FC2ブログ
名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

2011名古屋モーターショー(下)
DSCN0040_convert_20120220134858.jpg
 12月25日に行きました、2011名古屋モーターショーレポートの続きです。
 何か、1,500円も払っておきながら収穫無いなと思いつつ、最後の望みを賭けて3号館に侵入です。3号館は国内メーカーの展示でした。ブースが無かったのは三菱自動車・いすゞぐらいでしょうか。
 まずはトヨタのブース。トヨタはハイブリット車や電気自動車の展示が軸でした。この「86」というクルマが結構すごいそうです。確かにトヨタにしては珍しくかっこいいクルマです。他に何がすごいのか、クルマに疎い私には何がすごいのかよく分かりませんでした。
DSCN0051_convert_20120220135831.jpg
 トヨタブース最大の特徴は、パンフレットの類が一切無かったこと。これもエコなのでしょうか。それともここが販売の場でないという、投資を徹底的に抑えるトヨタらしい割り切りなのでしょうか。奥の方にはレクサスのブースもありましたが、興味無かったのでレポートはパス。ただ、トヨタはレクサスでハイグレードブランドを作る前に、政府に敢えて自動車税増税を進言してレクサスを真のハイグレードブランドにすべきだと思います。じゃないと、せっかくのレクサスも田舎の暴走族やチンピラに乗られるのが関の山です(警察24時などのTV番組を見れば分かるはずです)。消費税増税よりも自動車税の増税が先です。ブランド育成をもっと真剣に考えないと、高級車ユーザーは海外メーカーに流れ続けることでしょう。クルマが売れたらそれでいい、そんな程度の企業で終わるトヨタじゃない。私は貴社をそう思っていますからね。
DSCN0042_convert_20120220135049.jpg
 トヨタの向かいにはダイハツのブース。picoという、このクルマは少し前にテレ東の番組で見てから非常に興味を持ちました。ゴルフ場のラウンドカートみたいですが、高齢化社会の進行で普通自動車の運転が困難になった人が増えることを見越し、普通自動車の運転に代わり、高齢者が地域内の利用で使えるクルマをコンセプトにしたクルマで、軽自動車と原付バイクの中間というポジションだそうです。現在、この中間ポジションの種別が無いことから、法の整備無くしてpicoは公道を走ることができないそうです。
 自分が時速何㎞で走っているかがドア部分のウエストラインにが表示されます。また、道を譲ると「ありがとうございます」とか、無理に割り込まれてムカついたときにはクラクションを鳴らさない代わりに「気をつけてくださいね」なんて表示されれば、無駄な喧嘩を避けられるかも知れません。ただ、ドアが無いので雨天時や冬場は運転が大変な気もします。
DSCN0055_convert_20120220140039.jpg
 SUBARUのブース。今回のモーターショーでお姉さんのレベルが最も高く、最も癒されるブースでした。別のエンジンがかかってしまった危険なカメラ小僧が大量にいました。
DSCN0062_convert_20120220140141.jpg
 次はスズキのブース。あの会長兼社長の個性と相反する、癒し系のお姉さまばかりでした。
 今回のイベントでは国産メーカーは電気自動車に力を入れていました。まだ、連続走行距離に問題があるようですが、近い将来に登場するであろう原付バイク以上軽自動車未満のお手軽近距離用自動車といったコンセプトカーを各メーカーが出展していました。
 半径10km圏内を生活圏に想定した小型EVモビリティ。電気自動車はモーターの位置に制約が少ないため、デザインの自由度が大きいので、このような思いきった形の車ができそうです。ちょっと奇抜な気もしますが。
 高齢者に対して配慮したクルマも必要でしょうが、どこまで配慮すべきかも考えるべきでしょう。かつて携帯電話で液晶画面すら無い、通話機能しかない簡素すぎるな機種が出ましたが、「高齢者をバカにし過ぎ」と不評で流行らなかった(どうも、まだ取り扱いがあるようですが)のが良い例です。
DSCN0065_convert_20120220140424.jpg
 こちらは日産のブース。こちらのクルマはちょっとクルマらしい。他社はなんか、ぶつかった(ぶつけられた)ら最後かなって感じがしましたが、こちらはそのイメージを払拭しているのが、高齢者に対する配慮のように思います。
DSCN0066_convert_20120220142803.jpg
 後輪も動くため、後輪の動かない従来型のクルマに比べて小回り(最小回転半径)が効くのが特徴ですが、始めはドライバーも戸惑うでしょうね。小回りが利き過ぎて。逆にこういう機能はワンボックスカーに必要な気がします。ショッピングモールの駐車場で、何度も斬り返してバック入庫させている要領の悪いドライバーが結構いますからね。
DSCN0075_convert_20120220142941.jpg
 ホンダのブース。車内に電動バイクを搭載するクルマ。そういえば昔、ホンダにはCITYというクルマがあって、トランクに原付バイクを搭載するという、ユニークかつバイクとクルマを扱うホンダだからできるアイデアの詰まったクルマがあったことを思い出しました。

 会場で過ごしたのは2時間ほどでしたが、3号館での展示を見て何とか元を取った気がしました。キレイなスバルのお姉様に見送られながら会場を後にしました。
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1047-8e925691
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)