できないことから、警備員の姿もありました。
DSCN0078_convert_20111123090936.jpg
 そして、今回の歩行者天国で最大の特徴は、

露店無し

ビラ撒きなし

物販無し

大道芸人無し

パフォーマンス無し

20111117002815.jpg
つまり、純粋に歩くだけ。

 歩行者天国の定番が一切否定した「無い無いづくし」。これが今回最大の特徴です。歩行者天国が醸し出す文化の香りが全くない。いかにも文化不毛都市・名古屋がやりそうな企画です。しかし、8月の広小路夏祭りでは露店もパフォーマンスもありますので、主催者が歩行者天国の実施に際してトラブルを回避するために意図的に仕掛けたものと見られます。
 きっと27年前もこのような形式だったのでしょうが、当時と周辺環境や市民の週末の過ごし方も変わってしまっており、このやり方が現代にマッチしているか、疑問を感じました。特に近年は名古屋駅地区の隆盛によって地盤沈下が進んでいると言われる栄地区。隣接する大須地区と合わせて盛り返したい気持ちは分かるのですが、これで果たして盛り返すことができるのでしょうか。
 ところが、この歩行者天国、この内容で本格実施に移す計画であることが分かりました。11月15日の朝日新聞朝刊及び読売新聞に詳細記事がありました。なぜか、中日新聞はスルーでした。
20111117002812.jpg
 主催者は今回のイベントで警備員確保など、期間中にかかった費用は400万円、行政からの補助が250万円あるものの、残りは自腹だったそうです。しかし、予想を超える人出があったとのことで一応満足しているようです。
 その裏側では、大津通から周辺道路へ迂回させられるクルマで久屋大通や若宮大通、広小路通や錦通は大渋滞。バス路線は迂回させられ利用者にも迷惑が及び、更に大津通からやってくるクルマを相手にする民間駐車場は誘導経路の大津通りが封鎖されたため開店休業状態で、トイレを借りに来る歩行者が続出で大迷惑なんて声も。核となる百貨店も物産展の真っ最中であることから、歩行者天国のメリットが判断不能と厳しい声もあるようです。
 私は、歩行者天国のイベント自体は街興しの一環として良い企画だと思います。確かにイベントを開催には災厄や制約が付きモノですが、せっかくのイベントを盛り上げていくにはもう少し工夫が欲しいものです。露店が条例で厳しいのなら、沿線の商店(特に飲食店)が盛り上げたら良いわけです。また、イスの数が本当に少なかったのも問題です。高齢化社会なのに人の回遊だけに重きが置かれ、来場者の休息を滞留と捉えていたのは明らかにズレを感じました。そして、最大の課題はこの歩行者天国が何を発信しているのかという点。単に歩くだけなら次回は誰も来ません。「あそこの歩行者天国にはコレがある」という、発信する核を設けて欲しいです。別に大道芸人や地下アイドルでも、コスプレでもいいじゃないですか。何か名物を作って行かないと。地下街という歩行者天国がすぐそばにありますから、魅力がないとすぐに廃れちゃいますよ。
 名古屋の名物イベントに成長できるように、次回からの改善に期待します。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この件に関しては、以前に書いているので、詳細は今回貼っておいたトラックバックに譲りますけど、その後歩道でという条件で売店やパフォーマンスをやってるだけまだマシなのかなと。
でも、あまり目立っておらず、総じて歩くだけに終始しているような感じが否めず、ただただ残念でなりません。
歩行者天国では先進的な地域での『研修』をしてもらいたいものです。
それか、錦通りでやってるコスプレサミットのパレードも歩行者天国のイベントに組み込めばいいのに。

正直、ちょいバス同様、河村市長のおもちゃにされたのであれば、少々憤りに似たものも持ちますが・・・。
【2011/11/25 00:25】 URL | アレックス #uclkFch2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1006-804a6214
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

壮大な社会実験 その結末は・・・ 中編

歩行者天国が二十数年ぶりに復活しましたが、この歩行者天国がただ歩くだけという体たらく(後に売店やパフォーマンスが歩道で行われたが)。そういった問題点をあぶり出していき ... Game Company イメージキャラは赤魔道士【2011/11/25 00:18】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。