名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

敬老パスの不正利用
 名古屋市が全国に誇る制度「敬老パス」。65歳以上の高齢者に1,000~5,000円で配布されている市バス・地下鉄乗り放題の乗車券です。しかし、どうも敬老パスの不正利用があるという噂です。情報源は意外にも名古屋市議のブログからでした。
 河村たかし名古屋市長との論戦で有名になった名古屋市議会議員の横井利明氏。一時は市長批判の急先鋒として激しい批判にさらされた時期もありましたが、一方で自民党支持者でない私が見ても、議員としては随分できる方だと思います。それを象徴するのが、ほぼ毎日マメに更新されるブログ。議員活動に限らず議会や市政、市内の諸問題などに掘り下げや斬り込みを見せてくれます。今回の元ネタもこちらからの話題です。

 横井氏のブログによれば、名古屋市内在住の高齢者が市外に暮らす高齢者に対して、敬老パスを5~6万円で不正譲渡しているとの噂があるそうです。名古屋市交通局には敬老パス同様に市バス・地下鉄乗り放題の「全線定期券」がありますが、「1か月券」は18,200円、「6か月券」は98,280円と高額であることから、平成22年度の発行枚数は6,400枚。
 一方で市内在住高齢者が年間1,000円・3,000円・5,000円(所得により負担金に差がある)であるため、差額が19~21万円にも及ぶことから、名古屋市内への往来に必要とする市外在住高齢者と、小遣いの欲しい市内在住高齢者との意思が合致し不正譲渡しているとの疑惑が浮上しているとのこと。敬老パス利用者1人に対して37,000円とも42,000円ともいわれる名古屋市民の税金が投入されていますから、名古屋市民として敬老パスの不正譲渡は許せない事態です。

 でも、このような実例は以前から噂になっていました。本人確認は発行時しか行われないため、手に入れたらこっちのモノ状態で、その敬老パスが本人のものかを判断することはできない「持参人方式」の乗車券になっているためです。これは名古屋市だけの話ではないようで、周辺自治体でも類似ケースとして高齢者に名鉄バスで使える高齢者用バスカードを配布しながら、高齢者やその家族が日常的にバスを利用しないという理由で換金し、名古屋市内の金券ショップに流出する事例がありました。
 横井氏のブログによれば、窓口で敬老パスを購入すると、その場で不正譲渡対策としてサインペンで氏名と性別を記入しているが、更に確実に特定するため敬老パスに写真を貼ることを過去に市議会で議論したことがあるようです。しかし、磁気カードである敬老パスに写真を貼り改札を通すと、写真がはがれ改札機が故障する可能性があることや、仮に写真を貼ったとしても、改札機では写真の読み取り不能で本人と判断できないことから困難という結論だったそうです。
 また、敬老パスは紛失による届出から1か月後に無料で再交付されるそうで、不正に再交付申請すると、申請の翌月には2枚以上の敬老パスを所持することも可能とのこと。敬老パスの紛失による再交付制度にも問題があるようです。
 更に昨年10月に行われた名古屋市事業仕分けでは、敬老パスが磁気カードであるため、所持者の利用実績は追跡不能であることも明らかとなり、敬老パスはこの種の網を掻い潜った不正利用が起きやすい「ザル」のようなシステムだったことも分かりました(当時の弊ブログ記事はこちらへ)。

 こうなると、対策として名古屋市に提言したい。

敬老パスは一刻も早くmanacaに移行せよ!!

 ICカード乗車券に移行することで、運転士や駅員による手動カウントから機械化されるため、利用実績や再交付実績も一目で分かるはずで、特に1人で敬老パスの複数枚所持は封じ込めるはずです。また、敬老パス利用による名古屋市健康福祉局からの運賃補てんも正確な金額によって補填されるので経理も正確になります。更にmanacaのデポジット収入もバカにならず、現在敬老パスが30万枚発行されていますから、初年度は1億5000万円の増収にもなります(おそらく、実施すると少し減りそうな気はしますが)。ただ、仮にmanacaに写真を搭載してもICカード化により、敬老パスを財布や定期入れに入れたままカードリーダーを通過する人も出るはずで、本人確認ができないという問題は残ります(良い方法無いですかね)。

