名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンズ力尽く、オレ竜時代に幕
DSCN9977_convert_20111121002403.jpg
 福岡ドームに舞台が移った第6戦は、負けたらその場で終わりの崖っぷち状態。和田の2点タイムリー3ベースで得た2点を土俵際でエースの吉見が7回2/3を5安打1失点の力投で意地をみせると、岩瀬から浅尾へつなぐ必勝リレーで守り抜き、首の皮一枚で生き残ったドラゴンズは福岡ソフトバンクホークスに逆王手をかけました。

 今年は「外弁慶シリーズ」等といわれるようになった日本シリーズも遂に最終戦の第7戦。勝った方が優勝という、まさに天王山。名古屋でもパブリックビューイングが行われており、リーグ優勝の時と同様に大須商店街へ行ってきました。夜7時時点で既にこの状態。遠目から試合の様子を眺めます。
DSCN9987_convert_20111121002536.jpg
 試合途中には、名古屋の殿様・河村たかし名古屋市長がパブリックビューイングに乱入!! 最前列に陣取り、ドラゴンズの行方を見守ります。

 試合は3回に山井がランナーを満塁とすると交代した高橋が痛恨の押し出し。まだ1点差だから何とかなる。そう信じてきた。しかし、交代したネルソンも1失点。2点差でも何とかなる?? そして、浅尾が更に打たれて3点差。この時点で勝負ありました。ホークスはやることなすこと成功する。一方、うちはやることなすことすべて空回り。平田が内野安打で塁に出るも、続く藤井がサインミスでせっかくのランナーを殺してしまう。この時点で今日は厳しいと見限りを付けてしまいました。ファンもやや荒れ気味な人もいて、某選手に対しては「いい加減に仕事しろ!!」と怒り全開モードで叫ぶ方もいました。その気持ち、本当に骨の髄までよく分かります。
DSCN9992_convert_20111121002636.jpg
 9回表の攻撃は全員総立ちでの応援でしたが、和田の三振でThe End。オレ竜の完全制覇日本一の夢は消え去りました。
 今回の敗因はズバリ「選手層の薄さ」これに尽きます。ベストオーダーを組んでいるのに、そのスタメンに打撃不振者の多いこと。スタメンに自動ドアならぬ自動アウトが3人いるのだからどうしようもない。日本シリーズにおいて打撃で結果を残したのは荒木だけ。谷繁は遂に1本もヒットが打てず(日本シリーズ記録らしい)、井端は140km以上のボールはもう見えないのか当り損ねの内野ゴロの山。伏兵であるはずの平田の打撃に期待したため本人が委縮する惨状。大島や野本はストレートが打てないし、藤井は根本的になっていない(そもそも、堂上兄弟と藤井はどうして落合監督に信頼されていないかを真剣に考えるべきだけど、彼らに考える余裕がないのが最大の問題点だ)。これでは1年目の楽天の様に「3点差付けられたら終了」と同じ状態で日本シリーズへ突入していたのだから、ソフトバンクに敗れたのはある意味当然の結果だったのかもしれません。投手陣も同様です。中継ぎ陣が崩壊しているため、戦力外通告を受けた河原までが起用される始末。いくらストイックな河原でも、クビを宣告されてはモチベーションが上がらなかったことでしょう。勝っても負けてもクビではね。案の定、大事なところで仕事ができなかったわけだけど。
 一言だけ言わせて下さい。今回の日本シリーズでの戦犯は選手会長の森野だよ(怒)!!森野(怒)!!も~り~の(怒)!! どんなツラして12月3日の優勝パレードに現れるか、今季の成績を含めて何を思い、ファンの面前に出てくるのか。注目しています。

日付が変わり、8年間続いた落合監督の時代に終止符が打たれました。ドラゴンズにとって本当に濃い8年間だったように思います。10年、いや11年に1度しか優勝できなかったチームが8年間で5回優勝1回日本一ですよ。落合監督を選手時代からファンとして見守っていたので、落合監督の退任は本当に残念ですが、まずはお疲れさまでした。 確かに8年もの長期でチーム内に疲弊が来ていたのは事実ですが、チーム改革が確実に進んだのは事実です。一方、球団の改革は進まず、最近でこそ読売球団がゴタゴタしていますが、それ以上に保守的な球団体質に失望しているファンが多数いる現実を知る時が来ると思います。いったい、来季はどうなってしまうのか、現時点で心配です。

 まずは、落合監督、コーチの皆さん、選手の皆さん、そしてドラゴンズファンの皆さん、今シーズン本当にお疲れ様でした。少し休んで、また来季に向けて動き出そうじゃありませんか!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1011-4af24c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。