名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

2011東北冬紀行4・福島県双葉郡広野町2
DSCN9931_convert_20120301214419_20120308235325.jpg
 12月27~30日にかけて訪問した東北探訪シリーズの4回目。2回シリーズでお届けする福島県双葉郡広野町の後半です。現地の様子をご覧いただきたく、画像が多めとなります。
 福島第一原発の警戒区域最前線にある検問所から、再び広野駅に戻ることにしました。当初の予定では、広野町滞在予定時間は次のいわき行き電車発車時刻までの1時間半だったのですが、この時点で既に1時間を経過しており、広野駅までの3.5kmを30分で走破する体力も無いことから、1時間半後の電車に遅らせることに決定。その時間を広野町の散策に充てることにしました。
 検問所からの帰り道は集落を通る旧道ではなく、国道6号線をしばらく南下しました。しかし、そこの広がる風景には、生活の匂いが失われていました。電柱は傾いたまま。耕地も手入れがされていないと荒れ果ててしまいます。
DSCN9934_convert_20120308235841.jpg
 中心部に戻り、中学校のある高台から広野町を眺めようとしたら、こんな碑が。
 童謡「とんぼのめがね」、懐かしいですね。この曲は広野町に在住していた医師で作詞家でもあった、額賀誠志が昭和23年に造った詞に曲がつき、昭和24年にNHKラジオで放送されたことで有名になった曲だそうです。
 きっと、広野町の長閑な風景を眺めながら作曲していたのでしょうね。
DSCN9937_convert_20120308235937.jpg
 よく見てください。JR常磐線の向こう側、ある部分から海寄りには何もありません。あのエリアはどうなっているのか、行ってみました。
DSCN9938_convert_20120309000044.jpg
 JR常磐線の踏切を越えるとその風景は一変していました。つまり、広野町はJR常磐線の線路が事実上の防波堤となり、線路を境に明暗を分けていたのです。既に基礎部分も含め住宅は片付いていましたが、TVアンテナが立っているところ、ここに住宅があったことを示しています。
DSCN9939_convert_20120309000141.jpg
 更にそこから200mも進むと、両サイド何もない無の空間が広がっていました。
DSCN9940_convert_20120309000250.jpg
 基礎部分を残し、津波で流されてしまった家屋。
DSCN9941_convert_20120309000340.jpg
 ガードレールの曲がり方や、道路の破損状況は震災当時のままでした。
DSCN9944_convert_20120309000522.jpg
 普段は穏やかな海だったはずですが、あの日から半年以上も経過しているのに津波の痕跡が残っていました。
DSCN9949_convert_20120309000609.jpg
 長いようであっという間だった広野町での3時間。メディアで取り上げられない小さな街ですが、ここには地震被害・津波被害・警戒区域最前線が集中するしており、私は東日本大震災の縮図を見た気がしました。広野町の姿をしっかりと目に焼き付けて、いわき行き電車に乗り込みました。

【追記】
 福島県広野町役場が2012年3月1日より、広野町内で住民の帰還を促し本格的な除染を進めるため、元の庁舎に役場機能を復帰させました。役場が移転した福島県内9町村のうち、元の庁舎に戻ったのは広野町が初めてとなります。
 広野町のキャッチフレーズは「東北に春を告げるまち」。文字通り、広野町は被災地に春を告げ、復興に向けて動き出しています。 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1055-70d8117d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)