名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

豊橋丸栄から「ほの国百貨店」へ
DSCN0004_convert_20120125222936.jpg
 経営再建を目指している愛知県東三河唯一の百貨店「豊橋丸栄」(豊橋市)が、今年3月より「ほの国百貨店」と名称変更し再出発することが明らかになりました。同じ日の「中日新聞」朝刊1面にも掲載されていましたが、日経新聞の方が詳しかったので、こちらを元ネタとしてご紹介します(画像は2012年1月25日「日本経済新聞」朝刊より)。
 豊橋丸栄は1974年9月に開店。名古屋の百貨店「丸栄」グループの一員としながらも、名古屋の丸栄とは一線を画した独自色のある百貨店でした。営業戦略でも「丸栄」ではなく、積極的に「マルエイ」の字を用いて東三河地方にギフトショップを展開するなどの特徴がありました。ところが、ライフスタイルの変化や豊橋駅前の商業における地盤沈下から営業不振に陥り、2007年2月期決算で特別損失として約23億円を計上し債務超過となりました。ところが、親会社の丸栄も経営不振であったことから丸栄グループでの再建は困難と判断され、4年連続の赤字決算となった2010年にたった1,000円で投資ファンド会社「長期産業投資」に売却されてしまいました。しかし、長期産業投資はたった2ヶ月で豊橋丸栄を手放し、経営陣と従業員による自社買収(MEBO)によって自主再建をを進めていたそうです。
DSCN6025_convert_20120125223737.jpg
 既に丸栄の傘下ではありませんから、意固地に「丸栄」の看板を守る必要は無くなっています。むしろ、改称した方が良いという経営陣の判断は理解できます。その背景には、かつての親会社だった名古屋の「丸栄」が商社「興和」の子会社となり、閉店の話が飛び出すなど百貨店としての存亡が危うくなってしまっていることが挙げられます。少し前に浜松市にあった百貨店「松菱」が経営破たんの際、資本関係も何もなかった同名の百貨店「津松菱」(津市)が「うちは無関係」と説明して火消しに走った前例があります。同じ屋号である名古屋の丸栄に何かあった場合、消費者に変なイメージを持たれては市場の小さい地域で商売をせねばならない豊橋丸栄はイメージダウンを受ける恐れがあるからです。
 近年、資本関係の変更により改称した百貨店として、熊本市の「県民百貨店」が挙げられます。こちらも「岩田屋伊勢丹百貨店」としてオープンするも伊勢丹が経営から離脱、「熊本岩田屋」となるも岩田屋が本拠地福岡で経営不振となり撤退、阪神百貨店の経営支援を受けて「くまもと阪神」となるものの、提携先がH2O(阪急阪神)となると関係が薄れて、阪神支援時代に社名としていた名称を屋号にした経緯があります。熊本市は県庁所在地ですから熊本県全域を顧客対象としているわけであって、「県民」という屋号を用いてもいいわけですよね。ちょっと、社会主義国の店舗名みたいではありますが。
DSCN6026_convert_20120125223932.jpg
 でも、豊橋で百貨店の名称を付けるとなったら、「県民」とか大それた名称は逆に違和感が出たことでしょう。顧客ターゲットは東三河が軸ですから、地域密着型百貨店でなければなりません。したがって、名称も地域に密着た親しみやすいものでなければなりません。ですから今回の「ほの国百貨店」も、飛鳥時代までこの地にあったとされる「穂の国」にちなんだ名称は既に地域に浸透していますので、今回の名称決定は十分合格点を与えられるかと思います。少なくとも、

のんほい百貨店

じゃんだらりん百貨店

ちくわ百貨店


よりは良いでしょ?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント
地元密着なら
はじめまして。僕は千葉県松戸市に住んでいます。友人が豊橋市に住んでるもので大いに興味もちました。友人の話ですとネーミングには賛否両論あるようですが友人は反対だそうです。よそ者の僕にはなんとも言えませんがあと豊橋市民の方はちょっとフォーマルや高級な物を求める時は浜松か名古屋に出てしまうそうですね。我が松戸市も同じ現象起きています。お隣の市があの「柏レイソル」の柏市なんですが、柏か東京へ足がむいてしまうのが共通しているんだなと感じました。あと店名ですが僕の個人的な感想は、悪くはないけど「ほの国」を漢字にして欲しかったかな、って所です。
【2012/09/01 00:48】 URL | あっき #ZWgj1ies [ 編集]

Re: 地元密着なら
 コメントありがとうございます。
 「ほの国」にすべきか「穂の国」にすべきか。随分悩んだかと思います。
 漢字にした方が箔が付く気もしますが、東三河では浸透している「穂の国」の概念も「穂」の字が書けるかといわれると疑問で、子どもからお年寄りまで幅広く店名を覚えてもらうために敢えてひらがなにした気がします。
 確かに東三河の消費者も名古屋・浜松方面への流出が顕著なようです。豊橋駅前の商業は沈滞モードであり、豊橋駅ビルへのストロー現象は駅から続く商店街を縮小し、穂の国百貨店の随分手前で人通りも途絶えがちであり、駅前で孤立している感があります。孤軍奮闘しても豊橋駅から歩いてきてくれるかは正直疑問です。若い人はクルマがありますから行動範囲も広くなります。近年、浜松方面は次々と大型店がオープンしていますから驚異でしょうね。手堅く行きたいのなら、地元意識の強い中高年を軸とした顧客設定で攻めるしかない気がします。
【2012/09/06 00:35】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1038-46b7957e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)