名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011東北冬紀行2・JR常磐線いわき~広野間
DSCN9884_convert_20120229132603.jpg
 12月27~30日にかけて訪問した東北探訪シリーズの2回目です。
 いわき市平市街を散策した後、いわき駅に戻ってきました。いわき駅は数年前に橋上駅として改築された、非常にきれいな駅でした。改札機や券売機の数が30万人都市の玄関口として少し寂しいのですが、これもいわき市が拠点分散型都市であることを思うと納得できます。
 ここからJR常磐線を更に北上し、福島第一原発事故による警戒区域最前線の広野駅を目指します。
DSCN9886_convert_20120229135314.jpg
 駅の切符売場には、常磐線の原ノ町・仙台方面の乗車券も購入できるように見えますが、福島第一原発事故の警戒区域内を走る電車はおろか代替バスすらありませんから、不通区間を挟んだ乗車券は販売されていません。紙で塞いだりしないのは、地元の人が利用者の中心であるため既に周知が進んでいることと、いわき市には原発事故で避難している人も多いため、まだ自分が暮らしていた街は線路で繋がっているという地域の絆を示すためにJR東日本が配慮して意図的に表示しているのかもしれません。
 JR東日本は、いわき駅 - 広野駅間を東日本大震災に伴う暫定ダイヤとして特別編成しており、この区間を1時間1本程度運転させているものの、半数は途中の久ノ浜駅までの折り返し運転であるため、広野駅まで運転する電車は限られています。
DSCN9882_convert_20120229132458.jpg
 広野駅はいわき駅から5つ目の駅。しかし、被害状況や輸送量の違いもあって、広野駅まで電車が復旧したのは10月10日。ここまで遅れたのは、福島県広野町が9月まで原発事故(放射性物質の飛散汚染)に伴う緊急時避難準備区域に指定されていためです。震災から7ヶ月、ようやく隣の街まで電車が行き来できるようになったのです。
 しかし、明らかにローカル利用しか想定できないのにどうして4両編成なんでしょうね。常磐線の余剰運用なのでしょうが、もったいない車両の使い方です。走っているより止まっている時間の方が長い磐越東線のディーゼル車を利用した方が効率的な気もしますが、常磐線がJR東日本水戸支社、磐越東線はJR東日本仙台支社と管轄が違うため、JRのような縦社会ではどうしようもないのでしょう。
DSCN9889_convert_20120229133125.jpg
 さて、広野行き電車に乗り込みましょう。しかし、方向幕は「空白」。広野行き方向幕が無いのでしょうが、せめて「普通」ぐらい出せないものでしょうか?非常に不親切です。JR東日本ではお家芸じゃないですか。こういう前後部方向幕が不親切なのは、JR西日本の北陸地区でも見られます。
DSCN9887_convert_20120229133014.jpg
 側面方向幕で「普通」と出されても、どこへ行くか分からないようでは不便なままです。普通電車なのはホームの時刻表見れば分かるだろうがバカモン(怒)!!と軽くツッコミを入れて乗り込みますと、10:49に静かに動き出しました。
DSCN9890_convert_20120229133222.jpg
 いわき駅を出てすぐの草野駅・四ツ倉駅付近では、仮設住宅の多さに驚きました。既に仮設住宅団地となってました。同じ福島県でも中通りや会津地方へ避難する人が増えるなか、近場のいわき市内への避難者が多いのは、被災地からも近く同じ福島県浜通りで気候の変化が少ないから過ごしやすいのだと思われます。現に関東や西日本に避難された被災者のなかには、土地勘も何もない避難先での地域性や文化の違いに馴染めず、再び被災地に戻った方が相当数いると聞いています。やはり、住み慣れた土地こそ、最も過ごしやすいものであり、そこへなるべく近い街で過ごそうとする心理、よく分かります。
 久ノ浜駅辺りからは再び海沿いを走ります。すると、これまで眺めてきた海岸沿いの風景と明らかに異なることが良く分かります。テトラポットのわずかな隙間から津波に襲われた集落。応急処置の土嚢が積み重ねられたままになっています。
DSCN9894_convert_20120229133332.jpg
 ただでさえ、お客さんの少ない電車も、久ノ浜駅を過ぎるとお客さんはグッと減ってしまいました。遂には先頭車両にかじりつく、明らかに同業者の香りがする面々ばかりになりました。
DSCN9901_convert_20120229134047.jpg
 岸壁が破壊されたまま放置されている浜辺。付近に人家が無いという理由で優先順位が下がっているのでしょう。そして、海水を被ってしまい放射能の影も忍び寄るこの地で再び農業は再開できるのでしょうか。
DSCN9963_convert_20120229225954.jpg
 集落が流れてしまったところもありました。数枚画像を紹介しましたが、共通するのは高波対策が非常に脆弱なことです。数メートルの波でも被害を受けそうな感じです。これは、これまでの津波対策が過去に被災した地域にしか施されておらず、未整備地域が国内にはまだいくらでもあるということです。
 また、過去の災害から学んでいない地域も多いこと。建築技術の向上や核家族化などが、もしもの際に危ないエリアにも住宅建築を進めてしまった地域の多さ、更にその条件下で避難訓練や行政の防災対策が不十分であったことが、今回の震災での被害を拡大させてしまったと言えます。

DSCN9908_convert_20120224005911.jpg
 いわき駅から電車に揺られ、震災の爪痕に衝撃を覚えながら、25分ほどで暫定の終着点・広野駅に到着です。広野駅では中線に臨時ホームを設置していました。下り線から上り線へ入る渡り線が無いのか、信号システムの為と思われます。予想以上に小さな駅で驚きました。ちなみに昨年度(2010年)1日の平均乗降人員は672人とのこと。
DSCN9903_convert_20120229134205.jpg
 電車はここまで。この先へは進めません。そして、駅の海側(画像右側)に広がる風景。よく覚えておいてください。広野の街を歩いて、この後衝撃の事実が判明します。
DSCN9906_convert_20120229134420.jpg
 広野駅ホームより仙台方面を望むと、信号機は赤。線路には草が生え、線路の真ん中に杭が打たれています。韓国の鉄道で分断された鉄道を前に「鉄馬は走りたい」という碑があることが有名ですが、日本でもほぼ同じ状況がここにあります。首都圏と東北を結ぶ鉄道の大動脈・常磐線はここで寸断されてしまったのです。隣の駅へ電車が走る日はいつやってくるのでしょうか。
 広野駅は東日本大震災の福島第一原発事故に伴う警戒区域まで約3.5km。ここまで来ると、少しピリピリした感じすらしますが、ここまで来たら、もう行くしかありません。限界地点まで行ってみることにしました(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

常磐線の限界の広野駅はなかなか注目されないですね。
【2012/03/11 11:17】 URL | まるーべり #- [ 編集]

私が広野町に注目した理由
>常磐線の限界の広野駅はなかなか注目されないですね。
 そうなんです。警戒区域の限界地点について注目されるのは、いつも北側・南相馬市の情報ばかりで、南側・広野町は検問所以外の情報が入ってこなかった。だから、広野町へ行ってみようと思ったのです。
 南相馬市は福島市からバスでアプローチできたのですが、時間の都合でカットしました。
【2012/03/18 16:29】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1050-6dd188a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。