名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

三重スリーアローズ解散
20111117002818.jpg
 三重県唯一のプロ野球チーム「三重スリーアローズ」。かねてから経営難とゴタゴタ続きでしたが、残念ながら解散という結果に終わりました(画像は2011年11月11日中日新聞朝刊より)。名古屋市内版の紙面は扱いが非常に小さかったです。三重県版はもう少し大きい記事かもしれません。中日スポーツの扱いも小さく、この記事よりも大きい枠で三重所属で元ドラゴンズの「野口、トライアウト参加」が報じられていました。
 弊ブログでも過去にナゴヤ球場での中日ドラゴンズ2軍との試合を「はじめての三重スリーアローズ」として取り上げましたが、応援団までボランティアというお寒い状況を心配しておりました。
 関西独立リーグを振り出しにゴタゴタで脱退、2010年はジャパン・フューチャーベースボールリーグ(JFBL)を設立するも相方の大阪のチームが不祥事などを理由に解散、はぐれチーム状態となって2011年は四国アイランドリーグplusに所属。しかし、後発参入の為加盟金の負担ができず脱退と、野球以外の部分でチームがダメになる最悪の経緯をたどりました。更には三重県内でリーグ構想なんて話もあったそうです。無くなって良かったです。三重県内の野球まで混乱させかねませんでしたからね。
20111117002805.jpg
 11月11日中日新聞夕刊では、怒涛の引退・退団ラッシュが巻き起こった三重スリーアローズでで、最後まで残留した、たった一人の所属選手・美濃選手の特集記事が掲載されました。随分泣ける記事です。
 そもそも、三重スリーアローズには経営計画があまりにも杜撰でした。関西独立リーグでも三重だけは遠征の負担が大きかったのに、対戦相手を探しに四国まで遠征するリスクを考慮できなかったのでしょうか。また、個々の主張をする以前に野球リーグを維持することに経営陣が気づいていなかったことが致命的でした。
 更に、三重県全域で盛り上げていくことの難しさ。ただでさえ、三重県は地域の独立性が高い県ですので、本拠地の津市で盛り上がっても、四日市市や松阪市・伊勢市では噂にもならないというケースも少なくありません。実際に四日市や松阪で試合を行ったこともあったようですが、野球ファンの関心を引くための掘り起こしができていなかったのは、観客動員を見るに明らかです。四国アイランドリーグPLUS公式サイトより、今シーズン9月の津球場における公式戦を抽出しますと、

9月8日高知戦48人、9月9日徳島戦186人、9月15日徳島戦第1試合86人、第2試合136人、9月17日愛媛戦309人、9月18日愛媛戦483人、9月23日香川戦265人。

 悲惨な状況ですね。もちろん相手チームのファンもいますから、三重のファンは更に少ないと考えられます。ちなみに他チームも同様で、愛媛以外のチームはすごい数字ばかりです。
 やはり、既存プロ野球球団の影響のある地域とそうでない地域でハッキリと観客動員に影響しているようです。同じ独立リーグでも、北信越地方のBCリーグは観客動員で善戦しており、新潟・富山・福井はコンスタントに1000人以上の動員を実現しています。特出すべきは、人口の少ない福井の動員数の多さ。これはチームが地域に根付いている証でもあります。
 三重には、これができなかったんですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
今月初旬に解散と出てたのですが
最初に入ろうとした所が関西独立リーグなのが不幸の始まり。
1年目から不祥事連発で見切りをつけて1チーム誘って飛び出したら
賭けに参加していてチーム崩壊、
関西独立リーグに戻りたくても石井毅がうんと言わなかったのでしょう。

あのリーグも毎年5チームという奇妙な状態で戦ってますし、
観客も平均100人入ってないんじゃないでしょうか。

しかも、崩壊した大阪が、(元バファローズの村上と選手1人から)
選手かき集めて来季関西独立リーグに参加するとか。

タイガースがあって、他はどうしようもできないのに、よくここまでチームだけは造るものですわ。
独立リーグを何だと思っているのでしょうか。
【2011/11/19 21:59】 URL | くっち〜 #JyN/eAqk [ 編集]

Re: 今月初旬に解散と出てたのですが
 三重スリーアローズについては9月上旬でしたか、四国ILへの加盟金5,000万円が支払えないという報道が中日新聞でありまして、その時点で何となくですが「詰んだな」と感じておりました。

>最初に入ろうとした所が関西独立リーグなのが不幸の始まり。
 三重に限らず独立リーグの経営者は、野球を通じて何がやりたいのか、これを明確にしているかどうかが四国ILやBCリーグと他の違いかと思います。

>タイガースがあって、他はどうしようもできない
 四国ILで愛媛だけ観客動員が良いのは、単にタイガースの影響が薄いからという背景があるわけですよね。他のチームは阪神タイガースの傘の下でどうしても苦戦しがちです。更に三重はドラゴンズの影響もありますから非常に不利なのですが、選手不在の場でゴタゴタする最悪の場外乱闘だけで自滅し、独立リーグから去ることになったわけです。
【2011/11/28 00:27】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1008-00fd0865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)