 そして、これは名古屋市民だけの問題ではありません。周辺自治体も現実に目を向けるべきでしょう。特に名古屋市交通局の路線に大きく依存する日進市・長久手市・大治町は、高齢者住民でも名古屋市内への日常的な移動があることから、名古屋市から敬老パスの発行が受けられない代替処置として全線定期券購入時に費用の一部を補助するか、逆に名古屋市が周辺自治体在住高齢者向けに「市外在住高齢者用敬老パス」を発行するなどの対応が必要になるかと思います。
 ただ、前者の場合は一人当たり年間で10万円以上の負担を周辺自治体が飲むとは思えませんし、後者についても敬老パスが名古屋市健康福祉局が交通局に実費精算される仕組みを応用し、manacaによる利用実績から周辺自治体が名古屋市交通局に運賃を負担するとしても、その負担金額がいくらになるか戦々恐々な上に予算オーバーの危険も想定せねばなりません。ただ、周辺自治体は名古屋市への依存度の高さや住民のライフスタイルに合わせる必要はあり、難しい問題ですが取り組むことに一考の価値はあると思います。

【参考】横井利明オフィシャルブログ「敬老パス不正使用はないと信じたいが...」
http://blog.livedoor.jp/minami758/archives/1885326.html

 横井氏はおそらく専門外かと思われますが、乗り物の話題でも実にマニアックな記事を提供しており、最近ではあおなみ線の話題の他、少し前には地下鉄東山線の「柳橋駅構想」というマニアックな話題を公開し、乗り物好きを唸らせてくれました。まさか、名古屋市当局が3年前に話題にしていたとは。詳しくはこちらを↓
横井利明オフィシャルブログ 地下鉄「やなぎばし」駅
http://blog.livedoor.jp/minami758/archives/1887685.html
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

>ICカード乗車券に移行することで、運転士や駅員による手動カウントから機械化されるため、利用実績や再交付実績も一目で分かるはず
写真貼り付けは(履歴で調べれても)不正利用にまた繋がりかねないので、写真をmanacaにインクジェット印刷できるようにすれば、よほどのことがない限り消すことはできないはず。その部分だけ削ってたりすれば怪しさ満点になるわけで。

それに自動券売機ではなくて駅長室でしか発行できないようにもなる(証明写真の形態が必要になる)ので、二重のセキュリティが掛けられるかと。
【2012/02/11 23:39】 URL | アレックス #uclkFch2 [ 編集]

Re: タイトルなし
>写真をmanacaにインクジェット印刷
 住基ネットカードでの実績もありますから、写真のICカードへの印刷は結構簡単なはずですよね。

>それに自動券売機ではなくて駅長室でしか発行できないようにもなる
 ただ、この駅長室が難者でして。何度か駅長室へお邪魔したことがあるのですが、名古屋市交通局職員って、接客・接遇はおろか、機械操作すらおぼつかない恐ろしいほどスキルの低い人が駅長室にはざらにいます。
 過去にmanacaの再発行を申請したことがあるのですが、職員3人がかりで機械と格闘する光景が見られました。いったい、こいつら普段はどんな仕事しているのやらと思います。
 ここに限りませんが、特に50歳以上で老眼鏡を鼻眼鏡状態にしている人は、明らかな怠慢が勤務態度に出てくることが多く、どんな職場でも信用できないと決め打ちしています。
【2012/02/14 05:20】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

個人認証一体型manacaの活用を
名古屋交通開発機構とエムアイシーでは、個人認証一体型manacaを作っており、裏面にフルカラーで写真印刷と名義人などの情報が印刷できるカード(本来は社員証向け)を開発しているので、こういったシステムをもっとうまく使えばいいのではないでしょうか。
再発行に時間が掛かるそうですが、そもそも失くす様な人が悪いのであって、その間は金を払って乗れと思うので、懲罰的な意味合いも含めてシステムを活用してもらいたいばかりです。
その前に。窓口で寝ている駅員や客にろくな対応をしない駅員を一掃するか名鉄にすべて委託するといったシステム以前の問題があります。
【2015/12/17 12:51】 URL | GS #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1045-ac758cc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)