名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

そうだ。今年こそ、東北へ行こう。
DSCN0262_convert_20120103125426.jpg
 年明け早々、批判を覚悟で少し思うことを書きます。
 2011年3月11日、東日本大震災が発生しました。まず、テレビ映像を見て瞬時にこれまでの災害とは規模も被害も比較にならないほど甚大であることが判明し、幸いにも揺れた程度で収まった名古屋でまず思ったのはボランティアへの参加でした。
 行政のボランティア受け入れ態勢体制が整うまでに時間がかかった(なお、石巻市の様に迅速だった自治体も存在する)ことから、早い段階で勝手連ボランティアが竹の子のように発生しました。組織に入れる環境にある方はまだいいのですが、問題はその輪に入れない個人です。ボランティアツアーなる企画が続々とできましたが、以下の事情で辞退することにしました。
 まず、スケジュールの問題。社会人では到底無理な長期滞在やタイトなスケジュール。名古屋からも0泊3日の弾丸ツアーが名古屋のマスコミで何度も紹介されており、費用も1万円であることから個人的には非常に関心を持ちました。ところが、実態は金曜日の夕方6時に集まり、月曜日の朝8時に名古屋で解散というスケジュール。勤め人では厳しい日程でした。
 そして、もう1つはあまりの融通の無さ。被災地の被害状況や被災者からのヒアリングもままならず、ボランティア経験があるという団体の責任者による一方的な割り振りまではいいとしても、バス費用の都合上、前途運賃放棄を条件に現地(又は仙台市内で)解散ができないプランが圧倒的で、出発地までの強制帰還が特に不満でした。昼食は現地の食堂(又は弁当屋)を利用するとはいえ、着替え兼入浴として観光客が来なくて苦しんでいる日帰り温泉施設等へ寄るなどのアイデアも無く、なかには高速道路のP.Aのトイレ等を占拠して着替えをさせる団体もあったようで、現地作業はしても現地にお金を落とす経済支援をしない上辺だけのボランティア活動に嫌悪感すら感じるようになりました。
 また、現地の自治体でも作業の進捗に伴い、昨年秋頃からは個人の飛び込みボランティアが原則不可となり、現地ボランティアセンターに事前登録するか、交渉が団体単位となったために団体に所属しないとボランティア活動そのものができなくなっています。したがって、昨年夏以降ボランティアが激減しているという報道が一部でありますが、これはこれら団体による「続かないボランティア活動」がもたらした当然の結果であり、同時にその改善はありえないと断言できます。 
DSCN0254_convert_20120103161743.jpg
 ボランティアに行かなかった負い目はあります。ただ、震災から半年以上を経過しており、応急処置的なボランティアはその役割を終えようとしており、ボランティアも次の段階に映る段階に来ています。それは経済的支援です。「被災地へ行かなくても可能な支援はある」という主張もあり、それは一理あります。確かに西日本で東北の商品を積極的に購入することである程度の貢献はできます。現に私は日本酒好きですので東北の酒を積極的に購入しています。また、野菜や魚など生鮮食品を積極的に購入する手もあります。しかし、その数には限度があります。
 その背景には流通ルートの問題があります。私が暮らす愛知県は工業県としての色合いが強いですが、同時に農業や畜産が盛んな県でもあります。したがって、わざわざ東北地方まで手を出さなくても地元で調達可能な食材がいくらでもあるのです。東北地方の商品の多くは首都圏に供給されており、西日本にまではなかなか流通しないのが現状です。東北地方の商品に人気が集中するのは結構なことですが、その裏側で鮮度に勝る地場産の商品が売れない現象も一部で出ているようです。これでは本末転倒です。
DSCN0349_convert_20120103161953.jpg
 これからも東北地方を応援していく姿勢を持ち続けることが大切かと思います。まず、できる限り東北に直結する経済活動を行うこと。次に東北地方を訪ねる。場合によっては被災地を見る、これもアリだと思います。百聞は一見に如かずじゃないですが、テレビや紙媒体だけではわからない現地の姿を肌で体感してこそ価値があると思います。
 昨年の夏頃は「被災地見物に行くのは不謹慎だ」という論調は確かにありました。その論調は仮設住宅や避難所のように被災された方々の生活エリアに限られた話であるはずなのに、話が飛躍して津波被害からいち早く復旧した日本三景・松島をはじめ、世界遺産に認定された平泉や福島県会津地方など被害も軽微だった地域まで含まれてしまったために、風評被害によって観光客の減少に悩んでいます。もっと深刻なのは、青森・秋田の両県で首都圏からの観光客が激減しているとか。これ以上、出控えが続くようでは観光地に限らず、東北地方各地で経済復興は遅れてしまうと思います。
 だから、余裕のある方はできるだけ東北地方を訪ねて欲しい。仮にそれができなくても、東北地方との接点を持ち続けることで、経済的支援に寄与することを忘れてはならないと思います。私も機会は限られますが、今年もう1度東北地方を訪ねたいと思っています。

(【画像】1枚目:陸前高田市の一本松、2枚目:大船渡市碁石海岸、3枚目:仙台市伊達政宗像、いずれも2011年12月30日撮影。)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

私の場合は1994年の高校の修学旅行と2000年、2002年からの毎年、東北のどこかしらの県へ行っております。そして今年も計画しております。
【2012/01/04 21:38】 URL | 八楽(旧ムーンライト東海道) #ze7WGCEs [ 編集]

Re: タイトルなし
>私の場合は1994年の高校の修学旅行と2000年、2002年からの毎年、
>東北のどこかしらの県へ行っております。そして今年も計画しております。

 私も今年中に最低1度は東北の土を踏みたいと思っています。また、名古屋からでも支援できるように東北の商品を積極的に買っていきたいと思っています。
 高校の修学旅行が東北ですか。良いですね。私の高校(公立)は長野県志賀高原で修学旅行という名のスキー監禁合宿でした。あまりに評判が悪く、高校入試の倍率はおろか学校の存亡に関わると思ったのか、私の卒業数年後に何を思ったか韓国に変更になったそうです。たった数年で、一体どういう方針転換やねん!って言いたくなるほどですが、今は下手に北海道・沖縄へ行くより、韓国や台湾の方が安く行けますからね。逆に安上がりなのかもしれません。
【2012/01/11 00:54】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1028-764e22be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)