名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みよし矯正展2011(上)
 この秋、久々に一昨年の自衛隊に続く「社会見学シリーズ」を敢行することにしました。今回選んだテーマは「刑務所」。普通に過ごしていたら、生涯お世話にならない(はず?)の刑務所。ドラマや映画、ドキュメンタリーでしか見たことの無い施設内部を実際に見学することができる貴重なチャンスが年1回の一般公開です。地域住民への理解と共存を目的としたイベントで、本来なら「イベント」「まつり」「一般公開」という表現を用いたいところですが施設の性格上、公には「矯正展」という名称を用いるあたり、さすが刑務所です。
 今回は10月15~16日に愛知県みよし市の名古屋刑務所で行われた「みよし矯正展」のうち、10月15日の模様を2回に分けてお届けします。
DSCN9915_convert_20111204015637.jpg
 名古屋から地下鉄鶴舞線の豊田市行き電車で30分ほど。名鉄三好ヶ丘駅から20分程度歩くか、この駅からみよし市のコミュニティバス「さんさんバス」に乗車、三好ヶ丘7丁目又は緑5丁目で下車し、5分ほど歩くと到着です。みよし市の北部にあり、新興住宅地に囲まれた丘の上にあります。名古屋刑務所と名乗ってはいますが、みよし市は名古屋でも尾張でもなく、三河に属している地域です。でも、強引に名古屋刑務所と名乗る理由は、この施設が名古屋から移転したためだそうです。この刑務所はもともと名古屋の現在は吹上ホールのある位置にあり、これが1965年(昭和40年)に現在地に移転したそうです。でも、少し違和感ありますね。
DSCN9914_convert_20111204015546.jpg
 名古屋刑務所に収容されている受刑者は約2,300名。主に累犯者と暴力団系犯罪で実刑を受けた人が多いとのこと。刑務所というと、塀で囲まれているイメージがありますが、名古屋刑務所は弊を外周に接するところに設けず、敷地外から見えないようになっており周辺への配慮を感じます。ただ、敷地内にはちゃんと塀はありまして、日常社会との隔絶を感じます。
DSCN9925_convert_20111204021709.jpg
 矯正展では全国の刑務所で受刑者が刑務作業で生産した製品の即売や地元の物産・農産物の販売や露店も並んでおり、意見するとお祭りのような賑わいです。
 まずは受刑者生産製品から。受刑者の製造品の中でまず思いつくのは家具です。恐ろしく丈夫で重いのが特徴ですが、常に厳しい検査を受けているので品質が良く、市販の家具に比べて割安であることから、根強い人気があります。
DSCN9922_convert_20111204020319.jpg
 最近では製品の多様化も進んでおり、さまざまな種類が刑務作業で製造されています。まずは神戸刑務所の靴。ケミカルシューズの生産といえば神戸。刑務作業には地域産業の特性も反映されているようです。こちらも丈夫との噂。私はすぐ踵が擦り減ってしまうので、良い靴が無いかと思いきや、全般的にデザインがオッサン向きだったので今回はパス。値段は5~6,000円台。
 次は福井刑務所のイチョウの木まな板。品質が良いとのことで好評の品ですが、値段が少し高め(2,800円から)でかつ、サイズが大きいのが難点。一人暮らし用のもう少し小さいサイズが欲しいです、福井刑務所担当者様。
DSCN9923_convert_20111204021457.jpg
 こちらは名古屋刑務所のバーベキューコンロ。アウトドア好きな人曰く、この値段なら絶対に「買い」のお値打ち商品だそうです。ちなみに、刑務作業商品で一番人気は千葉県市原刑務所製造の味噌としょう油。イベント開始時に、これを目当てに買い求める人が殺到し、毎回早々に売り切れてしまうほどだそうです。
DSCN9921_convert_20111204020109.jpg
 なかには、こんな自虐要素のある商品も。函館刑務所製造の前かけ。ここ数年、前かけが見直されているとはいえ、自虐要素のある前かけで商売繁盛となるかは疑問です。
DSCN9924_convert_20111204021547.jpg
 思いっきりツッコミを入れたくなるような商品もあります。こちらは福井刑務所製造のトートバック。一攫千金。ホント、反省しているのでしょうか。大丈夫かと不安になってしまいます。笑いと共に受刑者に誤解を与えかねない、この商品企画者を疑いたくなります。
DSCN9919_convert_20111204015915.jpg
 今回のイベントでは、受刑者の食事体験ができるコーナーもありました。刑務所の食事は「臭い飯」といわれますが、どんな味なのかチャレンジしてみることにしました。
DSCN9917_convert_20111204015802.jpg
 献立はカレー、ウインナーとピーマン・マッシュルームの炒めものと、福神漬け、デザートとして細かくカットされた黄桃、そして麦の比率がやや高い麦飯という構成。今回は業者が盛りつけの担当をしていますが、塀の中では食事の調理も受刑者が行い、盛りつけの量目に差が無いかを刑務官が厳重にチェックするんですよね。そして、刑務所長も食べているシーンはTVで見たことがあります。
 量はやや少なめで味も正直「食えるかな?」程度でしたが、塀の中では食べることぐらいしか楽しみも無いでしょうから、慣れてくるとパクパクいけるのかもしれません。今回の体験メニューは1食500円でしたが、実際は学校給食よりも安いと思われるので、1食200円前後じゃないでしょうか。
 
 さて、空腹を満たしたところで、矯正展の目玉・刑務所内部見学に向かいます(続く)。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1013-aefae716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。