FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

夢遠く…。
 完敗。日本シリーズはこの一言に尽きる。

 チームの世代交代が間近だっただけに、オレ流政権下が日本一を達成できる絶好のチャンスだけに本当に悔やまれる。しかし、「52年ぶりの日本一」という重圧に潰される以前の段階でチームは潰れていた。2戦目で星を落とした段階で切り返す力を失った感じだった。5戦目もどこまで築くのか残塁の山。2アウト満塁、荒木のボテボテ内野安打(小笠原が弾いた)でもぎ取った1点の重たいこと。川相が現役最後の試合で芸術的な送りバント決めたところが印象に残っただけ。中日ファンとしては悲しすぎる結果だった。内容が無さ過ぎる。健闘を称える気にもならない。川相に何とか救われた。ありがとう川相。ボーっとしていても時間は経過していくので時間を重要視する必要はないと思うが、このチームの日本一達成を生きている間(現在30歳)に見られるかは疑問だ。決して呪われているとは思わないが、チームの編成・球団の体質・ファンの姿勢など抜本的に見直さないといけない時期には来ていると思う。
 「興行」という視点から見ると最高の結果かもしれない。確かに日本ハムは強かった。選手層の厚さ、話題にも事欠かないチーム編成、そして球団が新天地・札幌で築いた努力の賜物。そして、SHINJO。すべての点で勝っていた。
 いまさら戦犯探しをするつもりは無いが、名古屋でのセリーグ優勝パレードは取り止めて欲しい。参加辞退する選手が出ても不思議ではないと思う。優勝したのに粛清モードなんて…。落合監督が進退伺を出したらしいが、続投してもらわないこと困る。「脱星野」を前倒しした球団の英断を否定しかねない。規定路線への修正は同時にどん底時代への序章になりかねないのだ。既に猛烈な批判が出ているが、私はファンを辞めない。これからも中日ドラゴンズを徹底的に応援していく。

30歳を迎えた日が、こんなに悲しい日になるとは思わなかった。
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/103-fad800ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)